プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

複雑な気持ちです

ここのところ良く聞く話で、やっぱり本当だったんだと思った話。

今朝、上司のグチを聞きました。
求人を出しているのだけれど、応募が少なくて困る、と。
周りで手頃な人がいたら誘ってみてくれないか、と。
というのも、原発の事故で仕事を無くした人たちの失業保険の給付期間が延びたのだとか。
なので、該当する方々はこぞって
失業保険をもらえるうちはもらって、働くのはその後から、ということらしい。
しかも、自己都合で失業したわけではないので、給付額は満額。
(自己都合は直前の給与の半額だし、もらえるまでも時間がかかるし、3ヶ月しかもらえない)
なので、私が毎朝のように見るハローワークの駐車場待ちの長い車の列は
認定日に来た人たちの行列だったらしい。
(私はてっきるり求人の行列だと思っていた)
失業保険云々、の話はウワサとしては聞いていたけれど、
実際に上司の口からため息混じりに発せられたということは現実なんだろうと思う。
なかには、きちんと職探しをして正社員として雇用されて
頑張っている方ももちろんたくさんいらっしゃいます。
でも、求人にサッパリ手応えがないってことはそういうことなんだろうと思う。

それって、どうなんだろう。

もらうものはもらう、ということなんだろうか。

補償金に対してもそう。

そんなものもらったって、ふるさとは返ってこない。

ふるさとの代償がお金、ということなんだろうか。

確かに無いよりはあった方がいいけれど、お金。
中には精神的な苦痛に対する保証金も合わせるとものすごい額のお金が
ひと月のうちに振り込まれるのだとか言う人もいて。
パチンコ屋の行列は相変わらずだし。
避難先でカートに目いっぱい積んで我が物顔で買い物をしているという話を聞いたりもする。
浜通りの人は凄いね、と中通りの人が眉をひそめている話も聞く。
モンスター被災者、と陰口をきかれている話を聞いたりもする。
そんな話を聞くと、本当に悲しくなる。
原発の事故は確かに悲劇的です。
美味しいお魚が獲れる海を、美味しいお米が獲れる田んぼを、
色とりどりの田舎の山を返して欲しいと、心から思う。
でも、その代償がこんな生活でいいのだろうか。

明日から12月。
年内いっぱいは、もう少し体と心を休めても、
新しい年が始まったら、もう少し意欲的に前向きに進んで見たほうが
ふるさとに対しても、自分に対しても健康的なのではないだろうかと思うのでした。

揺れる、揺れる

またぞろ、地面が活発化か?
ここのところ、よく揺れます。
「あれ?今揺れたかな?」程度のものから
「おぉぅ、びっくりした!」というものまで様々ですが、本当によく揺れる。
ウワサでは12月か1月に大きな余震が来るとか何とか。

といいつつも、毎月11日近辺と月末近辺にはよく流れるこのテの話。
今度の預言者たる人物は3月の地震もわかっていたとか、
はたまた、4月の余震を当てたとか、尾ひれもたくさん。
そんなんだったらもっと早く教えてくれれば助かった人はたくさんいるんだよ、と
もうそのテのデマにはウンザリです。

でも、こういうデマが流れるということはみんな不安なんだろうなあ。
地震、早くおさまれ~。

中華鍋でパエリア

お店で食べたパエリアが美味しくて、でも意外と高い。
家で作ろうにもにパエリアパンが無いし…
と、思っていたら、
先日テレビでフライパンを使う方法で本格パエリアを作っていました。
材料もサフランとえび、あさりくらいを買えば意外と家にあるもので作れそう。
ということで、早速チャレンジしてみました。

メインも兼ねているし、今日の夕飯にはこれ一品しか作らないので、失敗は許されない・・・
しかもテレビではフライパンだったけど、我が家には中華鍋鍋しかない・・・
多少の不安を抱えつつ、とりあえず作り方に忠実に。
我が家はお鍋でご飯を炊いているので、
炊き具合にはあんまり不安はありませんでしたが、
何せ、中華鍋。
火が当たる部分が小さいし、鍋部分は深いし、鍋の形状にカナリの不安が(笑)
炊き上がって恐る恐るふたを開けたらこれ↓

さて、肝心の出来映えはというと、
確かに底の部分が一部お焦げになってしまいましたが、
美味しかった!
お米の芯もなかったし、具のお出汁がよく出ていて満足!!
食べ過ぎちゃいました

結構簡単だし、アレンジも利きそう。
せっかく買ったサフランがまだまたあるので
近いうちにまた登場するかも。

ひとときを大切に

今日は学生時代の友人のNちゃんとSちゃんと私の3人でランチデート。
場所はなんてことないファミレスですが、場所なんてどうでもいいのです。
お昼よりも少し早く集まって、早速おしゃべり開始。
卒業してからずっとずっと会っていない時期があったのですが、
Nちゃんの結婚式を機に連絡先を交換、今回の集まりが実現しました。
10代の半分を一緒に過ごした間柄なので、話は尽きず。
結婚生活のこと、日々のことなどなど、たくさん話しました。

