プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベツモノ。

4月に行われる発表会に向けてそろそろ佳境に入ってきた、バレエ。
ここのところ、毎週のように土日に練習の予定が入っています。
それこそ、皆勤賞な私達、オトナ組です。
出演する作品は教室主催の先生の振り付けではなくて、
外部の先生のもの、しかもモダン系。
基礎もあやふやな私達にはモダンの感覚にはチョットついていけず、カナリ苦戦しております
しかも、全体練習の時期には言ってきたので、
必然的に子供たちとも一緒に練習しているのですが、
大人と比べて(当たり前ですが)高度なテクニックを見せ付けられており、
それに比べて、オトナの振り付けは幼児クラスとあんまり変わらないかな、という感じ。
いくらなんでも気を遣い過ぎでしょ、って言うか、余計に傷付くよ、とオトナ組。
仕方ナイのですけどね~。
主催の先生にも
「大人の方はいくら練習しても劇的には上手にはなりませんから、残念ながら・・・
 なので、曲の雰囲気を出して踊るようにしてくださいね」
って言われちゃうしね

さらに追い討ち。

昨日の土曜日も全体練習があったのですが、
その際に、子供達が上演する演目の練習を見る機会がありました。
曲は『パキータ』
男性のダンサーの方もお呼びしてパ・ド・ドゥも踊るのですが、
それを見ていたら何だか、やる気が無くなって凹んでしまいました
いつも一緒にレッスンを受講している子達ばかりなのに、すばらしい踊りだし、
主役を踊る子は短期とはいえ、留学までしている子なので、もう、プロ並み。
そんなのをこの目で見ちゃったら、
自分達がやっているのなんて、恐れ多くてバレエだなんて言えない・・・
はっきり言って、私達の出る踊りなんて、
体育の創作ダンスの域を出ていないような気がするし。
普通は頑張る姿を見ると、こちらもパワーをもらう、なんていうけれど、
あんまりにも違いがありすぎて、これで舞台に上がろうなんて、恥ずかしすぎる・・・
わかってはいることなのだけれど、
こうやって現実を目の当たりにしちゃうとな~。
モチベーションを上げるのに大変なエントロピーが必要です
スポンサーサイト

低温注意報

この言葉だけは言うまい、言うまいと思っているのですが・・・

寒い!

冬だから仕方ナイ、それもわかっています。
雪も降っていないくせにワガママ言うな、それも分かっています。
それでも、やっぱり、気温がサッパリ上がらず、
出勤時と帰宅時の気温が0℃は堪えます・・・
しかも、身を切るような冷たさの向かい風。
耳、鼻、口の感覚が全く無く、鼻水が出ても、ヨダレを垂らしていても全く分からず
強いて言えば、チルドルームの中を歩いている感覚。
徒歩通勤のつらさです。
体は歩いているうちに温まってきますが、
顔、手先、足先は冷え切ってしまって感覚なし。
ついつい、つまづいてしまったりもします。
しもやけにならない体質なのがせめてもの救い。
それでも、仕事が忙しくなってきたこの頃は歩いて帰る気力も失せ、
ついつい、帰りは夫君に迎えに来てもらったりしてしまって、ホントに良くない。
比較的温暖なイワキでは、ここまでの気温の日は年に1度か2度程度。
それなのに、ここのところずっと低温注意報が出ていて、
木曜日にはにわか雪が降って地面がうっすらと白くなってしまうし。
畑の野菜もあんまり育ちが良くないし。
今年の冬はいったい、どうしちゃったんでしょう。
雪が降る地域の方々も連日の雪下ろし、本当にお疲れ様です。
除雪の予算も底をついて来たというし、
何だかいろいろ不安です。
早くあったかくなって欲しい、と思ってしまいますが、
これからがますます寒くなる時期。
せめて体にだけは注意して乗り切ろうと思います

不快な笑い

昨日の夜、レッスンから帰ってきてテレビを見るともなく眺めていたときのこと。
英国の歴史あるテレビ局が、お笑い番組で日本のある男性をネタにしていたそうな。
その男性は、広島と長崎の両方で被爆され、昨年亡くなった方。
その方のことを

