プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

目配り、気配り

相変わらず、ご法事のお茶出しがニガテな寺嫁です。
一杯目を出すのは何てことナイのですが、
皆さんがお茶用のテーブルに集まってくださって、お茶飲みが始まると・・・
2杯目を注ぐタイミングを逃したりします
お話が盛り上がってくると、何となく声をかけづらくて。
それにこれからの季節はどうしてもお手洗いが近くなるので、
お茶は控えたい、と言う方もいるだろうし・・・
何も言わずに注いだら感じ悪いかなあ、なんていろいろと考えているうちに
タイミングを逃す、ホントにニガテです。

ヘンに目端が利くのも、何となくいやらしいし、お客様も緊張するだろうし。
さりげなく、何気なく、気も使わせず、目配りができるようになりたいと思います。

バレエの教室にいらっしゃるんです。
さりげなく目配りが出来る方が
初めて教室へ行った日も、入り口で靴を脱いでいる私たちを
人の間を上手に通して受付まで案内してくださったり、
頑張っているわね、とさりげなく声をかけてくれたり・・・

それが決して押し付けがましくないのです。

私たちの中では、バレエも上手だし、雰囲気もステキなその方はアコガレです
私もいつか、ステキに気配り、目配りのできる女性になれるように頑張ろうっと。

オンナばかりの夜

久しぶりに仲良しさんの集いです。
職場を7月いっぱいで辞めた方と念願の再開。
辞めて以来、連絡は取っていましたが、会うのはホントに久しぶり
今夜のメンバーはその方と、バレエ仲間のSちゃん、私。
久しぶりに女同士の気の置けない集いとなりました。

場所は・・・

Cafe del Mar (カフェ・デル・マール)

以前ランチに来た事がありますが、夜は初めてです
女性の方がやられているお店で、ハワイのムードたっぷり。お香なども焚かれています。
清潔感もあるし小さいながらも気の利いたお店です。
まずはドリンク。
デルマール・ドリンク
生ジュースのバナナミルク

メニューを見るのも忘れるほど、最初からしゃべりまくりの私たち
次に頼んだのは・・・

続きを読む »

レベルアップ・余話

前回の記事を載せた直後のバレエレッスンでのこと。
先生が入門クラスの生徒さんに向かって
「皆さん、上のクラスにも参加しましょう~!」
と、呼びかけました。
私と友人Sちゃんは、今日のレッスンでわからない所があったので、
個人的に先生に質問しようとタイミングを計っていたときのことでした。

なんて、良いタイミング

わからなかった所を質問して、形を直してもらった後に、先生がまた

 「上のクラスに出ませんか?
 ツライなあ、と思うのは最初の3ヶ月くらいですよ。だんだん慣れてきますし・・・
 このままこのクラスにいても、これ以上の内容のレッスンはしません。
 二人ならきっと大丈夫ですよ。」


と、笑顔のお墨付き。
また、上のクラスは内容がだんだんと難しくなっていくので、
発表会が終わって難易度が下がっている今のうちなら、より、参加しやすいとのこと。
10月になったら、真剣に考えねばなりません。

なぜ、私がこんなに打ち込んでいるのかをふと、考えた時。
夫の存在が大きいのかも、と思いました。
夫は5月から毎週金曜に雅楽を習いに東京へ行っています。
そして、家でもヒマさえあれば『譜』を見ながら唄い、
それだけではなくて、実際に笛を吹いて練習もしています。
ただ、この笛の音が、思いの外、大きくて
ナカナカ練習する場所がないのが気の毒なのですけれど・・・

身近にこんなに頑張っている人がいるのですもの、
私も頑張らなくちゃというキモチになります。

レベルアップ

今日はあいにくのお天気です
急に空が真っ暗になったかと思うとざあっと雨が降ってきたり、
そうかと思うと雲が切れて明るくなってきたり・・・
バレエのレッスンがある日は不思議とお天気がイマイチなことが多いのです

先日、一緒のバレエ教室に通うオトモダチSちゃんが、
振り替えレッスンで一つ上のクラスのレッスンに初参加してきました。
最初の1時間は、その場にいるのがつらくなるほど、何も出来なかったそうです
フロアレッスンに進んでからはあまりの出来なさかげんに却って開き直ったそうですが・・・
そのクラスには私たちの入門クラスを教えてくれている講師の方までもが
レッスンを受ける姿もあったとか・・・

