プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読みましょう

心に響く作品を

『まぐだら屋のマリア』 著:原田 マハ

何というタイトルか、と、最初はタイトルに惹かれました。
少し読み始めると、タイトルの可笑しさとは正反対の始まりでした。
板前の見習の青年、どうやら死に場所を探しているらしい。
後輩はどういう理由か、自殺してしまった。遺書に自分の名前を残して。
持ち金で行けるところまで行ってみよう、そしてその先で・・・
とたどり着いた場所は『尽果(つきはて)』という、
自分の境遇にふさわしい名前の場所。
降り立ったバス停の先に見える、小さな小屋。
と、そこは『まぐだら屋』という屋の食堂で、
マリアと呼ばれる女性が一人で切り盛りしていた。
そこで死ぬどころか、食堂の手伝いをし始めた青年。
マリアには左手の薬指がなく、その悲しい秘密がだんだんと明らかに。
生きるというのは、とてつもなく努力が必要で、
残された人間にはとても重い荷物が残されるということ。
悲しい出来事があった人たちがなぜか集まり、
そして少しずつ癒えた人間が去っていく。
この世に自分なんて必要がないと思い込んでいたとしても、
どこかにそんな自分を心から心配し、愛を注いでくれる人もいる。
『生きるぼくら』とともに、生きる勇気が湧いてくる作品。

『デパートに行こう』 著:真保 裕一

『ホワイトアウト』などの作者でもあり、最近は『ローカル列車で行こう!』の話題の方ですね。
デパート再生ものかな、とも思いましたが・・・
ある土曜日の深夜に誰もいないはずのデパート内にうごめく人、人、人・・・
様々な目的のある人たちが、
なぜか、この日に一極集中したことから始まる一夜の大騒ぎ。
登場人物が複雑に絡み、そして、デパート自体の建物の複雑な構造が時々
読んでいて混乱してきます。
自殺願望のホームレス、元警官でヤクザに追われている男、家出中学生、
警備員や販売員、そしてなぜか社長まで!
絡んだ糸がだんだんとほぐれて、複雑な人間関係も最後にはすっきり!
夜明けとともにみんなが希望の朝を迎えるハッピーエンド。
ただし、経営状態の悪化しているデパートがこれで再生されるのかどうかは・・・
人によっては賛否が分かれそうですが、
人は優しい、というところに落ち着く最後は私は好きです。
スポンサーサイト

田植え体験

本日の夫君。
お隣の山形県へ子供たちを連れて田植え体験へと、
朝早くに出発していきました。
今日の山形県は気温が上がって暑くなるとのことだったけれど、
お天気が良くて楽しかったのではないでしょうか~。

田植え体験。
今は田植えをやったことがない子供が増えたので、こういう企画もあるのですよね。
私が子供だった頃、
実家のある地域は専業はそんなに多くはなかったけれど、ほとんどが農家の方ばかりでした。
いわゆる兼業農家ですね。
平日はサラリーマン、休日は農家。
農家じゃないのは、
私の実家があったような住宅地に住む人や、団地に住んでいた人などでした。
たいがいは家にじいちゃんもばあちゃんもいて、
結構古い農家様のおうちに住んでいたものでした。
なので、田植え体験なんて言っても
みんな家の手伝いなんかでやっているので、やる子供もいなかったし、
大体、そんなこと思いつく大人もいなかったような。
学校の学習田なんかもなかったし。
一度だけ、稲刈りの見学に行ったことがあったけれど、
やってる方も、見てる方も
「こんなの見てどうすんの?」
っていう雰囲気だったなあ。燃えていたのは先生だけ。

でも、最近は農家の方もめっきり減り、
小さい頃遊んだ田んぼや畑は、
すっかり住宅やアパートが立ち並ぶようになりました。
蛙の声も年々小さくなります。
農家のお仕事はとても大変だとは思うのだけれど、
こうやって、農業が衰退していく様子を見ているのもとても寂しいことです。

木の香、清々しく


本堂の建築もいよいよ本格的になってきました。
運び込まれた材木が、
宮大工さん達の手によってどんどん組み上げられています。
風に乗って運ばれてくるは、清々しく新しい木の香り。
今日の夕方からお天気が崩れるとの予報が出ているため、
皆さん、日曜返上で作業中。
こちらは、我が家でもある離れのすぐ隣で工事中のため、
家の中でひっそりと過ごすか、
朝から晩まで外で過ごすかという、
なんとも肩身が狭い思いをしておりますが…

