プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願の・・・

夫はほぼ毎週金曜日、雅楽会の練習のために増上寺へと通っております
たいがいはお昼頃にまっすぐ増上寺へと向かってイワキを出発、、
お昼も途中のSAか、増上寺近くの定食屋で取り、練習をしてまっすぐ帰ってくるパターン。
持って帰ってくるものは缶かペットボトルの飲み物くらい。

それなのに。

昨夜は珍しく
「オミヤゲがあるから」
というメールがありました
何だろう、と思いつつも、増上寺で売っている『三縁クッキー』かな、と思っていました。
(三縁クッキー・・・葵のご紋が型押しになっている硬めのクッキー。
夫はイマイチ、と言いますが、私はこの歯ごたえと何となく懐かしい風味が好きなのです

夫が帰ってきたのは日付が変わってからなので、
私はダイレクトでオミヤゲが何なのかは知らなかったのですけれど・・・
朝起きてテーブルの上を見てビックリ
なんとそこには・・・

ねんりん家 の 『バウムクーヘン』ねんりん詰め合わせ  ねんりん家
やわらか芽としっかり芽の詰め合わせ               粉う方なき、ねんりん家マーク!

リニューアルした東京大丸の行列が耐えない人気店のねんりん家。
いつもその長い長い行列を横目に見ながら、買えずにいたのでした。
今週の雅楽会の帰りに食事をするため、東京駅の地下街に行ったという夫。
お坊さん4人でねんりん家を覗きに行ったところ、たまたま行列が短かったとか
並んで買ってきてくれました。

しっかり芽
まさに“ねんりん”

さっそく『マウントバーム しっかり芽』をいただきました。
バターの香りと、甘い糖がけの下はタマゴがたくさん入った黄色いしっかりとした生地。
味もぐぐっと濃くて、何となく特別な時のバウムクーヘン、というカンジで感激のおいしさ
行列が出来るのも何となくわかる気がしました。
通販を行っていないのがイタイところですが、
なかなか食べられないところが、また食べたくなる、という人間の心理なのかも。
スポンサーサイト

美味しかったけれど

ココのところの愛読書『日本のおかず』
その中に“身欠きにしんと茄子の炊き合わせ”なるおかずが載っていました。
お魚と煮た茄子はニガテなんだよな~と思いつつ、作り方を見ていると
ニシンと茄子は別々に下ごしらえして最後に合わせる、という方法だったので、
ナス抜きで身欠きにしんだけを煮てみました

身欠きにしんの煮物
ニシンの煮物


照りも出て美味しく出来上がりました。
調味料はお砂糖とおしょうゆだけ。
お酒は入れないんだ~と驚きつつも、とりあえず煮汁が少なくなるまでコトコト・・・
味がしっかり染みて美味しい煮物の出来上がり
準備の際、少しシッポの方を焼き過ぎたらしくて、チョット硬かったのが難点でしたが・・・

私の母親が中通り地方の出身なので、あんまりお魚は得意ではありません
身欠きにしんなんて、たぶん結婚してからこのかた、買ったこともナイのだと思います
私もお店で食べたことはあっても、家では見たことがありませんでした。
なので、お店で
“身欠きにしん”
“ソフト身欠きにしん”
を見つけたときは売り場で固まってしまいました
本に“ソフトにしんを使う”と書いてあったこと思い出し、ソフトの方を購入。

煮る前ににしんをグリルでこんがりと焼くのですが、
その時のニオイがすごかった!
換気扇をで回していたのにも関わらず、
次の日になってもニオイが取れなくて困りました
オープンキッチンだと、家中にニオイが回るのが短所ですね
でも、初めてにしては美味しくできたから、ヨシとしますか

寒い雨

今月に入ってから暖かい、というよりは暑い日が多かったので、
昨日今日の肌寒さは堪えます
しかも、今日は冷たい雨降り 上着が欲しいくらいです。

そんな時でも。

長靴の威力はすばらしく
今年、一大決心をして購入した『HUNTER』の長靴。
長さが膝下まであるので、ほとんど濡れることなく職場まで行けます。
長さがあるせいか、暖かい、ということにも気付きました
ただ、イワキでは長靴を履いている人など皆無・・・
しかも、色がオレンジ色。目立つことこの上なし。
チョットすれ違う人の視線が気になるところですが・・・

