プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花見にいらっしゃい

お寺へと上る坂の下の方に
私たちが結婚した時に植えた枝垂桜が二本あります。
このところの温かさでそのうちの一本の花が咲きました
P1000895.jpg
一応、三春にある有名な滝桜の子孫ということになっています。
接ぎ木ですが・・・

今日は冬に逆戻りしたかのような寒さで
暖房器具や防寒着が手放せませんが、お彼岸期間中はとても暖かでした。
そのせいで開花ホルモンの分泌が早まったものと思われます。
もう片方は私たちに似て慎重派らしく、まだ咲く気配はありませんが・・・

東京は今がお花見真っ盛り化と思いますが、
東北はこれから!
頑張れば黄金週間まで桜の花が楽しめます!
どうぞ、皆さん、花真っ盛りの東北へいらっしゃい!!
スポンサーサイト

ありがとう

被災地である福島県には全国各地から警察官の方が応援に来てくださっていました。
その名も

『ウルトラ警察隊』

というのも、ウルトラマンの生みの親である円谷英二氏が県内須賀川市出身のため。
パトカーの給油口のところにウルトラマンのステッカーが貼ってあったら
それはウルトラ警察隊の方々でした。
それも今月で活動が終了となります。
震災より丸二年。
一度活動に参加かれた方の中には
『また来たい』と言ってくださっている方も多いのだとか。
ご家族をもともと勤務されていた場所に残して参加されていることと思いますが、
頭が下がる思いです。
立ち入り制限区域の見回りや、仮設住宅の巡回、巡回パトロールなどなど。
大変お世話になりました。
若い方も結構多くて、お子さんがいたら小さいだろうになあ、などと思いを馳せたり。

ウルトラ警察隊の活動が終わっても、
何らかの形でかかわっていきたい、とおっしゃってくださった警察の方。
寂しいですが、ありがとう。

でも、こうやって少しずつ元のように戻っていくのだなあ。
戻っていけたらいいなあ。

ふきのとう



急に暖かくなったので、
坂のふきのとうが大きくなってました。
ふきのとうは放射線量があまり高くないらしいけど、
食べる気にはならないなぁ。

春彼岸

本日より春彼岸です。
ちょうど日曜日に入りの日が重なり、
また、前日の土曜日と合わせて穏やかなお天気だったことが重なり、
お寺はお参りの方で大変にぎやかです。
この分だと、お中日までに人の出入りが分散されて
ちょうど良い忙しさになることかと思います。
今回のお彼岸は、
本堂再建の御寄附をお願いしてから初めてのお参りとなるので
多くの檀家さんが御寄附を持ってきてくださいます。
自分のおうちやお墓、またはご自身の生活再興などもあって
皆さん、大変なことだろうとお察ししますが、
それでもお寺のために、と心を寄せてくださる姿に大変感謝です。

材料は大手仏具店の建築部門にて現在加工中とのことで、
実際に材木が運び込まれて、建築が始まるのは
黄金週間が明けてから、とのこと。
秋には新本堂が完成の予定です。
それに向けて私たちもできる限りのことはしなくては!!

3月11日

二年目のこの日がやってきました。
職場でも黙祷をささげ、仕事をしながらも
何事も起きませんように、とトラウマのように願いつつ、無事に一日が過ぎていきました。
市内某所では、ちょっとズレてんじゃないの?という式典が開かれたようですが、
私は仕事の都合もあり、そちらには参加できませんでしたので、
有志の方々の活動の方へ足を運びました。
P1000890.jpg
公園の中の丘に明かりで作られた
『3.11 絆』
という文字。
敷地内には、神戸の希望の灯りを移していただいた(他宗ではありますが)僧侶の方々が
神戸→いわきを歩いて運んできてくださった火を灯し続ける搭もできました。

P1000889.jpg

暗闇を照らす灯りを眺めながら静かに祈ります。
灯りを見ている人たちの笑顔を見ながら思います。
来年も再来年もその先もずっと忘れることのないようにと。

三回忌

あの日から明日で二年。
今日は被災地の各地で三回忌法要が営まれていることでしょう。
夫君も午後の法要に出かけています。
テレビは昨日あたりからハンコで押したように
津波の映像と何もない津波の被害の跡地を垂れ流していますが、
そういうのは、もう、なんというか、おなかいっぱいだなあ。
それも今年までで、来年からはぐっと少なくなることでしょう。
大体、昨日の深夜にNHKで放送していた優秀なドキュメンタリーは
東京の人間にとって震災は過去のことで、
もうすでに終わったことという認識が強くなってきていて
煌々と電気が灯る明るい町は福島のことはもう思い出しもしないのだと。
きっと、直接的に被害に遭ってない側の心情としてはそういうものでしょう。
私も東京の人間だったら同じかもしれないし。

いわきも今日は市が主催の式典をやっていると思うのですが、
内容がご挨拶やら吹奏楽の演奏やら・・・
しかも、ここに書くべきことではないので詳しくは書かないけれど、
選曲がどうも、あんまりよろしくないようで。
そういう、いかにも、
『式典やりました!』
的な催しだったら静かに祈るだけの場所を設けて欲しかったなあ。
そういう催しをやるのは良いのだけれど、
それに携わる人間はその分家族と過ごすこともできずに
二年目の3月10日や11日を過ごすのです。
それもどうなんだろうねえ。
絆、を謳ってきた震災後なのに。
明日は地震が起きた14時46分にサイレンが鳴るそうです。
私は心静かに祈ります。

当て逃げ!!

実家に用事があって午後ちょっと寄って、
じゃあ帰ろう、と実家の玄関を出た午後3時半。
私の愛車、なんと、

当て逃げに遭ってました!!

右後ろ、給油口の下あたりからバンパーにかけて。
白い車にぶつけられたらしく、白い塗料がこびりついていて
赤い破片が落ちていました。
P1000884.jpg
P1000885.jpg

P1000886.jpg

警察の方にも来ていただきましたが、
落ちていた破片が小さすぎて車種の判別は困難とのこと。
しかも、家の中にいたため、
ぶつかった音も聞いていなければ、逃げた車も見ていないという・・・
泣き寝入りパターン濃厚。
警察の方いわく、近所の人でしょう、とのことですが、
実家の近所の人をむやみに疑うわけにもいかず。
夜に事故係の方が見に来てくださるとのことですが、
実家のある住宅地は幹線道路への抜け道に使う人も多いので、
近所の人だけが通るとも限らないし。
ただ、日曜だったので、
近所の人、または近所に来た人の可能性が高いとのことでしたが。
しかし、

許せない!

ぶつけてしまったのは仕方ない。
私だってぶつけるかもしれないし。
でも、何が許せないって、黙って逃げたこと。
遠くの無人の駐車場に止めていたのならいざ知らず、
個人宅の脇に泊まっていたら、そのう家に関係のある人かもしれないし、
一言声をかけてみれば済んだことなのではないでしょうか。
ま、最近、いわき市ではこういうことがものすごく増えているということなので。
私もその被害者の一人になったということですね。
でも、ひとこと言っておきます。

誰もあなたがしたことを見ていなかったと思っているかもしれません。
でも、仏様とあなたと二人は見ていましたよ。

お寺の車にぶつけて逃げるとはいい度胸です。
仏罰を当ててやりたいが、そういうわけにいかないところが悔しいところだ!!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。