プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日ですね

今年も今日で終わり。
今年一年はいつもの年よりも倍速で過ぎたような気がします・・・
12月に入ってからもいろいろとあったし
後厄の年だったからなのでしょうか、
あんまり機嫌良く毎日を過ごしたことも少なくて、
いつも何かにいらいらしていたような・・・
来年からはそういう黒い雲を追い払って明るく前向きな一年を過ごしていきたいと思います!

今年は大掃除も段取り良く済んだので、少しのんびり大晦日。
昨日の寒さのなか、窓拭きやらトイレ掃除やら頑張った会があるってモノです
でも、そのわりには午後からは、明日親戚に出すお茶菓子を作ってみたり、
豚バラ肉と大根の煮物を作ってみたり、年越そばを作ってみたりと忙しかったのですが

そんな大晦日。
今年最後のランチは、ずっと挑戦してみたかったワッフル!
リエージェワッフル
イーストを使ったふんわりもっちりタイプのワッフル。
ワッフルベイカーを持っている私。
このワッフルが作りたくて買ったのに、ナカナカ機会がなくて今に至っていたのでした。
ようやく挑戦できたわりには、買い置きしていたワッフルシュガーがなくて
独特の歯ざわりは味わえなかったのだけど
ワッフルベイカーに記事を入れた途端にふっくらと膨れる様子はとても楽しく。
焼き立てにハチミツやメープルシロップをたっぷりかけていただきました。

来年ものんびり更新して行きますので、どうぞ、ヨロシクお願いいたします
スポンサーサイト

あんまりじゃない?

このことについて書くのは止めようとも思ったのだけど・・・
やっぱりチョット許せない。

先日、フィギュアスケートの全日本大会がありましたね。
フィギュア好きの私たち夫婦としてはまさにかじりつきで応援していたわけですが。
あの実況の方、あんまりにも失礼なことを連発するので
だんだん腹が立ってきて・・・
村主選手についてなんて、リンクが生活の場だとか、○○選手が生まれる前から滑っているとか。
そんなこと、競技に何の関係があるのでしょうか?
強烈な言葉を並べて、番組を盛り上げようとしているのか、何なのか、良くわからないけど、
血を吐くような練習をしてあの場にいる選手に対してとても失礼です。
スポンサーがなかなかつかなくて、練習時間を削って企業回りをされている選手、
手術やつらいリハビリを乗り越えて復帰してきた選手、などなど、
その苦しさやつらさを知っていたら、
あんな、まるで、格闘技の実況のようなことは言えないはず。
もっと淡々と、それこそただの紹介だけでも十分なはずです。

だいたい、出演している人もやたらと多くて、
そのこと自体、大会の放送に意味が無かったと思うし。
最近のスポーツの中継、何だかおかしいと思う。
アイドルを出演させてパフォーマンスをさせたり。
(↑ファンの嬌声がうるさくて、応援どころじゃないそうな。
  写真撮るな、とか、見るなとかも言われるらしい・・・
もう少し見るに耐えうる大会中継をして欲しいと思うのです

いろいろ納め

今年も残りわずか・・・
仕事もお稽古事もいろいろ納めの日でした。
まずは仕事の方から。
本来なら28日が仕事納めですが、私の仕事納めは今日。
一年の〆の日に受付の午前当番(始業開始~お昼まで)がご当選
もしかしてヒマかも、の予想は見事にはずれ、
駆け込みのお客様やらなにやらで忙しく、あっという間に午前中が終わり。
午後は溜まっていた事務仕事にかかるものの、
あっという間に時間切れ。
何だかちっとも達成感の感じられない仕事納めの日でした

お稽古事の方も、教室は28日までレッスンがありますが、
私が受講しているクラスは今日が今年最後のレッスン。
それなのに、先生の体調が絶不調。
今日はもういいから休んでください、と言いたくなるくらい、傍目にもつらそうな先生。
それでも休講にせずにしてくれてありがとうゴザイマス。
そんな状態に先生に応えようと頑張ったのですが、
それとこれとはベツモノなので、
相変わらず名指しで注意されまくって終わりました
母譲りで回転系が弱い私。
ナカナカ上手に回る動きが出来ずに苦しんでおります。
来年はもう少し回転系に強くなろう・・・

明日からは家の掃除やら片づけやら、やることをしっかりとやらねば

今年のクリスマス

お寺ですが、クリスマスはします(一応)
といっても、派手な飾り付けをしたり、
今はやりのイルミネーションをしたりするわけにはいかないので、ケーキを食べるくらいですが・・・

