プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

お恥ずかしい!

先日、ネイルスクールでRRちゃんと練習している時、
美容室について話をしていました。
その時に
「最近あんまり行ってないな~」
と二人で言っていたのですが・・・

職場へと急いでいた私。
路地から出てきた一台の自転車。
ちょうど朝日が眩しくて、そちらの方が良く見えなったのですが、
自転車の男性が何かに気付いたようなしぐさをしました。
そして、次の瞬間。

「おはよっ!」

よくよく見たら、私を担当してくださる美容師さんでした
うぅ~、こんな放置状態の髪で会ってしまうなんて・・・
実は家がご近所さんなので、
会う確率はカナリ高いのですが、それにしても・・・
私も気まずいけれど、美容師さんもいたたまれないだろうなあ
近日中に何とかします!

ビクトリア!

中途半端に残ってしまった生クリーム。
そして、これまた中途半端に残ったままのイチゴジャム。
無駄にしたらもったいない!
消費策としてバターケーキの間にクリームとジャムを挟んだケーキを作りました

ビクトリアサンドケーキ
ヴィクトリア
ジャムは少なすぎ、クリームは多め、ということで
断面がカナリだらしなくなってしまいました
バターケーキ、といっても、湯せんした卵液をしっかりと泡立て、
そこに溶かしたバターを加えていく作り方なので、しっかりとした生地です。
砂糖を入れずに泡立てたクリームとジャムの甘酸っぱさがとても良い相性です。
今度は適量でチャレンジすることにします。

それぞれの週末

最近、すれ違いの週末を送っている私たち夫婦。
金曜の夜からすれ違い生活となることも多いので、
週末まるまる一緒に過ごせたこと、今年に入ってから数えるほど。
まあ、特に共通の趣味があるわけでもナイので、
一緒にいたところで何をするわけでもないのですけれど
ただ、やっぱり会話をする時間ががっくりと減るので、
コミュニケーション下手な私たちにとっては少々イタイところも無きにしも非ず
今週も夫は桑折(こおり)町にあるお寺さんのお葬式へ、楽の龍笛吹きとして行っています。
本当は先輩の方が行く予定だったのですが、
もろもろの事情があって行けなくなり、同じ龍笛の夫がピンチヒッターとなりました。
昨日の午後も一緒に行く雅楽のメンバーと練習に行っちゃったし、
今週の私はまさにゴハンを作るだけの人、となったのでした
日曜日の今日は、そういうわけで夫は会津へ、
私はネイルのモデルとして一日ネイルサロンへ、またまたそれぞれの週末となったのでした。

今日のモデルはサロンのオーナーさんが直々に練習を見てくれる、という大事な日。
このオーナーさん、東京にも店舗があり、また、LAにもお店を持つ、というカナリの実力家。
LAのお店にはセレブリティが顧客として訪れる、というスバラシイ方
それなのに、とっても気さくで飾らない、芯の強い魅力的な女性。
はっきりとしたもの言いや、オーラの強さなど、
私が習っているバレエの先生にとても雰囲気が似ています。
やっぱり、確たる技術を身につけて、突き進む女性には共通の強さがあることを実感。
お手本も見せてもらったのですが、
いともカンタンにやっているように見えるというところがスゴイ。
先日のバレエのレッスンでも、同じことを体験しました。
回る動きを練習中のこと。
私たちオトナの生徒さんが回る動きをすると、
回ろう、回ろう、と一生懸命になりすぎて、動きが大きく、慌てふためいたように見え、
はっきり言ってスッゴクかっこ悪い。
でも、先生がくるりと回ると、全く何でもないことのように見えます。
要は、

いかに無駄な動きをしないか、ということ。

未熟者との違いはきっとここにあるのでしょう。
ネイルとバレエ、全く異なる世界のことですが、
共通することもたくさんあって、モデルとして行くだけでも学ぶことはとても多いです。
それに、熱心に打ち込むスクール生の皆さんを見ているだけで
私も頑張らないと、と思うし。
これはやっぱり家にいては感じられないこと。
やっぱり、それぞれの週末にも良い点はあるのね、とヘンに感心したりして。

本人だけの問題なの?

