プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや

以前も同じ事をしでかした前科者の二人
今日、夫は県の役員会があるために8:30に家を出る予定でした。
会場は車で1時間はかかる場所。
そして私も同じ時間に仕事に出かける予定でした。
それなのに、また!寝坊しました・・・
起きたのは出かける1時間前。とってもギリギリです
大事な日に限って二人ともダメダメなのはナゼ?

夫は役員会が終わったらトンボ返りで帰ってきて、夕方から兼務寺の法事、そしてその後は役員会と称する懇親会に出席の予定です。
朝が朝だっただけに無事に一日のお仕事が終わりますように・・・と願います

スポンサーサイト

オトナな味

ふと思い立ってケーキを作りましたケーキと言っても焼き菓子ですが
子供の頃はドライフルーツのたくさん入ったパウンドケーキやブランデーケーキが苦手でした
でもオトナになった今はとてもダイスキです

フルーツケーキを焼きましょう
最近スランプ気味のバターケーキ。
ついうっかりと卵や液状の材料(お酒やレモン)を入れ過ぎたりして生地が分離。
焼き上がったときにはうまく膨らんでいなくて硬めのパウンドケーキになったり。
とても美味しい配合なだけにガッカリすることが多くて

うまく焼けてね・・・
20070529164724.jpg


焼き上がり!
20070529164737.jpg
今回はうまくいったかも・・・

朝食に
20070529164747.jpg
久しぶりにうまく焼けました。生バウムと一緒にいただきました
生地もしっとり適度なやわらかさで
ラム酒付けのフルーツの香りがオトナの味というカンジ。
使っているフルーツも美味しいものなので失敗するとそれはそれはショックで・・・
今回はお菓子作りを始めたばかりのコドモのように焼き上がるまでどきどきしてしまいました
初心に返る思いでした

切り株

バウムクーヘンに目のない私
以前からずっと気になっていたバウムクーヘンを購入する機会がようやく訪れました

かんのや の 『“生”バウムクーヘン』
20070529163112.jpg
私にとって“かんのや”と言えば『家伝ゆべし』のイメージ。
ゆべし餅で餡子を包んだ和菓子のことですが、洋菓子もあるなんて私は知りませんでした。
しかも、私の愛するバウムクーヘン・・・それに「生」が付いてる・・・
これは気になる!と思っていたのですが、バウムクーヘンは直営店でないと販売していないとのこと。
ようやく直営店を訪れる機会がありました
・・・ありました。しかも抹茶味の生バウムクーヘンまで。
でも基本はプレーンでしょ、ということで購入いたしました
意外と厚みが無くてビックリしたのですが。
20070529163130.jpg
『断面図』
とてもきめ細かい焼き目・・・
でもなぜか、外側にはアイシングの皮が?それがまた甘い
洋酒の香りが効いていて美味しかったのですが、
私にはチョット苦手だったのでこれだけはがして先に食べてしまいました(ギョウギワルイ)
一般的なバウムクーヘンに比べるとやわらかい生地です。だから生なのかな。
普通に美味しかったし、2人で1/4ずつ2回食べるにはちょうどいい量だったし、まあまあかな。

嬉しかったのは「家伝ゆべし」をおまけに2つ付けてくれた事
ゆべし好きな私たちにはとてもお得な気分。
今度は抹茶味を試してみようかな

たまには和食も

肉好きの夫(お坊さんなのに・・・)。
ですから、たいてい外食となると肉料理が多くなります
なのでたまには和食もと思って出かけました。

旬鮮食房 柚香

20070528170802.jpg
『たこキムチ』
夫のお酒のつまみ(私は下戸のためウーロン)

20070529161240.jpg
『お刺身盛り合わせ』
1人前を2人で分け合って食べました
私は意外とけんの大根とか海草とかが好きなので、魚が無くなっても意地汚くそういう付け合わせまで食べるので途中で下げられるとチョット悲しい

20070529161219.jpg
『鶏竜田鉄板焼き おろしソース』
これに『ご飯セット』を付けて定食にしてもらいました。小鉢2つ付き。
運ばれてきた時に鉄板の上で鶏の竜田揚げがじゅうじゅう言っていたもんで、そこへ別添えのおろしソースをかけたら
じゅわーーーッ!!
お店中に響き渡るような音を立てだしてお客さんの視線集中。
チョット恥ずかしかったです・・・
大きな竜田揚げが5つあったので、3つは夫が。残り2つでご飯を食べた私。

他にいわき名物『目光のから揚げ』などを注文。すっかり満腹の二人
海鮮丼やお寿司、定食なんかもメニューにあってお酒を飲む方だけでなくてお酒を飲まない人にもオススメなお店です。
ランチも¥1000で食べ切れないくらいのボリュームだとか・・・