出来始めるとあっという間ですね。
屋根も7月中には上がってしまうかも?という話も出ております。
楽しみだけど、何となく新しい本堂を見るのが怖いような。
意外と前のレトロモダンな洋風本堂も好きだったのですよ。
あんまり立派な木造本堂が出来たら、
前の本堂を忘れてしまいそうで。

感傷的

徒歩でお世話になっている職場まで通う私。
最近、通勤風景が少しずつ変わってきました。
何となく空が占める面積が増えたような・・・
というのも、ここのところ、
古い建物、恐らく震災で被害を受けてしまった建物の解体が加速しているからです。
お年寄りだけで住んでいたような古いおうちがあっという間になくなります。
恐らく、都市部や別の場所に暮らす子供さんのところにでも移ったのかな。
あちこちにぼこぼことできる空地。
でも、その空地にもあっという間に新しいおうちが建ちます。
以前の趣のあるおうちとは全く別の、ぺかぺかのおうちが。
そして、住んでいるのは全く知らない人たち。
避難してきている人たちなのかなあ。
いわきは土地の値段がうなぎのぼり。
元々住んでいる人たちにはちょっとずつ住みにくい土地になってきました。
なぜか、肩身が狭いような思いがするのですよね。
震災の時のあの忌まわしい事故の後、
なんだか割を食ったのはいわきに住んでいた人たちかも。
なんて、少し感傷的になってしまうこの頃。

映画を見ましょう

震災の頃に話題作として公開される予定だった作品らしいです。

洋菓子店コアンドル 出演:蒼井 優 江口 洋介 戸田 恵子

幼馴染の男の子を追って鹿児島から上京してきた女の子。
ようやくたどり着いた洋菓子店には既に彼の姿はなく・・・
行く所がなくなってしまった彼女は押しかけでアルバイトをすることになります。
オーナーが女性のこのお店。
従業員はフランス人の男性と無口で無表情の女性のみ。
それでもガイドブックに載るほど有名で、お客さんが切れ目なくやってきます。
そんなお店で大した修行もしていない素人が働くってことには無理があるし、
彼女の自己中心的なっ性格が多少鼻につきますが、
信じた道を突っ走る勇気と度胸、
嫌いな人間に面と向かって嫌いと言い切れる強さが羨ましい。
そして、江口氏演じる伝説の菓子職人。
彼は自分の名前を冠した店を持ち、
注文が殺到する繁盛店の経営者でしたが、
ある不幸な出来事から仕事ができなくなり、
現在は製菓学校の教師や、洋菓子の批評家として本を書いたりして生活をしています。
そんな心を閉ざした彼も彼女のまっすぐな気持ちにふれるにつれ、
少しずつ前に進み始めます。

『神様のカルテ』の監督の作品。
淡々と進行し、少し退屈と思う人もいるかもしれません。
そして、その日常の中で訪れる少しの変化。
でも、日常ってきっとこういうことなんだろう、とも思ったりします。
どちらの映画も置かれた状況がたとえ辛くても、
最後にはちらりと希望も見えます。

また、出てくるケーキたちもとても美しく、出てくる端から食べたくなります。
そして、この洋菓子店に設定された建物が
話題だったドラマの『最高の離婚』でも使われていた建物で、
景色もかなりかぶったところが出てきます。
そういうところも見つけながら見るのも楽しみの映画です。

残念・・・

今日は小名浜で『みんなで空を見上げよう』という催しものがあり、
ヨーロッパの時計メーカー、ブライトリング社に所属するブライトリングジェットチーム
アクロバット飛行を披露する予定でした。
朝は青い空に暖かくて春らしい陽気、というイベント日和だったのですが、
あれよ、あれよ、という間に厚い雲がやってきて
さらには冷たい風が吹き始め・・・
アクロバット飛行、ギリギリまで天候が回復するのを待って糸のことですが、
結局のところ中止になってしまったようです。
残念。
私も見に行きたかったのですが、お寺の仕事もあり、
また、人手がすごくて、会場周辺の交通がマヒしているということも聞き、
断念してちょっと正解だったかも。

P1000915.jpg
この写真は黄金週間の最終日に小名浜に行った際に寄港していた
海上保安庁の巡視船。
おりしも、我が家で契約している衛星放送で『海猿』シリーズを放送していました。
ついつい、登場人物たちとかぶってしまい・・・
今は女性もだいぶ増えてきたかとは思いますが、
体を張って働く男はかっこいい!
というのが、自身も一時期所属していた自衛隊かぶれの父に育てられた私の感想です。

食べたかった!