Sちゃん、レッスンが終わった後、出来なかった箇所を一人でおさらいしていたのだそうです。
その時に、入門クラスの講師の方が、ねぎらいの言葉をかけつつ、

「もっと上達したかったら、ぜひ、このクラスのレッスンを受けてください。
 入門クラスは基礎の基礎のことしかやらないし、
 毎週同じことの繰り返しだし、内容もあれ以上のことは出来ないんです。
 ぜひ、上のクラスにも参加してみてください!」


と言われたのだそうです。
確かに、入門クラスは毎週基礎の基礎の繰り返しのレッスン・・・
いわゆるバレリーナの様に踊れるようにはならないだろうな~というカンジ。
たぶん、講師の方は私たちが週2でレッスンを受けているので、
そのようなことを言ってくれたと思うのですが・・・

なので、今、週2のレッスンのうち、1回は上のクラス、1回は入門コースのレッスンを受けようか考え中。
4月に始めた時も何も出来ないままレッスンに行ったのだから
そのときのことを考えれば同じこと!

とは思っているのですが・・・

知恵が付いた分、なかなか思い切りが良くない私たちがいます。
一度、振り替えレッスンで上のクラスを体験してみようかな、と話し合っているトコロ。
だんだんと欲が出てきて、現状維持よりも、レベルアップ↑したくなってきます。
近いうちに、折を見て先生に相談してみようと思います。

暑さ、寒さも・・・

お彼岸のお中日を過ぎたらぐっと涼しくなり、
今日なんて寒いくらいの気候となりました
まさに“暑さ、寒さも彼岸まで・・・”を地でいくような陽気。
秋本番はスグそこまで、ですね。

それに、ここ最近はお買い物に行くと、栗やお芋を使った商品が増えてきて、
芋栗好きな私としては、一年でイチバン嬉しい季節になります

そして、そして、今日も見つけてしまいました。
栗尽くし
丸ごと栗パイ & マロンデニッシュ

明日の朝食のチョットした分だけを買いに寄ったパン屋さん。
おあつらえ向きに『栗フェア』を開催中。
ついつい買ってしまった栗パイとマロンデニッシュ。
それでたがが緩んだのか、二人で食べるには多いくらいのパンを買ってきてしまいました
(しかも、菓子パンばかり・・・)

秋って、空気が澄んでだんだんと物悲しくなってきて、実はニガテな季節なのだけど。
食べ物に関してはまた別のお話。
夏の間お休みしていたお菓子作りの趣味も、そろそろ復活しようかなあ。

お中日です

今年の繁忙期も今日さえ乗り切れば・・・
寝不足の目をこすりつつ、今朝は6:00過ぎから位牌堂にあげるお膳の準備。
長い長い一日の始まりです。

お盆は7:00を過ぎる頃からおまいりの方が見え、
午前中は割と途切れることなくお客様がいらっしゃいますが、
秋のお彼岸となると、どこか閑散とした雰囲気
朝晩涼しくもなってくるし、8月の月遅れ盆のスグ後ということもあり、
お参りの出足は鈍くなっているからなのです。
それでも10:00を過ぎた頃から、ぼちぼちと姿が見えますが。

最近は顔と名前が一致する檀家さんもチラホラと出てきたので、
来る人来る人知らない人ばかり
という疲れは少なくなってきましたが、だんだんと
顔はわかるんだけど・・・
という状態になってきていて、帰って気疲れしてしまいます
また、居間にいなくてはいけないのと、
それなら、と暇つぶしに本や雑誌などを持っていっても、
お客様が見えると中断しなくてはいけないので、読んだ気にならないし、それがツライです。
一つところにすることもナシにいるのは疲れますね。

それだから、夕方になって離れである我が家に帰ってくるとどっと疲れが・・・
でも私は明日から仕事にいけるのでまだ良いのです。
夫はお彼岸が明けるまで家にいてくれるのです。
お墓のゴミなどを片付けながら・・・
夫に申し訳ないと思いつつ、明日は外の空気を吸いにヤマを下ります

秋の味覚たっぷり

秋の味覚の代表と言えば、
栗
渋皮煮もモンブランも手間がかかるけれど、ダイスキです

それでも、栗好きな私は少しでも早く栗を楽しみたい。
手っ取り早く味わうためには、やっぱり

炊き込みご飯!!

