プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言わせてください

バレエの発表会の練習。
今月は毎週土日、生徒ほぼ全員が出演する作品の練習に当てられています。
土日のどちらか、というならまだしも、
両日とも練習だと、家のことなんて何も出来ず・・・
お寺の仕事にいたっては、
“今月、ヨメはいないものと思ってください”
状態。
外の先生が振付けた作品なので、先生としてもプライドがかかっているのだろうし、
ムキになったり躍起になったりするのもわからなくもないのですが、
子供たちならまだしも、大人としては趣味の範疇を越えてるよなあと思いつつ、
重い重い体を引きずるようにして教室へ通っております。

そして、練習に行ったら行ったで気が重いことがたくさん。
成人クラスは午前中のクラスを受講している人も、午後のクラスを受講している人も
一緒の曲を踊るのですが、
はっきり言って、踊れる力の差が有り過ぎ。
午後のクラスだって、人のことが言えるほど踊れるわけではナイですが、
先生が言ったことを体現するだけのことは出来ていると思います。
でも、午前のクラスの人達と言ったら・・・
自分にうっとりして踊っている人、先生が言っていることを全く理解できない人、
練習すらしてこない人・・・
午後のクラスからしてみれば、信じられない人たちがいっぱい。
うっとり踊る人はカナリの年配の方ということもあってか、
人の話なんて聞きやしない。
自分の「間」で踊っているからかどうなのか、音楽にも合っておらず、
さらに他の人と合わせようともしないので踊れば踊るほど、踊りがずれていくという・・・
ヘンに言うとキレるし、始末に終えません。
そのくせ、出来ていない人に自己流のアドヴァイスをしちゃったりするので、
その人もヘンな風に覚えて踊るので、
みんなで踊った時に全然違うことをやっていて
全員が先生に怒られるという・・・
もういい加減して、と言いたくなってきてしまいます。

午後のクラスからしてみれば
他の人と“一糸乱れぬ”踊りをするのが当然だと思っていたので、
勝手な人が多い午前のクラスの人と踊る、今回の経験は一種のカルチャーショックです。
合わせようともせずにわが道が行けるその神経、信じられない。
モチロン、午前のクラスの方にもみんな一緒に、という方もいらして、
その方は頑張っていらっしゃいますが、でも。

最初のうちはいろいろと努力したけれど、
もう、最近は勝手にしたら、という感じ
これじゃあ、本当はいけないのだろうけれど、
行っても雰囲気が悪くなるだけで何も改善されないのなら、
見てみぬ振りをしたほうが楽だし、指導するのは先生だし。

言わずにいようと思っていたけれど、
言わないでいるとフラストレーションが蓄積してアタマが破裂しそうだ~
こんなんじゃ、発表会に出るなんて言っちゃって失敗した、と思ってしまいそう。
スポンサーサイト

朝ごはん

休日の朝ごはん。

金曜日は増上寺へと出掛ける夫。
帰り際にはいつもチョットしたお土産を買ってきてくれます。
今回のオミヤゲはスタバのシナモンロール。
夫も私もスタバのシナモンロール、大好きなのです
そんなの、ファーストフードだろうって?
イイんです、何と言われようとも。

スタバシナモン
形も味もラブ

お店でカスタムしてくれるみたいに
少しだけ温めて、頂モノのイチゴと一緒に朝ごはんでいただきました。

あわや・・・

私は職場へは徒歩で通っていますが、
歩行者の立場となって気付くのがイワキのドライバーのマナーの悪さ
イワキのドライバーのマナーが悪いのは結構有名な話で、
他所から引っ越してきて警察に免許情報の変更に行くと

「黄色信号で止まると追突されるかもしれないから気をつけてね」

と、警察からも注意される、と言われるのだそうな・・・
確かに、黄色信号で止まると、クラクションを鳴らされたり、発進してからあおられたりすることも・・・
赤信号でイヤイヤながら止まるかな、という感じ。
歩行者の存在なんてあってないようなもの。
怖い、怖い。

