プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

怠惰な週末

急に寒くなりました
土曜日は前日からの頭痛がひどくて起きられず・・・
風邪薬を飲んでいたため、前日は薬が飲めないまま就寝。
寝れば治るだろう、との予想を裏切り、
朝起きてからも頭痛が続いていて・・・
あまりの寝起きのサイアクさに夫にまで八つ当たりする有様で・・・面目ナイ・・・
先週から引いている風邪の方もそれに伴い、チョットぶり返し。
一日、どんよりと過ごしてしまいました。
とてもお天気が良かったのに

日曜日も風邪の方は相変わらずだし、
外はごうごうと吹き荒れる風。
坂の所のモミジがきれいだよ、と夫が言ってくれましたが、
あまりの寒さに外に出る気にもならず。
ガラス越しのあったかい位置を占領して、猫のようにお昼寝して過ごしてしまいました。
風が吹きまくっていただけあって、今日もとても良いお天気でした。

貴重な時間を寝転がって過ごしてしまったこの2日間・・・
とても悔やまれます
早く風邪を治して元気に働かなくては。

お初にお目にかかります

夫は食べたことがあるけれど、
私は今まで見たことはあったけれど食べたことがなかったもの。

それは・・・

かにぱん
かにぱん
結構リアルかに

昔読んでいた漫画。
主人公がコンビニでアルバイトをしているのですが、
そこの店長がかにぱんをたくさん発注てしまう、という箇所があって。
かにぱんて、実際にある商品だと思っていなかった私。
夫とたまたま、その『かにぱん』の話になり、
夫が
「かにぱんてホントにあるんだよ。知らない?」
と言われてビックリ!!
「じゃあ、今度買ってくるよッ
と言ったものの、今度はサッパリと見かけない

コンビニで時たま見たことがあるそれは、ひっそりと棚の下の方にあることが多いそうな・・・
職場のお昼にその話をしたところ、ランチ仲間の一人が買ってきてくれました
初めて間近で見るかにさんは意外とリアル。
食感としてはもそっとしていて結構固めですが、
(脚を切り取って形を変えて遊んだりも出来る、と包装に書いてありました
かみ締めると甘くて、なんだか懐かしくてやめられない味。
小さいかにさんがたくさん入っている“ミニかにぱん”もあることがわかり、早速買って帰った私。

病み上がりのレッスン

月曜日は風邪で休んでしまったため、
今日は一週間ぶりのバレエのレッスンとなります。
風邪はまだ治りきっていないので、行く直前まで
「今日は行こうか、どうしようか。鼻呼吸も出来ないし」
と悩んでいたのですが。体もなまっているし。
(おハナがすっかりつまっていて、酸欠状態なので
行った方が元気になるかも、とレッスンに出かけました

心配していたとおり、一週間ぶりのレッスンは
感覚が戻ってこなくて、自分でも何をやっているんだかわからない状態となってしまいました。
背筋も伸びていないし、ふらふらしてしまうし。
それでも、レッスンが終わった頃には鼻呼吸が出来るようになっていました。
いつも思うこと。
チョット体調が悪いなあ、という状態でバレエのレッスンに行くと、
ナゼか、レッスンが終わる頃には“けろり”としている私。
今日も行く前までカナリしんどくて、不安だったのですけれど、
思いきって行ってよかったです

今度のレッスンは月曜日の上級クラス。
またもやカラダが振り出しに戻っていることだし、
針のむしろ状態のレッスンとなりそうですが、がんばります

だいぶ良くなってきました

すっかり風邪を引き込んだ私。
結局、連休明けの火曜日は少しながら熱もあり、ノドも痛いので
お仕事もお休みして病院へと行ってまいりました・・・

連休明けの病院は、待合室に入りきれないほどの患者さん。
入り口近くの風が吹きぬける場所にかろうじて座り、じっと、待つ、待つ、待つ・・・
皆さん、検査やら薬だけやらのようで、
見た目にも具合が悪いのは私だけ
待ち時間に銀行に行く人までいる始末・・・
ひっそりと持っていった文庫本などを読みながら待っていると、
バレエで一緒の看護婦さんが私を見つけてくれました。
そして