栗ご飯
栗もたくさん入れて黒ゴマもたっぷり

少し塩を利かせて栗を入れて炊き込んだご飯。
ホクホク感にかける栗だったのが残念でしたが、それでも美味しくいただきました。
去年までは炊飯器で炊いたチョット柔らかい栗ご飯でしたが、
今は土鍋で炊いたぱっつりとした硬めのゴハン。
土鍋で炊いたゴハン、ホントに美味しくて、それだけでも幸せな味がします。

秋彼岸

昨日から秋の彼岸入り。
今年の秋彼岸は入りが土日に当たっているので、
忙しいぞ~と意気込んでいたというのに。
それなのに、台風がやってくるかも、のニュース。
でも結局、イワキの方は夜半過ぎから降った雨も朝には止み、
朝には晴れ間も見え、台風が去った後独特の暑さとなりました

それでもやっぱり、皆様の出足は鈍り・・・
何となく間延びした彼岸の入りとなりました。
おかげで出入りする車の音も少なく、チョットのつもりのウタタネが、
本格的な昼寝となってしまい、ヒンシュク者でした

日曜日は昨日の分も来て下さるのか、にぎやかなお寺です。
午後になり、雲行きが怪しくなってきた途端にまた少し静かですが・・・
あと少し、がんばろうっと。

ひがん花
彼岸花
毎年時期を違わずに咲く彼岸花。
全国津々浦々、同じ時期に咲くのかしら。
それとも南では早く、北では遅く咲くのかな。
ここら辺ではきっちりお彼岸前に芽を出して、お彼岸には土手を真っ赤に染める、けなげさです。

シナモン&チョコレート!

秋が近くなってきたら・・・
チョコレートがだんだんと恋しい季節になってきますね

シナモン&チョコレートロール

シナモン&チョコロール①シナモン&チョコロール②
飾りにスライスアーモンドを乗せて

この前職場の近くのパン屋さんで買ったシナモンショコラが美味しかったので、
我が家で再現すべく試し焼きを兼ねて。
久しぶりにバターがたくさん入った甘い生地のパンを焼きました
伸ばした生地にチョコレートシロップとシナモンをたっぷり乗せ、くるくる・・・
それを6等分するべくカット。

その時にようやく気付きました。

何を?
チョコレートソースをかけすぎたことに
カットした面からあふれ出るチョコレート。
今回はたまたま準備が良く、乗せるカップを用意していたから良かったものの、
いつもの手順の悪い状態だったら、中身がない状態になっていました
それでも台の上にこぼれ出た大量のチョコレート&シナモン。
もったいないので、スクレイパーですくってオナカに収めてしまいました

ハーシーズ
大好きなハーシーズのチョコレートシロップとシナモンパウダー

焼き上がりは綴じ目も開かず、上に伸びすぎもせず、久しぶりにしては良いカンジ。
昔はシナモン、ニガテだったのですが。
今はとってもスキになってしまったので、たくさん振りかけたおかげでとても良い香り!
ふかふかのパンを味わいながら、夫と
「うちはイーストのパンの方が美味しいね・・・」
と確認しあってしまいました。

酵母のむっちりとした味わいもまた、美味しいのだけれど、
イーストのふっくらとしたパンの方が性に合っている気もします。
でも、また小麦が値上がるそうなので・・・
パンはゼイタク品となりそうな気配。



邁進するのみ!?

ここ最近、あんまりステキなキモチになれませんでした
そんな時は何かに打ち込んでみると良いのかも?

・・・というのは。
先日、休憩のときにある社員さんと一緒になったときのこと。
その社員さん、以前はカナリ恰幅の良い方でした。グルメだし、甘党だし・・・
そんなある日、お医者様に
「このまま行けば、生活習慣病で命の危険アリ」
という宣告をされたのだそうです
お医者様の宣告にさすがに危機を感じた社員さん。
猛烈なダイエットを敢行。
今では以前の半分くらいの体格になりました。
その時のダイエットの話をしていたら、
痩せるとオナカの皮が余るんだよね~、という話に及びました
私が
「それを減らすにはやっぱり腹筋運動ですか?」
と身を乗り出して聞いたところ、
腹筋運動にも2種類の運動があるそうで・・・