今朝、通勤している時もそのマナーの悪さを目の当たりにしました。
我が家の周辺は道路がやけに広い部分があったり、
見通しの悪い交差点もあったりするので
教習者の仮免許練習コースになっている部分があります。
今朝も教習者が路肩に止まって、指導員からいろいろと指導を受け、
ウインカーを出し、そろそろと発進したところ、
後ろからものすごい勢いで近付いてきたフィットが猛烈な勢いのまま、その横を追い抜いていきました。
しかも、反対車線にはみ出して・・・
いかにも、教習者、ジャマすんな!てカンジ。

また、その直後の出来事。
私の向かい側をおばあちゃんが歩いていたら
後ろから来た若いオネーチャンが運転するbbが巻き込み確認もせずに左側にある契約駐車場へ突進。
しかも、初心者マーク付き
おばあちゃんがすんでの所で立ち止まったから何事もなかったけれど、
巻き込んで引いてしまったり、
びっくりして転んだりしたらどうするんだろう

あんまりにもひどいので開いた口が塞がらず。
フィットに追い抜かれた教習者の方が
免許を取った途端にbbみたいなドライバーにならないことだけを祈るばかりだし、
車を運転するということはとっても怖いことなんだということも
もう少し思って欲しいとも思います。

ま、歩行者の方だってイマイチのマナーなんだけどね~

遅ればせながら

今年は数年ぶりに平日のヴァレンタインデー。
義理チョコの売り上げが上昇したとか・・・
まだあるんですね、義理チョコ。
私が社会人のときも義理チョコをあげるとかあげないとかでひと悶着あったなあ
私が入社した時に同じ部署だった女性社員の方は
そういうことに全く興味のない方でした。
私もそういうことは面倒くさいと思っていた方だったので、
暗黙の了解で“義理チョコ、またそのお返しはナシ”という状態だったのですが、
その方が異動になった後に入ってきた後輩は
そういうことには敏感なタイプで・・・
あげる、あげないで揉めて嫌気がさした事があったっけ・・・
毎年、チョコがたくさん入った紙袋を提げて歩く女性を見ると
そのときのことが頭をかすめたりします。
でも、楽しみにされている男性もいらっしゃるみたいなので、
社会の潤滑油としての機能もあるみたいだし、反対派ではありませんが

我が家は本命チョコのみ。
実家の父にはシンプルなガトー・ショコラが定番ですが、
今年は夫のリクエストにより、チョコレートシフォン。
チョコシフォン
ココアパウダーではなくて、溶かしたチョコレートを使ったシフォンケーキ。
なので、より濃厚な味わいになりました。
しかも、買い置きしてあった製菓用のチョコレートでは微妙に量が足りず、
私のつまみ食い用のチョコレートまでもを総動員。
足りない、と気付いた時には焦りました

夫が喜んでくれて、もうそれだけでいいのです。

いちごで満腹=3

ここ数年恒例となっている行事。

いちご狩り

今年も夫と行ってまいりました。
お天気としては大雪注意報が出ているような日だったのですが、
たまたま二人とも予定がナイ!
行くには今日しかない、ということで。
大雪注意報、低温注意報、といったってハウスの中は春の気候だし。

イチゴ③仲良く並んだイチゴたち
イチゴ②

今年は出足が早かったのか、毎年同じ頃に行くにも関わらず、
下がったイチゴの数が心なしか少ないようにも感じられ・・・
それでも、選り取り見取りなのですけれどね。
私は結構、目に付いたイチゴを片っ端から味見していきたいタイプ。
夫はじっくりと見定めて、コレだ、と思ったイチゴや畝を目指していくタイプ。
なので、意外と美味しいイチゴを探り当てて動かずに食べるタイプです。
私の方がいろいろな畝のイチゴを食べられる反面、
うろうろと動き回っているうちにオナカがいっぱいになるという
自滅タイプとでも言いましょうか。
なので、今年は夫に習ってじっくりタイプで行きました。
同じ畝に陣取って片っ端からイチゴを食べまくる夫婦・・・
チョット不思議な光景?

