プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと少し

2009年もあと少しです。
夫は新年法要の準備中です。
今年最後の一日は買出しに行ったり、少しとはいえ、お料理を作ったり
テレビを見ているうちに何となく過ぎていってしまいそうです
それに午後お昼寝しちゃったしなあ・・・
もう少し濃い一日を過ごしたかったのですけれど。

今年は生活面や仕事面では不安なことやイヤなことや気掛かりなことが多い一年でした。
ただし、おけいこ面ではおさらい会にも出られたし、
ポワントのクラスも受けられるようになったし、実りある一年だったと思います。
それに、なにより、人間関係が広がったのが大きな収穫でした
バレエのクラスの方々と仲良くなったのはモチロン、
職場の仲間とも連帯感が強まったし、
学生時代の友人とも交流を持つことも出来たし。
(ずっと学生時代の友人達とは疎遠でしたので・・・
そういう点から見れば、おおむね良い一年だったのではないかと思います。

来年はどんな一年になるのでしょうか。
ステキな一年を過ごせるように努力しなくては
皆様も良いお年を。
スポンサーサイト

呆れた(怒)

年始には夫方の親戚が集まるので、
その時に軽く食事を食べてもらうこともあるので、
“おせち料理”とまでは行かないまでも、チョットしたお料理を作ります。
お寺のおかあさんは『黒豆』、義姉は『ローストビーフ』&『サラダ』とその他、
私は『豚バラと大根の煮物』が大体の担当。
その時に使うお肉は地元の商店に頼んでいるのですが・・・

こういっては語弊がありますが、

本当に信用できない

ナゼかというと、
私が結婚して最初のお正月に遡りますが、
そのときも豚バラを頼みました。
その時に届いたお肉は誰も頼んでいないのに、ぐるぐるとタコ糸で巻かれたお肉。
うちはラーメン屋か?チャーシュゥでも作れっていうのか?
とも思いましたが、注文の仕方が悪かったのかな、とも思い、
その時はタコ糸をほどいて煮物を作りました。
お肉に巻き癖がついてしまっていてとてもタイヘンでしたが・・・
そしてまた次の年。
その時には注文する時に“巻かないでください”と念押ししたので、
糸で巻かれてはいなかったのですが、
今度はナゼか細切れに切られているものが・・・
確かに“角煮用”とは言いましたが、“ブロックで!”と言ったはず・・・
というか、電話注文するおかあさんの脇で私が聞いていたのだから間違いない。
その時はブロックと交換してもらいました。
その後は2、3回、何事もなくお肉が届きましたが・・・

今年もまたやってくれました

ローストビーフ用の牛肉にまたもやタコ糸が巻かれ、
赤身のお肉を頼んだはずが立派な霜降り肉。
そして値段がこれまた、@880円
豚バラ肉も頼んだ量の1/5しか無い・・・
呆れてしまって怒るよりも何よりも・・・
注文してくれたおかあさんによると、
「注文する時に、これとこれをくださいって言うでしょ。
 どうも、お嫁さんぽい人なんだけど、電話を受けている人が復唱しないの。」
とのこと。
信じられない・・・
夫曰く、
「こんな年に一度かそこら注文する個人の注文なんてそんなもんなんじゃないの?」
ですが、そういうものじゃない!
今回頼むのは個人の家庭かもしれないけど、
もしかしたら商売している知り合いがいて紹介するかもしれないじゃない!
しかも、そこ、交換してくださいとか、どういうことなんですか?と聞くと、
「これでいいんだ」みたいなことを言って引き下がらないし、言い訳するし。
配達してくれるから注文しているらしいのですが、
私なら来年からもう二度と頼まない。

いわきの商店主って、ナゼか殿サマ商売みたいな人が多くてホントに困る。
注文しても連絡もくれないし、期日も守らないし。
ほとんどの人が一生懸命商売している人もいるのに、
こういうマナーの悪い商売人がいると全体の印象も悪くなるし。
名前出しちゃうから!(ウソ)