出会いも別れも

テニス仲間のaちゃんが結婚して引っ越すことになりました。
DCTの吉田美和さん似の彼女は私よりも年上だけどかわいくて明るくて私の憧れ的な方でした。
テニスのレベルが大体同じくらいの私たち。
練習の合間にお互いを慰めあったり愚痴をこぼしあったりしました
「テニスに来るのは今日で最後になっちゃうの・・・」と言われてとても寂しかったけど、お幸せになることをお祈りします。
その代わりといっては何ですが、彼女がお友達のyちゃんを連れて来てくれました。
レッスンの雰囲気にチョットびびっていた感はありますが、それに負けずに次回からも続けて参加してもらえたらなあ、と思っています。
最初はツライものなのですよね、サークルとかに一人で参加するのって・・・
それこそ、出かける前に「エイヤッ」と気合を入れないと負けそうになりますから・・・
私もテニスを始めた時は一人で始めたのでとてもよくわかります。
最初の頃は自分に負けそうになりながらも何とか通い続けました。
半年くらいはやっぱりツライです。知り合いもいないし。
だからyちゃんも最初はツライと思うけれど、次回からも頑張って続けて欲しいと願います。

出会いと別れを経験した夜でした

考えさせられること

山口県光市の「母子殺害事件」の再審が始まったとニュースでやっていましたね。
私は被害者のご主人の本村さんと年齢も近く、また、学生時代を同じ高専という教育機関で過ごしたことなどから、この事件が何となく他人事とは思えないのです。
本村さんとは全く面識はありませんが(当たり前ですが)、この事件の行く末を我が事のように注目しています。
コメントで感じる本村さんの芯の通った考え方や、裁判に対する思いなど共感することも多く、彼のことを尊敬しています。
想像することしか出来ませんが、仕事から帰ってきて出迎えてくれるはずの妻と娘の姿が無く、
また、その変わり果てた姿を押入れから見つけた時のお気持ち・・・
奥様と娘さんの後を追うことも考えたとも言います。
それなのに「元」少年は、死者に鞭打ち、苦しみを背負って生きていかなくてはならない遺族の心をえぐるような手紙を書いたりもしています。
そんな獣以下のようなことをする人間の気持ちもわからないし、
また、そういう事をした人間を弁護する人間の気持ちもわからない。
本村さんも述べていましたが、「彼のために弁護するのではない、死刑という行為をさせないがために集まってきた」弁護士達。
彼らの反論にも口が開いたまま塞がりませんでした。
「手が滑って首を絞めてしまった」、「紐をチョウチョ結びにしたら死んでしまった」
人間てそんな簡単には死にません。簡単に死んでしまうけど、そんなことでは死なない。殺す気持ちでないと。

また、彼は言います。
「死刑を推進するために戦っているのではない」と。
そのための宣伝にこの裁判が使われることは本望ではないとも言います。
私もそう思います。死刑のための裁判ではなく、重犯罪を犯した者への刑罰の裁判であると。
彼の今までの気持ちが報われるよう、また、この事件が良い前例となりますよう、行く末を見守って生きたいと思います。

ケーキ三昧

最近ケーキを食べる機会が多いです
体重計はこの際見なかったことにしましょう

柏屋 の 『いちごのプリンケーキ』
20070524164033.jpg
『薄皮饅頭』で有名な県内展開の菓子店。
上に紅茶のプリンがリング状に乗り、下はスポンジと紅茶風味のクリームの3層構造、苺入り
苺を使用しているせいで4、5月限定のケーキらしいです。ホールで15cmくらいの大きさ。
職場のランチ仲間で食べたのですが、みんなの意見は
「苺は無くてもイイから、年中売って欲しい!」
ということで一致しました。
プリンだし、スポンジだし、クリームだし、苺だし。とっても満足な一品

フェアリーテール の 『ベイクドテール』
20070524164955.jpg
スティック状のベイクドチーズケーキ
20070524165012.jpg
このお店の近くにあるお寺の方が持ってきてくださいました。
しっとりと濃い味のチーズケーキ。お手軽で食べやすくて良いです差し入れにも向いていますが、何せ人気店。要予約です。

レフィーユ・カフェ の 自家製デザート
20070524165432.jpg
これは『ストロベリーチーズケーキタルト』 ココットに入ったバニラアイス付き。
母と水戸に行ったときにランチに寄ったお店
オープンしたての頃は冬でもお店の外にも人が並んでいたりしてナカナカ入れなかったのですが、時間的に空いている時間だったのでやっと行けました
ランチは¥1000でサラダと焼きたてのパンが食べ放題です。ドリンクも飲み放題。
そして量が選べるパスタとデザートが付いてきます。
(デザートは選べないみたいですが・・・言えば選べるのかな。)
この近くにはレフィーユ・ブティックという系列店があり、パンとタルトのお店です。
だからでしょう、デザートはタルトです。
母のデザートは『グレープフルーツのタルト』でした。ピンクとホワイトのグレープフルーツが交互の乗ったキレイなタルトでした
私のはタルト台の上にスポンジと苺とクリーム、そしてチーズケーキが乗っているという豪華なタルトでした
パスタを食べた後にはチョット大変でしたが、意外とあっさりしていたので美味しく頂きました。
タルト台もざくざくの食感で私好み

おまけ
夫の仙台土産
三全 の 『萩の月』
20070524170617.jpg
すっかり銘菓になりましたね。
チョコレート味の『萩の調べ』もありますが、断然カスタードでしょう。
ふかふかのたまご味のスポンジ。そしてこのカスタード。
似たものは全国いたるところにありますが、萩の月に勝るものナシですね
三全は「伊達絵巻」というお菓子も美味しいです