職場に着いてしまえば、アルバイト仲間の皆様に大絶賛なので
差し引きゼロ、ということになるでしょうか。

帰りにはすっかり霧雨になっていましたが、
“ぼこぼこ”という音を立てながら歩いてまいりました。
チョット大きいので、歩きにくいところが難点ですが、
これからの梅雨時にはカナリお役立ち、となりそうです

お察しします・・・

私が朝職場に向かう時間は、やはりどこの職場でも出勤時間に当たります。
なので、毎朝すれ違う顔ぶれもだいたい決まってきます。
その中にOLのお姉さんが何人かいます。
お姉さん、と言っても確実に私よりも年下であることでしょう
でも、格好がそれこそ、OLさん御用達の雑誌から抜き出たようだし、
雰囲気も私よりもはるかにオトナっぽくて、どうも“お姉さん”というカンジなのです。
というのも、私は会社に勤めていた頃は化学会社だったこともあり、
出勤すればスグに作業服に着替えて仕事していたので、
割とラフな服装でもうるさく言われない会社に勤めていたし、
今は今で割とチカラ仕事やヨゴレ作業が多いのでそんなにキレイめな格好はしていかないので、
未だにそういう“お姉さん”系の服装はしたことがナイのでした

今朝もそのOLさん達とすれ違いました。
彼女達、たいてい1人か2人で出勤するのに遭遇するのですが、
今朝はたまたま時間があったのか、3人でした。
彼女達と横断歩道ですれ違った時・・・

キョーレツな香水のニオイ!! しかも、3人3様!!!

思わず「うわっ!」と声を上げるほどのすさまじさ・・・
あのまま職場で仕事をするのだろうか・・・
同じフロアの同僚の方、隣の席の方、ニガテな人はつらいだろうな~
香水をたっぷり振り掛けるのは仕事が終わってからにしてもらいたいものです。
私も『香害』の被害者の一人として、
見ず知らずの人たちになんとなく同情してしまった朝の出来事でした。

大忙し

本日、夫は件の青年会の集まりで郡山へと行っております
浜通りが県の役員会を勤める年に当たっているので、
浜通りだけのこと、県のこと、またまたそれらを含めた全体のことなど・・・
仕事がたくさんあって、最近の夫は大忙しです。

役員会のためのいろいろと資料が必要らしくて、
少しでも時間があるとPCの前に座って資料を作ったり、会長さんと打ち合わせをしたりしていました。
無事に終わっているとイイなー。

お寺の5、6月は何かと気忙しい季節です
というのも、夏の繁忙期の前にイロイロとお坊さん関係の行事をやってしまうからです。
集まりや講習会など・・・
なので、この時期、夫は毎週のようにいない日があります
(たいていは家にいてお寺のことをしていますが)
飲み会の機会も多くて夜遅い日も多いです。
少し体調を崩しているみたいなので、チョット心配です
今回の集まりが終わったから少しはホッと出来るかな?

オマケ
ポンジュースチロル
ポンジュースとのコラボレーション
チロルチョコの新商品
懐かしいポンジュースとチロルが合体
中にオレンジゼリーが入っていて、それにポンジュースを使っているとのこと。
オレンジとは一味違った”温州みかん”の味で
さっぱりと美味しくいただきました

レモンシフォン

タマゴをたくさんいただいたので、
久しぶりにシフォンケーキを作ることにしました。
冷蔵庫を見ると、先日フライに使ったレモンの使いかけを発見
レモンシフォンを作ることにしました。

レモンシフォンケーキ
レモンシフォン① レモンシフォン②
焼き上がり                        型からはずしました

柑橘類がたくさん入ったシフォンケーキは中心部が膨れる形になるそうです。
確かに、中心部のふくらみ、というか生地の割れがスゴかった
型からはずす時はいつも緊張しますが、今回はキレイにはずれたので一安心です

レモンシフォン③
今朝の朝食

先日、きちんとした食事をしようと宣言したばかりなのですが・・・
今朝の朝食はシフォンケーキとなりました。
しっとり、ふわふわ、よく出来ました(自分で言うな、という感じですが・・・
しかも、レモンがたくさん入っているせいか、
なんとなくチーズケーキのような味もするんです!
フォークを突き刺したら大きな気泡があったのはご愛嬌、というところでしょうか・・・