「具合が悪そうね、こっちに来て」

と声をかけてくれて、少しだけ順番を早くしてくれました。

まさに白衣の天使

助かりました。
夫も盛岡に出掛けるというのに迎えに来てくれたり、と
いろいろな方にお世話になりっぱなし。
風邪の方は熱はとりあえず下がり、あとは鼻が通れば、ナントカ・・・

皆様の温かい気持ちにこたえるべく、早く全快します。

風邪を引いてしまいました

今年もやっぱり風邪を引いてしまいました
2、3日前からノドが痛いかも?と思っていたのですが、
昨夜からは少し熱があり、本格的に風邪を引いたようです。
夫が買い物に誘ってくれたのが嬉しくて、
ムリして人ごみをうろうろしたりしたのが悪かったかなあ。
バレエの振り替えレッスンを予約したのに、今日は止めておいたほうがイイようです。
上級クラスだからあんまり休みたくなかったのだけれど・・・
体調が万全じゃないとあのレッスンにはついていけないし

法事の支度から食事のことまで夫にメイワクをかけております。
今日はケーキ屋さんに行ってケーキの予約をする予定だったのに・・・
(お寺なのに)
早く治して元気にならねば

工事のかえる
最近よく見る工事現場のかえるさん達

本を読むシアワセ

私は筋金入りの活字中毒者でゴザイマス
両親共に読書好きだったし、小学生の頃は児童図書館に足繁く通い、
親戚の集まりでは久しぶりに会った親戚との会話にも交わらず、
そのお宅にあった本を貪り読むような子でした
いつも何かしら活字を読んでいれば幸せな体質になってしまいました。

たいてい、気に入った本は手元に置いておきたいと思い、
吟味した上で買っていたのですが
どうも、収納するということにおいて難しくなってきたことと、
買わなかったけれど読んでみたいかも、と思う本が増えてきたことで
図書館を利用しようと、ずっと思っていました。

最近、地元の図書館がエラク近代的になって移転オープンしました。
何度か行ってみたところ、
しばらくぶりに行く図書館は本の背表紙がぐわ~っと迫って来るカンジで・・・
貸し出しカードを作ろうといったのに、なんだかわからなくなってしまい、
雑誌を読むくらいで何度か帰ってきてしまいました。
システムが近代的になったことにも抵抗を感じたりして・・・
それに、本屋さんとも違って、図書館で読みたい本を探すのには、
何かしら“慣れ”のようなものが必要なようです。

続きを読む »

求ム!家族サービス

ようやく、夫の忙しい日々も山を越え、
残すは来週の盛岡行きだけとなりました(しかも一泊)。
講習会にお寺さんのおじいちゃんの密葬、六時礼賛会・・・と
まさに息つく暇もないほどの忙しさで、それはタイヘンだったことでしょう
その間、私はモチロンお留守番です。
それは当たり前なこと。
仕事から帰ってきても話し相手もいないし、一人でゴハンを食べ、一人で眠る生活・・・
仕方のナイことです、お仕事ですから。
それでも、わずかな時間でも帰ってきて顔を合わせた時ぐらい、
何か一言、言ってもらいたいのがオンナゴコロ。
例えば
「落ち着いたらゴハンでも食べに行こう」
とか
「今度の連休は出かけられるといいな」
とか・・・

馬の目の前の人参、状態でイイんです。
それで頑張れるってもんです。
チョットした言葉をいただくだけで、人間て単純だから気力が沸いてくる。
それなのに、疲れているのも痛いほどわかりますが、
ため息ばかりついて疲れた顔ばかりされていると、こちらもあんまり優しくなれなくて・・・
ワガママなのもわかっているのですけれど。

激務のサラリーマンを夫に持った人ならば、こんな思いはしょっちゅうなのでしょう。
現に警察官のイトコと結婚した若い奥様は、
乳飲み子を2人も抱え、いつ帰ってくるとも知れぬ夫を待つ日々。
それに比べたら夫は家にいてくれる・・・
夫が家にいないという事態がたまにしかナイからなのでしょうね。
夫も優しい人ですから、ココロの中では思っていてはくれているらしいのですが、
なかなか口に出して言ってくれる、ということがナイのです
口ベタなのは知っていたけれど、たまには聞きたい、優しい言葉・・・