『世界一不幸な男』

として取り上げ、彼をネタにブラックジョークを飛ばしていたとか。
私も部分的に取り上げられたそのトークショーなるものを見ましたが、
全然おかしくないのに、客席からは常に笑い声がして、どうも、受けている様子。
そんなにオカシイの、コレ?と思ってしまいました。

その方のことは、新聞の特集でも読んだし、
テレビで特集として取り上げた時に、彼の肉声も聞きました。
2度も原爆に遭遇し、お怪我もされ、
さぞかし、おつらい体験であったことしょうけれど、
二度と自分のような経験をするものが現れてはならないという強い意思のもと、
被爆体験を語ってこられた強い方でした。
その方のお気持ちを考えたら、そんなおふざけでは取り上げられないと思うでしょう。
もともと、この放送局はジョークがきつくて有名ですが、
それでも、人の気持ちを傷つけることは許されないし、
ましてやそれをお笑いで取り上げるなんてことは思いやりが欠けているとしか思えません。
笑いというのは、誰も傷付けたりせず、
聞いた人が明るい気持ちや、幸せな気持ちになれるようなものだと思うから。
食べ物を無駄にしたり、
痛みを伴ったりするものは笑いとは違うものだと思います。
モチロン、痛みというのは実際的なものも精神的なものも両方。

だいたいが、もともとイギリスのお笑いってニガテなんだよなあ。
しばらく前に流行った、クマを持ったおじさんの映画もだめだったし。
日本人はジョークがわからない、って言われることが多いのだけれど、
こんなジョークならわからなくても構わない。
被爆協の方から講義する、という話でしたが、
政府の方からもしっかりと強い意思をもって気持ちを伝えて欲しい、何て思ってしまうのでした。

激忙

こんな言葉ナイけど

今週は『目が回る』という言葉がぴったりなくらい忙しいです。
月曜日はいつも受講しているバレエのレッスン、
火曜日は金曜日に受けられなかったレッスンの振り替えレッスン、その後に発表会の練習。
水曜日は中休みがあるけれど、
木曜日は職場の新年会、
金曜日もレッスン、
土曜日、日曜日と連続で発表会の全体練習。
レッスンのある日は月曜日まで続きます。
バレエ漬けというか、何というか・・・
疲れて風邪を引かないように気をつけないと・・・

大荒れの予報だったけれど

週末のお天気は大荒れの予報
それでも、私は東京へと行って来ました。
というのも、土曜日は夫が金曜日の雅楽のお稽古が終わったあと、
土曜日に催される雅楽の演奏会を聴きに東京へ留まっているため、
私も行って、久しぶりに東京でデートしちゃおっかな~と思ったから。
演奏会はエンリョさせていただいたので、
夫が演奏会に行っている間、私はショッピング。
ただ、それだけのために・・・
凍えるような土曜日の早朝、震えながら準備をしつつ、
私、何をしているんだろう、とも思ったりもしたのですが
まだ夜が明けぬうちに東京行きのバスに乗り込み、いざ、東京へ。

ナゼ、そんなに早朝に急いで出発したのかというと・・・
ある有名なパン屋さんのモーニングを食べるため。
そのお店は、婚約指輪を買いに行ったときに、夫と朝ゴハンを食べた思い出のお店なのです
思い出の味、再び。
慣れない地下鉄に乗って待ち合わせ場所にたどり着き、夫とも合流。
勇んで向かったそのお店。
それなのに。
あまりにもお客さんが多く訪れたために受付を終了した、との張り紙が。

あぁ、もう、がっかり

仕方がナイので、違うお店で朝ゴハンを食べ、お買い物へ。

続きを読む »

寒い!