ジレンマは続く

あったかくなってきたのでサンダルを出してもいいかななんて思い始めました
サンダルにはやっぱりネイルが必要かな、と思い新しいネイルカラーを購入
それはそれは鮮やかなオレンジ色。
パールやラメはニガテなのでプラスティックな色味のクリアなオレンジ
これを塗りながらふと思い出したことが・・・

それはまだ結婚したての頃のこと。
その時私は足の指をと塗り分けしてネイルカラーを塗っていました。
その時、夫に言われたのです。
「あんまり檀家さんに『ここの寺のヨメは』って言われるような色使いしないほうが・・・」と。
そして、メイクするのも嫌いではない私。
たまたま水色緑色のアイカラーを使った時も似たような事を言われました。
そういった外見のこともさることながら、車を買うことになった時も・・・
お寺に引っ越した際、私が独身の頃に乗っていた車を持って行ったのですが、10年近く乗るとやはり車もガタが来始め、車検を受けずに買い換えることになりました。
その時も選択肢としてのNG「外車はチョット・・・色も赤とかは・・・」と。
外車=高級、そして“お寺のクセに”というイメージがあるのでしょうか。
でも、国産車でも高級車となれば、外国製の車よりも価格の高い車もたくさんあります。
実際に高級車に乗っているお坊さん、たくさんいます。

お寺だからってあきらめなくちゃいけないようなコトって意外とあります。
面と向かって言われたわけではないけど何となく、っていうような。
お寺だからって特別地味にしていなくちゃいけないってこともないと思いのだけれど。
だからといって、派手に生活する必要もナイですけど
幸せなことが多いお寺って言うのは雰囲気も必要なんじゃないかと思うのです。
陰気くさいところには明るい話題は集まらないと思うし・・・
下品になってしまうのはNGだけれど、プライドを持って節度のある範囲ならば、お寺の奥さんがキチンとオシャレしているのは素敵なことだと思います。
愛想よくおしゃれなヨメになるのが私の目標ですが、しがらみの多い世界のこと。
まとまりのないままに悩みはぐるぐる、まだまだヨメのジレンマは続きます・・・

外国のもの

新婚旅行へ行った方からおみやげを頂きました
行き先はアメリカのディズニーワールド、ラスベガスなどだったそうです
「楽しかったよ」と話すその左手にはキラリと指輪が

アメリカ土産
20070521223653.jpg
『ダークチョコレートがけプレッツェル』
20070521223717.jpg
中味はこんなカンジ
手のひら大のプレッツェル8個入り。パッケージは豪華ディズニーキャラクター勢ぞろい。
肝心の中味は、甘々の大味かと思いきや、ダークチョコレートだけあって苦味が強いチョコレートとしっかりした噛み応えのほんのり塩味が付いたプレッツェルが良く合う
これをくれた方も「美味しいかどうかわからないよ」と言っていたのですが、タイヘン美味しくいただきました
つい耳から食べてしまうので無残な形のミッキーになってしまうのが難点ですが

20070521224204.jpg
『粉末ココア』
お湯や牛乳にといて飲むらしいココア。
私のは普通のココアだったのですが・・・
他の方はなんとのココアが当たった方もいたそうで・・・
青いココアが当たった方は
「白い粉末にお湯を注ぐとそれはそれは鮮やかな青い色に・・・」
と言っていましたちょっと見てみたかったかも。
緑色もスゴイ緑色だったそうです。
アメリカの人の感覚って良くワカラナイ。
スーパーで売っていたガムやマシュマロも蛍光ペンの様な色だったそうでした。

時間が足りないくらいに楽しかったそうで、私も行ってみたくなりました
それより何よりお幸せに

ジレンマ

生きていれば誰でもジレンマに突き当たるものだと思います。
学生であっても、働いている身であっても・・・
自分のやりたいことを完全に思い通りに実現させるって事はカナリ信念や努力を要するものであるように思います。
また、強く思う力があっても現実的には叶えられないということも・・・

最近二人で話している時に自然とそんな話になりました。
私はお寺のヨメとしていろいろ学んでいかなくてはいけないとは知りつつも、ココロのどこかでやっぱり外で働きたい、と思うことがあります。
気楽で責任の軽いアルバイトではなく、責任を持って信頼されて働きたいと。
でも、これから跡継ぎのことも考えなくてはならないし、ヨメとしてお寺にいる以上は自分の思い通りにはやっぱりならない。
夫も夫で、お坊さんとしてのスキルを高めたいという気持ちがあります。
雅楽や法話、法式・・・ナドナド。
雅楽は何度となくお誘いがあったのですが、練習が毎週金曜に東京芝の大本山増上寺で行われているということで、
頼まれているのコーチの日程と重なること、毎週東京へ通うことのリスクなどから、
本当は応援すべき立場の私が反対してしまいました。

「あれもやりたいし、これもやりたいんだよね」と夫が言うたび
「やってみたらいいんじゃない?」と気軽に答えてしまいますが、
夫は夫でいろいろと考えることがあるようで、なかなか実現できないようです。
考えているうちに時間が流れていってしまうことに対しても、チョッピリ焦りも感じつつ・・・

おイモ好き

じゃがいもにさつまいも。おイモ好きの私にとっておイモといえばこの2つ。
加えて夫も男性にしては珍しくおイモ好きです。
そんなおイモ好きの二人が無性に行きたくなるお店。

