プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

しばし、さらば!

土曜日に母方の祖父母の法事があります。
祖父母は天理教の信者さんだったので、厳密には法事とは言わないのかもしれないけど・・・
私は母方の親戚とはとても仲良くしているので、
久しぶりに仲の良い叔母たちや従兄達と会えるのがとても楽しみ。
ただ、みんなはイワキよりもとても暑い中通り地方に住んでいるため、
暑さが戻ってくるでしょう、と予報が出ている土曜日に中通りへと行くのが少々、気がかり・・・
しかも、父は高齢で運転が怪しく、母も長距離運転はニガテなので、私が運転手。
私にしてみても、久しぶりの長距離運転。
気を付けて行かないとな~。

それでもなんでも。
御施餓鬼の準備のことで悩み、心をすり減らしている私にとって、
少しほっとできる時間がもらえてありがたい。
母は私が土曜日の朝に迎えに来ると思っていたようでしたが、
せっかく夏休みをいただいてもいるし、たまたま、今日はバレエのレッスンもお休み。
夫には申し訳ないけれど、
今日の午後から実家に帰って、日曜日の午後にお寺へ帰ってこようかなと思っています。
御施餓鬼月間の初日にお見送り出来ないのが残念ですが・・・
最近はあまり長期間で実家に戻っていなかったので、
たまにはスッキリサッパリ、帰ってこようかなと思っています

いよいよ、御施餓鬼月間かあ。
唯一の理解者である夫が不在になるため、私の孤独度と戸惑いは頂点に達して
どうしようもない不安にかられちゃうんだよな~。
毎年のことなんだけれど、ちっとも慣れません
あぁ、帰ってきたらどうなることやら。

夏休み

私がお世話になっている職場では
雇用継続のために1年に1度、2週間程度のお休みをいただきます。
それこそ、家計の足しに、と働いている方の中には
2週間も休むと収入が・・・という方もいらっしゃいますが、
私はこの時期にそんなに長くお休みをいただけるのは、とても助かります。
何せ、8/9はうちのお寺の御施餓鬼会。
やらなくてはいけないことはたくさんあるのです。
職場の方へはいろいろとワガママを聞いてもらって、
ちょうど御施餓鬼会が終わって一息ついて職場復帰、そしてまたスグお盆でお休みという、
何とも自分勝手な都合でシフトを組んでもらいました。
雇用継続かどうか、は、まだわからないところなのですけれどね

母屋の方へ行って
「夏休みになったんで、手伝うことがあったら言ってください」
(夏休みという言い方が合っているのかどうかはわかりませんが・・・)
とお母さんに声を掛けたところ、
「じゃあ、客殿の食器とかを洗うか」
と言いつつ、腰を上げる。
ん~、今すぐって言う意味じゃなくて・・・
それに、義姉が考えている都合もあるだろうに・・・
義姉、イジワルな人ではないけれど、それでも、自分が考えていた予定もあるだろうし、
お母さんと私が急にやり始めたら困るでしょうよ・・・
などと思ってしまいました。

おそらく、母屋の中の実権は義姉にあるモヨウ。
なので、一応、お母さんに報告しつつも、
義姉と打ち合わせをした方が円滑か、とも思っています。
あぁ~、面倒だ~。
これからの予定、とでも紙に書いて貼っておいてくれればいいのにな~。

言葉足らず

今日の午前中のこと。
本堂でご法事中に借りている土地の賃貸料と
御施餓鬼会に来られないので先に塔婆供養料を納めにいらした方がいました。
その時おとうさんは本堂で拝んでるし、ついさっきまで猫と遊んでいたはずの夫はいつの間にかいない。
結局、おかあさんと私しかおらず、領収書の在処がわからない…
お客さんは待ってるし、頼みの綱の夫に慌てて電話したら、電話をかけている私の側で鳴る夫のケータイ。
仕方ないので外に探しに行くと、お墓掃除の真っ最中。
「電話くらい持っていって!」
と言いながら、探しに来たわけを話すと
夫は夫で
「そんなの、俺の管轄じゃないんだから知らないよ」
と、だんだん不機嫌に。
そのあとは最悪。
足音荒く本堂を片付けに行ったかと思うと、
ご法事のお客さんがお茶を飲むのに使ったお茶碗を
お盆から洗い桶の中に手を使わずにお盆から滑らせ、
がちゃがちゃと下げる始末。
「割れちゃうでしょ、なんなの?」
と声を掛けるも無視。