忙しかったけれど

今週末はご法事が多い週末となりました。
・・・と言っても、小さな町寺のこと。
朝から晩までずっとご法事、ということではないのですが・・・

日曜日のご法事は一つのご法事に来てくださる人数も多くて、
おかあさんと足りないお茶碗を足したり、お茶を入れたり、片付け物をしたり
お茶菓子をすすめたりと何かと慌ただしくお仕事

仕事は慌ただしかったのですが、
ご法事の合間におかあさんとおしゃべりが出来てよかったデス
おかあさんはお庭が趣味なので、結構外に行っていて屋内にはいないことが多いので、
私が母屋にいても顔を合わせない時もあるんです。
大した話をするわけではナイのだけれど、やっぱりウレシイですね
欲を言えば、私がもっと気さくな性格だったならば、もっと話が弾むのでしょうけれど。
この人見知りの性格だけはなんとも・・・
特に、大事な人だと思う人の前では余計に気を遣って・・・
ヨメに来て4年経ちますが、まだまだ緊張感が抜けなくて申し訳ナイです

スイーツフェアにて

地元にある大手スーパーでは、時々地元のお菓子やさんが
 “スイーツフェア”
と称して出張販売を行うことがあります。
地元、といっても市内だけではなくて、県内各地からも来てくれるお店があるので
結構めずらしいお菓子を食べられることがあります

そのなかでもお気に入りはコチラ。

手作りパンとワッフルのお店 リブラン の ワッフルサンド
リブラン①

郡山にあるお店なのですが、郡山の駅前やデパートにテナントとして入っていて、
夫とオヤツに買って食べたのがキッカケ。
しっかりとしたワッフルに生クリームやカスタードクリームなどを挟んで1つ120円くらい。
私はチーズクリームがお気に入りなのですが、この日は残念ながら売り切れでした

                              リブラン②
                               これはラムレーズン
何となく懐かしい感じの味で、私はダイスキです
これを買った次の日はちょうど土曜日だったので、朝ゴハンに食べたのですが、
いくらオイシイとはいえ、こんな食生活はいけないですね
理想的にはゴハンとお味噌汁、もしくはトーストなら目玉焼きくらいは作ってあげたいです・・・
朝がヨワイ私にはなかなかキビシイものがあって・・・
毎週、宣言していて全然信憑性がナイのですが・・・
明日から早く起きられるようにガンバリマス・・・

悲喜こもごも

火曜日は運動系のサークルの活動日です。
参加した当初は同年代の方が3人ほどいましたが、
だんだんと一人減り、二人減りして2年ほど前からは若年層の会員は私一人。
他のメンバーは40~60代のオバサマ方ばかりです。
正直言えば寂しいです。特に休憩の時間など。
それでも、インストラクターの先生がとても良い方で、
その先生の人柄のおかげで今まで続けてこられました。
そんなある日。
オバサマ会員の中でもリーダー格にあたる人が私に話しかけてきました。
私は一応、会計を務めているので、会費のことか何かかな、と思い返事をしました。
すると、
「これからこの集まりは『オバチャンクラブ』になったから、
 あなたは入れてあげない」

と、真顔で宣言されました。
半分は冗談かなとも思い、その時は
 「じゃあ、私はクビですか?」 
と返しました。
でも、あとから考えると結構失礼なことを言われたような気が・・・
冗談にしても、あんまり笑えないし・・・
今週はそれでも頑張って行きましたが、彼女とは話す気にもなれない気分
これから先、このサークルを続けていこうか、どうしようか、悩みかけています。

そんなことを考えながら、歩いて仕事からの帰り道。
ランドセルを背負ったカワイイ女の子達とすれ違いました。
その中の一人が
「すみません!」
と声をかけてきました。
何か落としたかな、と、声をかけてきた女の子の顔を見ると、何となく見覚えが・・・
さらにその女の子が
「あのっ、バレエ教室の・・・」 
ここで私もはっとしました。
時々、大人のクラスに混じってレッスンを受けている子だったのです。
私も何回か一緒になって、人懐こくて笑顔のかわいい子なので覚えていました。
彼女も私を覚えていてくれて嬉しかったなあ。

最近習い事に関して、悲喜こもごも、いろいろです。
役員を引き受けている以上、途中で辞めるのも会長さんや他の人に迷惑がかかるし・・・
でも、イキナリ人に冗談ともつかない様なことを言っちゃう、ってどうなんでしょう?
私にはよくわからないなあ。
しばらくは様子を見ながら知らん顔をしてサークルへは行くつもりですが、
何となく引っかかるものがあります。

