プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

しばしの別れ

バレエ仲間のSちゃんが東京へと旅立つ日がやってきました。
駅始発の東京行きのバスに乗るということなので、
駅経由で帰るSちゃんの同僚のI さんと私とでお見送りに行きました
バスが出る時間まで1時間足らず・・・
約1年間、Sちゃんと一緒に働いてきたIさんが、こらえきれずに涙・・・
私もSちゃんもずっとこらえていたものが溢れて、
駅前にも関わらず、女子3人で泣いてしまいました
本当は笑って送りたかったのだけど・・・

Iさんは子供さんのお迎えがあるので、後ろ髪を引かれる様に帰宅。
バスまでのしばしの間、駅前のドーナッツショップで
Sちゃんとのイワキで最後のお茶をしました
いろいろと話したいこともあったのだけれど、
いざとなると何を話したらイイのかわからず、
結局バレエの話や、たわいのない話しをして過ごしてしまいました

バスが出てしまうとき、お互いに笑顔で手を振り合って別れました。
本当は涙が出そうだったけれど・・・

人付き合いの上手ではない私は、
職場は働きに行く所でオトモダチを作りに行く所ではない
と思っているところがあります。
実際、会社勤めをしていた頃も、そんなに親しい人っていなかったし。
でも、Sちゃんを始め、水曜会のメンバーはとても親しくさせてもらって、
本当に楽しい日々を過ごすことができました。
東京なんて、チョッピリ遠いけど、すぐに行ける場所だし、
これからも付き合いが続くとイイな、と思っています
次に会うまでのしばしの別れ・・・
お互いに落ち着いてからまた再会することを願って。

異国のあの人を想う

先週、king of pop、マイケル・ジャクソン氏が亡くなってしまいました。
日曜日の朝の報道番組でも、軒並み特集が組まれていて
彼の、世の中に及ぼした影響の大きさを改めて知りました。
MJ.jpg
夫もファンです。これは夫のCD

実家の母はビートルズにはあまり興味がナイ人だけれど、
マイケル・ジャクソンやらマドンナのファンなので、小さい頃から結構聞く機会がありました。
私が中学生の頃、NHKでマイケルの軌跡を追った特集が放送されたことがあって
『ビリー・ジーン』から『イン・ザ・クローゼット』までのショートフィルムを一度に流したのでした。
(チョット前のNHKは結構オモシロイ番組を作っていたのでした)
ビデオクリップがこんなに面白い物に出来るんだ、と
音楽を“見る”ことを教えてくれたのもマイケルだったような気がします。

そうやって一度に今昔を見ると、容姿の変わりようがすごかったなあ。
でも、かと言って、『ABC』をかわいらしく歌っていた頃のマイケルが『スリラー』を踊っても
そんなに影響は無かったのでは?と思うこともあるし。
ただ、そんなに白人ぽくならなくても、と思うのは、私が日本人だからなのだろうか。

『リーヴ・ミー・アローン』という曲では
マイケルがエレファントマンのミイラを購入した、というゴシップが流れた頃のショートフィルムなので、
そのときのゴシップをカナリ皮肉的に取り上げたショートフィルム。
“放って置いてよ”というメッセージが小気味よかったのだけれど・・・
彼の中での人種に対するコンプレックスや様々な根も葉もないゴシップ・・・
だんだんとそういうことにも耐えられなくなってきていたのかな。

長生き出来そうとは思ってもいなかったし、
年をとったマイケルも想像できなかったのだけれど、
こんなにあっけなくこの世から消えてしまうとは思わなかった。
残念にも思うのだけれど、
音楽ではない違うことで取り上げられる彼の姿を見ることがなくなって
少しほっとする気持ちと。

