プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

つい買ってしまうのよ

私は料理本のコレクターです
コレクター、といってしまうくらい、ついつい買ってしまうのです。
それでも最近は収納面でも問題が生じてきたために、あまり買わなくなりましたが・・・
それでも、やっぱり見かけると気になって買ってしまいます。

パンの本
今回はパンの本

奥側の本は、私にパンを作ることの楽しさを教えてくれた方の新刊です。
おうちで家族のために作るパンはカンタンにシンプルに!をテーマにした方ですが、
今回はデニッシュや米粉を使ったパンなど、
チョッピリ手の込んだパンの作り方の紹介。
時間がある休日の午後などにチャレンジしてみたいレシピが満載です。

手前の本は、私がいつも利用する通販の成果・パン材料ショップのレシピ本。
菓子パンから食事パン、いろいろな粉の特徴など読み物としても楽しい本でした。

たくさん作りたくなって困ってしまいます。
今からどれにチャレンジしようか、ととても楽しみ

夢のようなチョコ

おかあさんが私たちにくれたチョコレート。
開けてみて笑ってしまいました

ヨックモック
まるでソロバン!

ヨックモックのチョコレートなのですが、最初は小さいチョコの詰め合わせだと思っていました。
夫も私も。

それなのに、開けてみたら一枚の大きな板チョコ!!

思わず笑ってしまいました。ホントにソロバンくらいの大きさがあります。
この大きな板チョコ、いろいろな味の詰め合わせをいただいたよりもなんだか嬉しかったです。
どこから食べようかな~

オマケ

いわきにも名物チョコレートがあります。
東京の有名なショコラティエの方にお願いして作ってもらったという、

めひかり塩チョコレート

めひかりチョコ
上についた小さい粒は塩
いわきの市のお魚は“めひかり”という深海魚です。
その名の通り、深海に入る時は大きな目が光って見えるとか、ナントカ・・・
見かけは大変グロテスクですが、白身でやわらかくてから揚げにすると美味しいお魚です
それをチョコレートにしたもの。
魚というよりはサンショウウオのようなてろんとした形が気になるけど・・・

ミルクチョコレートの中にはキャラメルクリーム、そして上にはお塩の粒。
食べてみると、結構塩がしょっぱいのですが、意外な美味しさ。
チョコも中のクリームもちゃんとおいしいからなのでしょうね。
いつもは見かけても買うのをためらっていたのですが
(実を言うと、結構高いし)
今度は自分でも買ってみよう。

私は私なのだ

私ってつくづく世渡りが上手じゃないな~と思う。
例えば、ニガテなタイプの人間とはうわべだけのお付き合いも出来ないので
(というか、表面だけ、なんてココロの中と裏腹なことは相手にも失礼だと思うので)
そういう人とは最低限のことしか言葉を交わさなかったり、
できるだけ接触を避けたりしてしまいます。
時々は誰とでもわだかまりなく接することが出来る人を
羨ましいな、と思うこともありますが、
でも、やっぱり自分にウソはつけないし、ハラの中で違うことを考えつつうまいことを言うなんて
相手をバカにしていること以外の何物でもないし、
私は私なんだな~、やっぱり。

社会人として仕事をしていたときはやっぱり、仕事上の付き合いもあるし、
結構ムリして笑ったり話をしたりしていましたが・・・
そういう生活から離れてからは全然無理できなくなってしまいました

付き合いベタなんだな~、ホントに。
八方美人にはなれない私です。

巡教に参加しました

我が宗派は2012年にご宗祖様が遷化されてから800年忌を迎えます。
それを受けて、鎌倉にある光明寺の大僧正様がご巡教に来られました。
参加者が少ないと困る、との事と、なかなかそういう方のお話を聞く機会がナイので、
サクラといっては申し訳ナイのですが、
チョッピリそういう役割も果たすために参加してまいりました。

仕事の関係上、少し遅れて会場にたどり着いた私。
会場を見渡すと、カナリお年を召した方ばかり・・・
平日の午後だし、仕方ないか~と思いつつ、端っこの席へ・・・
最初は法要から始まりました。
楽の演奏から始まったのにはチョット驚きました。
(夫はまだ参加できませんが・・・
その後は、大勢のお坊さんによる読経。
これだけ大勢のお坊さんが一斉に声を出す場面にはナカナカ出会えないので、
それだけで来た甲斐があったような気がしました。
肝心の大僧正様の声はカナリのダミ声で、がっかりしてしまったのですけれど、
その後のお話は結構じょうずで、時々笑いも漏れ、和やかに終わりました。
もっと、八百年大遠忌の宣伝ばかりかな、と思ったのですが・・・
全然そんなことなく。
かえずがえすもお経の声が良くなかったのが残念です。