甘党な我が家。
二人しかいないくせに、用意するケーキは5号サイズのデコレーションケーキ。
そして、そのケーキを食べるためにおしゃれなディナーなどはできないので、
夕食は簡単なものになってしまうので、チョットつまらないといえば、つまらないかも
ちなみに、今年の夕食はポトフにしました。

今年のケーキ
クリスマスケーキ10

私も一応は女子なので、
もう少しオサレなクリスマスを期待していたりもするんですが、
今年ものんびりおうちクリスマス。
それでも、夫君的には一緒に歩いてお買い物に行ってくれたりしてくれたので、
結構頑張っていたと思いますが
私もイブの夜にはバレエのレッスンに行ってしまったので、お互い様ですけれど。
ま、イワキにいる限り、そんなに行く所もナイんですけどね

もともとは家族揃って、キリスト様の誕生を祝う日。
キリスト教の信者さん達は教会に行ったり、みんなで集まって食事をしたりするための日。
決して恋人たちのために日ではないので、
家族揃って一緒に過ごすことができれば、それ以上のことはないのですが。

毎年恒例

年末になると毎年お出かけする場所。
仙台 光のページェント
ページェント10
今年は前日の天気の悪さが響いて、一日中雨がぽつぽつと降る肌寒い日でした。
それでも、仙台はアーケードが長いのでそぞろ歩くぶんには助かりますが・・・
今年のページェントは、開催して間もなく、漏電によるぼや騒ぎがあったりして
12月の中ごろには点検や調整のため中断。
22日に再開したばかりです。
23日はパレードもあるとかで、モノスゴイ人出
道路も通行止めになっていたりして、意気込みを感じましたが、
私としては消灯時間も長くて、待ち時間も長くて、
例年みたいに普通に点灯していて欲しかったな~。
立ち入り規制区間もあったりして、いつもしてくる募金も出来なかったし
チョット残念。

お話変わって、この日のお昼にはずっと行きたかったお店へ。

甘味処 彦いち
スケートの荒川静香氏も良く訪れたというこのお店。
アーケードのメイン通りから少し入った所にあります。
混雑必至のお店なので、早メシを
彦いち①
五目おこわセット
彦いち②
選べるデザートはあんみつで
食事メニュゥも充実。
夫は力うどんセット。
セットメニュゥにはあんみつ、パフェ、お餅など迷ってしまうほどのデザートメニュゥの中から一品を選べます。
あったかくて大満足。

仙台もシャッターを下ろした貸店舗が多い箇所もあって、
行く度にチョッピリ不安になってしまったりもするのですが。
それでも、ページェントを見に集まっている人たちの顔を見るとまだまだ大丈夫、と思えたりします。

食事会

いろいろあった『シチリアーノ』食事会が土曜日に開催されました。

土曜日はお葬式があって、
本堂で七日、百ヶ日の法要があったり
ほかのお寺さんのお坊さんにもお手伝いをお願いしたので、
お昼をうちで食べていってもらう都合があったりで
何かと忙しい日でした。
15時30分からは別な踊りの方で打ち合わせがあったりもしたので、
言わば休みナシ

それでも大慌てで準備、
打ち合わせに行ってそのあと食事会の会場へ直行。
何とか時間に間に合いました。
一応、私が幹事なので遅刻はできないので…
時間までみんなでお喋りしながら過ごし、
開始時間を20分ほど過ぎた頃…

なんと、例のEさんが現れたのでした。

幹事でありながらの無責任さ、また、出欠の意思も示さなかったので
予約の人数にも入れていなかったのに…
何の連絡もなかったうえに遅刻。
それでも、何の言葉もなく、迷いもなく、一番奥の席へ。
その席は仕事で遅れるからと言っていた班長さんのために空けておいたものだったのに…
私たちのお姉さん的役の方と顔を見合わせ、私たちはハニワ顔。
お店の人に一人増えてしまったのでお料理なんとかなりますか?と聞いてみたけど、
それは出来ない、と言われちゃうし。

ていうか、当たり前だ。

結果、大皿料理はみんなで取り分ければ良かったけど、
数が決まっているメイン料理とかデザートは数が足りなくなっちゃうし。
それなのに、何の疑問もなく自分のところに引き寄せて食べている彼女を見ると
呆れるやら、腹が立つやら…
いったい、こういうことが平気で出来るってどういう人なんだろう。
心が狭いと思いながらも、
一度も彼女の顔も見なかったし、目も合わせなかった。
最後の最後に
「全部やってもらっちゃって…」
なんて笑顔で言われたけど、
「あぁ、うん」
としか言えなかった。

班長さんは
「私の人選ミズで…ごめんね。」
って言ってくれたけど、班長さんが謝ることじゃないし。

明日のレッスン、普通にできるかなあ。
自信無いなぁ。

困った人

来年の話ですが、4/17(日)に私が通うバレエ教室の発表会があります。
その発表会に私も2つの作品に参加させてもらうのですが、
1つは子供たちも含めて大勢で踊る大きな作品、
もう1つは成人クラスのみで踊る小作品。