先日見に行った映画、『図書館戦争』。
その中で主人公の同期生の一人を演じる栗山千明さんが
テレビを見ながら美味しそうなチョコレートケーキを食べるシーンがあり…
普段は滅多に食べないチョコレートケーキが無性に食べたくなりました。
材料の買い置きと時間がなくてすぐには作れなかったのですが、
土曜日になり、ようやく念願のチョコレートケーキ
久しぶりにお菓子作りました。
美味しかった~。
私より甘いものに目がない夫君に食べ尽くされそうですが、
それもまた良し!

映画を見ましょう

久しぶりに映画館に映画を見に行ってきました。

図書館戦争 出演:榮倉 奈々、岡田 准一 ほか

最近話題の有川浩氏原作の小説を映画化。
舞台は近未来の日本。
国による書物の検閲が定められ、
良化特務委員会という国側の検閲組織があり、
図書館はそれに対抗するために図書館法という法律のもとに
図書隊という実質の軍隊を持ち、検閲行為、書物の奪還行為等に対抗するという、
本好きにとっては何とも恐ろしい世界を描くもの。
監督はGANTZの佐藤信介氏。
なので、小説では銃器を使ったかなり激しい実践シーンがあるのですが、
彼ならば、と期待を持って見に行ったのですが、
やはり期待を裏切ることなく面白かったです。
最近の日本映画はお金をかけられるようになっただけあって、
こういった架空の世界の戦闘シーンなどもリアリティがあって魅力的です。
さらに、配役もイメージを裏切ることなく。
原作では主人公の郁ちゃんのテンションにちょっと引き気味で読んでいた私でしたが、
榮倉さんの郁ちゃんは少し大人でよかったです。
さすが、ダ・ヴィンチの配役アンケートでダントツの結果になった二人です。

ただ、文庫で6冊、その一冊の厚さが3㎝もあるという大作。
続編を作らないと中途半端になってしまうような気がしますが・・・
今回の映画は1巻の話のみ。
求、続編。
そして、原作もおすすめです。

黄金週間

ご無沙汰しておりました。

今年も大型連休の季節になりました。
今年は4月の末になっても肌寒いどころか、しっかりと寒い日が続いており、
なかなか上着が手放せない気候のいわきです。
春も盛りのこの頃、
上着を着ていたら少し暑いかな?という日があってもいいのですが・・・
やっぱり何だか季節がおかしくなっているのでしょうか?
農家を兼業でされている知り合いの方がいらっしゃるのですが、
普段だったら黄金週間中に田植えを済ませてしまうというのに、
今年は寒い日が続くので、苗が育たず、
一週間田植えを送らせた、とのことでした。
ビニルハウスに入れているけれど、晴れの日が続かないので
ビニルハウスの恩恵もあまりないとか。
ただでさえ、農家の方にはつらい日々が続いているというのに、
この上、天候不順で収穫量まで少なくなってしまったとしたら・・・
漫画『のだめカンタービレ』ののだめのせりふではないですが、

「神様、もういいでしょ」

という気持ちです。なんとなく。

さて、本堂の再建工事もゆっくりとではありますが、
だんだんと形になりつつあります。
P1000913.jpg

P1000912.jpg

白い土台だけだったところに足場が建てられました。
足場の様子を見ていると、
昔々、学校や職場のPCのスクリーンセイバーを思い出します。
化学系だったからか、
プラントが黙々と設計されるものや、
化学式がどんどんつながっていくものが多かったのです。
足場の様子を見ていると、どうも、その様子を思い出します。
黄金週間が明けたら、ようやく木組みなどが始まるのだとか。
忙(せわ)しくなりそうです。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。