ただ、会場には私くらいの年代の人間は居なくて、カナリ居づらかったです
もっと若い寺庭さんも来ると思ったのだけどな~。

ミルクティーシフォンケーキ

タマゴをたくさんいただいたので、さっそくシフォンケーキを作りました。
今回は紅茶を牛乳で煮出して作った紅茶液と
さらに生地にも細かくすった紅茶の茶葉を入れたミルクティーのシフォンケーキ。

ミルクティーのーシフォンケーキ
ミルクティーシフォン
奥に見えるはスタバの広島カップ

早速、今朝の朝食にいただきました
紅茶の香りが強く出ていて、朝からシアワセなキモチになれました。
ティーバッグの茶葉をそのまま使う方法もありますが、
やっぱりすりたての紅茶を使うと香り高く、いつまでも残ります。

上の画像では見えないのですが、実は、型からはずしたときに、
ぼこぼこと大きな穴が空いていて。
はっきり言えば失敗シフォンだったのですが、味としては変わりがナイので・・・
原因としては、生地を型に流すときに一気に入れずにためらいながら入れたために
空気が入ってしまったと思われます。
しばらくぶりに作ると迷いが生じてダメですね

シフォンケーキを作るときの楽しみ。
それは、
オーブンの中で大きく膨らんでいく様子を見ていること
オーブンの中
型からあふれんばかりに膨らんでいく様子は何度見ても感動します。
これで、ベーキングパウダーを使っていないのだから、タマゴってスゴイです
今度はみっともない穴が空きませんように!

青色吐息

夫も私も、ほぼ同時期にそれぞれ新しい習い事を始めました。
夫は雅楽の龍笛、私はバレエ
始めてからお互いに約半年が経つわけですが・・・
二人とも言うことは同じ。

なかなか上手にならないねぇ・・・

私はまだしも、夫は結構練習もしているし、上達しているとは思うのですけれど。
お稽古に行くと、なかなか思うようにはならないらしく・・・
一緒に始めた方の中に同い年の方がいるとかで、
その方は練習も良くされているようで、そのうえセンスもあるのだとか・・・
先生に褒められることも多いようです。
「それに比べて俺は・・・」という夫。
私もまさに同じキモチだから、言わなくてもわかるよ。

今はそれぞれに違うことを頑張っていますが、
以前はテニスという共通の趣味がありました。
私たちが出会うきっかけを与えてくれたのもテニス。
一緒に同じことをしているうちにもう少し一生懸命やっておけばよかったな。
せめてファミリー大会の夫婦の部に出場したかったかも。
(地域のテニス大会でこういうクラス分けがある大会があるのです。)
一つ、新しいことをはじめると、どうしてもあきらめなくてはならない部分も出てきます。
チョッピリ、寂しいです。

お取り寄せ

新聞の小さな記事で見つけた名産品。
おいしそうなのでお取り寄せしてみました

長手長栄堂 の 『あわじオレンジスティック』

オレンジスティック

デパ地下の洋菓子部門でよく見かける、チョコがけしたオレンジピール。
淡路島のオレンジで作られているとのことで、興味を持ちました。
グラニュゥ糖がたっぷりついたピールは、食感も味も香りもやわらかくて美味しかったです。
チョコレートも甘すぎず、苦すぎず・・・

洋菓子のオレンジピールは苦味があったり、硬かったり、香りがきつかったりと
合わないものがあったりするのですが、これはホントに美味しかったです。
ただ、今の時期はクール便の上に、良が少ないのがタマニキズ。
そのくらいたくさん食べたくなるオレンジピールでした。