しばしの再会

年末年始や大型のお休みの時のお楽しみ。
それは親友megちゃんとの再会。
お互いに忙しい時間をやりくりして、
例え、それが短い時間であろうと会うのが楽しみです
たいていは年始早々のデートとなるのですが、
今回はmegちゃんの都合で年末デートに。
しかも、私が午前中に予定を入れてしまったために午後数時間のみという慌ただしさ

いつもランチを食べて我が家でお茶を飲んでいく、というのがパターン。
今回はmegちゃんのリクエストでインドカレーのお店でランチ

インド料理 プルニーマ
ライトランチ
お得ランチセットB(ライト)
「満月」という意味の名前のイワキでは有名なインドカレーのお店。
店主のbabaさんの作るカレーは絶品です
megちゃんの夫は辛いものがニガテ。
なので、インド人の方が作るカレーは辛くて食べられないとかで、
本格的インド料理のお店にはナカナカ行くことが出来ないmegちゃん。
今回は思いっきりカレーを食べてもらいます
単品で頼むと、量が結構多くて、お値段も結構かかってしまうカレー料理。
でも、ランチセットだと1000円以内でカナリ大満足のカレーが食べられます。
通常のランチだと、日替わりカレーが2種類、ナン、ライス、サラダ、飲み物のセットですが、
ライトランチだとライスの代わりにサラダが大盛りになるという、女性に優しいランチ。
今日の日替わりカレーはチキンとベジタブル。
チキンはココナツミルクの甘さとスパイスの辛さが絶妙。
ベジタブルは辛めのカレーの中にゴロゴロの野菜が入っていて、とても美味しかった!
ついつい食べるのも忘れて喋っちゃったりして
準備中の時間になるまで長居してしまった私たち。
その後も外が真っ暗になるまで喋りとおしたのでした。
ナカナカ会えなくても、友情ってありがたい
いつも来てもらうばかりなので、来年は私もmegちゃんご夫妻の所へお邪魔する予定です!
その際はどうぞ、ヨロシク。

年末らしく

少しは寺嫁&主婦らしく・・・

下のトイレの掃除納め。
ここのところ週末に時間が取れなくて、
しばらくほったらかしで目をつぶっていたのですが、
やっぱり年末だし、あんまり寒くないし、と思ってトイレ掃除
お参りの方がいないところを見計らってお掃除をするのだけど、
どうして私がお掃除を始めるとお参りの方が来て
必ず
「トイレを使わせてくれ」
って言うのかしら・・・
おじいちゃんがズボンのジッパーを下ろしながら強行して入ってきたり、
コワ~イおばさまが強引に入ってきたり・・・
生理現象だし、今は冬だし、仕方ナイのかもしれないけど・・・
今日もそうでした。
「使えます?」
なんだか、もう、ウンザリ、というキモチになってしまった私。
ダメ、ともいえないし、イイです、とも言いたくないし・・・
非常にカンジ悪い態度をとってしまいました
夫が
「よく見える方だよ」
と言ったけど、もう、どうでもイイや
お掃除中といったらお掃除中なんです!という気分だったので。
お店とかで“清掃中”となっていたら入らないのに、
どうしてお寺だと関係ナイのかしら・・・

気を取り直して。

今度は家の床ふき。
我が家はフローリングなのですが、ワックスなどは必要ないので、
水拭きか、もしくは乾拭きで良いので楽は楽ですが、
やっぱり家中を雑巾掛けするとなるとひと仕事
カロリー消費だと言い聞かせてがんばります。
掃除機では取れないホコリも汚れもあるし、
やっぱり家中の床がキレイになると気分爽快にもなるし

