プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

入籍記念日

3月30日は私たち夫婦の入籍記念日
あの日から6年・・・
ちっとも成長していない私たちがいます

それはさておき。

30日は平日だし、外食するというのも慌ただしいので、
日曜日に一足早くプチ食事会
とろろ屋半兵衛 の 『麦とろご飯・すいとん汁付き』
とろろ屋
麦ご飯と小鉢が6つもついた定食にすいとん汁がセット
首都圏では超高級自然薯として1本1万円もするという自然薯を味わえる農家レストラン。
市内にあるとは言いながら、我が家からは1時間近くかかるのですが、
お互いに風邪を引いているので、
体にやさしく、かつ、精がつくものを、と、このお店に行くことにしました。
すいとん汁に入っているお団子は、小麦粉を根って作ったものではなくて
自然薯のすりおろしをお汁に落としたもの。
負割った沿い亭ながらねっちりとした食感がヤミツキです
麦ご飯もどんぶり飯だし、とろろもたくさんついてくるのですが
それでも、健康的な満腹感。
時間をかけてゆっくりと味わいつつ、いただきました。

以前うかがったときには、お客さんもまばらだったのに
フリーペーパーで紹介されたせいか、
次から次からお客さんが入ってきて常に満席状態。
お店の方がテンテコマイでなんだか気の毒なカンジでした
私たちが座った席は入り口やレジの近くで、
他のお客さんに座布団を蹴飛ばされたり、後ろを忙しなく人が通ったりで
雰囲気的にはチョット残念なカンジ。
ハヤリ物好きないわきの人のこと、そのうちおさまるとは思いますが・・・

送別会

だんだんと風邪が本格的になってきてしまいました・・・
それも、金曜のバレエのレッスンの後に今月で教室を辞めてしまう方と
寒風吹きすさぶ駐車場で名残惜しくて立ち話をしていたのがまずかった・・・
カラダがすっかり冷え切り、咳が止まらなくなってきました
というのも、彼女、青森県出身の方で、4月から地元に帰ってしまうのです。
ついつい、別れがたくて・・・
仲良くさせてもらっていただけに、とても寂しいです。

そして、土曜日には夜から彼女の送別会が催されました。
先生も参加される、ということで、チョッピリ緊張のお食事会。
メンバーは主役の彼女と先生、それから仲が良かった生徒さんたちなどで9名。
皆さん、長く教室に通われている方ばかりなのに、
たかだか2年くらいしか通っていない私が参加してもイイのか、とも思ったのですが、
せっかくお誘いいただいたのですから、楽しまなくては!

会場は住宅街にひっそりと営業されているフレンチのお店。
何度か脇を通ったことはあったのだけれど、
実際にお店に行ったことはなかったので、とても楽しみにしていました
和風の門構えとお庭を通って進むと、
個人のお宅を改築したと思われるオープンキッチン形式のレストラン。
ほの暗い照明も落ち着いていてとてもステキでした。
(写真を撮る雰囲気ではなったので、画像がないのが残念です[emoji:i-241)
先生もいらっしゃることだし、咳が出て皆さんにご迷惑をかけたらどうしよう、
という思いをあったのですが、
人間て、私が思っているより大したもので、会食の間中、咳は出ずに一安心。
お野菜がたっぷりのお食事をいただきながら、
皆さんとのおしゃべりで盛り上がる、盛り上がる!
こんな時でしか聞けないような話や女子トークも交えながら
お店の営業時間を越えてしまうほど、楽しい時間を過ごせました。

地元に帰ってもバレエは続けたいと行っていた彼女。
熱心な生徒さんだっただけに、先生も思い入れが強いらしく、寂しそうでした。
私も、天然系の彼女のポジティブシンキングに何度助けられたことか・・・
次のレッスンからはもういないんだ、と思うと寂しく思います。
それでも、地元での活躍を願って、明るくお見送り。
生きていればまた会う機会もあるよね。

