プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六時礼讃会

今年も恒例の青年会主催『六時礼讃会(ろくじらいさんえ)』の季節となりました。
昨年までは1月とか、もっと寒くなってからの行事だったのですが、
今年は少し早く催されることとなり・・・
家族としてはチョット安心ですが、何せ会場となるお寺はそれはそれは古いお寺で、
屋根があるからマシ、というくらい寒いそうで、夫曰く、

『室温が外気温くらい寒い、室内なのに風も吹いている』

そうで・・・
明日の朝は4時から法要があるそうだし、夜は交代で仮眠。
せっかくよくなった風邪をぶり返すことなく、終わりますように。

・・・なんて言いながら、チョット気まずい私たちなのですが・・・

生まれ育った環境を思えば、私も思い当たる節があるのですが、
夫ははっきり言うと『聞きベタ』
話し手から話を聞き出すのがあんまり得意ではないように思えます。
まあ、ヨメの話なんて、そんなに真剣に聞くものでもないのだとも思いますが、
それでも、言葉として溜まっているいろいろを外に発している以上、
それは聞いて欲しいから話しているわけで。
それはそれ、聞き流してもいいので、
頷くとか、合いの手を入れるとか「うんうん、それで?」などと、
次を促してもらえないと、話が空中で崩壊して浮かんだままに・・・
そうすると、何だか話す気が失せて、モヤモヤが残ったまま。
そしてイライラが待っている・・・

そして、夫の悪いクセは、そのあと、何事もなかったかのように振舞うこと。
そして、気まずさの原因となった話題にはこれっぽっちも触れない。
こっちとしては続きも聞いて欲しかったりするんだけどな~。

私の気分の落ち込みも手伝っての、このすれ違い。
明日も夫は忙しいらしく、顔を合わせられるかどうか。
でも、何事も無かったかのようには振舞えなそう。
スポンサーサイト

これから先は

2日続けてお葬式のお膳弁当を食べたら
胸焼けが収まらず、胃が重いワタクシです・・・

ブログを更新できていないうちに、世の中は恐ろしいことが起きていますね。
イキナリ対岸から大砲の弾がたくさん打ち込まれたらどうしよう・・・
そう、韓国に対しての北朝鮮の砲撃です。
そのときの韓国側の島の放送もまた
「これは訓練ではありません、現実です」
それだけ、休戦中でまだ戦争が終わってはいないとはいえ、
現実にそんなことが起きるとは思っていなかったということでしょう。
普通に歩いていたり、食事をしていたりしているところへ
急に攻撃されたとしたら・・・
世界大戦中のように各地が戦禍なのなら、まだ覚悟も出来ているでしょうけれど。
不穏な国が近くにあるとしても、周囲の国も平和だし、
まさか、そんな映画のようなことが自分の身に起こるとは思わないですよね。
ただ、防空壕へ避難した人がいると聞いて、
まだそういうものがあるんだな、ということにもビックリ。
私が小さい頃も防空壕の後といわれるものが山の中にあったけれど、
カナリ崩落していて、入れないように板が打ち付けてあったし。
お話しや映像でした見たことがなかったし。

この先、どうなっていくのだろう。
政府はあんまり期待できないみたいだし。
考えると暗い気持ちになりそう。

余裕がない

最近、急に日が短くなったせいか、
一日も短くなったような気がして、何だか全然余裕がありません。
気持ちにも余裕がないのか、視野まで狭くなっているような・・・
借りてきた本も読まないとだし、バレエの練習もしなくちゃだし、
家の中は片付かなくてすごいことになってるし。
食事の支度はするようにしているけれど、
最近は無難なメニュゥ、つまり、あんまり献立を考えていないものが多いし。
それでも文句も言わずに(時々食べ過ぎちゃって困るくらい)食べてくれる夫に感謝しつつ。

少し深呼吸をして気持ちを落ち着かせて、とは思っているのだけれど。

夫が先週買ってきてくれたオミヤゲ
シュガーサンドの木
シュガーバターサンドの木
ライ麦粉が入ったパンのラスクでシュガーバタークリームをサンドしてあるお菓子。
ラスク部分が甘くないし、歯ごたえもあるし、素朴な風味で軽くて美味しいです。
ただ、歯が悪い人には厳しいお菓子かも

昨日も 今日も 明日も

冷たい雨が降る月曜日。
週末はあんなに暖かだったのに、
この落差はかなり堪えます…
回りに風邪を引く人が増え始めてきたので、私も気を付けないと。

我が家にもなかなか風邪が抜けきらないご仁がおりますが、
当の本人は連日多忙できちんと養生出来ていません。
しかも、昨日は法類のお寺のご法事に出席、
今日は今日で相馬に行ったり、その足で会津に泊まりがけで出掛けたり…
夜は夜で懇親会。
風邪、治らないよなぁ。
皆さんにうつして帰ってくるのじゃないかと思って心配なのですが、ま、仕方ない。
この寒さで会津は雪かなぁなんて思いつつ、
無事に帰ってくることだけ、祈っております。