ポテトハウス じゃがいも

いわき駅近くの路地裏にひっそりと佇むロッジ風の飲み屋さん。
(平日の夜は定食も食べられます
雰囲気もダイスキです。
店内は暗めの照明にずらりと並ぶ酒瓶。重低音のジャズ。加えて店主は阪神ファン
雰囲気も良いけどお料理も美味しいのです。
『お通し』
20070514204336.jpg
ポテトチップスにガーリック風味のソースをつけていただきます。
野菜スティックのソースもこれ。家で再現したくても出来ない味。
普通の塩味のチップスがとても美味しくなります。

『ジャーマンポテト』
20070514204402.jpg
“じゃがいも”という名前の店ですから、じゃがいも料理が豊富です。
なかでもじゃがいものグラタンがメインです。
特にオススメはこのジャーマンポテト。
マッシュポテトと挽肉の上にたっぷりとクリームとチーズがかかったオーブン焼き。
他にもコーンポテト、チーズベーコンポテトやカレーポテトといったグラタンもあります。
たまごのトッピング付きのグラタンもあります。

『骨付きフランク』
20070514221308.jpg
なんてことない骨が付いている焼きソーセージなんですけどね・・・
手はかかってないけどついいつも頼んでしまうサイドメニュー。でもこのソーセージ、美味しいんです、これが。
付け合せのサラダが美味しい。かつお節がかかっていて和風。

この他にも名物はからいからいポテトカレーがあります
辛いです
でもただ辛いだけではなくて、きちんと野菜やスパイスの旨味がする本格的で美味しいカレーです。
カレーの中に箸休めというか救世主のようにマッシュポテトの島があります。
辛いのが苦手な方はこの島を食べて一休み、というカンジでしょうか。
このカレー、ホントに美味しいのですが、ただし、作ったばかりの夜は火を噴くほど辛くて口の中がタイヘンです。
2,3日経ってこなれた時が美味しいような気がします。
他にも肉じゃがなんかもあって、ゴハンと一緒に食べると幸せな気持ちになります
おイモ好きな方にはオススメなお店。
このじゃがいも系列のお店はいわきに3店舗ありますが、このポテトハウスと付く“じゃがいも”がイチバンお気に入りです

最近のお気に入り

最近とてもはまっているモノ
それは・・・グミ!
20070516203809.jpg
『ぶどう味とオレンジ味』
グミキャンディーって小さい頃からあったけど、その頃は嫌いでした
食感も味も・・・今思うとゼラチンそのままの味があんまりスキじゃなかったのかも。
それに比べて今のグミは美味しいですね
種類も豊富、果物味のものはキチンと果汁の味がするし、ずっとやわらかくなってるし。
中にゼリーが入っていたり、寒天と二層構造だったり。
お肌にも必要なコラーゲンたっぷり。
最近つい買ってしまうお気に入りです。 

おまけ
20070516204140.jpg
『抹茶牛乳プリン』
もともと森永の牛乳プリンがダイスキなのです
味もコンデンスミルク見たいに甘くてパッケージも懐かしい感じがするし。
その牛乳プリンに今だけ抹茶牛乳プリンが!!
しっかりと抹茶の味はするけどやっぱりぺったりと甘くて、とろとろの頼りない食感。
私の好きな牛乳プリンそのままでのほろにがの抹茶味・・・
それにしても最近は大手のデザートもホントに美味しいの増えましたよね
とても幸せなデザートでした

一人の夜

今日も夫は不在です。
今日は東北ブロックの青年会の会議が仙台であるので、一泊で今朝出かけました
今回は夫が運転して行ったのでチョット安心ですが(たいてい大きい車を持っている方が車を出してくれるため)、夕べも結局飲み会で遅かったので睡眠不足が心配です。
会社員の方もそうだと思いますが、研修や会議の後は必ず懇親会
今夜もきっと遅くまでお付き合いをするはずなので、眠りに付くのは遅くなることでしょう・・・
帰りは明日の午後になる予定。無事に帰ってくることを祈ります
おとうさんが夫の予定を知らずに「今日帰ってくるのか?」と言っていましたっけ
ちゃんと言っていかなくちゃダメじゃないのよねとネコと語ってしまいました

一人の夜はゴハンを作るのがついメンドクサイなと思ってしまいます
そんな時のために買ってみた無印良品好きの私が見つけたコレ
20070516201800.jpg
『ごはんや麺にかけて食べるスープ』
朝の情報番組でも紹介されていた食品なのですが・・・
温かいご飯や湯でたての麺にかけて食べるタイプのスープ。
これは胡麻味噌坦坦スープ。
ほかにも酸辣湯スープや海老団子入りのスープもあり。

これを使った今夜のひとりゴハン
20070516202803.jpg
・スープかけご飯
・お味噌汁
・水菜とトマトのサラダ
・キムチ

スープは味噌仕立てであんまり辛くなく、椎茸や筍、挽肉などの具入りでした。
ゴハンに良く絡むように出来ていて美味しかったです
キムチは我が家でお気に入りの純国産キムチ。
国産といいながらちゃんと“イカごろ”が入っていて本格的。
ただ辛いだけじゃなくて 旨味があって料理に使っても美味しいもの。
サラダは有り合わせですけどね