連日、熱戦が繰り広げられているオリンピック。
高橋選手、銅メダルおめでとうゴザイマス
私は夏のオリンピックよりも、冬のオリンピックの方が断然スキだなあ
陸上競技など、体格の差がもろに出る競技種目の夏より
日本人が活躍する機会も多いし、自分がウインタースポーツをしていたというのもあるし。
スキーのアルペン競技とかもついつい見入ってしまいます。
でも、今回は残念な出来事も
毎日のようにマスメディアが大騒ぎをしていた服装問題事件。
確かに、舌打ちをして、心にもない発言をした態度は悪かったと思うのだけれど、
個性が大事だとか言いながら、みんなと同じじゃないとダメなのね。
確かに、一昔前のヤンキーみたいなシャツの裾だらりの腰パンはだらしないし、見た目も悪い。
しかも、私服ならまだしも、公式な服だったわけだし。
それにしたって、彼は一人でいたわけではないのだから、
周りにいた年長の人たちが
「ちゃんとしろよ」
って、言ってあげなかったことの方が責任が重いと思うのですが・・・
試合の前で自分がイチバンであると信じ、モチベーションを上げて
近日中の試合に臨まなくちゃいけない選手に対して
足を引っ張るような大騒ぎをする必要があったのかどうか、私にはわからない。
それでも入賞して、笑顔まで見せてくれた彼の方が器が大きいような気もするけど。
私もボードに熱中していた頃があって、
その頃、人と違ったウエアを着ることや、人と違ったことをすることがイチバン大事だった。
日常生活でも、人と違うことをしたいと常に思っていた学生でした。
だから彼の気持ちもなんとなく感じるところがある。
彼の服装や言動も残念だったけど、
それに対するいわゆる“オトナ”の人たちの対応はもっと残念に思う、今回の騒動。

おかえりなさい

一昨日より、青年会の集まりで飯坂温泉へと行っていた夫。
雪が降るかも、という予報だったし、イワキも雨が降ったので
帰り道を心配していたのですが、今日無事に帰ってきました
しかも、大量のまいたけを持って・・・
何でも、帰りに『きのこの国』という所に寄ったらしい。
きのこの国、というからにはいろいろなきのこを売っている所を想像した私。
きのこの直売所みたいなところ?と聞くと、

「いや。まいたけしか売ってなかった。」

との答え。
どうも、まいたけの粉末を健康食品とした販売するほか、
原料のまいたけも売っている所なのだとか。
世の中、オモシロイお店もあるなあ。

夫がいない夜には読書をして過ごしました。
今、読んでいるのはこれ
ミッセイ
あるサイトで連載されていたコラムが本になったものです。
私はその頃、会社勤めのサラリーマンで、すでに夫とお付き合いをしていました。
この本の著者の白川 密成(しらかわ みっせい)氏は
四国八十八か所の中のお寺の若き住職さんです。
お寺がいかにしてハッピーな場所となりえるか、日々悩んだり、行動していたりして
その葛藤を綴ったコラムが楽しみだったのです。
コメントをしたこともあります。実は
その時はあるテーマがあって、そのテーマに対する意見を募っていたからなのですが。
そのコラムが本になったので、思わず買ってしまいました。
ついつい笑ってしまう箇所もあり、
難しくて何度も読んだりしてしまう箇所もあり、
考えさせられる箇所もあり・・・
エライお坊さんが書いた本もありがたくて良いですが、
同年代のお坊さんが一生懸命に考えて、私たちと同じ言葉で綴るこれからの仏教。
考えさせられるし、応援したくなります。
オススメ。

休日のバレンタイン

今年のバレンタインはちょうど週末とぶつかり、
世の女性たちはほっとしている方も多いのではないでしょうか~
実はこの行事がニガテな私。
私の職場でも、昨年、一部の女性の間でひと悶着あったので、
義理チョコに限ってはカレンダーからこの日がなくなれ~と祈る私にとっては
当たり年、と言った所でしょうか。
男性陣にしても、愛のナイお菓子をいただいて、
そのお返しを考えるのを負担に思われる方もいらっしゃるのでは?とも思うのですが・・・
お返しをいただくのも心苦しいし・・・
楽しみにされている方もいらっしゃるので、一概には言えませんが