これからも

バレエを本格的に始めて約1年。
ようやく、鏡に映る自分の姿を見ることも、
しなやかに腕や脚を動かすことにも慣れつつあります。
まだまだ、先生の言うように

「なりきって踊る」

という境地にはなれませんが・・・
ただ、最近は先生の指示が“宇宙語”ではなくなってきて、
キチンと聞き取れるようにはなりました。
ただし、その指示通りに体が動くかどうかは、また別問題です

私は股関節が固いので、股関節の稼動域も狭く、
また、日本人特有のO脚なので、1番のポジションになった時に膝がピッタリとくっつかないので、
本当はバレエに向いている体形ではありません
柔軟性は気を付けて柔軟運動を続けているうちに改善されるとは言いますが、
スガタカタチが変わるのには相当の時間を要しそうです。
ただ、以前は本当にみっともないO脚だったのですが、
最近はそこまででもないような・・・?
好きで続けていればナントカなってくるものだという実感はあります。

バレエのレッスンに通っていると、

自分の体なのに、自分の思うように動かせない

ということに気付きます。
自分は自分のことを何でも出来ているような錯覚に陥りますが、
本当はそんなことナイのですね。
バレエに限ったことではないのだけれど、
カメの歩みのように少しずつゆっくりとでも、前に進んでいけたらと思います

洋食屋ナポリタン

最近テレビを点けるとナポリタンを作っていたり。
定期購読の特集がナポリタンだったり。
とかくナポリタン付いている
こうなると、なんだか、無性にナポリタンが食べたくなってきます

ナポリタン

具は玉ねぎ、ピーマン、ベーコンのみ。
味付けはもちろんケチャップ。
でも、ケチャップのみでも寂しいので、完熟トマトを少し煮詰めて即席トマトソースを作成。
ケチャップと半々くらいで味付けしました。
麺もアルデンテどころか、茹で過ぎだし
でも、やっぱりナポリタンは茹で時間オーバーの麺が出すもちもち感がナイとね

私が小学生の頃、土曜日の学校は半日でした。
お腹を空かせて帰ると、待っていたお昼ご飯がナポリタンだと嬉しかったなあ。

みんながナポリタンをスキなのはノスタルジィを伴うからなのでしょう。

心に留め置くこと

6月23日は「沖縄慰霊の日」でした。
日本で唯一、地上戦となった地、沖縄。
年々、取り上げられることが少なくなり、悲しく、残念なことです。
沖縄戦について、特に集団自決などについては公式な資料も多くなく、
その悲劇の実態は主に生存者の証言に頼ることが多いと言います。
あの戦争から64年。
生きておられる方もご高齢となり、その証言をじかに聞く機会も少なくなりつつあります。
過去にとらわれ過ぎてもいけない事だと思いますが、
もう少し過去を見つめ、これからを考える時間を持つことも大切だと思います。
教育の恐ろしさ、人間の愚かさ・・・そして、今、自分が過ごすことができる幸せな時間。
過去に何があったかということを、正しく冷静に知ること。
そして、そのことから学び、未来へつなげていくこと。
心のどこかに留め置くこと。

汗だくの送別会

職場の仲間でもあり、バレエの仲間でもあるSちゃんが
イワキを去る日まで、10カウントダウン状態となりました。
せっかくなので、いつもの水曜会メンバー4人でランチ送別会をすることにしました

A家食堂 の 『命薬(ぬちぐすい)日替わりランチ』
A家② A家①
A家③
野菜そばとじゅーしーソーキ丼 サーターアンダーギー付

Sちゃんご夫妻がお気に入りの沖縄料理のお店です。
主にランチ時間営業のお店のため、みんな揃っては行けずにいたのですが、
最後にようやく行くことが出来ました。
メニュゥはどれもこれも気になるものばかりでしたが、せっかくなので
おそばと丼がセットの日替わりランチをみんなで頼むことにしました
お出汁の効いた野菜そばは注文時に細麺か太麺か選べます。
そこへ島とうがらしの酢をお好みで入れるのですが、

これが辛い!