集まり

宗の青年会の集まりの会場がうちのお寺になりました。
仕事から帰ってみると本堂からかねをたたく音が。続いて読経の声が。
思わず本堂の脇に突っ立って聞き惚れてしまいました
若いお坊さんの集まりだけあって、張りのある良い声なのですよ。
いつもはおとうさんの読むお経しか聴く機会があまりないのでそれはそれでよい声なのですけども。
きちんと発声の出来ている声っていうのは大きな声でなくてもしっかり通ってキモチ良いです。
しかも集まっての読経はなんとなくじんとするものがあります。
でも、きっとそんな風に感じてるのは私だけです
夫にも「珍しい人だよね」と言われるし。

お坊さんの読経なんてお葬式とか法事の時にしか聞いたことないという方も多いと思います。
本当に残念です。
お寺というのはお葬式などの不幸の時だけじゃなくて幸せな行事も多いのに、
なかなかアピールする機会も来て頂ける機会も少ない。
(私も実家にいる時はまさに“葬式仏教”の典型でした
お寺にヨメに来て感じることはもっといろいろな時にお寺に来ていただける機会があるといいな、ということ。
写経や法話などを行っているお寺さんも多いですけどね。
でもそれだと教える人がいないといけないし。
なかにはジャズやクラシックのコンサートなんかを行うお寺さんのありますね。
これはうちのお寺ではあんまり賛成されないし、大体お寺らしくない。
ナミダのお寺ではなくてハッピーなお寺になるにはどうしたらいいのか、ふと考える時があります。

影響されやすい人

かもめ食堂を見た後、無性にシナモンロールを作りたくなりました。
大変影響されやすい性格なので・・・
映画の中の小林聡美さん扮する食堂の主はとても美味しそうにシナモンロールを作ります。
映画を見た後、ずっと作りたいと思っていて、週末ようやく作ることが出来ました。
私も美味しくなれ、と念じつつ作ってみました
20070514201702.jpg
『これからオーブンに入ります』 

20070514201756.jpg
『焼き上がり!』
作っている最中は両手ともタイヘンな状態なので画像がナイのですが
焼き上がったシナモンロールは味は良かったのですが、
うずうずの中身が飛び出してくるわ、綴じ目が開いちゃって舌を出しているみたいになっちゃうわで人様にはお見せできない状態に
見た目は悪かったけど、家中シナモンの良い香りが漂い、焼きたての熱々にかぶりつく至福の時を過ごしました。

昔はシナモンてニガテだったのですけどねー。
にっき飴も食べられなかったし、アップルパイもイヤでした。
食べられるようになってみると、オトナの味っていう気がします。

間違えた

週末の夜はテニスのレッスンがあります。
いつものように準備をしていつもの時間にいつもの練習場へ向かいました。何も考えずに。
到着すると、いつもたくさんの車がいるはずなのに閑散としている。
そして知っている顔もいない。
???と思いつつも会場へ。
すると・・・電気がついていない・・・
さらに、いるのは空手の道着を着た人たちばかり。
慌てて日程の連絡メールを確認。
なんと!!!違う会場でした!!!
その後、大急ぎで正しい会場へと向かう二人。
メールの最後には「会場、日程等間違えないようにしてください」って書いてあったのに
途中から参加したレッスンはすでにエンジン全開状態
コーチである夫はともかく、準備運動もそこそこに参加した私は大慌て状態。
大変ツライ夜となりました・・・

誕生日と母の日と

去る5/7は母の誕生日でした]
遅ればせながらお祝いに、と夫と実家へ顔を出してきました
実家では母の誕生日が母の日と近いこともあって母には悪いなと思いつつも母の日と一緒にお祝いしていました
手土産として持って行ったものは・・・

アンジェリーク の ケーキいろいろ
20070510200822.jpg
これは『生フルーツロール』
いわき駅前に数年前オープンした洋菓子屋さん、アンジェリーク。
可愛くてオシャレな外観と美味しいケーキであっという間に有名店となりました。
いわきの美味しいお店を紹介するブログにも度々登場します
私もお寺から歩いていける所にあるので利用しています
(実家にいた頃はLupos(ルポ) が御用達でした
今回は
・生フルーツロール
・モンブラン
・かぼちゃとキャラメルのシブースト

です。
フルーツロールはしゅわしゅわのスフレ生地で苺、パイナップル、キゥイ、ブルーベリーが入ったクリームを巻いたロールケーキ。
カットされているのですが、普通のロールケーキよりも一回りくらい大きい
中に入っているフルーツが懐かしいカンジでした。
生地がとても弾力があるせいか、チョット食べづらいかも・・・
出来る状況であれば手づかみがオススメ
モンブランは栗好きの母と夫のために。
シブーストはシブーストファンの私が頂きました。
どれも美味しかったですが、こってりクリーム好きな私たちにはチョット物足りない気もしました

ケーキも美味しく頂いたし、これからも元気でいてね、お母さん

大忙し

今日はさすがのイワキも暑かったです
全国的にも真夏日の箇所が多くてトップニュースが真夏日のことばかりで、
日本て平和でいいなあ、なんてヘンなところに感心したと思ったら、
今日はアイスの日だそうで、
街頭でアイスを無料で配ったら抱えきれないくらい持っていくオバサンがいて
あさましいなと思ったりもして。