そいうわけで、義理チョコには関わらない私ですが、
本命は愛を込めます
近年チョコレートケーキがニガテな夫なので、一応、事前にリクエストをとりますが、
今年は『ベイクドチーズケーキ』のご所望が。
しかも、砕いたビスケットを敷き詰めた底が付いていないものということで。
ニガテなのだとか。知らなかったけど。
P1000279.jpg P1000280.jpg
しっかりと焼き色が付いたチーズケーキ
生クリームやヨーグルトも入った重ための配合で、
しっかりと焼いて水分を飛ばした生地はみっちりとした食べ応え。
そして、端っこの食感と言ったらなんともいえません
実家の父と母にもオスソワケ。

チョコレート系は私が食べたいので、
またの機会にひっそりと作ることにします

よく降るなあ

イワキは一応、端っことはいいながらも、東北の一部。
それでも、雪が降る、しかも積もるくらいに降るというのは
年に一度か二度くらい。
それなのに、今年は良く降ります。
しかも、前の雪から次の雪までの間隔が狭い。
今年は雪国って毎日こんな思いで過ごすのかしら、とつい、思いを馳せてしまいます。
量が比べ物にならないので、あくまで雰囲気で、の話ですが
それでも、木曜の夜から金曜の朝方にかけて降った雪は
何年かに一度の大雪。
とはいっても、15cmくらいですが、イワキにしてみれば大雪。
朝起きたら、窓の外がこんな風になっていました。
トイレからの眺め
木が雪布団でもこもこに
出勤しなくてはいけない私のために(それだけではナイけど)、
お寺のおとうさんと夫が2時間以上かけて坂の雪かきをしてくれました。
車で送ってやるよ、と夫は言ってくれましたが、
渋滞していたりすると着くのが遅くなるし、遅い車もいるし、ということで
愛用のHUNTERを履いていつもどおり徒歩で職場へ。
歩道はべしょべしょの雪で、すごいことになっていましたが
さすが、アウトドア用の長靴。
靴底の突起がすごいので、滑らずにがつがつと歩けました。
途中、ピンヒールのロングブーツのお姉さんや、革靴のお兄さんを横目に。
チョットいい気分
雪に弱いイワキの人たち。冬装備が甘いのです。

ただ、金曜は夫が東京へ雅楽の練習へ行くので、帰りが深夜になること、
私のバレエのレッスンがあるのでチョット心配だったのですが・・・
夫も無事に帰ってきたし、
私もなんとかレッスンに行って帰って来れたのでやれやれ、というところ。

土曜日の午後もチラホラと雪が舞っています。
来週も雪模様が出ていた天気予報。
どうしちゃったんでしょう?今年の冬は。

ちなみに、これは夫の傑作です
よしはる作
眉毛がりりしい!

ビタミン、浴びるほど

朝からどんよりと曇り、午後から雪の予報が出ていた今日
去年一度行って『ヤミツキ』になったことへ行ってきました。

それは・・・?

いちご狩り

いちご②
おいしそうないちごが鈴なり

いちご③
甘くてみずみずしい!

我が家からそんなに近くはナイのですが、
市内にある、水耕栽培でいちごやトマトを作っている生産組合があります。
そこでいちご狩りをさせてもらえるのですが、
時間は無制限、一度行けば割引券ももらえて、モチロン、いちごは食べ放題!
という、とても親切な場所があります。
去年、お友達に教えてもらって行って以来、夫も私もヤミツキ
今年も行ってきました!

外はとても寒くてかじかむくらいですが、
ハウスの中は湿度も温度も最適。
賞味40分くらい、二人でいちごをとっては食べ、とっては食べ・・・
満腹になるくらい、いちごを満喫。
食物繊維もビタミンも溢れるくらい摂取してきました
今シーズン、もう一度くらい行ってもイイな~
最近、お互いに忙しくて、ナカナカゆっくりとお出かけできなかった私たちですが、
久しぶりにデートしました。アリガトウ、夫君。

乱高下

今日はとてもあたたかい一日となりました。
お墓掃除をしていた夫は、汗をかきつつ、半袖で作業していたそうです
先週末はすごく寒くて、
一日中暖房をつけていても、暖房器具から離れると寒くて仕方ないくらい寒く、
おまけに土曜日は朝から雪が降ったり止んだり・・・
夜になると本格的に雪が降り出して、
友達と夕食に出かける予定が合った私は会えなくキャンセル
同じく予定が合った夫のほうは外出。
寒い夜に一人ぼっちでますます寒さも増しました
日曜日はお天気は回復したものの、
冷たい強風がびゅうびゅうと吹きすさび・・・
体感温度的には非常に寒かったし。
それなのに、今日の異常なほどのあたたかさ。
そして、夫は今夜も飲み会
(関係ナイけど)
また明日からは冬の気温に戻るそう・・・
こう、気温が乱高下すると、体調がおかしくなりそう・・・
気を付けよう・・・