お正月料理も特には作らないし、
年末に大掃除するほどのこともしないし、
普段の生活とあまり変わらないですが、せめて少しは年末らしく。

焼きあがりました

久しぶりにクッキーとパンを焼きました。
クリスマスに合わせてジンジャーマンになぞらえてオトコノコとオンナノコのクッキー。
型を見たときには可愛いと思ったのだけど、
実際に作ってみると何となく(特に頭とか首の辺りが)ナマナマしいような・・・
職場の仲間に配った時にそう言うと、
「そんなことナイよ」
とは言ってくれたのですが・・・
せめて、アラザンのボタンとチョコペンのリボンでおめかし
クリスマスクッキー

次は本当に久しぶりにパンを焼きました
夫がトーストを食べたい、と言ったので、ズルをしてスーパーに買いに行ったのですが、
いつも買っている食パンがナイ・・・
それならば、作るか

シンプルな山形パン。
焼きあがって網に載せていると、夫が驚くほど皮が割れる音が。
良い出来上がりです。
山形パン①
早速、朝食に厚切りトーストでいただきます。
山形パン②
皮はあくまでもばりっと、クラムはふわふわ。
以前買ったままで難しくてほったらかしにしていたパン作りの本を引っ張り出して
それを見ながら作ったのですが、
パン作りに慣れてから見てみると本当にイイ本です
以前はキチンと読み込んでいなかったのと、
生地の状態をキチンと把握できていなかったのだな~と実感。
せっかくの年末年始のお休み。
パンやらなにやら手作りの時間も楽しみな過ごし方。

我が家のクリスマス

今年もクリスマスの夜がやってきました
うちはお寺だし、仏教徒だし、エセみたいで最近はチョット恥ずかしさも感じるのですが・・・
でも、本当の信者さんのようにミサには行かないけれど、
家族で過ごす大切な夜にしたいと思いながら・・・

P1000241.jpg
毎年頼むケーキ屋さんの極上デコレーション。
スポンジもふわふわしっとり、クリームもこっくりとしたこくで、
今年も美味しいケーキをいただきました

夫からプレゼントをいただきました
先日行った仙台で買っていただいたものですが、トウシューズ
P1000242.jpg
『舞(まい)セシオン』という名のシューズ
以前、教室で買ったトウシューズが何となく合わないなあと感じていた私。
靴の中に足が落ち込んでいくようで、チョット痛かったりもしていて。
縦のサイズが合わないのだとばかり思っていたのですが、
フィッティングしてみたら、どうも、幅が合っていなかったらしく・・・
少し細めの作りになっているこちらのシューズを試してみることに。
そうしたら夫が
「頑張っているから」
と、クリスマスの贈り物として買ってくれました。
応援してくれる家族がいる、それだけで私にとっては贈り物。

私は夫にめがねケースを贈りました。
めがね派の夫、ちょうつがいが壊れたままのケースを使っているので・・・
喜んでくれるとイイな。

一足早く

今週もバレエの振り替えレッスンでナカナカ家にいられない私。
23日の祝日もクリスマスイブも先週の分の振り替えレッスンがあるし、
25日はケーキが待っています
ゆっくりとお料理が出来るのは22日の夜のみ。
なので、チョッピリ早いのですが、クリスマス料理を作りました。

ローストビーフ仕立て 牛の塩釜焼き
塩釜焼き
良い仕上がり

牛の固まり肉を塩で包んでオーブンで焼くだけ!
すごくカンタンなのに、見た目はとてもゴウカ
お肉を切り分けた時の中のピンク色に感動です。
クレソンと一緒にバルサミコ酢をベースにしたソースをかけていただきます。
実はそんなにお肉が得意ではない私。
でも、赤身のお肉は良質のたんぱく質で、
ハンバーグを食べるよりもステーキやこういうものを食べた方が
カロリー的にも低く、カラダにも良いとのこと。
夫も大喜び。
たまにはこんなお料理もいいですね。