化粧箱ナシでも買えたら、もっとイイのにな・・・

健康志向

気分転換に、と久しぶりにパンを焼きました

ライ麦ロール
ライ麦ロール①   くるりとひとむすび
                   ライ麦ロール②

独特の香りがあるライ麦。ニガテな方もいるかも。
私は意外と平気なので、ライ麦パン、よく買ったりします。
ただ、自分で作る時には配合に注意。
ライ麦は小麦のグルテンを作る働きがないので、膨らむパンにはならないから。
以前、それを知らない私はバターも砂糖も少なめのリーンな配合で、
食パン型に入れて焼き上げてしまいました。
その結果、全然膨らまないかっちかちの四角いパンをこしらえたことがあるんです
今回はレシピどおり、バターもたくさん入れたリッチな配合。
ふっくらやわらかなライ麦ロールとなってくれました。

今度はパウンド型に入れて、サンドウィッチにしてみようかな。



早まったかも

今月からバレエのレッスン、上のクラスに参加しています。
週2回のレッスンのうち片方だけですが・・・

早くも挫折しそうです・・・

入門クラスとは違って、何年もバレエを続けていらっしゃる方や、
コンクールに出場するようなコドモばかりのレッスン。
先生の指示のスピードも速くて、聞いたことがない単語もたくさん出てくるし。
フロアのレッスンにいたっては、先生の指導が
●×△☆○@!!(ホントはバレエ用語です)
のように聞こえます。
入門クラスの内容はたいていいつも同じことの繰り返しですが、
上のクラスはだんだんとレベルが上がっていくので休めないし。
今月に入って2回目のレッスンが終わった後、
これは早まったかも、と思ってしまいました。
入門クラスの先生は
「3ヶ月頑張ったら慣れます。慣れです、慣れるものなんです、レッスンは」
とおっしゃっていましたが・・・
久しぶりに打ちのめされた気分で、レッスンが終わるとハニワのような顔になっている始末

しかし。
ここで辞めたら、悔しい。
ついて行けなくなったのね、と思われるのもイヤだ。
やっぱりココロにムチを打ちつつ、通い続けなくてはいけません。
とりあえず、3ヶ月目標の年内は通い続けようと決心しました。
でも、でもですよ。
確かに3ヶ月たてば、あのレッスンスピードには慣れているかもしれないけれど、
ちっとも踊れるようになっている気がしない・・・
やっぱり向いていないのかしら・・・とチョッピリ落ち込み気味な私。

ペット様、さま、サマ

世間は空前のペットブーム
イイと思いますよ、優しくなれるし、癒されるし。
私も動物、スキです。

でも、だからといって、いろいろな人が集まる場所に
やたらめったら動物を連れてくるのはいかがなものか・・・
アレルギーの人もいれば、動物がニガテな人だっています。
お寺にもモチロン、ペット連れでお参りにこられる方がいます。
何でもない平日や、普通の週末で、ご法事の後の静かなお寺に来られる場合は構いません。
犬のお散歩がてらお寺に来られる方もいますし。
だけれども、お彼岸やお盆で、さまざまな方がお参りに来られる日はどうでしょう。
中には、
「うちの犬はおとなしいから」
と言いながら、玄関の中まで犬を連れてくる人(それも結構大きな犬)や、
いわゆる小型愛玩犬を連れて来て上がり框に乗せちゃう人も・・・
私も動物が好きな方だけれど、
やはり、よそのおうちの犬には抵抗があるし、気も遣います。
かわいそうで留守番なんてさせられないわ、という理由から連れて来るのでしょうが・・・
飼い主の方が本堂にお参りしている間、外に繋がれた犬は
飼い主が戻ってくるまで延々と大きな声で吠えまくり、
お客様とお話していた私たちはちっとも聞こえなくて困ったということもありましたっけ

“オトシモノ”もされていくので困ります。
先日は無縁仏様たちの石碑の前に落し物があり、
それに土をかぶせて隠してあった、ということもありました
ペットを飼う事は良いことだけれど、ナカナカ人間の方のマナーがついていかないので
何というか、残念です。

がんばれ、副住職

おとうさんが中通り地方のお通夜&お葬式に出かけている昨日、今日。
急に塔婆供養を頼まれました。
いつも塔婆を書くのも、拝むのもおとうさん。
今回はピンチヒッター的に夫が塔婆を書いたり拝んだり、ということになりました。