ここのところ、今年イチバンの寒さを更新中です
イワキは誰が付けたか、“東北の湘南”
それくらい、東北にあるわりには温暖、という意味ですが・・・
湘南ほど暖かで過ごしやすいというわけではありませんが、
それでも雪は降らないし、晴れの日も多いし、そんなにベラボーに寒いことも少ない地域です。
乾燥と強風に耐えられれば、ですが。
そんなイワキも、毎日毎日ホントに寒いです。
今週の火曜から職場復帰している私ですが、
仕事に行く朝は冷えた空気が肌を刺し、鼻水が出っぱなし、
帰り道は冷たい風が吹きまくって痛いどころではありません
こんなに寒い日は年に数回あるかどうか、というのが普通なのに
今年はそれが毎日。
家もストーブにひっついていてもちっとも温まらず、
エアコンも併用してようやくほんわりと温かくなってくる始末。
光熱費を考えると頭が痛い・・・
確かに冬は寒いけど、こんなにからからに乾燥して寒い日が続くと
職場での体調管理が難しくなってきます。
早速、インフルエンザの罹患者も出たし、
家族に罹患者が出て自分も風邪を引いているという人も出てきたし・・・
受付に入れば真正面から咳を浴びたりすることもあるし・・・
自己防衛に徹しなければなりません。
まだまだ寒さもこれからだもんな~。
寒さ疲れしないように気をつけよう

多忙のお寺

お正月明けのお寺がいつもより忙しいのは珍しくもありませんが…
というのは、基本的に松ノ内の間はお葬式をしないので、
年末年始に亡くなった方のお葬式は松ノ内が明けてからになるから。

急に寒くなったり、逆に暖かになってきたり、
台風が過ぎたあとは亡くなる方が多いのですが、
今度の年末年始はいつもよりホントに多い。
年末に寒波が来たからなのかな。
時間帯的に、朝ごはんや、晩ごはんを食べている時にかかってくる電話
カナリの確率で葬儀屋さんからの電話の場合が多く、
親子電話の子機が置いてある我が家では、電話が鳴る度に、
「またお葬式かなあ」

まあ、多忙と言っても、てんてこまいになっているのはお寺のおとうさんなんですが
そんなに大変なら夫と手分けすれば、って思ったりもしますが、
あっちの家は住職さんだったのに、うちは若い方だった、なんて言われたりしてもイヤだし、
本堂の支度をしている夫を眺めつつ、仕方ないのかな、なんても思っています。
それにしても、おとうさん。
枕経に行って帰ってきたらお葬式、その夕方にはお通夜…という週末を過ごしております
何ともなかったとはいえ、病院で精密検査を受けたばかり…
声が出づらい時もあるようで、心配だったりもします。
明日も忙しい。
落ち着いた冬の日が戻りますように…

お正月は下町で

今年のお正月は、実家の母を連れて柴又~スカイツリー~浅草へと行って来ました。
もともとは地元の旅行会社の日帰り旅行に申し込んでいたのですが、
企画が地味すぎたのか、参加人数が集まらず・・・
どうしても行きたい、と母が珍しく言うので、
冷え込みの厳しい5日の朝早くいわきを出発。

東京に着いてから、イチバンに向かったのは
柴又帝釈天
帝釈天
『寅さん』の映画でもおなじみ、柴又帝釈天。
日蓮宗のお寺です。
ちょうどこの日は今年最初の“庚申の日”の日に当たっていて、朝からスゴイ人出。
さらに、葛飾区ではしご乗りの実演があるとかで、母はそれが目当てだったらしい。
ただ、着いたのがあんまりにも早くて、一応一回りして時間をつぶしたりしていたのですが、
結構、こじんまりしているため、すぐに行く所がなくなり・・・
参道の飴屋さんの実演を見たり、名物の草団子を食べて過ごしているうちに
だんだんと人が増え始め、狭い参道が大混雑に。
さらに、はしご乗りの事を尋ねても、詳しく知っている人は誰もおらず・・・
母も、「もう、いい」と言い始めたため、
早めの昼食を取って移動することに。

大和家
大和家
並天丼
佐藤蛾次郎さんも時々顔を出すという、天ぷら。おでん、草団子を売るお店。
私たちが食べたのはエビ、白身魚、しし唐が乗って998円(お新香付)。
思っていたよりもたくさんかかっているタレは私達好みのしっかり甘め。
天ぷらはごま油の香りがして、さっくり。
美味しかったです。
寅さん
駅前に立つ寅さんの像
柴又をそっと振り返るように立っています。
オジサマ、オバサマがたくさん写真を撮っていました