ようやくのお祝いを兼ねて

我が家では毎年、仙台に『光のページェント』を見に行くのが
年末のお楽しみとなっています。
結婚する前から夫がずっと続けてくれている恒例行事。
今年も行くことが出来ました。
いつもはクリスマスの喧騒が終わった頃に行くのですが、
今年は夫の提案でクリスマス前の土曜日になりましたP1000236.jpg
いつ見ても夢のような眺め
とても寒い土曜日で、行く途中も雪が吹っかけてきたし、
仙台についてからも急に雪がどっと降ってきたり、かと思うと晴れてみたり、
お天気的にはイマイチ・・・
それでも、街中でハンドベルの演奏をやっていたり、
BGMもパイプオルガンだったり、とクリスマスムードがたくさん。
それに、今回は良い出会いにも恵まれました。
まずは、仙台にあるバレエのお店に行ったときのこと。
どうも、今履いているポワントが合わないような気がするので、相談してみました。
すると、もう一つ小さいのを履いたり、幅が狭いのを履いているうちに、
やっぱり今のものは幅が合っていないことが判明。
フィッティングしてくれた店員さんが、たまたま木型を取る職人さんと
つい最近まで一緒に仕事をされていたとかで、私の足を見て私に合う靴を探してくれたのです。
私が履いていた靴を見ただけで
「この人にはこの靴だ!」
“ピン”ときたのだとか。プロの店員さんってホントにすごいです
次の出会いは、これまた靴屋さんの店長さん。
私はそのメーカーの靴がダイスキで、カナリ履き込んでぼろぼろになってきたのが一足あるのですが、
その靴の話をしたところ、
「修理、できると思いますよ」
と言ってくださって。
遠方だと伝えると、その手配までしてくれたのでした。
もう何年も前に買った物で、
現行の靴とは仕様がだいぶ変わってしまったものだというのに・・・
お客様に喜んでもらおうと、一生懸命に仕事をしてくれた店員さん、尊敬です。

実は、今回はページェントの他に大きなイヴェントが。
先月、いろいろとごたごたがあって出来なかった結婚記念日のお祝い。
夫が「聘珍樓」のディナーコースを予約してくれたのです。
夜景は見えない席だったのだけれど、
久しぶりにゆっくりと話をしながらのおしゃれな夕食。
中華、というよりは創作料理というカンジのお料理だったのですが、
どれも美味しくてシアワセでした
ただ、照明も暗く、雰囲気的にもいたたまれなくてお料理の写真はナシ
必死に撮った一枚。
杏仁豆腐
夫お気に入りの杏仁豆腐

あったかドリア

今週は水曜からバレエのレッスン、お休みです。
夫も今月はもうお稽古がナイので、
久しぶりの夫婦揃っての金曜日。

今日はキョーレツな寒気が入っていて非常に寒い一日となりましたので、
夕食はあったかメニュウ

蒸し野菜ごろごろあったかドリア
ドリア
チーズで見えないのですが・・・

我が家には蒸し器が無いのですが、
大きめの鍋と、柄が付いているざるで代用!
大きめの鍋に湯を沸かし、鍋のふちにざるを引っ掛けてふたをして、しばし待ちます。
立派な蒸し野菜の完成!
今日はじゃがいも、サツマイモ、人参、ブロッコリーを蒸してみました。
グラタン皿にゴハンと、蒸し野菜、豆乳で作ったホワイトソースを入れて
その上にチーズをたっぷりかけてオーブンへ。
蒸し野菜のドリアの完成です

豆乳ホワイトソースは、牛乳で作るホワイトソ-スに比べて
少しこっくり感が足りないのですが、それでも、具がたっぷりドリアには十分。
オナカいっぱい、だけどヘルシーな冬メニュウです