①筋肉をつけるための腹筋運動(腹筋が割れる)
②脂肪を落とすための腹筋運動(クビレができる)


あまりにも私がキョーミ津々だったためか、腹筋運動を特集した雑誌を貸してくれました。
ターザン
体育系雑誌『Tarzan』

女性のための腹筋運動のページをコピーした私
表紙のようなぺったんこのオナカを目指して邁進します

ひとすじの明かり

昨日はぐだぐだでヒドイ文章を載せてしまったのにも関わらず、
心がこもったコメントをいただき、本当に救われた気分になりました。
やっぱり「私も同じだよ」と、言ってもらえると、どこかほっとします
そして、言いにくいことをはっきりと言ってもらえることも・・・
おかげさまで、今日は昨日よりも少し落ち着いたキモチでおります

それに、夫にも助けられました。
面と向かっては言いにくいことだし、激高方の私()は
心が揺れている時は穏やかに話が出来ないので、
悪いな、とは思いつつもメールで気持ちを伝えました。
夫もとても心配してくれて、お寺のおかあさんにそれとなく言ってくれたのだそうです。
私たち夫婦の中では、いつもいつも話題となっていた事柄。
けれど、お寺のおかあさんにそれとなくではありますが、
キチンと筋道だてて伝えるのは初めてかも・・・
ある程度はやっぱりわかっていてもらわないと、お互いが理解できないですもんね。
私が頑なになりそうな危険もあったし。

徐々に、徐々に、良い方へと流れていけばイイ、と思っています。
暗雲にひとすじの光明、といったカンジでしょうか

いつか晴れますように

秋になったからか、涼しくなってきたからなのか、
心がざわざわと揺れ、落ち着かない日々が続いています。
理由として考えられるのは、現在私が置かれている状況と立場なのですが、
詳しく述べることは避けて、 “家庭内の事情”とだけ書かせてもらおうかな・・・

全てをお膳立てしてもらってすることが、私に求められていることなのか。
結局の所、私がいる必要性というのは何だろう。
主婦でもなく、ヨメでもなく、ムスメでもない。
不安定な石の上に石を積み上げ、その上に爪先立っているような感覚。

夫は優しく、何も言わずにいてくれます。
夫だって板ばさみでツライであろう立場なのに、
一生懸命に解決に向かえる様に、私が心穏やかにいられるようにココロを痛めてくれます。
それなのに、私は常にイライラして当り散らしているばかり。
夫の戸惑うように私を見つめる視線が痛いくらいに、突き刺さるように感じます。
以前の私とは全く違う人間になってしまったかのような、自分に対する違和感。

今年最後のお彼岸を前につらつらと悩み、惑う日々が続きます。
秋の空のように抜けるように天高く心晴れる日が来ることを信じて。

バジル&チーズ と ホットビスケット

連休には台所仕事がしたくなります。

夏の食卓を楽しませてくれたバジルもそろそろおしまい。
それでも、まだまだ若々しい緑は力強く新芽を出しています
今回はそのバジルと冷蔵庫にあったチーズを使ったパン。

バジル&チーズ
バジル&チーズ
切り込みの入れ方を間違えました

今回は『うかたま』の影響で、白神こだまと国産小麦を使ったパンです。
どうも、この酵母のぬか味噌くさいようなニオイがニガテなのですが、
温度管理が悪いとニオイが強まる、との話を聞いたので、
今回はデジタルの温度計と首っ引きで作成
イーストのパンよりは独特な香りがするものの、
今回は今までよりはまあマシかな、というカンジの仕上がりになりました。
しかも、十文字に入れる切込みの入れ方を間違えてしまったので、
十分に切込みが開かず、したからチーズがあふれ出してしまい・・・
・・・まだまだですね・・・

お昼ゴハンに作ったのは懐かしい味。

ホットビスケット プレーン
ホットビスケット②
                      ホットビスケット①
サックリ、ふわふわの食感

学生だった頃、学校のスグ下にケンタッキーフライドチキンがありまして・・・
同級生同士でたまに行くのがゼイタクな楽しみでした
そして、ビスケットを食べながら話をするのがとても楽しかったのです。
それを思い出して、たまたまホットビスケットのレシピが載っている本を持っていたので、挑戦してみました。
暑い日だったので、バターをたくさん入れた生地がだれ、
十分にこねることが出来ないままに成形。
ホントは型で抜く所をセルクル型が無かったので、包丁で適当に切って焼きました
そんなにテキトーでも、焼き上がりはまずまず。
端っこの方はざくざく、中はふんわり、の食感になってくれました
これからの時期は練らないバターを使うスコーンやタルト、パイなんかもイイですね