口に入れた週間、体中から汗が噴き出します。
それに加えて、今日は今年イチバンの暑さ・・・
4人で尋常ではない汗をかきながらおそばをいただきました

ソーキ丼はお肉がほろほろと柔らかく、
ゴハンは昆布や野菜の入った炊き込みご飯。
食べるほどにおいしさがじゅわっとあふれ出てきて、想像以上に美味しかったです

おまけのサーターアンダーギーが無くなる頃にはオナカイッパイ
最後の最後に美味しいランチができてとても良かったです。

食事の後はメンバーの一人のおうちにおジャマしてお茶時間
お茶菓子は私のシフォンケーキスランプ克服のためもあって、
朝オミヤゲに焼いたレモンシフォン
レモンシフォン
今回は穴も空かずにいつものシフォンケーキの出来上がりで、私も一安心
さわやかなレモンの香りと、シフォンケーキ独特の食感で、
オナカイッパイでもぺろりと食べられます

たくさん話してたくさん笑ってとても楽しい送別会となりました。
東京に行ってもその明るさでがんばってね、Sちゃん

それにしても・・・
このところの美食三昧で、体重は増加の一途
ダイエットも頑張らねば

母とデート

職場の内装工事のため、思いがけずいただいた平日のお休み。
実家の母と待ち合わせとしてランチデート

創作料理 ひざし の 『満月ランチ』
満月ランチ
ボリューム満点
住宅街にある和食のお店。
美味しくて盛りだくさんの日替わりランチ“ひだまり”がウリですが、
今日は満月ランチにしてみました。
甘辛く煮込んだ野菜の上にやわらかいステーキが
端っこに乗った卵黄を絡めながら食べると、ゴハンが進みます
サラダや小鉢、デザート、食後のコーヒーまでついて大満足
母とたわいのない話をしつつ、のんびりと食事。
ささやかだけど、贅沢なひとときでした。

明日は父の日

6月の第3日曜日は父の日
今年はちょうど実家の父の誕生日と重なっているので、
明日、実家へ顔を出しに行く予定
・・・今年だけではなくて、私が実家にいる時から
ずっと、誕生日も父の日もまとめてお祝いなのですけどね・・・

その時にオミヤゲにしようと久しぶりに山形トーストを焼きました

山形トースト
山形トースト①
こんがりきつね色
山形トースト②
クラムものびのびふわふわ

久しぶりだったので生地の取り扱いに少し戸惑いましたが、
なんとかキレイに焼きあがってくれました
捏ね上がりの生地がカナリやわらかくて、
水の仕込み量を疑ったりもして不安な生地のまま焼いてしまいましたが、
焼き上がりの“ぴちっぱちっ”という、皮の割れる音もしっかり聞こえたし。

持って行く前に明日の朝に試食するつもり
美味しいとイイな。

ベジミート

ベジミート。
大豆から作られたお肉のような食感の食材です。
最近、お気に入りの食材です

新じゃが芋とベジミートで作る肉味噌風炒めもの
ベジミート肉味噌
見た目も食感も挽肉
我が家は特別ベジタリアンの生活をしているわけではナイのですが、
私の体調が思わしくない時や、体が疲れているときなどに
今日はお魚もお肉も食べたくないな~・・・
と思った時に、コレを使います。
お湯で戻したら、あとはお肉と同じようにお料理するだけ。
しこしことした歯ごたえもあって、ホントにお肉のようです。
夫も言わないとわからないみたいだし。

高たんぱくで低カロリー、しかも繊維も取れて、とても優秀
これは挽肉状になっているものですが、塊状のものもあります。
残念ながら、近くでは手に入らないので
通販に頼るしかないのですが、
今度はベジミートのから揚げを作ってみようと思っています

身近な味方

昨日のブログのネタを、ついつい、夫にもグチ。
夫はもともとおとなしいクチなので、
得意な人とも、ニガテな人ともあんまり話さないから、たいして慰めにもならず
それでも、イイことを言ってくれました

そうやってたくさん喋る人ってさ、
自分が仕事できないから、そういうことで取り入るっていうかさ、
カバーしてるんだよ、仕事が出来ない部分を。


そう言われれば、そうかな・・・
でも、何となくナットク出来ない私。

そうなのかなあ。
私って、他の人から見たらスゴク話しかけにくいみたいだし、落ち込むわ・・・


と、さらに凹むと

どうしてそうやって他の人と同じレベルになろうとするの?
そんな人と同じレベルにならなくたって、みきこはみきこのレベルにいたらイイんじゃない?