ベランダの雪
あっという間に積もる雪
10梅
それでも梅の花は咲いている

この時期ならでは

この時期になると、大勢の短期雇用のアルバイトさんたちがやってくる我が職場。
多くの人数が集まれば、それだけ社会人としての常識を疑っちゃう人がいるので
毎年毎年アタマが痛いです

まず、朝。
職場に来たら、お客さんだろうが、社員さんだろうが、
「おはよう」と挨拶するのは当たり前かと思いますが、
みんな揃ってナゼか無言。
そして、自分のアルバイト仲間にだけ挨拶をする。
廊下ですれ違っても譲らない、後ろがつっかえているのに通路を占領。
一応、社会人の端くれなのだし、事務仕事なのに、ジーパン。
そのジーパンも色が濃ければまだイイとして、ウォッシュ系。
見た目からして”デニム”だよ、とかばってあげられないほどに普段着のジーパン。
トイレのペーパーが切れても新しいのと交換しない。
(↑私、これ、今週2回やられました
確認しないでトイレに入っちゃう私も私だけど、
最後の切れ端を使った人は自分で判っているはず。
しかも、主婦連中が多い、というのがオドロキ。
挙句の果てには連日のチコク。
よく何も言われないなあ、と呆れながらも、変な所に感心したりして。

長期のアルバイトだけの時期には起こらない、こういう小さなイライラが多く、
長期仲間が集まると
「どうしたらいいのかねえ?私たちが言うとなんだか・・・」
と、ついつい弱気発言続出。

皆さん、笑顔と挨拶はタダですよ!
それで人間関係が円滑に進んだら、安いものだと思うのですが・・・

この時期になると、ついつい愚痴ってしまう、悪いクセ。

節分

小さい頃は幼稚園(保育園)や学校で体験したかと思います、節分の豆まき。
最近のおうちではどうなのでしょう?
いまだに現役の行事なのかなあ。
うちのお寺ではまだまだ現役で、
立派なオトナが大声を張り上げて行います。豆まき。
去年アタリから、本尊様にお供えした豆を拝むのと、
家中に豆をまくことを任されている夫。
今年も
「豆を拝むのって、何を唱えればいいんだ?」
と首をひねりながら、極寒の本堂へ。
私はバレエのレッスンとぶつかってしまったので、残念ながら一緒に本堂に入られなかったのですが、
着替えをしていると

「おにはそとー!ふくはうちー!!」

という夫の大きな声が聞こえてきました。
そっと玄関から覗くと
「鬼、発見!」
と言われて豆をぶつけられましたが
我が家の鬼さんたち、出て行ったかな。

そういえば、職場の同僚のおうちでも現役の行事だったようで、
豆を拾ったからオスソワケ、と、個包装のビスケットをいただきました。
しかも、まいたのをちゃんと拾ったそうで。
おうちによってまくものっていろいろなのだなあ、と実感。
ちなみにお寺では昔ながらのいり豆。
実家で豆まきをしていた時は殻付き落花生でした。
忘れた頃に物陰から頃鈴と出てくる大豆もまた、ご愛嬌。
まんまるピンク
すやすやと眠る我が家の美猫

雪!

イワキで雪が降ってます
しかも、珍しいくらいの大雪。
朝は陽が指し、気温も暖かいくらいだったのですが、お昼くらいからだんだんと曇り始め、
18時を過ぎた辺りから雪模様となりました。
今日はネイルのモデルを務める日だったのですが、
スクール生の方が見えるたびに
「雪がたくさん降ってるよ!」
と言うものだから、何となくそわそわしちゃって。
といってもぼたん雪と言われる水分の多いべちゃべちゃの雪なのですが、
時間が時間(ただいま22:00です)なだけに地面にも積もってきていて。
道路もシャーベット状になってます。
明日の朝、下界に下りられるかな…
雪に弱いイワキ人です。

| ホーム |


 BLOG TOP