震災以来、こういう機会をとても大事にしています。
以前だったら、連絡して迷惑だったら・・・とか、
連絡したり段取りしたりするのが億劫だな・・・とか、
本当にくだらない理由ですが、
人間関係の構築とか、継続といったことをおろそかにしていました。
でも、あの日以来、会える人とは会える時に会っておかないと、と思うようになりました。
明日は来ないかもしれない、次はないかもしれない。
実際に、遠くに引っ越してしまい、会う機会がなくなった人もいます。
明日後悔しないように、訪れたチャンスは逃がさない。
あっという間に過ぎ去ってしまう、本当にささやかなひとときですが、
こういう時間を過ごせる今をとても幸せに思います。
そして、とても贅沢な時間の過ごし方だと思います。

髪にまつわる・・・

急に思い立って髪を切りました
鎖骨をちょっと過ぎるくらいの長さだったのですが、
耳が隠れるくらいのショートボブに!
hairstyle.jpg
かる~くなりました。
職場のみんなにも驚かれました。
何せ、こんなに短くしたのはかれこれ5、6年ぶり。
その後1年ほどしてからはバレエを始めたので、ずっとまとめられる長さをキープしていたし。
でも、今回発表会が中止になったりして長い髪はしばらく不要になったし、
ちょうど伸びていた部分は震災の頃の髪かも、と思い、
また、職場でも家庭でもチョット不遇な思いを味わっているので
厄落としも兼ねて思い切って切りました。
美容師さんもしばらくぶりのショートということで、
気合が入ったらしく、切る間の打ち合わせもとても積極的
台の上にたくさんの参考にする雑誌が並び、
少しモデル気分を味わえました(笑)

バレエ教室でも先生にも生徒さんにも驚かれ、
その後みんなでしばらく髪型の話で盛り上がりました。
その中で、腰まであった髪を急に坊主にした、という生徒さんがいて、
気持ちの変化で切ったのかな、と思って、軽い気持ちで
「どうして坊主に?」
と聞いたところ、コッソリと
「友達が病気で・・・
 かつらを作るって言うから。
 ・・・死んじゃったけどね。」
とのことでした。

そうだったんだ・・・

チョットだけその場面を思い浮かべたら
彼女たちの必死な思いが伝わってくるというか、
とても複雑な思いがしました。
でも、そうやって役に立つこともあるんだな、と考えてしまったり。
髪にまつわるいろいろ。

上がらない

先週末に仕事のことで悪い方に衝撃的な出来事があったからか、
どうも気持ちが上がってこない。
その後のバレエのレッスンでも、
どこか、脳みそが“お留守”で、振りも覚えられず、
気持ちが動揺しているからか、ポワントでうまく立てずじまいだったし。
週末もどこかどんより過ごしてしまったし。
しかも、土曜日にはこの下がり具合の布石ともいうべき出来事が予定されていた日。
詳しくは後日お話できるかなあ。
明日からはまた新しい一週間の始まり。
イヤでも気持ちを奮い立たせなければ。
できるかな、弱っている今の私に。

ようやく・・・

全国のニュースでしばらく前に報道されていましたが、
もう忘れられていることでしょう。
福島県内に在住の方、
もしくは3/11時点で住民票を置いていた方を対象に
県から健康調査表が送付されます。
そして、3/11の日から7/1までの間の行動を事細かに記載して
それをまた、県に送り返すと
その人がその期間に被ばくした放射線量を計算するというもの。
その調査票、我が家にもやっと到着です。P1000611.jpg
開いてビックリ、すっごく細かくて書けない・・・
細かいわりには短い時間を書くゆとりもなく、
徒歩での移動や、近所をうろちょろした時間は書きづらい。
家庭菜園で作った野菜を食べた量も書かなくちゃいけないし、
昨日食べたもの、またそれを食べた量さえ怪しいのに、
半年も前に食べたものなんて覚えていないし、
食べることに必死だったからそんなこと気にもしてなかったし。
なんか、非現実的・・・と、つい批判的になってしまう・・・

夫は必死に記憶を手繰って書き始めているようです。
私はこのブログのおかげでナントカ少しは思い出せるかなあ。
でも、克明に日記をつけているとか、
私のように何か形にしているとかしていないと、
あの頃の記憶はとびとびであやふやな所が多い。
こんなものを書かなくてはならないなんて。
なんと悲しいことか。

祝 記念日

7年前の今日、私たち夫婦は結婚式を上げました
なので、今日は結婚(式)記念日です。
懐かしいなあ。7年前かあ。
結構、つい最近のような感覚でいるのだけれど、
7年という現実的な時間の単位を言われると自分でもびっくりしてしまう。
つい、夫にも
「もう7年も結婚してるんだ!!」
と言ってしまいました。

お天気もあまり良くなく、記念日らしいことは何もしませんでしたが、
思い出のお店に食事に行ってみました。

ぱすた亭
P1000612.jpg

何を隠そう、夫と初デートしたお店です。
すごくたくさん話すことがあって、
閉店時間までずっと喋っていたなあ、なんて、懐かしい思い出。
実はこのお店、海沿いにあって、
昼間は海を見ながら食事が出来るのが売りだったのです。
それが、震災による津波の被害に遭い、お店は壊滅状態に。
私たちも心配していたのですが、
この度、いわき駅の近くに移転、再オープンしてくれました。
相馬焼きの特注のお皿も健在。
いわゆる、おしゃれなイタリアンではないけれど、
手作りのやさしい美味しさも健在。

最近、あまり良いことがなくてチョット落ち込んでいたのだけれど、
とても良い日となりました。

| ホーム |


 BLOG TOP