プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

反論覚悟で

個人的な意見なので、どうぞ、読み逃げで・・・

夫君たち若い僧侶の方たちでボランティア活動を始めて一年が過ぎました。
傾聴ボランティア、ということで、
いわき市に点在する仮設住宅を週一で回って
お茶や簡単な手作りおやつ類などを提供し、お話を聞くというのが目的。
仮設住宅に住んでいる人たちに少しでも外に出てきてもらおうというもの。
それはそれでとても大切な活動だとは思いますが、
一年も続けているとどうしてもどこかしらにひずみが出始めるようです。
活動に参加する人員の確保にも頭を悩ませているようですし、
だいたいが夫君たちが活動に参加したらしたで、取り残される家族。
家にいても食事中であっても打ち合わせの電話ばかりしている、
(結構、のべつくまなく電話がかかってくる)
ウィークデーも自坊の仕事は放置状態で、復興事務所の活動に行ってしまう、
(8月の繁忙期でも結局は同じだった)
活動第一状態なので、しょっちゅう家を空け、食事も一緒にとれない。
ま、普通のサラリーマンのご家庭でもあるようなことばかりなので、
世の奥サマ方に鼻で笑われるかもしれませんが・・・
震災より一年半余。
震災直後なら人との結びつきが何と言っても心の支えなので、
こういう活動も大切でしょう。
でも、そろそろ、だんだんと様子を見る立場に変わってきてもいいのでは。
そして、東京の方たちはいまだに
「被災地の方に何かしてあげなくては!」
というお気持ちの方が多いと思いますが、
今、一番して欲しいのは、炊き出しやお祭りのような非日常的なイヴェントではなく、

末永く見守ってくれること、
     そして、それを声高にしてくれること


震災前はどちらかというと、お祭りや炊き出しなんて無縁だったのに、
地震に遭った人たちだから、ということだけで
そんなお祭り騒ぎばかりが連日繰り広げられたとしても、
だんだんと疲れて参加するのもおっくうになってしまう。
そうしたら結局は気持ちも無駄になってしまう。
それよりかは静かにあたたかくいつまでも見守っていて欲しい。
そして、与えられるよりも自分たちで活動するような流れに持って行くような、
そういう支援の仕方にしていただかないと、
自主性も育たないし、気持ちも上がらないような気がします。
そして、頻繁にそういう活動があると
夫君たちも駆り出されるので、私たち家族が今度は取り残されてしまう。
彼らが被災者というなら、私たちだって同じこと。
私たちが家族と過ごす時間を奪わないで欲しい、というのが正直な気持ち。
そして、家族に対してもっと説明して理解を得て欲しい・・・
・・・それはうちだけかもしれないけど・・・口が重い人なもんで・・・

確かに、まだそういう活動が必要な方たちもたくさんいらっしゃるので、
いきなり「ハイ。オシマイ」というわけにはいかないと思いますが、
かといって、永遠に続けられるわけでもない。

ボランティア活動の難しさ。
家族の立場から少し考えてみました。

久しぶりに

バレエを始めて以来、具合が悪い日を除いては
ほとんどの金曜日にはレッスンが入っていました。
そして、それは新しい教室になってからも。
でも、今週と来週は新しいバレエ教室の都合によりレッスンはお休み。
久しぶりに在宅の金曜日となりました。
本当は夫君とのんびりと過ごしたかったのですが、
肝心の夫君は宮城の方へ出張ボランティア中。
日帰りで帰ってくるらしいのですが、恐らく、私は深い眠りの頃でしょう。
せっかくなので、家の片付けなぞを少しだけやってみたのですが、
どうもあんまり成果が上がらず・・・(泣)
多すぎる物たちと、片付け下手で収納下手な私のこと。
あんまり変わらないな~という感じで終了。
どなたか片付けの極意をお教えください・・・

ぼんやりお彼岸

お彼岸近くになったら急激に寒くなって、
昔からの言葉どおりですね・・・少し寒すぎだけど・・・
先週から秋のお彼岸でした。
今年はうるう年なので、
お中日の日にちが一日前倒しになっていました。
そんなこともすっかり忘れて。
土曜日がお中日だったというのに、
私の頭の中では日曜日がお中日になっていたため、
「なんでこんなに前の日に来るんだろう?」
と疑問符な気分で一日を過ごしてしまいました。
しかも、朝から貧血気味で立ったり座ったりするたびに目がちかちか。
午後はダウン状態で、夫にお任せしてしまったし。
はっきり言って、何の役にも立たないヨメでした
お天気も悪かったし、
蛍光灯を灯した室内から、どんよりとした外を見ているのも苦手なんです。
なんだか鬱状態に陥ってしまって、変に落ち込む。
ま、秋彼岸はさほど忙しくないしな(と、言い訳)
日曜日も雨が降ってお参りもぱらぱらだったし、
すごくぼんやりと過ごしてしまいました。