台風過ぎて

昨日の台風はひどかったですね
今年は台風がやってくるのが早くて、オドロキです
たいてい、イワキは8月に入ってから1つか2つやってくるくらいなのですが、
今年は5月にしてすでに2つ目の台風。
幸いにも今のところ、我が家は大した被害が無くて済んでいますが、
市内では被害が出たところもあるようだし・・・
夏になったらどうなってしまうのでしょう。

今日は昨日とは打って変わってとてもイイお天気
GW以来、久しぶりのイイお天気ではないでしょうか
昨日、強い雨風の被害を心配したベランダの鉢も元気です。
芽生え

種を蒔いたのが4月の末頃。
順調に芽を出し、現在はカワイイふたばがすくすくと成長しています
植えたのはバジル。
今年はたくさんバジルを使ったお料理が出来ますように、ぐんぐん育て~。

日本人ですから

話題の料理本、私も買ってしまいました

日本のおかず 著:西 健一郎
日本のおかず

東京新橋の料亭「京味」のご主人、西さんによる“家庭料理”の料理本。
中味を見て、コムズカシイ料理ばかりだったら買うのをやめようと思ったのですが。
実際に載っているお料理はお母さんが当たり前のように作るようなお料理ばかり。
和え物、煮物、焼き物、揚げ物、ゴハン、そして甘味まで。
しかも、さ・し・す・せ・その調味料の上手な使い方まで教えてくださっています。
私は煮物、というとやみくもにお酒やみりんを使っていましたが、
この本ではそうではなく、必要な時に必要なだけお酒やみりんを使います。
お出汁にしてもそうです。
何でもかんでもお出汁を使ったりしない。

美味しいお料理を作るために美味しい使い分けをすること。

ナルホド、と思えることが多く、また、活用できるものが多く、話題になるのもナットクです
早速この本のやり方で『たけのこご飯』を作ってみました。

たけのこご飯① たけのこご飯②
お手本は三つ葉が散らしてありますが、我が家は省略

お出汁でご飯を炊くようになっていましたが、
たまたま美味しい出汁しょうゆがあるので、それを使ってみましたが、
調味料はお出汁とおしょうゆだけ。お酒は入れません。
それから、土鍋で炊く方法で載っていたので、私も土鍋で炊いてみました。
チョット加熱時間が長すぎたので、おこげが出来てしまいましたが、それも香ばしくてヨシ
本当に美味しくできました。
和食って幸せに美味しいですね。
日本人に生まれてシアワセだなあと思います。

母とデート

免許更新の講習会のため、お仕事はお休みをいただいた今日。
講習会は午前中だけで終わってしまうので、
お昼は母と待ち合わせてランチに行くことにしました
待ち合わせ場所はうちの近くにわりと最近出来た喫茶店。

coffee shop 一枚の花びら の 『本日のランチ』

一枚の花びら
本日のランチは“和風ハンバーグ”
ゴハンは白米ではなくて分付き米、ハンバーグの他に小鉢が二皿、コーヒーか紅茶の飲み物つきです。
ゴハンがぱっちりと硬めで私好み
ハンバーグも香辛料が効き過ぎていなくて、
野菜がたくさん入った和風だしベースのソースがかかっていて、しかも薄味。
はっきり言えばそんなに期待せずに行ってみたのですが
意外に美味しくて母も私も大満足
母もオトモダチとまた来る、と言っていました

その後は我が家へ移動してお茶を飲みながらたわいの無い話をして・・・
実家にいたときは母とおしゃべりするのは日常の、本当に当たり前のことでしたが、
近くに住んでいるとは言いながらも、こんな時ではないとなかなか・・・
たまには外で待ち合わせて母とデートも楽しくて良いですね

ピタパン再び

暖かくなってきてイーストさんが働きやすくなってきました
何かパンを焼こうと思って夫に
「何か食べたいパンはある?」
と聞いてみると
「ピタパン、ツナの」
という答え。
前回はあんまり中に挟む具材のことを考えずに作ったので、
なんとなく寂しいサンドとなりましたが、今回は中味の準備もカンペキです