との返事。
さすが、私の夫君
さりげなく重要なことを言ってくれるのがウレシイ。
明日から、私は私でがんばろっ

人嫌い

物心ついた頃から激しい人見知りの私。
小さい頃はそれこそ、初対面の人とはゼッタイに口も利かず、
ただ睨みつけるだけだったという、なんともかわいくないコドモ・・・
オトナになるにつれて、多少は緩和されて
愛想笑いも、その場限りの世間話も出来るようにはなりましたが、
やっぱり、生まれ持った性格はナカナカ治らず。
なかでも、一度、この人はイヤだという拒否反応を起こすと、挨拶こそすれ、
必要最低限にしか近寄らないし、徹底的に話もしない、という呆れるくらいの徹底ぶり。
すると、向こうもそれを感じて、あからさまに敵意を向けてくることもあるし。
こんな態度、人生的に、絶対、損をしていると思うのですが
でも、無理してお近付きになるほどの必要性も感じない私。
そんなことでストレスを感じるなら、別に嫌われてもイイや、と思う。
社会人として、どうなの、コレ。

おしゃべりが達者で、人に付け入るのがうまくて、世渡りも上手で・・・
という人も世の中にはいて、
ココロのどこかではチョッピリ羨ましく思ったりもするのですけれど、
黙々と仕事している方が自分には向いているのです

なんか、こう書くと、ちっとも寺嫁に向いていない私
最近、人間関係にチョット疲れている私です

いなかの楽しみ

母屋の裏にはお寺のおとうさんの小さい畑があります。
そろそろ野菜の花が咲いて、収穫も楽しめる季節となりました
なす花 きゅうり花
若なす
ナスの花は可憐な紫色
その花の下には、将来有望な若ナス君が。
さわやかな黄色はキュウリ。
もうみずみずしい緑色のキュウリが採れます
なんて言って・・・実はキュウリがニガテな私・・・

夫が抜いてくれた大根は
スタコラ大根
二股大根でした

虫に刺されると尋常ではないくらいに腫れてしまうので、
畑にはもっぱら夫に行ってもらうのですが、
自然の恵みがこんなに近くにあるって、とてもゼイタクな生活
いなかってシアワセ

地産地消

今日はスローフードのランチへ
向かった先は遠野町。
我が家からは30分ほどかかる所にある町ですが、
最近、地産地消をテーマに町おこしに頑張っている所です。
今日は遠野町で取れた野菜をたっぷり使った優しいゴハンを食べに

とろろ屋半兵衛 の 『麦とろごはんとすいとん汁のセット』
とろろ屋半兵衛
小鉢が6品&デザート付
遠野町でとれるとろろ芋は、1本1万円という値段がつくほどの高級品
それを惜しげもなく使った麦とろごはん。
麦とろごはんのみの定食もありましたが、
大和芋のすりおろしたものをすいとん団子に見立てて、
それに地物の野菜がたっぷり入ったすいとん汁付のせっとにしました。

小鉢も、カボチャの煮物や破竹とふきの煮物、漬物、オカヒジキなど、盛りだくさん!
ゴハンもどんぶり飯だけど、麦とろをかけて食べるとさらさらと食べられます。
すいとん汁も、箸で持ち上げられるほどしっかりとした大和芋がとても美味
自慢のとろろも味が濃くて、ホントにおいしかったです。
こんなに食べたのに胃にもたれることも無く、幸せな満腹感