う~ん、太ってしまいそう・・・



オペラ鑑賞

新しくなった市の文化施設で
プラハ室内管弦楽団によるオペラ『魔笛』の公演がありました。
だいぶ前から来るのは知っていたものの、なんせチケットがお高い・・・
実家の母と行こうか、どうしようか、と迷っているうちにチケットはどんどん売れ、
購入を決めたときには桟敷の桟敷の4階席しか残っていませんでした
(その分、値段はお安いのですけれど)

4階の席はめまいがするほど高いのに手すりも低く、チョット怖い思いがしました。
また、座席の椅子の重なり具合も悪いので、
前の人の頭が舞台に重なり、右に左に体を動かさないと良く見えないし、
今回はドイツ語での公演だったので、舞台の両脇に字幕を表示する電光掲示板があるのですが、
その字もどうしても小さくて、母は見えづらかったようです

それでも本場のオペラを間近で見られたのはとても良い経験でした
それに前の施設ではオペラの上映なんて出来るものではなかっただけに
(オーケストラボックスが無かったため)
地元でオペラを見られるなんて、夢のようでした。
魔笛、と言えば“夜の女王”が歌う超絶技巧なソプラノ。
今回の夜の女王は声が細くて優しげな声の方でしたが、
このソプラノを聞けただけでもよかったです。
出来れば、もう少し迫力のある体格と声の持ち主の方が良かったですが・・・

あっちを見たりこっちを見たり首を伸ばしたり・・・の肉体的な疲労と
また、空調が強くて体が冷えてしまいましたが、とても良い経験となりました。
それでも、これからは4階の席しか残っていなかったら、
いくら観たい演目だったとしてもやめようね、と母娘ともども誓いました。

本を読みましょう

今日の午後は夫がお仕事でお葬式に行ったため、
おうちで一人、のんびり過ごす予定のはずでした・・・
そのつもりが、眼科にCLを注文していたのを思い出したのでした
今日を逃すと、お彼岸時期に突入するために、眼科に行く機会を失い、
せっかく注文したCLがキャンセルになってしまいそうだったので、
モノスゴク眠かったのですが、眼科へと出かけた私。

なんせ、眼科は待ち時間が長い。
(他の病院でもそうなのでしょうけれど
時間つぶしに持っていったのは先日買ったこの本

おんなのるつぼ 著:群 ようこ
群最新刊
表紙もカワイイ

群さんはパワフルな小説も書きますが、私はエッセイの方がスキです
小説は学生の頃、授業をサボって行った図書室で読んだことがありましたが、
エッセイは社会人だった頃にを読み始め、それ以来ファンです。
ナカナカ言いにくいことを、きっぱりと言い切ってくれ、まさに女性の代弁者です。
今回の新刊(と言っても文庫ですが)もエッセイで、
電車の中の化粧、へんてこりんな浴衣の着方、タレント化する女子アナ・・・など
常日頃、なんかヘンだよねというようなことについて
『おかしい!』 『ヘンだ!!』
と切りまくってくれていて、読んでいて痛快です。

一つのテーマについてのページ数も少ないので、
待ち時間にささっと読むには最適です。

ゾロメ!

仕事から帰ってきてPCを開いたら、このブログのカウンターが

11111

“ぞろ目”となっておりました
こんなにたくさんの方が来て下さっているなんて・・・
いつもいつも、私の拙い文章をお読みくださってありがとうございます。

明日から3連休です。
今週も夫も私もお互いに忙しい一週間となりました。
火・金は私はいつものごとくいないのですが、
水→土は夫が多忙な日々をすごしております。
水曜日は知り合いが市の議員選挙に出馬するため、そのお手伝いに。
木曜日は青年会の例会があって、金・土はお通夜とお葬式。
なかなか一緒の時間が取れません。
一緒の時間というよりは、一緒に食事をする時間すら取れません
やっぱり、食べてくれる人がいないと食事の支度って、したくないものですね・・・
自分ひとりだと、つい
「なんでもいいや」
という気分になるため、残り物やら、そこら辺にあるとても食事とはいえないようなものを
テキトーに食べておしまい、ということになるので、とてもカラダに悪い食生活です
一人で外食に行くほどでもナイし・・・
明日の夕飯はようやく一緒に食べられるかな?