一人の夜、つれづれ

今週も忙しい夫君。
本日より増上寺へ中央法式(ほっしき)講習会へと出かけております。
この講習会は実技試験もかねていて、
その項目には毎年年末に増上寺で行われる演奏会で
私のココロを癒してくれる『聲明(しょうみょう)』もあるそうな。
それなのに、我が夫君は先週の布教氏講習会ですっかり風邪を引き込み、
元来の鼻炎持ちゆえに鼻風邪と咳がヒドイ有様・・・
一応、病院に行ってきたので
薬が利き始めているのは効き始めているのですが、
それでも歌を歌ったりするのには困難なカンジ。
今朝、電車で出かける彼を駅まで送ってきたのですが、
「試験はダメだから」
と言い残して車から降りていきました。
まあ、健康体であったとしても、カナリの難題。
とりあえずは風邪が悪化しないことだけを祈るばかりですが、
今回ご一緒してくださる方はあんまり無茶なお酒の飲み方はされない方だと思うので
その点はまだ心配しなくてもいいかなあ。

続きを読む »

タフガイ(笑)

本日より夫君は仙台へ布教師講習会へと行っております。
明日、講習会が終わったら東京の増上寺へ雅楽のお稽古へ直行するとのこと。
今夜は懇親会、明日は午前様、ほんと、スタミナがあるなあ
それに、メンバーがまた・・・
若手が何人かと、なぜかそこへうちのお寺のおとうさんが一人混じっているのです。
青年会のメンバーだけじゃなくて、ベテランも何人か行くことになっているらしいのですが、
今回は都合がつかない人が多く、おとうさん一人が行くことに・・・
みんな、気を遣うだろうなあ、ゴメンなさいって感じです。

この時期はお盆やお彼岸が終わって、
お寺の繁忙期がひと段落したということもあり、
講習会、試験、集まり、行事などが目白押し。
毎週毎週、何かしら泊まりの予定があり、不在になることも多く。
たいていは家にいる夫君ですが、
このときばかりは出張がちなサラリーマンのようです。
ただ、この時期は気候が不安定。
ニットを持って行くか、それともカットソー&シャツでいけるか、荷物に苦心する所。
昨日の夫も悩みながら荷物作りをしていました。
結構、おめかし服も持っているのに、結局は綿モノを持って行ってしまう夫。
タバコの臭いが沁みるし、しわになるのもわかるけど、
たまには気の利いた恰好をして欲しいな~などと思うヨメなのでした

夫がいないときには時間がかかる予定を入れる私。
今回は先月、イトコの結婚式のときにキレイにしてもらったネイルのお直し
スカルプリペア
前回は、お呼ばれということで全ての指にストーンを入れてもらったのですが、
ゴージャス過ぎて普段の服と合わない・・・
なので、両手の薬指にだけ入れてもらって他の指はピンクのラメだけにしてもらいました。
これでしばらくはキレイでいられそうです。

寒くなってきました

夏が暑すぎた年は冬の寒さも厳しいとか・・・
天気予報で例年並みの気温、と毎年言われるけれど、
例年並みってこんなに寒かったかな~と思いつつ、過ごすこの頃。
ホントに急にがくんと気温が落ちたので、
変温動物並みの適応能力しかない私には結構コタエル、この気温の低下具合。
冷えないように対策を講じないといけません

前回の記事も少し寂しい話題だったのですが、今日も少し寂しいお話。
先日のレッスンの時のこと。
成人クラスのレッスンが始まる前にスタジオ前の廊下で教室の友人と話していたときのこと。
“そういえば、最近、あの人見ないね”という話題になり・・・
あの人も辞めちゃった、この人も辞めちゃった、という話を聞くにつれて
何だかがっかりしたり、やっぱりそうか、と思ったり。
大人については辞めちゃうかもな、という人ばかりだったので、
それほど驚きもせずに聞いていたのですが、
強化クラスにまで入って熱心に通っていた中学生のコが辞めたと聞いたときは驚愕。
ちょうど、受験生だったので、そのせいかと思ったら
なんと、あるアイドルにはまってしまったとかで、バレエは隅に追いやられてしまったらしい。
脚がすらりと長くてバレエも上手で、踊っている時の笑顔が何とも言えずに素敵だったのに。
大人はもったいない、と思ったけど、
本人はバレエよりも大切なものが出来ちゃったんだろうな。
こればかりは本人の決断だし、
きっと説得もされたんだろうから、他人がどうこう言えませんが・・・
でも、もう少し大きくなったら後悔するようなことになるのかなあ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。