こんなとき、お寺は大忙しになることが多いです
なぜか。
急激な気候の変化に長患いの方は対応できなくなることが多いのか、お葬式が増えるのです。
まるで連鎖反応のように1つお葬式が出来るとまた1つと・・・
うちのように小さいお寺でも、連休の前後で7つありました。
おとうさん、へとへとです。
夫も出番があったりして結構忙しかったモヨウ。
夫は出番が無くてもいろいろと本堂の準備もあって忙しいのですが。
平日は申し訳ないと思いつつも傍観者の私は、
おとうさん、戒名とかネタ切れにならないのかしら、なんて心配したりして。
夫に言わせると決め方がいろいろあるから心配ないそうですが。
そりゃ、そうですよね。当たり前か

すごーく寒いときや、すごーく暑いときは意外と亡くなる方って少ないのです。
季節の変わり目や気圧の急激な変化(例えば台風や大型の低気圧の接近)が見られるときはなぜか多くなります。
潮の満ち引きにも関係あるといいますね。
潮の満ち引きは赤ちゃんが生まれるときも関係するというから、
生き物はやっぱり海から来たんだなあと実感

万歩計

最近万歩計を持ち始めました。
一日一万歩とよく言いますね
職場まで歩いて15分くらいかかるし、往復分と日常の生活分で一万歩なんてスグ達成するかも、なんて思っていたら・・・
意外と歩いていないということを実感。
気になってしょっちゅう見てもそれほど増えないし、
一日終了時に見ても8000歩くらいなのです。
しかも、消費カロリーが出るタイプの万歩計なのですが
8000歩くらいの消費カロリーって涙が出るほど少ない・・・
たくさん歩いた後で間食なんてしたら、たった今消費してきたカロリーの何倍分も一気に摂取していることに・・・

母にも同じ万歩計をプレゼントして一緒に使ってもらっています。
夕方散歩に行ったりしているみたいですが、やはり5000歩前後らしいです。
それでも5000歩も歩いているのかと驚いたのですが
一日一万歩、簡単なようで達成は難しいです

有効利用

パスタやサラダに使ったバジルが半分くらい残ってしまいました。
バジルペーストにしてもオイルに浸してもしてもいいけど、ちょっと足りない。
そんな時は・・・しばらく水を入れた器に挿しておきます。
そうすると、なんと根っこが生えてくるんです!
去年の夏、そうして根が生えたバジルを鉢植えにしてみたら見事に根がつきました
花が上がるまで何回か収穫して思いがけずバジルな日々を送ることが出来たのでした
でも、それを夫が外で喋っちゃって・・・
ケチケチみたいでチョット肩身が狭い思いをしたのも事実です

20070508210440.jpg
水耕栽培中(?)のバジル
うまく根が出るかな?

GW終了

とうとう黄金週間も終わってしまいましたね
今日はゆっくりしなさいよ、と言われているようにお天気も雨
お休み最後の日だし有意義に過ごそうと思っていたけど、ついだらだらと過ごしてしまいました
気分転換にと外に出たら、参道のマーガレットも寂しそうに咲いていました。
20070506224704.jpg

いつも変わらずに

5/5コドモの日
帰省してた親友が我が家に遊びに来てくれました
今回もタイトな日程を調整してくれてホントに感謝です

人間30年近く生きてるといろいろと節目になる出来事も起こるものです。
特に女性は30歳ってそういうお年頃の人、多いのでは。
そういった話とか、オンナ同士にしかわからない話とか、
お互いが経験していることについてとか話題は尽きず・・・
年に数回しか会えなくても、会えば以前と変わらない。
彼女のような友達がいて私は幸せだなーと思います。
だんだんとそれぞれの人生を歩むうちに、生きていく道は別々にいなって行くのでしょう。
それは仕方の無いこと。
でもいつまでもお互いを尊重して信頼しあって友達でいられたら、と願います。

そんな彼女からおみやげを頂きました

京はやしや の 『抹茶バウムクーヘン』
20070506223229.jpg
東京ミッドタウンからバウムクーヘン好きの私に買ってきてくれました
有名ですよねー、テレビでもパフェ特集で青山店かなんかが出たりしてましたね。
とってもお抹茶です・・・
さすがお茶屋さん。鼻に近づけただけで香るお抹茶・・・
しかもお上品な甘さ。
とても美味しく頂きました。いつも本当にどうもありがとう

山形路②

二日目の朝はとても良いお天気に恵まれました
蔵王山頂御釜を目指して出発

温泉街を出てどんどん山を登ります
道の脇に雪の塊があるようになりました。
そして山を登りきり、少し下ると道路の脇は雪の壁。
20070505204644.jpg
こんなのテレビでしか見たことナイ・・・
ビル2階分くらいはありそうでした。
ボーダーが撮影のために来ていました。クロスカントリースキーの人もいたり。
ここだけ冬支度の人たちがいて面白い光景でした。
ボードやらスキーやら出来るくらい本当に寒かったです。風も強くて冷たくて
でも、考えてみたらまだGWだもんなあ。
学生の頃は裏磐梯に春スキーに行ってたくらいだし、
このくらい標高があればまだまだ滑る事は出来ますね。

有料道路を通って山頂へ

蔵王産山頂 御釜
20070505205239.jpg
完全結氷でした・・・
しかも寒い風が強くて目が開けられない(CL使用者)
本当はもっと近くに行きたかったし、山頂神社にもお参りしたかったけど
耐えられませんでした・・・
でも、雲がかかってお釜が見えない日も多いのだとか。
結氷していたけど雪が残るお釜の景色を見られて良かったです