素朴でおいしいもの

職場のすぐ近くに障害者の方が働くパン屋さんがあります
お昼にチョットお買い物をするのにちょうど良いので、時々利用します。
今日はパンを買いに行くという友達に付き合って行ったのですが、
ついつい私の方がたくさん買い物してしまいました
その中でもイチオシ

あったかパン工房 フルクテン
フルクテン①フルクテン②
シナモンショコラ と スノーホワイト

シナモンとチョコレートソースを巻いたパンと、中にクリームを入れて真ん中にブラックチェリーを乗せた菓子パン。
スノーホワイトは、バイトさん仲間でも人気のパンなのです。
他にもふわふわチーズやら、コーヒークリームロールやらいろいろと買ってしまいました。
中でも、作らない日もある人気商品、幻の『小倉クリームクロワッサン』が美味しかったです
クロワッサンの真ん中に切れ目を入れて、小倉とクリームを挟んだもの。
小倉とクリームの量もちょうど良く、美味しいのです~。
いわゆる、おしゃれなパンではなくて、学校に売りに来てくれる、懐かしいパン屋さんのパン。
子供の頃から見慣れている素朴なパンは、
やっぱり大人になってからも懐かしくて、やさしい味がするのです。
手作りで作っているので、そんなに数もないし、種類もあったりなかったり。
営業時間も短くて、帰りには寄れないのですが、応援しています。
一生懸命レジをしてくれた彼女にもエールです。

それから、もうひとつ、素朴な味を。

会津武者煎餅
武者せんべい① ピーナッツたっぷり!   
                        武者せんべい②

一見、岩手の南部煎餅のようだけれど、もっとさっくりとしていて、じんわり甘くて郷土の味です。
武者煎餅、というだけあって刀のつばの形。
一度、製造元が倒産してしまって、味が途絶えてしまったのですが、
この味を守りたいという、職人さんの強い気持ちから復活
そのおかげで、今でも昔からの味を食べることが出来ます
地元の大手スーパーで期間限定での取り扱いがあったので、思わず買ってしまいました。
ほんのり甘くてピーナッツがゴロゴロと入っていて、昔からの懐かしい味でした
たまにスゴク食べたくなるのです。





涼しくなったとはいいながら

お世話になっている職場の社員さんが、
仕事で行った先で出された麦茶を飲んだところ・・・

具合が悪くなって帰ってきました

顔色は紙のように白く、椅子にちゃんと座っていられないし、ひっきりなしにお手洗いへ・・・
そう、コレはまさに食あたりの症状。
しかも、同様に土曜日に食あたりになった私よりもヒドイ症状。
どうやら出された麦茶に当たったらしいのです。
同行したもう一人の社員さんによると、
「朝イチでおジャマして出された麦茶を飲んだ。
 朝作り直した麦茶とは思えないほど色が濃かった。」

とのこと。
その社員さんもオナカの調子がおかしい、と言っていました。
ただ、この社員さん、行く度にその濃ゆ~い麦茶を出されるらしくて、
一度目はカナリの症状が出たものの、その後は
「免疫が出来たのかな~? 最近はそんなにひどくない」
なんて言っていたのですが・・・ そういう問題じゃないと思うのだけれど

それにしても、毎日作り直していない麦茶をお客様にお出しするなんて・・・
“何日もあるなあ、この麦茶”、とは思わなかったのだろうか・・・
具合が悪くなってしまった社員さんは、結局午後は仕事にならず、帰宅されました

涼しくなってきた今の時期こそ、食中毒の時期の始まりです
私も家でも職場でもお客様にお茶をお出しする機会が多いので、
・手をよく洗うこと
・作り置きのものは十分に確認すること

などなどには気を付けようと思います。

人は優しい

周りの人って、意外とコチラには関心が無いように思えても
いつの間にか見守っていてくれることがあります。
なりふり構わずに、自分の進む道を一生懸命に進む姿を
自分のするべきことを一生懸命にこなす姿を、
何も言わなくても見ていてくれることがあります。
そして、そのことをそっとこちらに教えてくれた時、とても嬉しくなります。