他にも自慢の卵を使った玉子かけご飯や、オムレツ定食、
けんちん汁うどんやカレーなど、気になるメニュゥがたくさん!
夫も気に入ってくれたようで、また、来ます

出会いの日も別れの日も

バレエ仲間のSちゃんのご主人の転勤が決まりました。
今度の勤務地は東京。
職場もバレエも一緒で、毎日顔を見ない日はナイくらいだったのに、
突然の別れがやってきてしまいました
当初、転勤があるかもしれないけれど、おそらく県内での異動だろう、ということで
どうやってバレエに通おうかな~、なんてのんきに話していたのだけれど・・・
バレエどころの話ではなくなってしまいました。

月イチ水曜会のメンバーでもあったSちゃん。
そのメンバーのうち、私を除く他の二人は、
所属する部署も一緒だっただけにカナリの衝撃を受けていて・・・
楽しいはずのランチタイムが、みんな、動揺して言葉にならず・・・
重苦しい1時間を過ごしてしまいました。

もともと、イワキへとやってきたのだって、ご主人の転勤。
転勤族である以上、また、どこかへと異動になることはわかっていたけれど・・・
実際にその日が訪れると悲しい、というコトバでは言い表せないくらいの心情
人間、生きていれば、出会う日もあれば別れゆく日もある。
それを実感して、いつも隣にいた人がふと、いなくなって
カラダの横を風が吹き抜けていくような気がした瞬間でした。

でも、悲しんでばかりではなくて、
Sちゃんのこれからもしっかり応援しなくては。
そして、一緒に出るはずだったバレエのおさらい会。
これで頼る人はいなくなってしまいました。
Sちゃんのためにも、必ずや成功させないと

クジャクサボテン
母が育てているクジャクサボテンの花

ムジルシ☆ラブ

私が愛用する図書館は駅前のビルの4階にありますが、
その下の階は、これまたたくさんのラブを注いでしまいたくなる無印良品
図書館に用事があるたびについつい寄ってしまいます
ムジルシラブ
今、愛するムジルシの商品の中でも、特にお気に入りがフルーツの香りのハーブティー。
オレンジやグレープフルーツ、マンゴーの香りなども!
私はローズヒップ&ハイビスカスのブレンドが好きです
職場へはいつもこのティーバッグが入ったステンレスの保温タンブラーを持参していきます

それから、炒めゴハンの素。
タコライス、ジャンバラヤ、ナシゴレンがイワキの店舗には置いてあります。
中でもタコライスはレタスやトマトをたくさん乗っけて食べられるので
栄養的にも見た目的にもイチオシ
2人前というのもニクイ。

それから、それから、つい買ってしまうのがお菓子。
ムジルシのお菓子って、えらく日持ちするものが多いし、
後ろの表示を見ると、カラダにはあんまり良くなさそうだけど・・・
ついつい、バゥムクゥヘンとかを買ってしまいます。
誘惑にヨワイ私。
夫と行く時は、それぞれに好きなバゥムクゥヘンを買って、
次の日の朝に半分コずつして食べるのがささやかな楽しみだったりします。

センスなし

おさらい会の練習もだんだんと本格化。
全体の動きが決まり、立ち位置が決まり、
もうそろそろ、細かい振り付けへと内容が深くなってきました。
月曜日のレッスン後の練習では、前半部分の手と顔の付け方の練習。

これが、また、出来ない 

笑っちゃうくらい。
手、足、顔・・・
関連や約束事はあるけれども、全てがそれぞれの動きをするバレエの動き。
手を動かすことに集中すれば足がもつれ、
足に集中すれば手はお留守。
カナリ、苦戦しております
あまりにも出来ないと、せっかく考えていただいた振り付けをカンタンに直されてしまう。
それだけは悔しいのでなんとしても避けなくては
次の金曜日までに自宅練習をして、出来るようにならないと。