さんざん練習した末に書き上げた塔婆。
私から見ればカナリ上手に書けたと思ったのですが、
夫からすれば、あんまり満足な出来栄えではなかったらしい・・・
おかあさんも
「おとうさんが若い頃の字よりも上手だよ」
と言っていたのですが。
それでも、字が上手なのは一種の才能だと思います。
練習したら“そこそこ”の字が書けるようになるのは当たり前だけど、
そんなに練習も習いもしないのに、美しい字が書けるのは
絵が上手に書けるのと一緒で、生まれ持ってのものもあるような気がします。
あとは数をこなして書き慣れるだけ。

夫にとってとても良い機会だったのではないでしょうか
私も人に見せても恥ずかしくナイ字が書ける様に頑張ろう・・・
(止まったままの通信教育・・・)

08つわぶき
つわぶき
今年も土手につわぶきが黄色く咲きました。
なんだかブーケみたいでかわいい。

あまのじゃく

忘れかけた頃にまた起きた窒息事件のワルモノ、こんにゃくゼリー。
製造中止と言われると、かえって食べたくなりました。
そうです、私はあまのじゃく
こんにゃくゼリー
思わずコンビニに寄って買ってきてしまいました
本当はアセロラ味が食べたかったのだけれど、
もう選べない状態。
ある物を買うしかありませんでした。
美味しいのにな~。弾力がスキで新しい味が出ると買ったりしていました。

この商品、レギュラーサイズはオトナが食べても、一口では結構大きい。
それが1歳児だったらどうかな・・・しかも、凍っていたというし。
ちぎって与えたとしても、口の中ですべって噛みづらいだろうな・・・
だから食べさせないようにという表示があるのですよね。
確かに不幸な事件でした。
亡くなってしまった子も、美味しいものを食べさせようとしたおばあちゃんもかわいそうです。
でも、それをさもさもメーカーばかりが悪いという報道の仕方にも疑問です。
そんなことを言ったら、必ず安全だと言い切れる食べ物はないでしょう。
どんなものだって良くかまないで食べたりすれば気管に詰まるものだろうし。
これからこういうことが起きないようにするためには、という対策の方を
重点的に報じて欲しいと思ったりします。
マスコミは、メーカーからも消費者からも意見をイチバン聞きやすい存在のはず。
中立的に冷静に情報を提供して欲しいと、
こういう事件が起こる度に感じます。

いつになったら店頭に復活するかなあ。

久しぶりに

この連休中、県内いっせいに生涯学習の施設を使って
活動しているサークルや団体のお祭りが開かれています。
私が以前参加していたサークルも、体験レッスンをするということで
会長さんのお誘いに甘えてサクラとして参加してきました
指導してくださる先生にも会いたかったし。

しばらくぶりに会うサークルのメンバー。
イジワルな方()は今回は来ないということだったので、雰囲気もよく。
興味を持ってくださる方もたくさんいて、参加者も予想以上でした。
約半年ぶりに軽快な音楽に乗って体を動かすのは多少きつかったです。
ついつい少し遅れてしまうのですよね。
でも楽しく1.5時間を過ごしてきました。
小さいコドモ達も来てくれて、にぎやかな体験レッスンとなりました。

発表を兼ねた体験レッスンが終わった後は近くのカフェへお茶をしに

キモノあそびカフェ 着楽庵
最近出来たカフェ。
お茶やデザート類を提供するだけでなく、
着付け教室もあり、着物や着物関連の小物、和雑貨などもやっているようです。
入り口で靴を脱いであがるタイプ。
抹茶ガトーショコラ チョット光ってしまいました
抹茶ガトーショコラ クリーム&あんこ添え

デザート類も抹茶やあんこを使ったものでした。
あんこもあまり甘くなくて意外とさっぱりめ。
風呂敷のバッグや足袋なんかも置いてあって、
着物初心者にとってはいろいろと見られておもしろかったです
夕方になってしまったのであんまりゆっくり出来なかったのが残念です。

また何かの機会に集まれるとイイな。

これからは

謝っても謝りきれないことをしでかした私に、
その人は笑って
なんでもないよ。だいじょぶだよ。
と言ってくれた。
言い訳がましい、と思いながらも必死で話をしていた私。
それをじっと聞いてくれながら
えらいね
と肩を叩いてくれた。

ひがんでばかりの私よりも、実はずっとずっとココロが強いひとだと知った。
それを知って申し訳なくてナミダが出そうになった。
たくさんたくさん傷つけてしまったけれど、
これからはもっとやさしくなろう。