家族
図書館で選ぶ本までもが鬱陶しい

冬のお料理

野菜などは旬が無くなってしまって久しいですが、
海産物はまだまだ旬の味が健在です

今頃になると生タラ、白子、生たらこが出回ってきます。
生のたらこは煮付けにすると、とっても美味です。
母直伝のお料理。

生たらこの煮付け
生たらこ
見た目はグロテスクですが・・・

ちゃんと切り離して、切れ目を入れて花を咲かせれば良かった・・・
(結構大雑把な私)
濃い目の味付けにしてどんどん煮詰めたら出来上がり。
うちの味はお砂糖多めで結構甘めです。
今の時期しか味わえない煮つけ。

今年の六時礼賛会

お通夜、密葬が無事に終わったと思ったら、
今日から明日にかけて『六時礼賛会』が行われます。
夫を含む青年会の方々、息つくヒマなし、です
しかも、今日は大寒波がやってきていてとても寒い日となりました。
会場となるお寺も古くて節穴だらけで寒い寒いお寺です
疲れが溜まっている上に寝不足。
風邪を引かないように祈るばかり。

毎年この行事が行われると、
おかあさんと

「顔を出した方がいいのかしら・・・」

という話題になります。
おかあさんもあんまり出しゃばるタイプじゃないし、
私もあんまり家族が押しかけてもねえ、という思いもあり・・・
気を遣われたりするのも、なんか、困るし・・・
行ってみたい思いもありますが、毎回遠くから見守るだけ
今年も、迷いつつも、無事に終わることを願ってお留守番となることでしょう。
夕焼け
寒そうな夕焼け

途中抜け

先日亡くなった法類のお寺のおじいちゃんのお通夜に参列しました。
お通夜といっても、密葬を先に済ませて、本葬が後からなので仮通夜です。
初めて行く、お寺さんのお通夜。
言うまでもなく、お坊さんがイッパイ
それから、こんな時でしか顔を合わせないお寺の奥様方がイッパイです。
その時に、若奥様とも少しお話しする機会があったのですが、
人見知りでアガリ症の私は前日に
夫がいただいてきた品物のお礼などを言うのをすっかり忘れ・・・
ブログのことなどを褒めていただき、それきりになってしまいました。

あまりの無礼さに恥ずかしくて消えてしまいたい・・・

肝心のお通夜は、というと、私はバレエのレッスンがあったために
お通夜が始まる前にお焼香だけ済ませて帰ってきてしまったので経験出来ずじまい。
チョッピリ残念でした
支度をするお坊さん方を横目に帰ってきたのですが、
お坊さん仲間と談笑する夫を見て何となく安心したりして
夫はたいてい家で作務仕事をして過ごしているので、
あんまり他の人と一緒にいるトコロを見た事がないからかな・・・

今日もおとうさんと夫は密葬に行っています。
何時に帰ってくることやら・・・
(昨日のお通夜もお父さんが飲み過ぎ、帰ってくるのが一番最後になったそうな・・・)

映画を見ましょう

恋愛映画にどっぷり

マディソン群の橋 出演;クリント・イーストウッド メリル・ストリープ

10年以上も前の映画で、原作は爆発的に売れた小説ですよね。
この小説も映画も流行った頃は、私も若かったし、
なんだか女々しいような気がしてあまり食指が動かなかったのですが。
中年の男女が4日間の思い出を胸に、残りの人生を生きるなんて・・・
でも、私も年を取ってきて、改めてしっかり見たときに、とても共感してしまいました。
オンナなら、こういう思いの一つや二つ、そして大なり小なり、
胸にしまっているものではないでしょうか。
オンナは選んでしまうのかもしれません、人生を。
その時にベストだと思われる方を本能的に。
メリル・ストリープが演じる牧場の主婦が、クリント・イーストウッド演じるカメラマンと一緒に行かなかった時、
彼のトラックの後ろを走る夫が運転するトラックのドアハンドルを降りよう、として握り締めた時。
走り去るトラックを見送ったあと声もなく泣き崩れる彼女を見て、その気持ちが痛いほどわかりました。