ピタ再び①
再挑戦のピタパン
今回の具はローストビーフとたまねぎ、サラダ豆とツナをマヨネーズであえたもの。

チョット豪華版です

ピタパンも、今回は全部ぷっくりと膨らんで、失敗ナシでした
(前回は1枚だけ膨らみませんでした
生地にトマトジュースを使ったり、ハーブミックスを混ぜ込んだりとバリエーションが多いパン。
発酵時間も割と短めだし、野菜をたくさん使えば中味次第でヘルシーだし。
レパートリーのひとつになりそうです

買い時

夏にはまだまだ程遠いですが、靴や服は今頃夏物の買い時だそうです
確かに暑くなってから、買おうと思ってもサイズが無かったり色が無かったり・・・

いつもそれでサンダルを買いそびれてしまうので、
今年は早めにお店に偵察に行ってみました。
すると、確かにいろいろなサンダルや夏物のパンプスがたくさんある・・・
店員さんに聞くとサイズもまだ大丈夫みたい・・・
というのも、私は足が小さいので、小さいサイズはあんまりお店に入ってこないのと、
やはり私のように足の小さな方が世間には結構いるらしくてスグに売れてしまうのです
大きな靴を履くことほどみっともないことはナイですから・・・
歩き方もおかしくなるし・・・

ということで、出会いがあったら迷わず購入すると決めました

10足近くいろいろなサンダルを試したのですが、
ぱっとココロ惹かれたのはコレ

2008サンダル
ちょっとレトロな感じ

赤いサンダル、もともとスキなのですが、これは朱色に近い赤。そしてエナメル。
昔、母が若い頃に履いていたようなデザイン・・・

全てにココロ惹かれました

それに、このメーカーは木型が私の足にぴったりなので履き易いし、大満足です。
夏が待ち遠しいなー・・・オンナって単純なんです・・・

ガンバレ、夫君

本日より、夫が宗の雅楽会へ参加します。
再三、先輩のお坊さんからお誘いを受けていたのにも関わらず、
雅楽会の練習日は金曜日、しかも、場所は東京の増上寺。
また、金曜日はテニスのコーチのお仕事が・・・
心優しい夫は、自分のやりたいことよりも頼まれている仕事の方を優先し、
また、私も同じレッスンにも通っていたということもあって、
なかなか決心が付かなかったようでした。

でも、先輩が相変わらず熱心に誘ってくれることと、
私がレッスンに行くのをお休みしたこともあり、
ようやく重い腰が上がって、今週から雅楽会へ参加することにしたのでした

雅楽に使われる楽器で有名なところは、
・笙(しょう)・・・細い竹を集めたようなカタチのもの
・篳篥(ひちりき)・・・短い縦笛のようなもの
・龍笛(りゅうてき)・・・横笛

などなど・・・
他にも打楽器や琵琶などの弦楽器などもありますが。
夫はこの中でも竜笛に誘われているようです。
今日は今年新しく雅楽会へ入る方たちが来るひだとか・・・
念願だったことを始めるキモチは私が先月バレエで経験済み
ワケがわからなくて不必要なほど緊張しているかと思いますが、
頑張ってほしいものです

ノスタルジィ?

最近、ふと、17くらいだった頃の自分が鮮やかに思い出されることが多くなりました。
仕事で書類をそろえている時や、眠りに落ちる瞬間など、
意識が無になりつつある瞬間に特に。
映画『おもひでぽろぽろ』のタエコのような状態、といった感じでしょうか。
(この映画を見ていないとわからない表現なのですが・・・)

当時の私を端から見ているのではなくて、
当時の私の目を通して今の私がその時の出来事を見ているような感覚。
なので、今まさに体験しているがごとくの鮮やかさ。
でも、例えその出来事がシアワセなことだったとしても、
その先に起こることがわかっているので、寂しいような後悔のようなキモチ。
確かに
「あの時、どうしてこんなことしたんだろう」
とか
「こうすればよかった」
という思いもありますが、そういうのとはまた、違う感覚なのです。
何度も見た結末のわかっている映画を見ているよう、というか・・・

先の映画の主人公は、突然、小学生の自分が鮮やかに目の前に現れ戸惑うのだけれど
今なら主人公の気持ちがわかる。
何かにつけてその年代の自分が現れて過去の出来事を再生する。
キモチまでもを鮮やかに。