このままでイイのかな、このまま進んで行ってもイイのかな、と迷った時に
そっとそっと声をかけてもらえたら、
自分がそこにいること、自分がしていることを誇りに思えるはず。

私もいつか、一生懸命頑張っている姿に
「いつも見ていますよ、頑張ってるね!」
と、声をかけてあげられる存在になりたいと願います。
人って、案外、優しいものです。
ふと、ウレシイキモチになった日に。

9月の空


欲張りのツケ

今週末は私のワガママで水戸へとお買い物に行ってきました
愛用の化粧品がなくなったのと、
美味しいタルトのお店があるので、そこへ行きたかったので

プチ・レフィーユ 広樹庵
駅から少し離れた裏通りにあるお店
・・・なのですが・・・
以前はレフィーユ カフェという名前だったような気が・・・
そして、タルト類はこのカフェの手前にある系列パン屋さんの2階で食べられたのですが、
先にパン屋さんに行ってみると“カフェで食べるようになりました”との但し書き。
パンも買わずにお店を出て、カフェの方へ向かいました。
ランチの時間を塔に過ぎていたので、店内は空いていました
タルトはショーケースを見て選ぶ仕組みなので、
混んだ時に行くと、ショーケースの前は大変な混雑ぶりなのです
空いてはいましたが、タルトは種類少なになっていました。
どちらを取るか、ですね

私たちが選んだタルト類。
レフィーユタルト①苺と練乳のチーズタルト
レフィーユタルト②バナナとショコラのタルト
レフィーユタルト③ビタミンCのタルト
タルトと飲み物を頼むと飲み物は半額になるサービスです。
頼んだ飲み物はカフェ・オ・レ。
きちんとカフェオレボウルで出てくるのですが、量が多くてそれだけでオナカイッパイ
苺と練乳のチーズタルトは、タルトとチーズクリームの間に薄いホワイトチョコが敷いてあって
母譲りで練乳系が大好きな私にはたまらない味
バナナショコラタルトはクリームがたっぷりだった割りにチョコレートソースが甘くなかったので、
バランス的にも良かったです。
ビタミンCのタルトは、見た目のワリにイマイチだったそうな・・・(夫談)
ここのタルトは、タルト台がおいしいのでそれだけでも結構イケマス

満足してお買い物に戻った私たちが襲われたもの・・・

それは急激な腹痛

駅前の丸井までたどり着いた私たちは、どちらからともなくお手洗いへ
その後も空調の効いた店内をうろりうろりしているうちにオナカが心もとなくなり・・・
ヒドイ目に合ってしまいました
二人に共通して口にしたものといえば、カフェ・オ・レ。
もしかして牛乳が古かったのかなあ・・・
大好きなバレエ用品のお店があったのにナカナカたどり着けず・・・
その後もお買い物を続けましたが、どこかが調子悪いと、
せっかくの外出も楽しめず・・・
美味しい思いをした後の代償はとても大きなものとなりました。

上級編です

私にとってはチョッピリ敷居の高い読み物。
けれど、今月の特集はずっと手元においておいて、
いつの日か、私のテクニックが追いついたら試してみたいものでした

うかたま

うかたま①うかたま②
特集は地粉を使ったパン作り
             
うかたま③

国産の小麦粉、地粉。
中力粉程度の小麦粉で、性質的にもパンを作るのには適さない、と言われていました。
最近はパンを作る技術も、粉に対する知識も向上して、
地粉を使ってパンを焼いているパン屋さんもあるのだとか。
一度行ってみたいル・ヴァンの地粉パンが紹介されているし、
地粉を使ったパン作りの基本とヴァリエーションも載っているし(メロンパン&あんぱん・・・ナド)、
地粉を使ったパン屋さんも紹介されているので(通販の可否も!)、

迷わずに買ってしまいました・・・

今はまだ地粉を使ったパンを焼くチカラはナイ私。
だけれど、いつか、地粉を使って、自家製酵母のパンを焼いてみたいという野望があるのです
そして、それを伝えていけたらな・・・とも思っています。
その日のための、『うかたま』。

夏を懐かしむ味

かつお、と言えば、ここら辺ではお刺身ですが・・・
(おろしにんにくたっぷりでおしょうゆをつけて食べるとサイコーです
実家では煮魚にもします。
母が生魚ニガテなので、かつおの時期もおしまいになってくると
濃い目に味付けされたかつおの煮魚が出てきていました。
私も久しぶりにあの味が食べたくなったので

かつおの煮付け

かつお
今回買ったサクは大きくてお皿からはみ出さんばかり!