公開当時はメリルのぶりぶりのワンピース姿に非難ごうごうだったのを覚えています。
『プラダを着た悪魔』に出ている女優さんと同一人物とは思えない。
演技派の女優さんて、スゴイです。
(クリント・イーストウッドは私の中ではダーティーハリーのまんまですが)

大往生

法類のお寺さんのおじいちゃんが亡くなりました。
ご高齢だったし、しばらく前から入院はしていたのだけれど、
一時は危篤になったものの、持ち直したりもしていたのに、
とうとう命のともしびが消えてしまいました。

今朝、夫とおかあさんと私でお線香をあげに行ってきて
その時にお顔も見せていただきましたが、
仏様にいただいたものの全てを使い切った、というような
良い意味での『枯れ木』のようで、とてもとても穏やかなお顔でした。
私の母方の祖母も93歳の大往生で、在宅で亡くなったのですが、
ろうそくが燃え尽きるように亡くなった方は
皆さんだいたい同じようなお顔に見えます。男も女もなく。
赤ちゃんが生まれたときにみんな同じお顔に見えるように。
それに、そうやって枯れ木のようになって死ねる、ということは
人間としてとてもうらやましい亡くなり方だな~と思いました。

おとうさんは葬儀の段取りを取り仕切ったり、
昨日東京から帰ってきたばかりの夫は夫でお手伝いに行っているし、忙しい週末となりました。
来週は『六時礼賛会』が控えているし、その次の週は盛岡へ行く予定の夫。
チョット体調が心配です


夜中のライ麦パン

サンドウィッチのお弁当を持って行きたくなり、
急遽、ライ麦パンを焼きました
ここら辺のお店ではなかなか手に入らないのですよ・・・
全粒分のパンとかライ麦のパンとかカンパーニュは

ライ麦パン
ライ麦パン

お砂糖やバターが入らないタイプのずっしりパン。
それでうまく膨らむのかととても心配でしたが・・・
それに、発酵に意外と時間がかかり、出来上がった頃には日付がとっくに変わっていました・・・
レシピは一応ひととおり目を通しておくべきでした
特に発酵時間のところを・・・
すっかり見過ごしていて、作り始めたら終わり時間を計算してあ~あ、というカンジ

肝心の味は、今朝とお昼にスライスして食べましたが、
噛めば噛むほど粉の旨味が広がって、とても美味しかったです。
うちの買い置きライ麦粉は荒挽きなので、ライ麦の食感もまた楽しめました。
レシピには刻んだオレンジピールを入れるようになっていたのですが、
夫があんまりスキではないのでスルー。
でも、今度は刻んだドライフルーツを入れて作ってみようかな・・・

一生モノ

とうとう、買ってしまいました・・・
何年も前から悩んでいた、ラヴェンハムのキルティングジャケット・・・
カナリのお値段で、優柔不断な私は購入に踏み切れずにいたのですが。
でも、やっぱり

欲しいものは欲しい!
こんなに何年も悩んでいるのは本当に欲しいものなんだ!!


と思うにいたり、とうとう購入しました。

ラヴェンハム① ラヴェンハム②
色は無難なカーキ色                 輝くタグ
イギリスの伝統ある乗馬服のメーカーで、王室も御用達というお墨付き。
イギリスは寒い国、というイメージのある私。
そこで受け入れられているのだから、さぞかし、という期待。
フードがついていて、ナイロン素材で・・・・と探していたのですが、
残っていたのはこのカーキ色だけ。
本当はオレンジかパープルを狙っていたのですが、それは売れてしまっていて
チョッピリ残念に思いながら、このカーキ色を試着させてもらうと、
意外に何にでも合うし、それよりもなによりも、軽さと暖かさにメロメロ
決断しました。
傷んできたらお直しもきくというし、一生モノと思えば安いものか・・・な・・・
でも、これで冬のお散歩も快適です

どうしたことでしょう?