今年のイチゴは何となく色付きが薄いような気がして、
甘さもいつもみたいに強烈ではないかな?というカンジでしたが、
それでも大満足
美味しく満腹。
これ以上は水も飲めない、という状態までイチゴを食べまくってしまいました
美味しかった~。
イチゴって幸せな果物だなあ。

琴線に触れる

めったに見ることがないBS。
お金を払っている局は別ですが、それ以外はあんまり魅力的な番組が無く・・・
BSの番組って、もっと見たいものがあるかな、と思っていたのですが、
これだったら別に無理やり放送しなくてもイイんじゃないの?と思ってしまう。
もっとも、地デジ化されたのがつい最近の我が家なので、
まだまだ奥が深いものなのかもしれないのですけれど、BS。

その中でも、唯一、私が見逃すまい、としている番組が。
それはBS日テレで月曜と土曜の夜に放送している、
“小さな村 イタリア”という番組。
イタリアにある、観光本には決して載っていないような山あいや谷あいの小さな村を
一回の放送につき、一箇所放送します。
登場するのはその村に生まれ、その村を愛し、人生の終盤を過ごす住人の人たち。
たいていが貧しい小さい村なので、
若い頃は出稼ぎに言って家族のために仕送りをしたり、
肉体労働に明け暮れてつらい日々を過ごしたりするのですが、
今はみんな穏やかで静かに日々を送っています。
確かにお金はあんまりなさそうだけれど、
家族がいて、友達がいて、充実した時間を過ごすさまが映し出されます。
そして、またナレーションが良いのです。
語るのは俳優の三上博さん。
落ち着いたあたたかい声がこれまたピッタリ。
後ろで流れる音楽もイタリアのポップスが使われていて、
何となくもの悲しい所も押し付けがましくなくて良いです。
ささやかな幸せに、日々を満足して送る。
日本人がすっかり忘れてしまった心を今でも持ち続けている人々の暮らし。
見た後に何となく懐かしいような、ほっとするような気持ちになります。
これは、ホント、おすすめ。

ちなみに夫のおすすめは“酒場放浪記”(笑)

青天の霹靂

発表会まであと約2ヶ月・・・
最近は土日も毎週練習で家にいることが出来ず、
黙って留守番をしてくれる夫にはタイヘン迷惑をかけている私です
しかも、わざわざ予定を空けてくれた私の誕生日にも
照明あわせというスケジュールが入ってしまい、ヒンシュクまで買っております
その日程を報告した時には、消えて無くなりたい気持ちになりました。

そんな風に家族に多大な迷惑をかけながらも、
発表会の練習は続いているのですが、
最近、どうしたらいいのかわからない事態が発生
外から来た先生が振付けた作品を踊る成人の生徒さんのまとめ役的な人が突然離脱。
しかも、誰にも言わずに。
先生から知らされたときに、どういうことなのか、スグには理解できなかったほど。
すごくバレエが好きな方で、ケガが治って最近ポワントの練習を始めた、と言っていたのに。
先生も怒り心頭。
こんなことは信じられないことだし、許されないことです!!と激怒。
最初は抑えていた怒りも、話が続くにつれてだんだんとあらわに。
自分の思い、外の先生に対する申し訳なさ、
また、いろいろな意味での悔しさのあまり、泣いてしまわれるのでは、と心配になってしまいました。
確かに、この時期まで来たんだから、
責任を持って発表会までは出て、その後に辞めてほしかった・・・
結構、重要な役にもついていたので、変更部分も出てきたし。
新しく動きを覚えなくてはならない人もいるので、
ようやく動きが揃ってき始めていたのに、また振り出しです。
しかも、外の先生の振り付けは終了してしまっているので、
教室の先生がいろいろと考えなくてはならなくなり、
先生はそのことも気がかりのよう。
報告はしているのでしょうけれど、
この期に及んで辞める人が出て変更点が出てきました、何て言いづらいだろうな・・・

まあ、辞めてしまった人のことを言っていても仕方がナイことなので、
残った人たちで頑張るしかない。
わかってはいるのですが、個性的な人が多くて
まとめるのが一苦労。
どうなるんだろぅ~。
出るって言って、チョットまずったかな、何て、つい思ってしまいます。

節分

皆様は豆まき、されますか?
最近は“やたらと太い巻物に丸ごと無言でかじりつく”
という日になりつつあるような気がしますが・・・
太巻きは好きだけど、やっぱり、食べ方も大事だと思う私はそれはしませんが
まあ、感じ方は人それぞれ。
私は切って食べた方がおいしい派なので、あえて言っただけ。