今度は私の風邪の対処
月曜日には病院に行ってきます

気管が痛い・・・

水曜日より風邪を引き込み、体調を崩している私たち夫婦。
引き始めはお互いにノドが痛いという同じ症状だったのですが、
風邪が本格的になるにつれて、お互いにヨワイところに症状が移ってきました。
夫は鼻。私は咳。
夫はもともと鼻炎持ちだし、私は気管支炎になりやすい。
それなのに、夫は今日から1泊で宮城県にある定義山(じょうぎさん)へ
『大別時念仏会』へと出発しました
まだノドが荒れてるし、お酒は刺激物なので、夜の宴会が心配ですが・・・
お天気もあんまり良くないし。
何しろ、山奥にあるお寺で、昨日は雪だったとか・・・
帰ってくるのは明日の午後。
私も今夜はバレエ。
またもやそれぞれの週末を過ごすことになっておりますが、
お互いに体調を悪化させないように乗り切らないと

お彼岸の終わりに

今日で春彼岸もおしまい。
お中日は晴れたりあられが降ったり、
交差で視界が悪くなったかと思うと、暴風が吹き荒れたり、と春の嵐
頑張ってお彼岸の繁忙期を乗り切ったと思ったら、今朝起きたらノドがいがいが。
しかも、夫も。
先日の3連休のこと。
お寺にカンヅメ状態だった際にお寺のおとうさんが風邪を引いていたっけ・・・
うつったのかなあ
それに、夫と同じタイミングで同じ症状なんて、
同じ頃に同じ菌に感染したことには間違いなさそうです。
頑張って仕事には行ったのだけれど、
こんな時に限って何やかやと聞かれたり、説明しなくちゃいけないことが多くて。
結局、一日中、大きな声で話すハメになってしまいました
なんだか、だんだんとアタマまで痛くなってきてしまって・・・
背中も寒いし、熱があるかと思ったのですが、幸いにも熱はナシ。
それでも今日のバレエのレッスンはお休みしてしまいました
難しいクラスだし、ポワントもあるし。
体力もさることながら、気力があるときじゃないと乗り切れないので・・・
一緒に頑張ろうと約束しているYちゃんには悪いことをしちゃったな・・・
今夜は水分をたくさんとって、早く寝て、少しでも早く治そう。

春彼岸です

今日より彼岸入りです。
曇り空の朝だけど、びゅうびゅうと冷たい風が吹いていたり、
しとしとと冷たい雨が降っていたりするわけではないので、
まあまあな入りの日ではないでしょうか
(何て言ってたら、夕方からは雨が降り出したのですが…)
入りの日とはいえ、私は仕事の方が繁忙期
休めないので後ろ髪を引かれつつ、出勤。
夫は今日もまた、お墓内に点在するごみ箱のごみを回収・分類してくれたそうです。
夫にはホントに頭が下がります。
夫はじめ、お寺の家族には非常に迷惑をかけております。
お中日には頑張らないと。
お彼岸にはたくさんの檀家さんが見えますが、
今回、お寺に見えたら言いたいことがある檀家さんがいらっしゃいます。
その方は農家の方なのですが、
地元のスーパーの地場野菜のコーナーに野菜を置いているんです。
最初は気付かなかったのですが、
その野菜に貼ってあるラベルの名前に見覚えが…
そう、檀家さんが作った野菜なのでした。
そして、その野菜がまた、美味しいのです!
そのコーナーには生産者の方を紹介する写真も掛けてあるのですが、
その写真に写る檀家さんが、これまたとてもイイ顔で写っているのです。
夫と、
「今度お参りに来たら言おうね」
と話していたのです。
だから、何となくお中日が楽しみ