一つの曲をみんなで踊るというのは揃えることがナカナカ難しくて
みんなで苦戦しているのですが、
みんなをまとめてくださる班長さんがいて、その方が、
「気持ちをまとめるために、ゴハンでも食べに行こうか」
と提案。
忘年会シーズンでもあるしね、と食事会の開催が決定したのです。
そして、その幹事に任命されたのがEさんという方と私。
1人でやるよりも2人でやったほうが心強いし、
もし、どちらかが休んでも何とかなるでしょ、ということだったのですが・・・

このEさん、チョット変わった方で・・・

お互いに連絡を取り合って決めよう、と連絡先を聞いたところ、
何だか、うまくはぐらかされてしまいました
この時点で私の中では「???」だったのですが、
その後、ナゼかレッスンに来る回数が減り・・・
レッスンでしか会えないというのに・・・私としては焦る気持ち・・・
そして、過ぎていく時間。
その間、班長さんと私の雰囲気は悪くなるし。
そりゃ、そうだ。
子供じゃないんだし、お任せしたんだし、皆さん年末は忙しい。
日にちを明けて、待っている人もいるだろうし。
私もどうすればいいんだ、と悩んで落ち込んだりして。

そして、事件(というほどでもないけど)は起こりました。

続きを読む »

自由、なのか?

東京都の条例で、過激な性表現の漫画の販売が規制されることになりそうだとか。
それに反対する漫画家の集団もいて、
「この条例が通ったら、キテレツな主人公がフツーの人になっちゃう」
と、ある漫画家がコメントしていたりして。
う~ん、この条例ってそういうことなの?
この集団は“言論の自由が侵される”って言うのだけど、
子供のために上記のような表現を含む漫画の販売を規制するって、
いわゆる“言論統制”に当たるのだろうか・・・

最近、あんまり漫画も読まなくなったけれど、
以前、よく立ち読みとかしていた頃(本屋さん、ゴメンナサイ)、
お目当て以外の連載をちらちらと見ると、
少女マンガなのに、ずいぶん進んだ恋愛表現があって驚いたことがあったっけ・・・
これを小学生とか中学生が読むのかなあと思うと複雑な思いがしたものでした。
また、地元の本屋さんで雑誌を物色していた時のこと。
入り口のいわゆるレディースコミックの売り場に、
小学校低学年くらいの女の子がいて、そこに積んである漫画を読んでいて、
店員さんに
「大人の人が読む漫画だから、ゴメンネ」
と言われていたこともあったっけ・・・
それだって、規制がないから、興味を持った子供が手に取れる状況にあるということ。
外国でも、日本のゲームや漫画は
暴力シーンや性表現が激しくて、教育団体問題視されたことだってあるし。
私には今のところ、子供はいないけれど、
子供がいたら見せたくないものってたくさんある。

表現の自由っていうのは、
何でもかんでも言いたいことを言ってもイイってことじゃないと思ったりする。
受け取る側にはいろいろな人がいて、
それを受け取るには難がある人だって、いろいろなことにおいて成長過程にある人だっている。
そういう人を思いやって、表現を発することなんじゃないかと思う。
もちろん、言いたいことを表現する自由がなかったら健全じゃないけれど、
自由って言うことを履き違えちゃいけないし、
ある程度、枠を設けることは必要なんじゃないかなあ。

忘年会シーズン

師走もそろそろ半ば・・・
ということは、今年も残りはあと半月。
全く、一年というものは早いものです。
有意義に過ごさないとな~と思いつつも。

今日の夫君は、忘年会第二弾です。
先週、同宗派の老若合わせてお坊さん方の忘年会があって、
今週は他宗派の若いお坊さん方との忘年会。
それなのに、会場は一緒
しかも、先月も飲み会がそのお店であったばかり。
いくら、結構美味しいお店とは言え、続けざまは飽きるよな・・・と言いながらの参加です。

今週はお寺のおとうさんが胸のあたりが痛いような、気持ち悪いような、と
何だかわからないと言いつつも、どうも具合が良くないらしくて
いつもはゼッタイに譲らないご法事のお仕事も夫に任せるという異常事態。
でも、月曜日に総合病院で診てもらったところ、
特に異常はナシ、とのこと。
イヤ、でも胸が痛い、声が出にくい、と訴えたところ、
処方されたのは、なんと、湿布薬とうがい薬(苦笑)
・・・きっと、そんなところだったんだと思います。
ま、以前もこういうことがあって、
そのときは救急車騒ぎを起こしてしまったので、ま、それよりはイイか