うちのお寺はキチンと豆まきします。
18時過ぎに本堂から豆をご本尊様にお供えして
お経を読むおとうさんの声が聞こえたら私達も向かいます。
(おとうさん時計で始まるので、何時に始まるのかわからないのです
そして、家中の窓や戸を開けて豆をまきまくります。
猫は逃げ出し、犬はケージの中で震えていますが、お構いなし
いつも、こんなに真剣に豆まきをするおうちで嬉しくなります。
ケッコンして初めての節分の時にはあまりのスゴサにあ然としたものですが。

今年は暖かい、いかにも節分らしい日で良かった
先週まではすさまじい寒波のせいで、
一日中冷蔵庫よりも寒い気温だっただけに、肩の力が抜けたような気がします。
今週は防寒対策に、と某衣料品メーカーのヒー●●ッックを着て仕事に行ったら汗ばむほどです。
冷え性で寒がりの私は、あったかくなるのは助かるけど、
この激しい差で風邪を引いたりするんだよなあ。
ストレスフルな日々が始まったしね。

そんな時はおいしいものを食べて乗り切ろう。
春ゴハン
GPゴハン向こうに見えるは自家製大根を煮た煮物
ニガテな方も多いですが、私はダイスキです。グリーンピース。
ゴハンにすると、水玉模様みたいで見た目もかわいいし。
GP.jpg
サヤから出す作業もダイスキ。
この作業がしたいということもあって、剥き身は買わない。
もちろん、新鮮な香りを楽しみたいのがイチバンなのだけど。
青臭い、春の香り。

歯がゆきこと

今年も短期雇用のアルバイトさん達がたくさん入ってくる時節柄となりました。
一気に溢れる人の群れに慣れるまではチョット大変です。
早速、小言ばばぁの様になっている私。

人がたくさん来るということは、
その分、普段から働く私達もストレスが多くなります。
お手洗いとか、ロッカー室、お昼休み・・・
また、最近の方は年齢に関係なくご挨拶が出来ない方が多くて困ります。
私達に対しては別にそれでも構わないけれど、
例え、朝イチだろうがナンだろうが、
社員さんに対しても下を向いたままコソコソ~っとすれ違ったり、
帰りもお友達とのおしゃべりに夢中でそのまま帰ったり・・・
結構年配の方がそういうことをされるので、
人生のお手本としてどうなの?という感じ。

それから、これは毎年発生する問題なのですが、

交通費の詐取 

バスで来てます、電車で来てます、と言いながら自家用車で通勤。
そして、車は公共の期間の駐車場や、職場周辺のお店の駐車場に無断駐車。
そして、高額の交通費を支給されるのです。
まあ、高額といっても、自家用車通勤に比べて、という意味で微々たるモノですが
それでも、キチンと自家用車通勤と申告して、
契約駐車場を借りて、職場に来られている方に対してはとても失礼なことです。
さらに、タチガ悪いことには、
毎年この期間に働きに来ている人というのもおりまして、
その人が初めて働く人に対して
「え~、バスで来てるの?車で来ればいいじゃん。
 駐車場?そんなの●●にとめればいいんだよ、あそこは何も言わないから」
とヘンなアドヴァイスをしたりすること。
そうすると、いつの間にか、ナゼか集団で変な所から歩いてくる姿が見られるようになるので
あ、教えたな、とわかるわけです。
こういうのって、告げ口するわけにも行かないし、ホントに歯がゆいです
総務課の方でも時々釘を刺すみたいですが、
ここがオンナのイヤナトコロ。
しれっと「そんなことしてませ~ん」と受け流しちゃったりするわけです。
そういうことがあまりにもひどかった去年、使用しているバスカーのコピーを提出、というと
一人の人のバスカードを借りてみんなでコピーして提出する始末・・・
悪知恵は豊富らしいです。
なので、私達古株は歯がゆいね、と言いつつ、
駐車場を無断で使用されている、どこかからかの苦情の電話が来ないかな、と祈る他無く。

求人を出しても人が集まらなくて、
人繰りに困るのはわかるのだけれど、
それでも、詐取をしたり、申請と違うことをしている人に対しては
毅然とした態度も取ってほしいよね、と言い合う私達。
しれっと生きている人には天罰って、下らないのよね・・・
ある作家さんの言葉。
「神も仏もありませぬ」

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。