甘いモノ三昧

先週の金曜日は夫の誕生日でした。
でも、私も夫もお稽古事で不在だったため、
お祝いは次の日、13日の土曜日に持ち越されました。
お祝いといっても、デコレーションケーキを買ってきて二人で食べただけなのですが・・・
夕食も、美容室から帰ってきた私がぱぱっと作ったものだし、
完全に、今ハヤリの「内食」です
それでも、ケーキはちょっぴりゴウカに
果物がたくさん乗った生クリームのケーキが食べたい、という夫のリクエスト。
ヨシハル誕生日
フリルみたいなクリームがかわいい
夕ゴハンのあとに1/4ずつ食べました。
チョコレートのプレートは夫に。
しかも、このケーキ。
私が土曜日の午後に美容室に予約を入れてしまっていたために
夫自らがケーキ屋さんに取りに行ってくれたもの
どうしようもないヨメな私です

そして、日曜日はホワイトデー。
朝食を食べて食休みをしていると、
夫がおもむろに今の隅にある桐たんすの引き出しから出してきました。

東京ラスク いろいろ
東京ラスク①
左上から
・プレミアムラスク アーモンド
・胡麻ラスク
・メープルラスク
・ミルクチョコレートがけラスク

東京ラスク②
以前、私が職場の方からいただいたことがある東京ラスク。
東京駅の地下にある一番街でフツーに売っているので
それまではあんまり気にも留めていなかったのですが、
食べてみると、

これがおいしい!

夫も私もあまりのおいしさに、東京ラスクを見直したのでした。
ちょうどその頃、山形にあるメーカーが作っているラスクがおいしい、と話題だったので、
世間的にもラスクへの注目とが上がっていた時期でした。
ラスクというと、幼稚園のおやつの時間に出てきた思い出。
上にクリーム色の砂糖がけが乗ったサクサクの甘いお菓子、というイメージ。
和らすくの登場や、上のラスクの注目度でラスクの地位がすご~く向上した気がします。

夫のスバラシイところの一つに
「これ、おいしいね!」と言ったことを覚えていてくれて
さりげなく買ってきてくれたり、取っておいてくれたりするところがあります
今回も、詰め合わせを買えば楽なのにも関わらず、
おいしそうなものを自分で何種類か選んで買ってきてくれたのだそう。
それに、それがたんすの引き出しから出てきたって言う所がまた笑えます
せっかくなので、残りは同じ引き出しに大切にしまいました。
たくさんあるので、楽しみ!

連日のグラグラ

先週末はなまずの大暴れでした。
土曜、日曜と連続で震度4の地震。
土曜日はたまたま入浴中だったため、どうやって逃げようか本当に焦りました。
日曜は日曜で、ちょうど夕食の支度中。
急いで火は消したものの、
突っ張りをしていない冷蔵庫と食器棚を前にどれを押さえるか、
いやいや、それよりもまず逃げないとな、などと
逃げるより先にそんなことを考えたりして。
ケータイにも緊急速報が来るし。
(地震速報が来たと思ったら揺れ始まったのですが・・・)
大きな被害がなくて助かったけど、やっぱり地震は怖い。

おめでとう!

今日は夫の誕生日です
何度目かは夫のためにナイショにしておきますが…
誕生日だけど、朝は慌ただしくて「おめでとう」を言いそびれ、
午後は午後で夫は雅楽の練習、私は仕事とバレエ。
顔を合わせるのは明日の朝、お祝いも明日という何とも間抜けな感じに。
久しぶりにお手紙でも書こうかな…

春のほろ苦い香り。ふきのとう。
土手に顔を出しました。
絵に描くのならもう少し育ってからの方がサマになりますが、食べるのならこのくらいが。
お寺に来てから食べられるようになりました。
それでも、まだまだニガテなのですが。
季節の味わいなので。