私はというと、以前から通っている婦人科に行って
漢方薬を処方してもらったり、インフルエンザの予防接種を打ったり
婦人科の先生が自ら注射してくれたのでチョットびっくりしましたが。
今年はもうすでにインフルエンザが流行の兆し、とか。
とりあえず、これで、少しは安心かなあ。

演奏会

去る12月3日。今年も増上寺にて聲明(しょうみょう)と雅楽の演奏会、
『縁山流聲明と雅楽の夕べ』が催されました。
今年の演奏会は荒れ模様の一日。
朝7時イワキ発の高速バスにて東京に向かったのですが、
モノスゴイ雨と風。
バス亭に着くまでに傘はお猪口になるわ、ビショヌレになるわ、
バスに乗る段になったら差額料金の支払い方法で運転手さんと揉めるわ、散々。
(差額料金を乗車時に支払うか、降車時に支払うかってことだったんですが。
 いつもは降車時なのに、今回は先に払えと言われた。)

首都高速に入ったら、今度は事故やら強風による速度制限やらで大幅に遅れが・・・
演奏会が始まる前に遊ぶ約束をしていたmegちゃんにはご迷惑をおかけしました。

ようやく着いた東京は、12月とは思えない暑さ
有楽町西武の最終セールに行ったり、リニュゥアルした銀座三越を冷やかしている間に
すっかり汗だくに・・・
寒いよりは良かったけれど、驚きました。

ようやく待ちに待った夕方になり、増上寺へと向かいます。
東京タワーの下に黒々と大殿がそびえます。
1203の増上寺
これは20時の東京タワー “ダイヤモンドイルミネーション”
この中で雅な夜が繰り広げられているなんて知らない人、多いんだろうなあ。
大殿の中だけ、平安時代の絵巻物のようです。

今年は夫君も少しながら笛吹きとして参加しているので、チョット心配しつつ・・・
会場を待ちます。
今年の雅楽の演目は管弦という、雅楽の演奏のみの演目がなくて舞楽のみ。
子供たちが踊る『迦陵頻(かりょうびん)』
軽やかで華やかな(そしてチョット長い)『春庭花(しゅんていか)』
コミカルな『還城楽(げんじょうらく)』

まずは聲明から。
聲明を聞かせてくださる方々は式師会といって、増上寺でもエリートさん達。
登場した時のオーラが違います。立ち居振る舞いも。
そして、また声がいい
高度なテクニックをさも簡単そうに伸びやかに聞かせてくださいます。
私がいい声だね、と感想を寄せた方は、去年も私がそう言っていたらしく。
毎年同じ感想を述べてしまいました。
それに、大殿で聞く、というのがまたいいんだよなあ。
この聲明の入退堂の楽を夫君も吹かせていただきました。
私が座っていた位置からは姿が見えなかったのですが・・・

続いて舞楽。
子供たちのお舞。
何となく、幼稚園の発表会のような、親が見て満足、のようなものを予想していたのですが・・・
かなりよく踊れていて驚きました。
霊鳥の姿を模した羽や尾を背負った4人が結界の中をぐるりと舞うのですが、
(迦陵頻伽・・・海堂尊氏の『ナイチンゲールの沈黙』に出てきますね)
音にも合っていたし、4人の動きも揃っていて、私も見習わなくては
次は春庭花。片肌脱ぎの装束をつけて、花もつけて。
この曲、なんと30分もあるそうな
なんだか長いと思っていました。
この曲の龍笛を吹いた方の音が素晴らしくて。
夫君もこれだけ吹けたらな~。
次は、実はこれを見るのをとても楽しみにしていたという
年始の日本の伝統芸能、のような特番を見ていたときに
夫がイチバン最初に龍笛を習ったという、宮内庁の先生が出演していらして、
そのときの演目の一つにこのお舞いがあったのですが、とてもわかりやすくて面白かったのです。
お城に戻る途中の人がその道すがら、大好物の蛇を見つけ、喜ぶさまを表しています。
蛇を見つけて瞬間にその周りを小走りで回ってみたり、
諸手を挙げて喜んでみたり。
激しい動きが多くて、踊っている方は大変でしょうけれど、
これを最後にもってくるということで眠気も吹き飛ぶというものでしょう。
ただ。踊っている方が装束の垂れを踏んで、よろめいた時は驚きましたが。
この曲の笛もまたいい音で、感動

そのあと、演奏を終えた夫が会場に顔を出してくれたり
イワキから行っている方の何人かとご挨拶が出来たり、
一緒に行ってくれたmegちゃんはα波が出まくりだったみたいですが
今年もステキな夜でした。
ありがとうございました。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。