とにもかくにも謝ることができてよかった。
話ができてよかった。
秋の空のようにココロのもやが晴れたような気がした連休の初日。

寝不足です

厳密に言えば映画じゃナイのだけれど・・・

番組の切り替え時でテレビは4時間レベルのスペシャル番組ばかり・・・
どれを見ても、ハッキリ言ってツマンナイので、
もっぱらレンタル屋さんのお世話になることになります

映画だと、1本見終わるまでだいたい2時間はかかってしまうし、
一度見たらもう見ることもないので、何となく不経済。
なので、我が家は海外ドラマを見ることにしています。
今見ているのは

CSIシリーズ

マイアミやニューヨーク編もありますが、オーソドックスにラスベガス編。
実は私、鑑識になりたかったので、とても面白く見ています。
だいたいが1話完結なので、時間もそんなに気にならないし。
また、英語で“指紋”のことを“finger print”と言うのも初めて知ったし
それに話せる様にまで、とはならないけれど、
英語の聞き取りのお勉強にもなるかも、とシタゴコロもありつつ・・・
話自体も面白いのですけどね。チョット残酷なシーンもありますが。
どうしても夜見ることになるので、必然的に寝不足な毎日です

お疲れ様

青年会の集まりがありました。
会場はうちの客殿。
仕事から帰るとたくさんの車が停まっておりました
本当はお掃除や準備をお手伝いできると良かったのだけれど・・・
夫には、一応、
「仕事休んでも大丈夫だから、何かお手伝いしようか?」
とは声をかけたのですが、
「大丈夫だよ。掃除はしたしお茶菓子を買いに行くくらいだから」
と言われたので、申し訳ナイとは思いつつも、仕事に行ったのでした。

仕事から帰ったら帰ったで、
私はトモダチのやっているお店に顔を出す用事があったので、留守番も出来ず・・・
用事が済んで帰ってきても、客殿には灯りがともったままでした。
来月行われる予定の『六時礼賛会』の準備があると言っていたので
なかなか終わらなかったんだろうなあ。
書類の発送もあると言っていたし・・・
事務局を任されている夫は、連日、慣れない仕事に一生懸命取り組んでいました。

今日の法要では夫が音頭とりをやったとのことですが、
うまく声が出なかったそうで・・・
チョットがっかりしていましたっけ

あんまり気分のさえない私に、一生懸命努力してくれている夫。
その努力に報いるためにも私も頑張らねば

金木犀
雨に濡れる金木犀

母の育った土地の香り。
この香りが漂ってくると、秋のお祭りを思い出します。

すばらしき日本人

2日連続のノーベル賞受賞のニュース。
それも、物理学に化学。
ほんの少しではありながら、バケガクに学んだものとしてはとても嬉しいお話です。
学生の頃、量子化学や物理化学といった科目がスキでした。
目には見えない、極々小さなものの動きや性質、構成を探求する学問。
なんとなくロマンを感じていました。
物質を構成する全ての基礎がとても小さなツブであるという事実。
そして、そのツブの動きは目にも止まらぬ速度で移動する・・・
その極々小さなツブを捕らえるためには、果てしなく巨大な施設が必要、という
その対極にある現象も面白くて。

受賞した先生の一人がとてもオモシロイ方で、
また、それが会社に勤めていた頃の課長さんに姿かたち、声、ユーモアのセンスまでもが
似ていることがおもしろく、なんとなく親近感の持てるニュースでした。

それに、そんな偉業を達成しなくても、普通に日本人らしく生活することって、
実はとても自慢できることなのではないのかなあと、最近、特にそう思います。
昔から自然を生かし、自然をあがめ、四季を感じ、お米を育て、
誰に教わるでもなく健康的で心豊かな生活をしてきた日本人は
本当にスバラシイと思います
何となく自信を失い、行き先を見失いつつある今の日本。
でも、周りを見渡せば自慢できることでいっぱいである様な気がします。

カルチャーショック!