あ~、この役に立っていないところもまた落ち込む~。

P1000809.jpg
結婚記念のオリーブにようやく実った美、一粒。
雨に打たれて寂しそう。

大切な2号


最近すっかり眼鏡派になった私。
耳の高さや顔の形などに合わせて、きちんと調整したものは一つしかなくて、
財政事情の都合上、なかなか買えずにいました。
眼鏡屋さんには二つあると持ちが違いますよ、と言われておりましたが…

ようやくこの度相棒2号がやってきました。

少し変わったタイプがいい、という私に、
本当にたくさんのフレームを試させてくれた店主さん。
あんまりにもいろいろかけ過ぎてオナカいっぱいになった私が選んだものは
パープルとブラウンのグラデーションのシンプルなものでした(笑)
ただし、少しグレイの色入りで、目に優しいブルーライトカットレンズ。
確かに眩しくないし、くっきり見える!
これからの大切な2号です。

一年半

震災から一年と半年が過ぎました。
強烈な記憶は脳が自分を守るために
意図的に曖昧になったり失われたりするのだとか。
さすがにあの日のことを忘れたりはしませんが、
細かいことはやはり曖昧になってることもあり、
思い出したくないことも多いと言いながら
そんな自分に不安を覚えたりもします。

『一本松』を救うために一億円を越える寄付が集まったとか。
そのことについて地元で今も苦しい生活をされている方は
どう思っているのかな、と考えたり。
激混みの夕方の道路で
自分も渋滞の一部となりながらも
緊急車両以外通ることのなかった国道を思い返したり。
(最近その頃のことを忘れてきた人が多いのか、
 エンジンをかけっぱなしの車が多くて迷惑)
毎日お風呂に入りながら
震災が夏じゃなくて良かったと思ったり。
震災で被害を受けた古い建物が次々と壊されて
更地になるのを見るたび、寂しい気持ちになりつつ、
その更地となった虫食いの土地に何が建っていたのかを思い出せない自分にがっかりしたり。
こう書いてみると、なかなか前向きな気持ちになれないなぁ
国や県などか
『大丈夫だよ、安心して』
って言ってくれない状況なのも一因かな~。

つい先日、市議会選挙があったけど、
緊張感もなく終わったし。
仮の町構想だっていわき市民にもアンケートをとって欲しい。
反対意見が多かったら困るから?

追記。
夕べの雷はすごかった!!
ピカッと光ったと思ったら
バリバリドドーンと家鳴り振動するほどの雷鳴。
あまりにもすごくてすっかり目が覚めてしまった私。
頭の中では、斉藤和義氏の『ベリーベリーストロング』がエンドレスで流れていました。
なぜなら!
歌詞の一部に“鳴り響くティンパニー”というのがあるから!
ホント、耳元でティンパニーを演奏されているみたいだった…

大忙し

超多忙な夫君。
今日は市内三か所にある火葬場の『釜供養』
これはいわき市の仏教青年会の皆さんで行う例年行事です。
これは結婚したての頃、
あぁ、そうか、確かに釜もご供養してあげないとなあ、と
感心したのを覚えています。
そして明日は東京で会議。
一泊して戻ってきた土曜は日曜日に行う仮設住宅内での行事の準備。
そして日曜日はその行事当日。

もうあんまり若くないんだからさあ。
ちょっと強行軍なんじゃないの?

と思いつつも、頑張って来て欲しいと思います。
来週にはお彼岸がらみのお参りが増えるし、
身も心も休まらないね、夫君。

新教室

すったもんだの挙句、閉鎖してしまった、
数年前からお世話になっていたバレエ教室。
なんだか取り残されて見捨てられたかのように思っていたのですが、
ある熱心な生徒さんの働きの甲斐もあって
新しい教室に通えることになりました。
場所も同じで、時間も曜日もほぼ同じ。
先日初めてのレッスンがあったのですが、とても丁寧に教えてくださって
良い先生に巡り合うことができました。
レッスンの進め方は先生それぞれの個性がありますので、
それに慣れるまでには少し時間がかかりそうだし、
今度の先生がポワントのレッスンをしてくれるかどうかなど、
まだ不安なところもたくさんありますが、
とりあえず、もう少し、バレエが続けられそうです。

ご無沙汰しております

お盆が過ぎ、御施餓鬼月間も終わり、9月に入りました。
書きたいことは多々あれど、
つい、画面を眺めているとグチめいたものしか浮かんでこず。
毎回毎回湿っぽい話ばかりもつらいので、
チョットお休みしていました。
今もあんまり本調子ではないのですが。
進展がないばかりか、つい話した知人が心無い一言をくれる人なんかもいて。

ぼちぼち、そろりそろり、歩いていきます。

| ホーム |


 BLOG TOP