月曜日はバレエのレッスン、しかも上のクラス。
先週はこのクラスのレッスンがお休みだったので、久々のレッスン。
またもやついていけないんだろうなあ、と思いつつ、
重い足を引きずりつつ、自分を叱咤しつつ、教室に向かった私と友人。

いざ、レッスンが始まってみると・・・

なぜか、やさしいのですよ。

先生のお手本もいつもよりも短めで、しかも、手の動きが難しくない。
視線の向け方や、脚の向きの指導、言葉の説明など・・・
先月来始めた頃に比べたら、どうしちゃったの?と言いたくなるくらい。
それでも出来ないものは出来ないのですけどね

もしかして、私たちがしつこく顔を出すものだから、
先生の方でも
あの人たちは、本格的にこっちのクラスに来るのかしら?
と認識をしてくれたのでしょうか。
なかなか教えていただいたことをカラダに反映させるのは難しいのですが、
頑張れる気がしてきました

それに、同じバーにいる小学生の女の子がいろいろと教えてくれるんです。
バーレッスンで回るときはバーの方から回る、とか、たくさん回る時のコツとか・・・
嬉しいなあ。
上のクラスのレッスンが少しは苦痛ではなくなった記念すべき日です

お留守番の一週間

夫は本日より、法式講習会のため、増上寺へと出掛けました。
朝からみっちりと講義、実技があり、そして最終日には試験まであります。
さらにさらに、金曜日には雅楽のお稽古がありますので、
帰ってくるのは金曜日の夜遅く・・・
顔を合わせるのはおそらく、土曜日の朝となることでしょう

今度の試験は聲明(しょうみょう)がありますので、
今度は受からないかも・・・とチョット不安げに出かけました。
私も夫が買った聲明のCDを聞かせてもらったのですが、
皆さん、スゴイ肺活量。
どこまで息が続くのか、というくらい一息が長い。
これをやるの?と思わず夫に確認してしまったほどです。
もし、今回、残念ながら受からなかったとしても、
それはそれで様子見にもなるし、度胸試しにもなるし、と出掛けていった夫。
一回で受かると良いね~

その間、私はお留守番。
寒い時期にお留守番はチョットつらいのですけれど、
図書館にでもせっせと通って本の虫にでもなろうかな~。

渋皮栗のパウンドケーキ

そろそろ美味しくいただける時期が過ぎようとしている我が家の渋皮煮。
今年の渋皮煮は栗がごりごりだったのか、
作り方がイマイチだったのか、
なんだか硬くて“ほっくり”と美味しく・・・
という出来にはになりませんでした
味付けは良かったのに・・・
でも、もったいないので小さく刻んでパウンドケーキに入れてしまいました。

栗のパウンドケーキ
栗パウンド
惜しげもなく入れた栗

バター不足の昨今。
スーパーで50%バター配合という無塩マーガリンを見つけました。
美味しいかどうかわからないけど、とりあえずお試しに買ってみました。
美味しかったらバターが手に入らなくても
お菓子作りを我慢することないし

早速、開けてみると。

色はバターよりも少し濃い感じ。でも、なんだか独特のニオイがする・・・
甘いような、薬っぽいような・・・
しかも、煉っても白っぽくならない・・・
出来上がりはバターと同じように仕上がったけど、やっぱりニオイが・・・
大量生産品と同じようなニオイ。
夫は美味しいよ、と言ってくれたけれど、やっぱりマーガリンはマーガリンなのかなー。
あと何回か作れるくらい余っているので、もう何回か作ってみようとは思いますが・・・
バターが出てくるまでバターケーキはオアズケ?

コタツが憎い・・・

今年もコタツの季節がやってまいりました。
ついつい寒くてもぐりこむと、ついつい横に・・・
そして気付けば夢の中・・・
今日はおとうさんと夫がご祝儀にお呼ばれしていて、
集合場所まで送っていく約束だったのについつい寝てしまいました
結局、夫は歩いて集合場所へと向かいました。
近くだから良かったけれど、悪いことをしてしまいました。
冬は油断するとこれだからな~。
意志のヨワイ私がイチバン悪いのだけれど、恨むわ、コタツ。