バレエ、ひとつ上のクラスに参加してまいりました。

それは、もう、カルチャーショックな1.5時間・・・

これぞ、バレエのレッスンというカンジの内容。
先生も主催の先生で、厳しくスピードも速い。
専門用語が説明ナシで先生の口から次々と飛び出し、
バーレッスンではナントカついていけた私も、フロアではさんざんでした
一緒に参加してくれた友達とハニワの様になった顔を見合わせるばかり・・・
ただ、打ちのめされるばかりではありません。
出来ないのが悔しく、また、今日出来なかった内容を
いつか難なくできるようになった自分を思い描くと、やる気が出てきました。

入門クラスの先生の言葉を信じれば、
『3ヶ月、我慢して参加すれば内容にも慣れてくる』
4月に入門クラスに入ったときも、全く何も出来ずにおたおたと体を動かしていただけ。
それが今では何とかかんとか、カタチになっているものだし。
自分でバレエ用語の勉強をする必要もあるけれど、要はやる気。
年末にはおっかなびっくりのレッスンではなくなることを信じて!

あてはハズレたけれど

お天気が良かった週末、実家の母にお買い物に付き合ってもらいました
久しぶりにチョット遠くへ一緒にお出かけです。
向かったのはイワキからは車で1時間強の郡山。
バレエ用品のお店があり、今までの場所から移転したとの話を聞いて、
新しくなったそのお店へ行きたかったので誘いました。

無事にいつも利用させていただく駐車場へ入ったトコロ、
8階まである立体駐車場がすべて満車
どうしよう、と思いつつ、いったん屋上まで上がり、だんだんと階下へ下りてくるうちに

ようやく端っこのほうで1台分だけ空きを発見。

ナントカ停められて一安心
なんだろうね~、めずらしいね~と言いながら近くのデパートへ行くとナゾが解けました。
大北海道物産展なる催し物があり、
花畑牧場生キャラメルやら、ルタオやら、六花亭やら、ロイズやら・・・
そのために大勢の人が大挙してデパートへとやってきたようでした。
(私はこういうの、ニガテなんですよね・・・人ごみと雰囲気がダメです・・・)

そんな思いまでして行ったのに、目的のバレエのお店は思いのほか品揃えが少なく、
何も買わずに終わりました
ゴハンを食べに行ったのとおしゃべりをしに行ったようなものかな・・・

そんなわけで、本日のランチは

続きを読む »

栗のタルト

渋皮煮をたくさん使ったタルトを作りました

渋皮マロンのタルト
栗のタルト2008年渋皮煮
粉砂糖でオメカシ                           我が家の渋皮煮

栗を半分に切って敷き詰め、アーモンドクリームをたっぷり乗せたタルト。
皮はマロンタルト風にサクサクとしたタイプのタルトです。
アーモンドクリームと栗の相性も良くて、パイ風の皮は甘さ控えめなので、これまた相性ヨシです。
夫にも大好評。
「また作ってね~」
と言ってくれたけれど、またまた最近バターを見かけない・・・
バターが手に入ったら、明日にでも作ってあげたいのだけど

今年の渋皮煮は重曹でアクを抜いた後、湯がくのをすっかり忘れて砂糖を投入。
少し芯が硬い渋皮にとなってしまい、ガッカリ・・・
味は良かったのにな~。

タルトに使った残りの渋皮煮は、バターケーキに入れたり
パンに入れたりして使おうかなあと計画中。


10月ですね

何やかやと忙しくしているうちに、月が変わってしまいました

秋深し、衣替えの季節となりました。
去年はまだまだ残暑が厳しくて、冬物をまとうおとうさんと夫は汗だくだったというのに・・・
今年は寒い空気の訪れが早いような気がします。
日中、日の当たる所は暖かいくらいで、時には暑いですが、
日陰で風通しの良い所は肌寒いくらいです。
朝晩の床の冷たさもそろそろ耐え難くなってきました。

一年でイチバン、ニガテな季節へと一歩一歩向かっております
ただ、これからはお出かけには最適な季節
合間を見て気分転換に出かけられたらな、と思っております。
ただし、その前には地元青年会の恒例行事、『六時礼賛会』が終わらないと・・・
事務局を運営する夫はこれからが忙しい時期です。
体調を崩さないように私も気を付けてあげないと、です。

ハンター靴下ハンター靴下②

HUNTERのフリース靴下              ちゃんとロゴ入り

雨の日に大活躍のHUNTERラバーブーツ。
ただ、履き口のゴムの当りが冷たくてイヤだなあと思っていたトコロへ。
ブーツの中に履くフリース素材の靴下を見つけました
外側に少し折り返して履いて、チラ見せします
室内用ソックスとしても使えるとのこと。
これからの季節、大活躍です。

| ホーム |


 BLOG TOP