キエフバレエ

今夜は待ちに待ったキエフバレエの『くるみ割り人形』
母と会場で待ち合わせしました。
母を待つ間、一緒に教室へ通う仲間も続々と・・・
それから、子供たちもお母さんと一緒にやってきて、知っている顔がいっぱい。
こういうこともナカナカ無い経験で、オモシロイ。
会場になり、中へ入ると、なんと生演奏。
音楽はテープだとばかり思っていたので、これまた、感激です

バレエはセリフがなく、踊りとパントマイムが合わさったようなものなので、
鑑賞にはそのお話のあらすじを知っておかないと、
込み入った話の時には「?」ということにもなってしまいます。
ロビーで売っていたパンフレット、悩んだ挙句にご購入。
開演になるまでに筋書きをおさらいしてしまいました。
キエフ

世界にも誇るキエフバレエ。
すっかりおとぎの国に引き込まれてしまいました。
同じ人間とは思えないほどしなやかな手足。
手が口ほどに物語を語り、セリフは必要ありませんでした。
また、『くるみ割り人形』の音楽はCMや何かで聴く機会も多いので、
知っている曲もたくさん出てくるし、バレエ初心者にもオススメです。

それになにより、私が苦心惨憺している動きをいともカンタンにさりげなく踊るダンサーにも感激。
プロって、すごい!
同じように踊れるようになるには、
それこそ、生まれ変わるしか手立ては無いのだけれど、
少しでも近づけるように私も頑張ろう

バレエウィーク

今日は夫は忘年会
お天気も悪くなってきて、本人も作務疲れの中、出かけて行きました
私も今日は4日(金)のバレエレッスンの振り替えレッスン。
11月から水曜と金曜のレッスンに変更したので、久しぶりの月曜日のレッスンとなります。
先週から体調が悪くてチョット心配だったのですが、ナントカ行けました。
明日も先週の水曜日の分の振り替えレッスン。
こちらは半年振りくらいの入門クラス。
あいまいになっている基礎的な部分をしっかりおさらいしてこようと思っています。
今週は水曜の上級クラスとポワントのクラスは教室の都合でお休みなのですが、
木曜日は、なんと、キエフバレエの『くるみ割り人形』の上演があるのです
久しぶりのバレエ公演。
楽しみ~
今週は久しぶりのバレエウィークです。

凍天(しみてん)

今週はずっと体調が思わしく無く・・・
ブログもサボり気味だったし、皆様にご心配をおかけしました。
おかげさまで、週末になるにつれて徐々に回復してまいりました。
金曜にはバレエにも行けたし。
健康というか、何の心配もせずに気軽に普段のことが出来るっていうことは
実はとても恵まれたことなのですね。
カラダの調子が悪いと、ココロの方もどうも調子が出ないし。

ずっと塞ぎがちだった私を気遣って、
夫がドライブに連れ出してくれました
向かった先は南相馬市の“道の駅”。
ここにテレビやネットで人気の名物があるのです。

木の幡 の 『凍天(しみてん)』
凍天とは、凍み餅(しみもち)にドーナッツ生地をつけて、からりと揚げたもの。
凍み餅というのは、お餅を寒風の中さらして干して、保存できるようにしたもののことです。
凍天に使うのはヨモギ餅の凍み餅。
凍天①
大人の握りこぶしくらいの大きさ。まさにドーナッツ!
がぶりとかぶりつくと・・・
凍天②
鮮やかなヨモギ餅が・・・
甘い衣と、ヨモギの香りがとても良い相性!
中の凍み餅の適度なもっちり感と、衣のカリカリふわふわな所がたまりません
ネットで冷凍のものがお取り寄せできるとのことですが、
やっぱり揚げたてを食べたかったので、2時間もかけて行ってしまいました
おかげで行きも帰りも熟睡してしまった私です・・・
夫君、話し相手にもならずにゴメンナサイ。でも、ありがとう。

油断しちゃったかも・・・

今週はナンダカ体調が思わしくなく
♀の日が始まったのと重なって、機能は本当にサイアクに
仕事には穴を開けられないので、頑張ってこなしましたが、
家に帰ってからは、堪らずにダウン。
バレエのレッスンもお休みしてしまいました。しかもポワントのレッスンの日に・・・