ぷっくりしていてかわいい

あったか寒い

おとといは雪が降り、昨日は底冷えがするくらいに寒いと思ったら
今日は打って変わってお天気になり、気温も上昇。
昼間、外に出たら暑いくらいの気候となりました。
花粉症の同僚たちはそろって
今日の花粉はスゴイ、目が開かないくらいにツライ、と言っておりましたが、
幸いなことにまだ花粉症デビュゥしていないワタクシ。
一人鈍感に過ごしております。
それでも、昨年までは2weeksのコンタクトを使用しており、
この時期は空気中の花粉がレンズに付着するのか、
いつも調子が悪くなって悩まされていましたが、
ワンディのコンタクトにしてからというもの、不調は解消されました。
それだけはありがたい。
それにしても、こんなに日替わりでお天気が変わると
寒い冬を何とか越えたカラダが、とうとう不調になりそうでコワイです

お彼岸に向けてのお墓掃除もそろそろ佳境。
このところ、お天気が悪い日が続いていて、思うように外掃除が出来なかった夫も、
時間を見つけてはちょこちょことお掃除をしてくれています。
お寺の仕事は意外と肉体労働が多いため、
夕食後の夫は決まって転寝。
しかも、電池が切れたように眠りに落ちてしまうので
話しかけたら寝ていた、なんてことがほぼ毎日。
日中はお互いに離れて時間を過ごし、
話をする時間が取れるのは夕食の後くらいなため、チョット寂しい私。
私、意外とおしゃべりなのです
それに、あんまり会話をしないでいると、
話さないのが普通になってしまって、話をしたくても話せなくなる気がします。
何を話していいのかわからない、というか。
日本の結婚年数を経たご夫婦が、会話もなく飲食店で食事をする光景を見ると
おうちでも話をしたりしないんだろうなあ、などと思ってしまったり。
若い頃からの積み重ねって大事だと実感。
疲れているのだから仕方ナイ、とあきらめつつも、
多少の危機感を覚えてしまう私。
こんなに寝る人だとは思わなかった、というのが事実というのが実をいうところの本音ですが

ふと、思う

通勤途中での風景。
通りから少し引っ込んだ所に立っていた古いおうちを解体していました。
それまではおうちがあるのは知っていたけれど、
そんなに目が行くことは無いくらい置くにひっそりと立つおうちでした。
それがある日、重機とトラックがやってきて、壁や屋根をバリバリ。
そのおかげでおうちの中を少しだけ、覗き見ることが出来ました。
2間くらいの小さな間取り。
でも、以前は確かに人が住んでいた、生活観の漂う壁やふすま。
いわゆる新興住宅地に立つ、
流行の御殿のような豪華なおうちとは比べ物の無いくらい、ささやかなおうちでした。
それでも、以前は誰かが生活していた。
そこでごはんを食べたり、お話をしたり、子供が大きくなったり。
誰が住んでいたのかはわからないけれど、
空き家や廃屋はそういうことを思い起こさせる何かがあるような気がします。
あるいは、私が一人っ子で、おヨメに出たということもあるのかも。
現在は両親が実家に住んでおりますが、
いつかは誰も住む人がいなくなる日が来るのだなあ、と、何となくしんみり。
雨が今にも落ちてきそうなくらい、しっとりとした日だったから
そういう感情が湧きあがってきたのかな。

粗忽者

金曜日のこと。
バレエのレッスンに行く前には、いつも、軽くですが食事を取ります。
満腹状態ではうまく体が使えないのですが、
空腹状態でもよろしくない。
何と言っても、全身運動で、意外と運動量のあるバレエ。
少しオナカに何か入れておかないと、レッスン中に具合が悪くなってしまうこともあり、
ここのところの調節が難しい

少しだけ残っていた冷ゴハンをレンジで温めて
それと、これまた残り物のおかずを食べて済ませてしまおうと思い、
ゴハン茶碗に手を伸ばしたトコロ・・・

それは私の手を滑り落ち、無残にも床へ

そんなに高いお茶碗ではなかったけれど、
色合いも、手にすっぽりと納まる小さめなところもお気に入りのお茶碗でした。
あぁ、がっかり。
その話をお稽古が終わって、今から帰るをくれた夫に返信で伝えると、
「じゃあ、明日はお茶碗を買いに行こう」
と言ってくれました。
久しぶりの雑貨類のお買い物。