自分が掃除してくるって声を掛けてくれれば良かったのだし、
いつも肌身話さず持ち歩いているケータイをこんな時に限って持ってないのだし。
私もつられてイライラ。

でも、どうやら、夫は夫で反省したらしく、
そのあとはヘンに優しい。
そんなんだったら、
「さっきはごめん」
て言ってくれた方が私も曲がったヘソを戻し易いんだけどな~。

おとうさんも夫も、あまり行き先を告げてくれない。
確かに敷地内にはいるんだろうけど、何せ、お寺。
家の中、本堂、お墓中…と探すのも大変。
来客や電話と、男性陣じゃないと話にならない用事がたくさんあるのも事実。
一言、行き先を告げてから仕事に行ってもそんなに手間じゃないと思うけどなあ。

和のおやつ、洋のおやつ

久しぶりのおやつ作り。
まずは和のおやつから。

黒みつきなこ白玉
青汁白玉
何だか画像が光っちゃってイマイチだなあ
青いのは実は青汁。
以前、サンプルでいただいたものがあったので、白玉粉に煉りこんでみました。
結構あおじるっぽい味がするかなあと思ったけれど、
意外や意外、ヨモギっぽい香りが。
夫も言わなければわからなかったみたいでした。

次はこってり、洋のおやつ。

シンプルスフレチーズケーキ
チーズケーキ
ボトムのスポンジも無い、シンプルタイプ。
その代わり、チーズがたっぷり入った濃い味です。
お店で食べるともう少し食べたいのに、って思うことが多いチーズケーキ。
その思いがあってか、自分で作るとついつい食べすぎです

夏、本番!

梅雨が明けた途端に、モウレツに暑い日々が続いております
冷え性を改善するために血流がよくなる漢方を飲んでいる私。
今までは体温も血圧も低く、暑さには耐性があったのですが、
今年の夏は暑くて暑くてタマラナイ
体温がしっかり上がっている証拠だとは思うのですが、
絶え間なく流れ落ちる汗には閉口気味です
ワガママなことだと思うのですが・・・

お寺の夏も本格的に始動です。
御施餓鬼会、お盆に向けたお墓掃除が始まりました。
例年よりも気温が高いので、
おとうさんと夫の熱中症が心配ですが、
今朝も私が出勤するより早くお墓掃除へと出かけていきました。
その姿は、毎年のことながら本当に頭が下がります。
一日中、炎天下で作業して帰ってくるので、
食欲が無くなってしまい、あんまり食事を食べてくれなくなるので
メニュウ思案も一苦労
サッパリと食べられて、栄養もあって、なるべく目先が変わって手を出しやすくて・・・
ナカナカ難しいです。
これからの1ヶ月強。
お寺は本番です。

夏の音

連休最終日の今日はモウレツに暑い一日でした
昼間に少しだけ外に出ましたが、
空気も何もかもが熱くて熱くて息も苦しいぐらいでした。
外で働く方々、本当に尊敬します。そしてお気を付けて。

今日はうちのお寺で青年会の方が集まって来月より始まる御施餓鬼会の練習があります。
御施餓鬼会は来月1ヶ月間、お盆を除いてほぼ毎日、宗派のお寺さんが持ち回り行う行事です。
他の宗派さんでもやっていると思いますが。
ヨメに来てから6年。
御施餓鬼会当日は塔婆供養の申し込みや、接待の準備で法要は見られないので、
こういう練習の日に“ちら見”するぐらいしかなくて、
キチンと見たことはナイのですが・・・
ちなみに、お寺のおかあさんもキチンと見たことはナイそうです。

そして、我が家の隣の本堂からお勤めの声や、
御施餓鬼会の練習で、じゃらじゃらと打ち鳴らすハチの音などを聞くともなしに聞いていると
『今年も夏が来たな~』
と、感慨深いような、これからの2週間を思うとアタマが痛いような、そんな気分になります。
2週間というのは、うちのお寺の御施餓鬼会まであと2週間程度なので。
夏というと、“ハブ”になっているヨメからすれば
身の置き場が無いような、何というか、針のむしろな日々が続くわけで、
落ち込むことが多くてイヤになるな~。
夫は積極的に声を掛ければイイんだよ、何て言いますが、
そんなことで済むんなら何も悩まないよ~だ
お寺の家族と上手にコミュニケーションを取っている寺嫁さん方を見るにつけ、
卑屈になっちゃうこの季節。
夫ともこの何日か、ずっと一緒に居るせいか、少し不協和音。