山形に来たからには米沢牛を食べたい、というナマグサな私たち・・・
米沢市内へと向かいました。
ここにも有名な上杉神社というのがあります。
ちょうど町の中心部にあるということでここを目指しました。
すると、ちょうど『上杉祭り』というものをやっていてたくさんの人出。
行きたいお店が松川という川のちかくにあったので、そちらの方へと歩いて行くと、ちょうどその河川敷で催しが。
川中島の合戦 再現
20070505210232.jpg
この画像は赤い甲冑の軍団ですが、反対側には青い甲冑の軍団が。
有名な上杉軍と武田軍による川中島の合戦の再現だそうです。
火縄銃の実演も行われるとか・・・
残念ながら時間の都合で合戦を見ることは出来ませんでした

米沢牛・・・
すき焼きかしゃぶしゃぶかそれともステーキか・・・
悩みましたが素材を味わうにはステーキではないだろうか、ということでステーキを頂きました。
米沢牛 黄木 の 『米沢牛のフィレステーキ』
20070505211330.jpg
驚くほどやわらかくて、ソースは別添えで付いてきたのですが、結局かけずに食べました。
夫はサーロインにしましたが、結構脂が強くて私はオナカがやられてしまいそうでした
スゴイ霜降りでした
大枚はたきましたが、やっぱりブランド牛、美味しかったです
せっかくなので神社にお参りして帰る事にしました。
上杉神社
20070505213032.jpg
お祭り日だったせいか、参拝行列が出来ていました
初めて見ました。私たちも並ぶこと約10分、無事に参拝してイワキへと戻りました。


おみやげ
今回のおみやげたち
20070505211835.jpg
おしどりミルクケーキ
板状のミルクの味がする硬いお菓子。
スーパーでも見かけるお菓子ですが、山形の銘菓です。
イワキではプレーン以外はあんまり見かけませんが、山形ではいろいろな味が買えます
苺、コーヒー、チョコレート、ブルーベリー、抹茶、ヨーグルト、あずき、かぼちゃ、ラ・フランスもあります。
母が大好きなお菓子なので母が好きそうな味を選びました。

20070505212354.jpg
米沢紀伊国屋のほし肉
高級ビーフジャーキー。ぺらっと2枚入りで\2,100ナリ。
でもそれだけの価値あります。
本当に美味しいです。味はしょうゆ、味噌、赤ワイン。
牛臭くないし、やわらかだし、何と言ってもパッケージの牛の目つきが好きです

お天気にも恵まれたし、念願の場所にも行けたし、温泉にも行けて楽しい旅でした

山形路①

せっかくの大型連休ということで、前々から行きたかった場所へ行ってまいりました
お寺に嫁いでいる、ということを抜きにしても
神社仏閣やら遺跡がダイスキな私。
なので、念願の山形県の名刹、“山寺”

山形県山寺立石寺
20070505201337.jpg
本堂
まずは本堂にお参りしてから・・・
芭蕉の石碑なんかもあって国語の時間に習ったなーなんて思いながら参道へ向かいました。
イワキを出たときはもの凄い雨だったのですが、山寺では何とか雨は上がってくれました
この先はおなじみの延々と続く石段を登っていきます。

20070505201439.jpg
開山堂
のバッテリーが切れたため、中途半端な画像のみしか撮れなかったのが心残り・・・
この開山堂の上に五大堂というものがあって、山寺を一望できます。
今は機械の時代ですが、このお寺が建った頃は材木一本を担いで山道を登って
建立したのかなあと思うと宗教ってすごいものだと思います。
ギリシャのメテオラ然り。
そして岩穴にこもって悟りを得ようとするところも似ていて
突き詰めていけば自分と対話することにあるのかな、とも思いながら眺めました。

膝が笑い出して『一人ひざかっくん』になりそうな頃ようやく下にたどり着きました。
茶店で『名物玉こんにゃく』を食べて一休み
そのあとは腹ごしらえ
山寺の周りにはお蕎麦屋さんがたくさんあります。
蕎麦好きな二人は迷いながらもその中のお蕎麦さんへ
山形名物板そば
20070505203303.jpg
1.5人前だそうです・・・
聞いてから注文すれば良かった・・・なぜか。

ずんだ餅
20070505203440.jpg
餅好きな二人はこれも頼んでいたから
つきたてのおもちはあったかくて美味しい
ずんだあんもつぶしすぎず適当に豆が残っていて、甘さも程よく美味しく頂きました
美味しいけど苦しい思いで山寺を後にしました

今日はこのまま蔵王温泉へ一泊
化学科卒の私にはこの温泉の硫黄臭いニオイ、懐かしいニオイです。
スキーやボードのために冬に来たことはあってもシーズン以外で来たのは初めて。
雪の無いゲレンデ、とっても新鮮でした。温泉街は静かで寂しそうでしたけど・・・
次の日はこれも念願の場所、お釜