最近の仕事は、ローテーションを組まれ、他部門の仕事の補充に入らなければならず、
慣れない仕事を連日しています。
それに加えて、指示を出してくれる職員さんが的確ではないし、
第一、人見知りな私のこと。
慣れない人と慣れない仕事、非常に神経をすり減らしつつ仕事をこなしています。
夫はグチを言う相手としては「?」なカンジだし。
そっか、そっか、と聞くよりも、何かを答えなくては、と思うのか、
反応が無くて、一人で喋ってるみたいだし、言いたくなくなるんですよね~。
夕ゴハンの後はうたた寝してしまうので、話をする暇もないし。
うちだけ、というよりも、おおむね男性の方は、
女性のグチを聞くのがあんまり上手ではナイですね。
グチは女子同士に限りますが、我が家にはグチを言う女子もいず・・・
ストレスフルな日々が体調に響いているような気も。

それに、布ナプ使用者になってから、特有の痛みが激減し、
少し油断があったのかもしれません。
今回は非常に痛みが強く、ツライです
寒くなってきたからかもしれませんが・・・
確かに、冷えが少なくなる、とはいえ、
薬を飲んでいるのとは違うので、過剰に期待もいけないですね。
布ナプだし、腹巻きもしているし、と思って
少しカラダが冷えてしまっているのかもしれません。

今夜はあったかくして早く寝ます
落ち葉の階段
すっかり散ってしまった今年のもみじ

初☆アンテナショップ

先日、東京で初めてアンテナショップというものに行ってみました
新宿のサザンテラスには広島県と宮崎県のアンテナショップがあります。
親友のmegちゃんに教えてもらって、Sちゃんとランチに行ってみました。
どちらもイートインスペースがあって、
県名産の食材や、名品グルメを良心的な価格で食べることが出来ます。
実はメニュゥ的に充実だったのは宮崎県のアンテナショップ「こんね」。
でも、食べるスペースがどうも、長居できないタイプ。
そこへ行くと、広島県のアンテナショップはきちんとしたレストランの造り。
落ち着いて食事をするために広島県の方を選びました。
お好み焼きや、カキフライなどの定食もあったのですが、
私たちが選んだのはこちら。

音戸ちりめんとちりめん山椒のとろろ丼
ちりめんじゃこごはん
小鉢とお新香とお味噌汁、デザート付き
たっぷり乗ったちりめんじゃことちりめん山椒にとろろをかけていただきます。
混ぜ混ぜして食べると具がゴハンに絡んで美味しい~
しかも、お肉に比べてヘルシー。
隣から漂うお好みソースの香りに惹かれつつも、
こっちにして良かった~と思いながら完食
ゴハンが終わった後、店内をぶらついても楽しいし、
食事のお値段も良心的で、アンテナショップ、らぶです

演奏会

演奏会の日を迎えました。
起床は朝4:30です
高速バスを使って東京へと向かいますが、私が予約した便は6:00いわき発。
まだ真っ暗な時間に支度をして、まだ寝静まった町を通ってバス亭へと向かいます。
幸いにも雨は上がり、風が多少冷たいものの、凍えるような寒さというほどではなく。
バスを待っている間にだんだんと明るくなってきて、
いつもはお寝坊さんの私なので、夜から朝へと変わる瞬間は
なんだか、とても、得をしたような気持ちでした。

バスは予定よりも20分遅れの9:50に東京駅へと到着。
11:00にSちゃんと待ち合わせをしていたのですが、少し時間があるから、と
グランスタをぶらぶらしていたのがまずかった!
気が付いたら待ち合わせの15分前。
慌てて電車で新宿へと移動
5分のチコクとなりました
夏以来に会うSちゃんは変わらずに元気そう。
会ってすぐ、時間を取り戻すかのように喋りまくる私たち。
職場のこと、バレエのこと、お互いの近況・・・
イワキにいたときと同じノリで喋り続け、あっという間にお別れの時間・・・
この後仕事に向かうSちゃん、ぎりぎりまで付き合ってくれたのでした。