夏、というと、家族と心を通わせるために苦心惨憺、
具合が悪くなっちゃう季節なのでした

あぁ、結局グチになっちゃいました

梅雨明け

しばらく更新をサボっているうちに梅雨明け宣言
連休も毎日暑い日々が続いています。
これは少し前の写真ですが、梅雨の風物詩。
2010梅
今年もおとうさんが梅を漬けてくれます

テレビなどでの報道では連日の大雨で多大な被害が出ている地域もあり、
単純に「暑い、暑い」とノーテンキに過ごしていることが申し訳なく思われたりもして。
一日も早く落ち着いた時間を取り戻されますように。

今年は暑いですね。
たいてい、イワキは風が寒流の上を吹いてくるため、比較的涼しくて、
夏でも猛暑になるのはわずか数日程度。
それでも、今年は早々に暑い日々が続いております。
寒くて夏なんだか、何なんだか、わからない日々が続くよりはマシかとも思いますが・・・
私は体温が低い方なので、暑いのは結構平気なのですが、
そういう人間と一緒に暮らす夫にはかわいそうな思いをさせております
何せ、クーラーもニガテ、扇風機も風が当たると肌が痛いので得意じゃないとくれば
涼む方法が極めて少なく
少しは譲歩しようとは思いつつも、
外出をしてクーラーに当てられて調子が悪くなる自分がいたりすると何だか・・・
最近めっきりヨワヨワな私です

連休も特に遠出の予定もなく、
ホームセンターに行って買い物をしたり、
駅前のコーヒーショップにお茶しに行ったり、と地味に過ごしております
明日は夫はお葬式が入っているし、午後からは青年会による御施餓鬼の練習会、
夜は夜で懇親会、と忙しいし、
私も夜はバレエのレッスンがあるし、で、またまたお籠もりさんの予定です
つぶれピンク
美猫なのにこの寝姿
2010バジル
今年のバジルはいい感じです
昨年は発芽時の天候不順で芽がすっかり腐ってしまったバジル。
今年はすくすくデス

梅雨らしい

今日は朝から雨降り
薄日が差したかと思うと急に雨が降り出し、しかも豪雨に近い感じ。
そうかと思うとぴたりと止んだり。
梅雨らしい一日でした。
それでも、気温が低くて涼しいくらいだったのでまだ良かったけれど、
これで湿度が高くて気温も高くて・・・だったとしたら
きっと体の具合もおかしくなっていたことでしょう

久しぶりの一日雨の日だったので、夫の外作務も小休止。
昨日までは垣根を刈り込んで整えたり、
刈り込んだ際の切った木の枝を処理したり、と
全身を蚊に刺されながら汗だくの作業をしていましたが、
今日は家の中のお掃除をしたりしてくれていたようです。
少しはのんびり出来たかな?
あと2週間もすれば御施餓鬼月間。
お盆もあるし、秋のお彼岸が終わるまでは一年でイチバン忙しい繁忙期。
夫は体格の割りに結構丈夫なのですが、
それでも栄養のある食事を作って支えてあげようと思います

気が進まない

日曜日は選挙。
テレビではお相撲の話題と並んで毎日大騒ぎだけど、
イワキはイナカのいち地方都市だし、あんまり重要視されていないのか、
選挙カーが大音量で走り回ることも少なく、本当に選挙があるのか?というカンジ。
どうも、争点は消費税らしいですが、
もし、本当に財政が逼迫していて消費税を上げないとどうにもならないのなら
そういうことをキチンと説明して欲しいし、選挙がらみでこういうことを言い出すのは止めて欲しい
しかも、日本て、みんな一緒に、みんな同じくということが多い民族だから
消費税をかけるというとすべての物に同じ税率をかけちゃうし。
どこどこの国は消費税は何%です、日本は少ないんです、って言うけれど、
そういう国は生活に必要不可欠なものは非課税か、低税率らしいし。
でも、そういうことは言わない。
ナゼか年収いくら以上とかいくら以下、とか。
年収次第で支払った消費税を還付するということも言われてるけれど、
どうやってその家庭が消費税をいくら払ったかがわかるんだ・・・
どこに投票すべきか、報道を見ているけれど、どこも何だか・・・
せっかく与えられている選挙権。
行使したいと強く思うけれど、今回は何だか投票に行きたくないな~・・・
行きますけど。
大きくバツを書いてきたい気分。

夏の会津

来月は一年で最も忙しいひと月を迎えます。
そう、御施餓鬼月間。
今はまだお掃除も始まらないし、嵐の前の静けさ状態なので、
鬼の居ぬ間に・・・ではないけれど、夫がドライブに連れて行ってくれました