思い出のもの

またもや食べ物ネタでホントにいやしいったら・・・

頂き物ですが・・・
十番館 の 『ビスカウト』
20070501163858.jpg
手の平大のサブレ生地で、それぞれピーナッツクリーム、チョコレート、レモンクリームをサンドしたお菓子。
(画像は奥がチョコレート、手前がピーナッツクリーム。レモンは食べてしまいました
山手十番館、馬車道十番館など横浜の十番館で売っています。
会社勤めをしていた頃、上司の方がお盆やお正月で実家のある神奈川県に帰省した際に買ってきてくださっていたお菓子。
お礼を言うといつも「僕が食べたいからさ」と言ってくださったっけ・・・
サブレはサクサク、中のクリームもくどくなくてとても美味しいです。
私も横浜に行った時に馬車道にあるお店に行って買いました。
夫にも横浜にお仕事で行った際、お願いして買って来てもらった事もあります。
意外と目立たないひっそりとしたレンガ造りの喫茶店です。
結構大きいので食べ応えもあります。イチオシはピーナッツクリームです
夫が「ピーナッツだけバラ売りして欲しい」というくらい香ばしくて美味。

コンビニで発見
マネケン の 各種ベルギーワッフル
20070501164539.jpg
今回は『抹茶と黒豆』
近頃コンビニのパンコーナーの隣にひっそりとある洋菓子コーナーで見かけることもありますね。
マネケンという大阪の会社のベルギーワッフルです。
神戸に行ったとき、神戸の駅の片隅にとても良い匂いがする一角がありました。
オナカを空かせていた私たちが匂いに誘われて近づくと・・・
ワッフルを売るスタンドがあったんです!
とても狭い店舗内で作っては売っているので、出来立てで熱々!
チョコがけのワッフルもあったのですが、チョコが解けちゃうくらい出来立て
モチロン、食べました。
今までのワッフルに対する気持ちが変わるくらい美味しかったのでした。
パールシュガーというのがかかっていてがりがりの食感、そしてワッフルのさっくり&しっとりとした食感。
神戸にいる間、通いつめてしまったほど、思い出のお店でした。
駅の片隅でワッフルにかじりついていた意地汚い夫婦は私たちです
コンビニで見つけるそれは、出来立てには適わないけどやっぱり美味しくて。
季節によって苺、抹茶などいろいろ。
プレーン、ココア味、たまにバナナ味なんてのもあります。
通販でも買えます。
東京銀座にはやっぱり焼き立てを売るお店があるそうな・・・
行く機会があったら探してみたいです

帰省の楽しみ

土、日、月と実家に帰省しておりました
実家に帰ったときの楽しみといえば・・・母の手料理です
外食にでも行った方が母もラク出来るんでしょうけど、父があんまり外食を好まないので・・・
今回もいろいろと作ってもらいましたが、帰る日の昼食に作ってもらった私の好物

ままお手製サンドウィッチ
20070501163342.jpg
なんてことない普通のサンドウィッチですが・・・
今回の具はたまご、ツナ&レタス、トマト&たまごです。
子供の頃から運動会やら行楽地へのお弁当にはサンドウィッチとおにぎりでした。
いつも、いつまでも変わらない母の味。ありがたいです。

映画

学生の頃はたくさん映画を見ていたけど、最近はあんまり見なくなってしまいました
でも、せっかくの連休ですから、ビデオに録り溜めたものを見ることに
(うちはまだDVDやHD録画ではナイので

かもめ食堂 主演:小林聡美 片桐はいり もたいまさこ

なんたって出ている女優さんたちが好き
原作の群ようこさんもとても好きな作家さんです。
ちょっとした話題の映画でしたよね。
話は確かに唐突で、オトナのおとぎ話という評も納得。
でも映像もキレイだし、インテリアも北欧テイストたっぷりでオシャレ
北欧の雰囲気ってどこか素っ気ないようで、でも木を多用しているせいか
どこか人間臭くてあったかいカンジで好きなんです
もたいまさこさんが着ている洋服もマリメッコなのか、ぱっきりとした柄がステキ
それから小林聡美さんが演じる食堂の主人が、北欧の食堂で作る日本食がとても美味しそう。
鮭の焼いたの、とんかつ、豚の生姜焼き、そしておにぎり・・・
でも何と言っても、小林聡美さんの演技が限りなく自然でとても良かったです。
現実的には有り得るはずの舞いお話ですが、見終わった後に心が温かくなる映画でした。

ナルニア国物語

これ、話題のファンタジー映画でしたね
職場の同僚が映画館で見て、あまりの面白さに続けて2回も見たという映画でした。
遅ればせながら私も見ました
洋服ダンスが、ナルニアという国につながっているところから始まります。
ライオン、素敵でした・・・とても紳士で力強くて・・・
途中、見ていられないシーンもありますが、ホントに面白かったです。
ケンタウルス等の半獣人もたくさん出てきますが、ギリシャ神話を見ているようでした。
主人公側の登場人物はライオンであろうが、半獣人であろうが魅力的なのに対して、
敵の方の登場人物がみな醜い、って所もファンタジーちっくでよかった。
女王が結構衣装換えするのも気付くと笑えます
エンディングがアラニス・モリセットなのも嬉しかったです ダイスキなもので・・・

故・淀川長治氏が
「女の人はたくさん映画を見なさい」
と言っていましたっけ。
久しぶりに良質な映画を見て上の言葉を思い出しました。
せっかくの連休だし、少し映画漬けになっても良いですね

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。