キャミレオタード
洗いがいに、と購入したレオタード
胸元のリボンがオトメ

黒ごまシフォン

本日、夫は県の青年会の集まりがあり、朝早くから県中へとお仕事へ
タイヘンだなあ、と思いつつ、職場へと急いでいると、
通勤途中にあるビジネスホテルから、
黒衣を着てお袈裟(お袈裟、と言っても輪袈裟という簡易なモノ)をつけたお坊様がぞろぞろ・・・
今日はお坊さんの集まりに良い日だったのかしら、と
カレンダーを見ると、ナルホド、友引
(友引の日はお葬式が入ることがナイため、よく集まりが予定されます

さて、週末には久しぶりにシフォンケーキを焼きました
夫に
「シフォンケーキを作るけど、何味がイイ?」
と聞いてみると、
「黒ごま」
と即答。

リクエストどおり、黒ごまのシフォンケーキにしました。
実は最近、“シフォンケーキスランプ”なのです
空気がうまく抜けなかったり、水分が多かったりして
大きな空洞が出来ていたり、型からうまくはがせなかったり・・・
なので、久しぶりのシフォンケーキは、緊張のシフォンケーキとなりました

ゴマシフォン
黒ごまシフォン

型からはずしたシフォンは、またしても1/2部分に大きな空洞が・・・
もう1/2はキレイに出来たのですが・・・
それでも、生地に大きな気泡がぼこぼこと。
型からはわりとキレイにはずせた方だったので、落ち込みは半分でした

最近、お菓子作りの方はすっかり精進を忘れていました
パンもお菓子もバランスよく作れるようになりたいな~。

レモン酵母でチョコチップスティック

2度目の挑戦となったレモン酵母
前回はイマイチ元気が無くて、成功とは言えない酵母を育ててしまいましたが、
今回は大きめのビンを使って、ビンの上部に隙間を開けたし、
酵母のエサのハチミツも控えめにしたし、
家の中で明るくてあたたかい場所に置いておいたし、
これ以上はもう何も出来ない!という環境で
自家製酵母を育ててみました

すると、

レモン酵母2
しゅわしゅわ~

ビンを開けると、プッシューという音と、あふれんばかりの泡がしゅわしゅわと・・・
匂いもレモンのさわやかな香りと、かすかなアルコール臭。
どうやら無事に自家製レモン酵母ができたようです
それを使って早速、パン作り

チョコチップスティック
チョコスティック

私はストレート方、という酵母液をそのまま加えて生地にする方法を選んでいます。
今回は途中で加えた酵母液がチョット少なかったかもしれません
出来上がりがチョット固めだし・・・
スティックにしている以上は、多少固さが出るのは仕方ナイかもしれませんが・・・
それからひねる成形はムズカシイ!
2次発酵中にひねりが戻ってしまって
まだまだトライの余地アリ、です。

現在は王道のリンゴ酵母を育成中。
楽しみです

今週も

バレエの自主練です。
今日のメンバーは私とSちゃん含め、4人。
先週はお仕事の都合で途中参加となった、ベテランのYさんも時間通りに来てくれたので、
ナンチャッテではありますが、バーレッスンからスタート。
その途中、何やら視線を感じて振り返ると、
ドアに付いている窓からコドモ達が覗いていました
珍しかったかな…そんなに…

さすがに4人も集まると、
わからないところもそれぞれに何となく補えあえるし、
休憩も交代で取れるし、何と言ってもお喋りも楽しい
いつもレッスンでは顔を合わせてはいますが、
なかなか話をしたりする機会がなかったりするので。
なので、ずっと聞きそびれていたお名前もようやく教えていただいたりもしました。

習い事って、自分が持っていない技術を教わりに行って、
そのことが身に付いていくことだけではなくて、
こうして同じ目標を持つ方々と知り合えて、
そして仲良くなっていくことも楽しいことのひとつですね