ただ単なるノスタルジィ、というものなのか、
それとも、人生における何らかの節目を迎えているのだろうか。
映画の主人公のように答えが出る日は来るのかな。

青い花

薬師寺展

東京国立博物館で開催されている『薬師寺展』へと行ってまいりました。
上野の町の中は『ウルビーノのビーナス展』ののぼりの方が多かったけれど、
仏像や日本の古いものを見るのが大好きな私。
そんなことは気にしません(笑)

今回の薬師寺展での見ものは、日光菩薩(にっこうぼさつ)・月光菩薩(がっこうぼさつ)の展示。
薬師如来様の脇侍として薬師寺にいらっしゃる時は
三体とも金色の“光背(こうはい)”を背負っていらっしゃいますが、
今回の展示では光背をはずし、360度お姿を見られる展示になっています。

私はそれだけではなくて、テレビ番組『情熱大陸』で紹介されていた
国立博物館の照明係の方のお仕事も楽しみに行ってまいりました。

この日の東京はあいにくの雨模様
それでも国立博物館は大賑わいの大混雑。
オジサン、オバサンの群れにもみくちゃにされながら展示を見てまいりました。

菩薩様を正面からお背中から、心ゆくまでじっくりと眺められただけではなく、
普通に薬師寺に行っただけではナカナカ見られない装飾品なども見ることが出来て
とても良い時間を過ごせました
また、展示物をやわらかく、それでいて、力強く見せる照明の美しさも堪能してまいりました。

上野での食事は新しくも懐かしい味の洋食屋さん

続きを読む »

親孝行

5/7は実家の母のお誕生日でした
プレゼントは以前、お寺に寄ってくれた時に渡していたのですが、
『母の日』のお祝いも兼ねて、
今日はケーキを持って顔を出してきました。

何のケーキがいい?と聞いたところ、迷わず
「モンブラン
芋・栗好きの母らしい答えです。

モンブランとオムレット
モンブランとオムレット

いつもクリスマスケーキをお願いするお店で買って行きました。
母がココの生クリームが好きなので。オマケのオムレットはバナナ入り

中に栗の渋皮煮が入っていて、台にはメレンゲを焼いたものだけで、
ほとんど栗のクリームと、生クリームで出来ているこのモンブラン。
小ぶりな大きさですが、食べた感があります

母の笑顔が見られればそれだけで私もシアワセです

もう一人の母、お寺のお母さんにもフルーツロールを買いました。
夫を産んで育ててくれた大切なおかあさんですから、
こちらのおかあさんもとても大切です
こんなことしか出来ないけれど、せめてものキモチです。

どちらのおかあさんもいつまでも元気でシアワセにいて欲しいと願っています



疲れてるなあ

暖かくなってくると、冬の間に溜まっていた疲れが出てくるのだとか。
体も緩むのですね
今の私はまさにその状態。
月の体調の揺らぎに加え、 “香害”のストレス、日々の疲れ・・・
そういったものが一気に現れ、顔に吹き出物が一つ、二つ・・・

お願いだから、顔はやめて

と思わずにはいられないし、鏡も見たくない
すぐに顔に出ちゃうんですよね。ナゼなんだろう。

朝から外掃除をして5月だというのにすっかり日焼けしている夫には申し訳なくて言えないですが。
外で働かせてもらって、好きな習い事もさせてもらって。
でも疲れているんだなあ。
週末は少し、ノンビリ、過ごしますかね
クレマチス
癒される青色
クレマチス、というよりは、テッセン、というイメージ

イイコトあるかな?

お昼に友達からいただいたガム一粒。
包み紙を剥いて、今まさに食べようとした時。

「何か描いてある

とガムをくれた友達が叫びました。
びっくりして見てみると・・・

クローバー
クローバーの絵が・・・

小さい一粒のガムにクローバーの絵が描いてあったのでした
全部に描いてあるのかと思ったら、どうやらそうではないらしい。
ハート型や星型のピノアイスや、この前、夫が発見した大漁エビスのように、珍しいものなのかも・・・

全部のガムを剥いて見るわけにもいかなかったので、
真相のほどはわかりませんが、何だか幸せな気分
チョッピリくたびれていたキモチが少し元気になりました

これで何かイイコト、あるかな?