Sちゃんを別れた後は、親友のmegちゃんと待ち合わせ。
モノスゴイ香りが襲う、デパートの化粧品のフロアで再会。
私が化粧品の購入をする、というと、香りに耐え切れないmegちゃんは
別フロアで時間をつぶすことに・・・ゴメンネ
しばしデパートを満喫した後、いざ、増上寺へと向かいます。
東京タワーと大殿
東京タワーと大殿
増上寺へと到着したのは16:30
以前、演奏会へと来た時にはゆっくり来たために、席が後ろのほうになってしまったので、
今回は少し早めに来ましたが、今回はまだ扉が開いていず、
すでに10人くらい並んでいたので、その後に並びました。
真ん中の席を確保したのは良いのですが、私の前の方の座高が非常に高くて前が見えず・・・
舞台を左の少し、右の少し、と切れ切れにしか見えなかったのが残念でした

今回で16回を数える『縁山流聲明と雅楽の夕べ』
縁山流とは増上寺流、という意味で、
徳川家11代将軍の頃にはすでに確立していたという聲明。
一時期衰退した時期もあったそうですが、復興を果たし、私たちが聴くことも出来ます。
ちなみに、夫も練習中です。
今回の演目は短めでチョット物足りなさがあったことは否めませんが、
最初に発声した先生のステキなお声にウットリ・・・
大殿中にお声が響き、人間の素晴らしさにも感動しました。

次は管弦と舞楽。
実は管弦はどれを聴いても同じに聴こえてしまう私
古の人はちゃんと違いがわかっていたのだろうな、と思うと、
現代の私たちの稚拙なことよ・・・

今年の舞楽はいつにも増して、とても見応えのあるものでした。
とくに、盾と矛、太刀を用いる「陪臚(ばいろ)」というお舞は
勇ましくて華やかでとても良かったです。
衣装も、小さい頃に飾ってもらった右大臣、左大臣のような衣装。
それにしても、大殿で見る舞楽は眠くならないのはナゼだろう・・・

演奏会が終わって見上げた東京タワーは『ダイヤモンドイルミネーション』
週末と祝日の20:00~20:10という、わずかな時間にしか見られないライトアップ。
ダイヤモンドが持つ、7層の色を表しているのだとか。
ダイヤモンド東京タワー

megちゃんともお別れの時間。
東京駅まで送ってもらって、その後はそれぞれの家へ・・・
今度会えるのは年末ということ。
演奏会も気に入ってくれて、来年も来たい!と言ってくれました。
Sちゃんもmegちゃんも付き合ってくれてアリガトウ

お先に!

明日、12月4日に、増上寺にて毎年恒例の
『聲明と雅楽の夕べ』が催されます。
聲明の方はとても偉い先生方が直々に詠ってくれ、
雅楽も曲数は多くないものの、お舞いも伴う豪華なものです
しかも、なんと、入場無料です。
寒~い大殿にいることをガマンすれば夢のようなひとときを味わうことが出来ます。
イワキからも演奏に参加するお坊さん方がいらっしゃいます。
夫はまだまだ演奏に参加しませんが、前日から会場設営やリハーサルなどがあるそうで、
夫を含めたいわきの雅楽会の面々は、今朝、増上寺へと出発して行きました。

私も明日、聴かせてもらいに行ってきます
せっかくの東京、ランチタイムはバレエ仲間のSちゃんと待ち合わせ、
演奏会は親友のmegちゃんと待ち合わせ。
一粒で何度も美味しい一日となりそうです。

今日はあいにくの雨・・・
明日は晴れるといいなあ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。