次に向かうは最近の新名所

続きを読む »

疾走するお正月

お正月と言えば箱根駅伝。
小さい頃からテレビ観戦(と言うのかな?)するのが我が家の恒例の過ごし方。
我が家、と言ったけど、以前母方の祖母が存命で、母の姉妹家族が祖母の家に集まっていたときも
中継が流れていたから母の血筋の家では恒例なんだと思います
多くの方が2日と3日は同じような過ごし方をされているとは思いますが。

いつの間にか、大学生のお兄さん達は自分より10歳以上年下の男の子達に変わったけれど、
年始早々熱い戦いを見ると、
心が揺さぶられて熱い気持ちのお裾分けをいただきます。
山登りが得意な彼は同郷の人だし。
今年の5区は福島県人対決だっただけに応援にも力が入りました
今年は優勝をめぐって、または、シード権をめぐってのデッドヒートが繰り広げられ、
最後まで応援にも力が入ってしまいました。
テラビの前なのに・・・
繰り上げになってしまってたすきが繋がらなかった学校は今年もあって、
誰もいない中継所に入って来た選手の気持ちを思うと、ここでも、もらい泣きしてしまいます。
それでも、途中棄権も無く、全員完走できて良かったです。

校名が入った1本のたすきを繋ぐ、その事だけのために、この日のために、走る。
こういうのって男子だからこそ、できることのような気がして。
女子とはひたむきさ加減が違いますよね、何となくですが。
1年間苦しい努力を積み重ね、それでも故障をしてしまったり、
力及ばずメンバーから外れてしまったり・・・
裏話を見ても泣けちゃいます。
実際に走っている10人以外にもドラマがある、この駅伝をこよなく愛する私です。
男子のこういう純粋なところ、ホントうらやましい。

この素晴らしいお正月のドラマ。
年々再々、気になることも。
それは沿道で応援する人たちのマナーの悪さ
先導車がスピーカーで何度も大きな声で
『出ないで下さい』と言っているにも関わらす、車道に出てくる人。
今年は監督が乗っている車と接触した人もいるとか。
選手が今まさに目の前を走り抜けているにも関わらず、
定点カメラに向かって店の宣伝をするやら、何かをアピールするやら・・・
はっきり言って、カナリ見苦しい。
せっかく沿道で応援することが出来ているのだから、
必死の思いで死力を尽くしている選手を見て欲しいし、
選手がレースに集中できるように邪魔になったりするようなことはしないで欲しいと思います。

そして、ここでもう一つ気を付けなくちゃいけないこと。
人の振り見てナントヤラ・・・
私もそんな風に、知らぬうちに他の人を不快にさせないように気を付けよう。

明けました

良いお天気の元日を迎えることができ、今年も無事に明けました。
年明けの瞬間は強風が吹き荒れ、
本堂で行う新年法要も本堂のガラス窓ががたがたと音を立てており、
初日の出の頃は雲があってお日様も出ていなかったのですが、
次第に明るく日も差して。
穏やかな元日でした。
今年は義父方の親戚が亡くなっていてることから、一応喪中なので、
例年のような新年会はしなかったのですが、
何のかんのと親戚が集まってきて、軽く食事を出したので
結局、いつもと大して変わらず
それもお昼頃には皆さん帰ってしまわれたので、ゆっくりと元日を過ごしました。
しかも、そのあと、近所の神社をはしごして初詣。
歩いて行ける距離に2つの神社があるのですが、
いつもなら新年会が2時近くにならないとお開きにならないので、
はしごする元気が残っていないのだけれど、今年ははしごしてみました。
おみくじはあんまり良くなかったけど。

今日は実家に帰省します
箱根駅伝を見ながらのんびり過ごす予定です
戻るのは4日。
ごろ寝生活で太ってしまわないように気をつけようっと・・・

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。