法事の関係で、出かけるのがお昼過ぎになってしまったので、まずは腹ごしらえ。

中国麺家 万天

わりと近所にある中国麺料理のお店。
横浜中華街で修行されたご主人が腕を振るいます。
横浜中華街名物の「サンマーメン」も食べることが出来ます。
エビそばが人気で、これもたっぷりエビが入っていてオススメですが、
今回選んだのはこれ
サンマーメン
夫が選んだサンマーメン
ボリュームがたっぷり!
野菜もたくさん入っていて体にも優しいし、あったまります。
肉まんセット
私が選んだ肉まんと半坦々麺のセット
角煮のお肉がゴロゴロ、筍、椎茸もたっぷり、皮はふっかふかの大きい肉まん!
それにハーフサイズの坦々麺がついたお得なセット。
坦々麺、しっかりと辛くてごまの香りも香ばしく、ホントに美味しかった!

いわきで梅の名所のお寺さんへも行く予定だったのですが、
雨が降ってきたので、残念ながらそれは中止
それでも、そのあと向かったお店で気に入ったお茶碗も見つかったし、
久しぶりにのんびりとお出かけした感のある土曜日でした。

ひな祭りなのに

最近、公私共に忙しく、息もつけない日々が続いております
先日の女子のお祭りもバレエのレッスンと重なり、
いつもはちらし寿司としじみかアサリのお吸い物をつくるのだけど、
今年はそんな時間もなく・・・
前日に作っておいた鶏そぼろと炒り卵、ゆでた絹さやを
炊き立てのご飯に乗せて3色丼でお節句のゴハンにしました。
二色丼

前回の記事のことがあって以来、レッスンに行くのはなんだか怖くて、
レッスンが始まってからも今日はどうなんだろう、などと集中できずにいたのですが、
3日のレッスンでは先生からの指導もあり、一安心
というか、先生の調子が戻ってきたからだと思うのですが・・・
余計なことに気を取られて、大好きなバレエに集中できず、
先生に対する信頼も揺らいでしまったのがとても悲しいです
早くキモチを立ち直してレッスンに行けるようになりますように。

雑念、いろいろ

最近、あるウワサが耳に入り・・・
それ以来大好きなバレエのレッスンに集中できなくて、
モチベーションも上がらない、何となく底辺の気分です
そのウワサというのは、ある人がふと漏らした一言でした。

「先生、私とYちゃんとみきこさんを嫌っている」

というもの。
Yちゃんというのは、バレエ教室で仲良くさせてもらっている友人の一人。
根も葉もない、何の根拠もない一言だったのですが、
その彼女が言うには、
先生は嫌いだと思う人にはレッスンをつけない、つまり、レッスン中何の指導もしないというのです。
確かに、水曜日のレッスンでは何も出来ていないのにも関わらず、
先生からは指導がありませんでした。
でも、それは先生の具合が見た目にも悪そうだったし(あまり丈夫ではナイみたいなので)、
そのせいかなあと思っていたのですが、
先生との付き合いも長い生徒さんにそう言われると・・・
そんなことナイよ、と思いつつ、そう言われると気になってしまうのが人間。
金曜日のレッスンは先生が近付いてくるたびにビクビク、そわそわ。
そして、やっぱり指導も少ないような気がするし。
自分の動きにも集中できず、
何となくめろめろな動きになってしまいました
気にし過ぎだよ、とウワサの出所の彼女を慰め、
Yちゃんと私は
「先生に気に入られていようがなかろうが、
 バレエを好きなんだから続けていこう、頑張ろう」
と励ましあい、なんだか散々なこの頃。
明日は最上級クラスのレッスンとポワントのレッスンがあります。
それに向けてどうやって気持ちを盛り上げていけばいいのか、
はっきり言ってまだ良くわからないし。
場違いな気分をいまだに背負いつつ受けている私にとって
あの一言は効いたなあ・・・

| ホーム |


 BLOG TOP