春の味覚

そろそろウラヤブにタケノコが出てくる季節となりました
4月の下旬には、
「雨が少ないのでタケノコが生長しない」
とお寺のおとうさんがこぼしていましたが、
4月末~5月には行ってからは雨も適度に降り、気温も上がってきたので
まさにそれこそ、 “雨後のタケノコ”

タケノコの成長具合を毎日のように観察している夫によれば、
もう背丈を越えるくらいに成長し、竹になりつつあるものも出始めたとか・・・

本当は地面にチョッピリ顔を出したくらいのものを掘り起こして食べた方が
やわらかくて美味しいのだと思いますが、
お寺の男性陣は、どうも少し大きくなってから掘るのがお好みのようです
それでも、私はチョット硬めのタケノコの方が好きなので構いもしませんけれど。

たけのこ
今年も立派です!

夫が蚊にイヤというほど刺されながら掘ってくれたタケノコを、早速夕食にいただきました。

土佐煮
タケノコの土佐煮
先の方をわかめと共に煮る『若竹煮』もスキですが、
今回は夫の要望にこたえて『土佐煮』の方にしました。
さすがに掘りたてなので、根の方の硬い部分もやわらかくいただけます。

スーパーで買えば味も香りもしなくなったようなものでも結構お高いのに、
人に食べてもらうほどタケノコが食べられる環境にいてシアワセです

まだまだ取れるタケノコ。
今度はタケノコゴハンとチンジャオロースゥにでもしますか

夢のような香り

『こどもの日』の今日
足利市にある“あしかがフラワーパーク”に行ってまいりました。
ここは樹齢100年を越える藤の古木があるところで有名な場所です。
開園が朝の7:00ということで、私たちも朝早くから出かけました。
それでも着いてみるとモノスゴイ人、人、人・・・
花が咲いているだけで、それを見にこんなにたくさんの人が訪れるんだなあ、と感心

いざ、中に入ると・・・

藤の花のオンパレード

大長藤 
大長藤

黄藤  白藤
黄色藤                        白藤     
園内は藤のほかにもツツジ、牡丹、バラ、テッセンなど、いろいろな花が植えられていて、
一年中楽しめるような造りになっていました。
でも、やはり、藤の季節がイチバンにぎわうようでした

園内中に漂う、むせ返るような藤の香り・・・
まるで夢の世界のような幸せなキモチになりました

帰りはチョット宇都宮へ寄り道
宇都宮といえば『餃子』!

宇都宮餃子 みんみん
市内に何店舗かある『みんみん』のうち、
駅からチョット離れていて駐車場の心配の無い江曽畠店というところに行ったものの、
お昼時だったため、30分程度待ちました。
みんみん
焼餃子と水餃子
ライスのメニュゥもありましたが、餃子をたくさん食べたかったので、あえて焼と水の餃子のみ。
(他にも揚げ餃子がありました。)
焼き餃子は皮がぱりぱりで美味しいですが、水餃子の方がつるりつるりと食べられます。
胃にも優しいです
野菜がたくさん入っていて、にんにく臭くなくて美味しくいただきました。
家族へのお土産に冷凍餃子まで買ってしまいました。

イワキから栃木県へと向かうのは道路が不便で、時間もかかります。
文句も言わず、イヤな顔もせずにずっと運転してくれた夫にも感謝です。
楽しい一日をアリガトウ

良いお天気ですね~

今年のGWは近年にナイくらいお天気に恵まれているのではないでしょうか~
5/3の午前中は少しぐずぐずしていましたが、
お昼近くになってからは太陽も出てきて気温も上がったし
5/4も、朝少し曇っていましたが、あっという間にキモチの良い日差しが・・・
世の中何となく元気がナイのに、お天気までイマイチだったら
お出かけする気持ちにもなれないので。
せめて「チョット外に出ようか」という気持ちになるくらいのお天気じゃないと。
連休ですしね

そんなお天気の良い日が続いているというのに、
私、土曜日から家を一歩も出ておりません
思いがけず、法要もないGWになったというのに、です。
何だか、家の中で片付けたいことやしなければならないことがあり過ぎて・・・
そちらの用事を優先させていたら家から一歩も出ていない有様となりました。
したがって、食事も在庫を整理しながら生きております

今日のお昼も家にあるもの、でも、目新しいものを作ってみました。

ピタパン

中近東のパンで中が空洞になっていて、半分に切ったところに具を挟んで食べるパンです。
手が汚れないサンドウィッチ、といったところでしょうか~。
ピタ①
焼きあがって少ししぼんできました