4周年

早いもので、夫と結婚してから4回目の記念日
(正確に言えば結婚式記念日なのですが・・・)
お祝いを兼ねてチョットいい所へ。

日本料理 福聚庵

福聚庵①福聚庵②福聚庵③

福聚庵④福聚庵⑤福聚庵⑥

福聚庵⑦福聚庵⑧福聚庵⑨

情報誌で見つけてからずっと気になっていた和食のお店。
女性の方が作るやさしいお料理の数々・・・ということで
このお店に決めました。
ランチもありますが、夜は要予約の和食コース。
銀杏豆腐に始まり、レンコン団子のお吸い物やむかごご飯など、
珍しいものもいただきました。
お魚中心で盛りだくさんでオナカがイッパイになるわりに胸焼けもせず。
ご飯のお代わりまでしてしまいました
コチやタチウオなどの普段あんまり食べないお魚まで食べられて大満足
ただ、デザートがなぜか、ガトーショコラだったのが『?』でしたが・・・
そうそう頻繁に行けるお値段ではなかったのですが、とても美味しくいただきました。
もっと会話が弾むということなしだったのですけれど。
(お店の雰囲気的にあまり会話が出来ず。残念。)

おうちでお鍋でもして、その後にケーキを食べながら話をしたりして
家でのんびり過ごしてもイイな、と思ったのですが。
結局作るのは私だし、と思うと、
せっかくの記念日くらい外でチョットイイものを食べたいのがオンナゴコロ

また来年も穏やかで温かい記念日を迎えられますように。






久しぶりのレッスン

先週の金曜日、今週の月曜日ははバレエのレッスンがお休みだったので、
今日は久しぶりのレッスンとなりました。
しかも、今日はリハビリよろしく入門コース。

今日のフロアレッスンは私のニガテなワルツ
どうも、この、揺れるリズムがニガテで・・・
でも、今日はチョット違いました。
カタチは未だに滑らかに揺れるように弾むように・・・とはいかないのですが、
あれ?今の足はどっちだっけ?右?左?
という戸惑いを感じることもなく、それなりにスムーズに。
これって、もしかして成長しているってコトかなあ。
人間、カメの歩みのようにゆっくりとでも、だんだんと出来るようになるもんだなあ。
だとしたらとても嬉しいことです

これを励みに今度はくるくると華麗に回れるように頑張ろう!

連休の過ごし方

11月最初の連休は、文化の日も含む、ということで・・・
連休初日には岡本知高さんのコンサートに行ってきました。
ソプラニスタ
CD買ってしまいました
男の方なのに、女性のソプラノ歌手の音域を持つという、ソプラニスタ。
フィギュアスケートのテーマやCMなどにも多用されている方なので、最近は知名度も上がっていますね。
私が彼の歌声を知ったのは、会社に勤めている頃。
通勤途中に聴いていたラジオ番組で紹介されていたのがキッカケでした。
それがナマで聞けるのですから・・・

続きを読む »

約束のパン

今度実家に帰る時には
パンを焼いて欲しい 
とのリクエストが実家の母よりあり・・・
洋服などの荷造りと一緒に食パン型やら粉などの材料を一緒に持って実家へ帰った私。
お約束どおり、トーストパンを焼きました。
実は、実家のオーブンレンジが少し前に壊れ、
新しいオーブンレンジを買ったので、試しに使ってみたかった、というのもあるのですが

山形ブレッド 
ゴールデンヨット食パン
チョット焼き色が強くなりましたが
久しぶりに電気のオーブンを使ってみたら、
山のところの焼き色が強くて、型の中は色白さんのパンになりました・・・
それでも、型から出して少ししたら、“ぴちっ、ぱちっ”と幸せな音が・・・
翌日のお昼にトーストして食べたのですが、
耳はぱりっと、中はもちっと、とても美味しい出来上がり
面目を保って、私もやれやれ

実家ライフ

金曜日はいつも行っているバレエのレッスンがお休みだったことと、
11月のアタマのお休みが連休だったこともあり、
久しぶりに実家へと帰っていました

チョコチョコと顔を出してはいたものの、前回はお盆前に帰ったきり。
泊まりで行くのは久しぶりだったので、少しのんびりしてまいりました。
久しぶりに母の作ったお料理を食べたり、
コタツに入ってみんなでテレビを見たり、おしゃべりをしたり・・・
結婚する前には当たり前だった時間の過ごし方。
家を出た今はとてもありがたくてあたたかくて幸せな時間です
帰るときに里心がついてしまうのが難点ですが・・・
今度ゆっくりと帰れるのはお正月かなー。

| ホーム |


 BLOG TOP