向かった先は会津。
ただでさえ、盆地で暑い会津。最高気温も湿度も浜通りとは比べ物になりませんが、
会津は美味しいお蕎麦がとれることでも有名。
そして、夫も私も大好きなお店もあるのです。
なので、この時期にあえて、会津です。

桐屋夢見亭
夢のかおり② 夢のかおり①
会津で開発されたそばを使った『会津のかおり(サラダ、漬物付)』とその説明
夢のかおり③ 
お蕎麦の上にはお蕎麦の葉っぱと花が
古民家を移築してお蕎麦屋さんになっています。
以前は板の間と畳で座卓のみのお店だったけど、
久しぶりに行ってみたら、板の間の所は椅子とテーブル席になっていました。
確かに板の間に座るのは痛いし、お年寄りの方はタイヘンだったかも。
チョット違和感を覚えつつ、私たちは畳の席へ。
いつもは権現そばという、もりそばセットを頼むのですが、
今回は会津で開発され、ようやく収穫できるようになったというそばを使ったお蕎麦が出ていたので
私はそちらを注文しました。
しっかりとした噛み応えと、ほんのりとした甘み。
いつものお蕎麦も美味しいですが、こちらはこちらでまた美味しかったです。
サイドメニュゥとしてお餅やアイスなどもあり、
そちらも美味しいと評判なのですが、
結構盛りがいいので、これだけでいつもオナカがいっぱい

帰り道にはGWにも訪れた、七日町通りへ。
駅に併設されている“駅Cafe”で取り扱っている馬油がとても良かったので
買い足しに行ったのと、気になるお店があったので。

会津のうつわ 工房鈴蘭
実は、私たちが七日町通りを訪れた際、
このお店はオープンしたてだったらしく、花がたくさん飾られていました。
中を覗くと、若い女性が接客していて、
会津漆器とは思えないくらい現代的でおしゃれな器がたくさんあったのですが、
何となく入らずに前を通ってきてしまいました。
その数日後、何気なく見ていたテレビでこのお店が紹介されていて、
その器類のかわいらしさに寄って来れば良かったね、と夫と悔しがったのでした
今回はそのリベンジ。
じっくり見せていただいた店内は、子供用のカトラリーや器、カップや小皿など、
使いやすそうで気になるものばかり・・・
その中でも、私が以前から探していた気のスプーンが気になりました。
金属のスプーンだと、歯にぶつけてイヤな思いをすることが多い私。
以前から気のスプーンを探していたのだけれど、
やっぱりそういうものは外国製のものが多くて、ナカナカ気に入ったものに出会えずにいたのでした。
今回はまさに一目惚れ
漆器のスプーン
キャラメル色の漆は珍しいそうです
全部漆塗り、とか、柄だけが漆塗り、とかいろいろあったのですが、
柄だけが木の方が可愛い、という夫の意見。
私もそうだな、と思っていたので、迷わずにこのデザインに。
そして、夫が買ってくれました。
正確にはリゾットスプーンなのだそうですが、これからはいろいろと活躍してもらいます!
帰りには夕立にあってしまって、他のお店を覗くことはできなかったのですが、
楽しいドライブをありがとう。

ありがとう

今夜、W杯の日本選手達が帰国しましたね
全然サッカーに詳しくない私でも、
毎日、毎晩、テレビを点けるとW杯のことばかりだし、夫はもともとスポーツ観戦好きだし、
私も必然的にサッカー情報に触れていました。
試合は時間帯が合わなくて、全部を観戦することはなかなか出来なかったのですが、
それでも、十分楽しませていただきました。

今回のチームはホントに部活みたいで、スマートなチームじゃなかったかもしれないけれど、
それでも、肩を組んで国家を歌って、大きい声を出し合って
何だか男の子っていう感じで、懐かしくてウラヤマシイ感じがしました。
女子ってあんなカンジじゃないもんね。
どこか、何となく冷めてるし。
ああいう雰囲気は男子じゃないと出せないと思う。

PK戦のあと、中沢選手が駒野選手をずっと抱いていた所は
私まで涙が出そうになってしまい、
出勤の支度中で化粧が終わってしまっていた私は
泣くととんでもないことになってしまうので、堪えるのに必死でした。
ただでさえ目が腫れやすくて、みっともないので
日本で応援していたサポーターが大型スクリーンに向かって
泣きながら駒野選手に対して拍手をしていたのも印象的。
(渋谷の町のバカ騒ぎには同調できないけど・・・

熱い気持ちをありがとう。
優しさをありがとう。
元気をありがとう。
希望をありがとう。
これからも進め!JAPAN!

| ホーム |


 BLOG TOP