出始めの脂があっさりしたかつおの煮付けも美味しいですが、
夏も終わりごろの脂がたっぷりのったかつおの煮付けもこってりとして美味しいです
我が家の煮付けはしょうがをたっぷり入れます。
かつおは繊維があるので、しっかりとした歯ごたえがありますが、
その繊維に沿って身をほぐしながら煮汁を絡ませて食べると、お酒のアテにも十分です。

コレを食べる頃になると、何となくですが、
かつおもそろそろ食べ収めかなあ、秋だなあ、と思います。
次は秋刀魚か、秋鮭か。



汗だく!

昨日の湯上りの時のこと
バレエのレッスンに使った練習着を洗って干していました。
その時に、スゴク近くでパタパタという何とも言えない羽音。
音がした窓の方を見やると、

そう・・・真っ黒くててかてかと光るゴ○●リが!!

思わず息を呑んでしまいました
こんな時に限って夫は懇親会が入っていて留守。
けれど、黙って放っておくこともできない・・・
意を決してスプレーを取りにいった私。
ヘタに殺気を出して感ずかれると逃げられる恐れもあるため、さりげなく、何気なく・・・

今だっ!とスプレーを吹きかけると
のた打ち回って壁側へ逃れ、そのまま壁を伝って階段の方へ。
私もすかさず追いかけると、今まさに壁から階段へ落ちる所でした。
ヤツの落ちるであろう段の下側へ回り、スプレーを構えて待ち構えていると
とうとう、ヤツが落下。落下した所にダメ押しのスプレー。
ヤツの動きが止まるまでしばらくその場で身動きが取れなかった私です
発見から退治、後片付けまでに冷や汗&アブラ汗をびっしょりとかいてしまいました。
ヤツを片付けた後は、スプレーがかかった所の拭き掃除。
今度は労働の汗をたっぷりとかきました
湯上りだったのに汗びっしょり。

しかも、人生初のタイマン勝負。
(たいていは母なり、夫なり、一緒に戦う人がいたので
本当に、心臓に悪い夜でした

久しぶりのお取り寄せ

夏中忙しくてナカナカ出来なかったお取り寄せ。
念願の豆菓子をお取り寄せしてみました

鎌倉まめや の 豆菓子いろいろ

まめや①まめや②
定番商品のなかから&季節のお豆

以前鎌倉へ遊びに行ったときに、小町通からチョッピリ離れたところで見つけた豆菓子屋さん。
試食食べ放題!と言った太っ腹な所も、
見たことがある豆菓子類に加え、斬新な味の豆菓子に目からウロコ
予想外にたくさん買って帰ってきてしまったのでした
あれ以来、ずっとお取り寄せしてみようと思いつつ、機会が無く・・・
ようやく重い腰が上がり、お取り寄せしてみました
ガーリックときなこ豆は以前も食べて感動した味。
黒胡麻きなこはお試し。バターピーナッツはおとうさんへオスソワケです。
それから、とても気になったのは

『とまと豆』!

8月だけのお豆さんです。
中味はピーナッツだと言うのに、この衣の厚さ。
今から食べるのが楽しみです

9月です

今日から9月です
先週はずっと雨ばかりで肌寒い日が続いていましたが、
週末辺りから気温が上がり、今日はとても暑い一日となりました
ただ、暑い、暑いとは言いつつも、朝晩は涼しいと感じることも多くなり、
日中はセミがやかましく鳴いていても、日が落ちると聞こえてくるのは虫の声。
やっぱり秋になっているんですね
ただし、今年は残暑が厳しい秋になる予報が出ているのだとか・・・
暑い時に暑く、寒いときにはきちんと寒くないと
人間の体にはどうしても支障をきたすもの。
安定しないお天気は地球が壊れてきている証拠なのかなー。

豆苗
すくすくと育つ“豆苗”
スーパーで食べるために買ってきた豆苗。
一度切り取って食べてしまったのですが、なんだかかわいそうで
水を入れたお皿に入れていたら、どんどんと育ってしまいました
食べるのもナンだし、今のところ、観賞用にしています

| ホーム |


 BLOG TOP