高温のオーブンに入れて待つこと約1分・・・
ぷく~っと風船のように膨らんできます
その後焼き色が付く寸前で取り出すと、中が空洞のピタパンが出来ます。

ピタ②
今日のお昼です

中味は冷蔵庫にあったレタスの葉とゆで卵のスライスとスライスチーズ、そしてマヨツナ。
トマトか何かあればよかったですが、そういう色物が無かったので

膨らむかどうか心配だったのですが、
6枚焼いたうち、膨らまなかったのは1枚だけ。優秀です

バターの代わりにオリーブオイル、牛乳も使わないヘルシーさ。
発酵時間も短くなって来たこの季節、気軽に作れそうです

お久しぶりですネ

GWということで、夫の高校時代の友人がご夫婦と子供さんを連れて遊びに来てくれました
イワキに帰省する際、時間があると寄ってくれるウレシイお客様です。
前回寄ってくれた時はお盆で、暑さと人酔いでダウンしてしまった私は会えずじまいだったので、
私は本当に久しぶりの再会となりました。

私たちの結婚式にも来ていただいたのですが、
その時に赤ちゃんだった子供さんが、おしゃべりも上手になってかわいい女の子に成長。
そして、新しい家族も増えて、
年月が経つことの速さを思い知らされるオトナ達

夫の友人もさることながら、奥様もステキな方
さりげない雰囲気がとても感じの良い方で、憧れちゃうなあ・・・
ママになっても、こんな風にステキでいられたら、と思える方です。

そしてオミヤゲまでいただいてしまいました

白土屋菓子店 の 『ジャンボシュークリーム』

白土屋①
イワキ名物
直径10cmはあるでしょうか・・・ホントに大きいのです!

白土屋②
中味もたっぷり詰まってます!!

私が通っていた小学校の近くにあるお菓子屋さんの名物。
テレビでも紹介されるほど有名な大きいシュークリーム。
見た目のすごさにビックリしますが、中にカスタードと生クリームの2種類のクリームがたっぷり入っています。
でも、さらりとしたクリームで、こんなに食べても気持ち悪くならないのです
久しぶりに食べましたが、昔と変わらず。
美味しくいただきました。

忙しい時間のなか、いつも忘れずに寄ってくれてありがたく思います
こんなステキなお友達がいる夫にも感謝です。


半分

職場の近くにある市の文化施設がリニューアルし、
それに伴って、テナントでとてもオシャレなイタリアンレストランが入りました
職場から近いことと、ランチのメニュゥが豊富で、普通に美味しいこともあって、
社員さんと何度か食事に行ったことがあります。

その時のこと。

初めてそのお店に行った時、近くのテーブルには初老に近い年齢の男性の二人組がいました。
何気なく、その二人の会話が耳に入ったのですが、
「作りが豪勢なわりに、狭くて人が入れない」
「まったく、スペースのムダだ」

とか
「こんなに人気があるのは最初のうちだけだ」
「すぐに飽きられる」

とか、ずっとお店の文句や揚げ足取りばかりを言っていたのです。
お料理が運ばれてきても変わらず・・・
社員さんと私はとても美味しくいただいたのですが、なんだか聞いていて面白いものでもなく・・・
聞かないように、気にしないように努めてはいましたが

2度目に行ったときのこと。

またまた同じような年恰好の男性グループの近くの席になりました。
そこでも、またまた
「料金のワリにこんなもんか」
という声と、それに同意する声が・・・
たまたまそういう話をする人たちの近くになってしまったのだとは思いますが、
オバサマのグループは世間話など、楽しそうに話をしています。
お料理についても、よっぽどひどかったらそういう話にもなるのでしょうけれど、
お友達との食事を単純に楽しんでいる様子。

うちの実家の父もそういう傾向があるのですが、
中年以降の男性って、どうしてネガティブな方が多いのでしょうか
アラを探しているよりも、ホメどころを見つける方がよっぽど人生楽しく過ごせると思います。

せっかく、美味しい食事をしに行ったのに、なんだか美味しさ半減なキモチになりました。
誰だって、つい後ろ向きで暗い気持ちになるときもありますが、
せめて、5月の空のように真っ青でキモチの良いココロで生活したいと思います

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。