実はチョット持病の腰を痛めてしまっている私。
ついつい、必要以上に頑張ってしまったりして
ナカナカ治せずにいるのですが、ムリせず、仲間と一緒に頑張ろう
ハーブブーケ
レモンバーム、オレガノ、マジョラムのブーケ
義姉が育てているハーブのオスソワケ。
コップに挿した様子がブーケみたいだったので 画像の色が悪いのが残念

寄り道

寄り道。
小学生や中学生の頃は、どこかに寄ってから帰ると、
何となく悪いことをしているようなスリルがありました。
高校生になって市の中心駅を経由して帰る生活になると
寄り道して帰るのがアタリマエになってしまって、そんな感覚はなくなったけれど。

今日の仕事の帰りに、バレエ仲間のSちゃんのお宅にお邪魔して帰ったのですが、
ふと、そんなことを思い出しました。
寄り道の目的はレオタード探し
イワキにはバレエ用品のお店がナイので、
どこかに出かけたついでに購入するか、通販でしかバレエ用品を買うことが出来ないのです
となると、手っ取り早いのは通販、ということになるのですが、
一人でチョッピリ買うと送料が発生する・・・
なので、二人で共同購入して送料を浮かすことを、今さらながら思いついたのでした。

SちゃんとPCの画面に首っ引きで2時間・・・
結局、アレがいい、コレがいい、と言いつつも
優柔不断が2人も集まってしまっては結論が出ず・・・
それに、オトナ用は意外と色や形の選択肢が少なくて選べないし。
いまだにチョット保留状態です。
今夜のレッスンまでに決める約束ですが・・・決まるかな

今夜から入門クラスだったレッスンが、チョット上のクラスにと変更になります。
つまりは、月曜日のクラスと同じクラスのレッスンになるのですが、
これでココロが休まる時間はなくなりました
(今までは月曜のレッスンのつらさを金曜のレッスンで癒していたのですが)
お天気同様、気が重いなあ・・・

女子の集い

4月に行われた春季ネイル検定
私を検定モデルに起用してくれたRRちゃんも、
職場の方も、その娘さんも、皆さん無事に合格されました
皆の予定が合わずに、ナカナカ実施できずにいたのですが、
2日の夜、遅ればせながら、その打ち上げに集まりました。

頼んだお料理が来るや否や、すっかり平らげ、
口の中のものがなくなると、おしゃべりに熱中。
笑ったり、語ったり、女子の集まりって、ホントに楽しいものです
あまりにもコーフンし過ぎていたためか、
お料理の写真を撮るのをすっかりと忘れてしまっていたのですが
ピザ、パスタ、チーズフォンデュ・・・などなど、とても美味しくいただきました。
途中、店員さんの対応について、皆さま、イラッとしたことはありましたけれど

スクール生の皆さんは秋季の検定に向けて、決意を新た
私はその時の検定はバレエのおさらい会。
また、美味しいお酒が飲めるように、みんなで目標に向けて突き進んでいこう、と思います

たくまし~い

仕事帰りにやっとの思いで、お寺の坂を登っていると、
側溝のふたの隙間にこんなものが・・・
ハチク
破竹がにょきっとね
一昔前に流行った“ど根性ナントカ”ではナイですが、
よく、こんな隙間を見つけるなあ
今年のお寺のタケノコは不作なのですが、
今頃になって破竹がたくさん顔を出してきました。
孟宗のたけのこと違ってアクがそんなに強くないので、
そのまま切ってじゃが芋やとり肉と煮たりすると美味しいのです
まあ、画像の彼は食べられそうもナイけど
(どのみち、おとうさんか夫に処分されるとは思いますが・・・)

最近、身もココロも疲れきっていて、
それこそ足を引きずるように帰って来た所だったのだけれど、
私も頑張らなくっちゃあという気持ちにさせてくれました。

| ホーム |


 BLOG TOP