プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

映画を見ましょう

原作に思い入れのある作品。

ジェーン・エア 出演:ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー、ジェイミー・ベル

私は小さい頃から何というか、ませた子供で、
小さい子が読むような絵本よりも、
小学生の頃から大人が読むような小説を読んでいました。
それも、『赤毛のアン』ならいわゆる小さい頃の赤毛のアンよりも
大学生になったアンの話や、お母さんになったアンのお話が大好きでした。
ジェーン・エアもそんなお話。
きっかけはNHKで放送されていた、おそらく、BBC製作の
テレビドラマ版のものだったとおもいますが、
私と同じくこの作品に思い入れのある母と見ていましたところ、
母が「うちにも原作がある」と言ってくれたのがきっかけ。
おそらく、その時私は小学校五年生の夏休みだったと思います。
母の宝物の“世界文学全集”の中の一冊がこの作品でした。
母が若い頃の本なので、今思えば翻訳も古く、言葉使いも難しいものでしたが
BBCのドラマとの世界観が全く同じ。
小学五年生にしてジェーン・エアの世界の虜となったのでした。
真実の愛。
姿かたちの美醜や、身分など、魂の結びつきには何の関係もないのだと
子供ながらに感動に打たれ、生涯の書の一つです。

さて、この作品。
今までも何度も映画化されているようですが、
また新たなジェーン・エアが製作されたとのこと。
見ないわけにはいきません。
最初の印象はジェーン役のミアの美しさ。
原作では小柄でやせっぽちで決して美人ではないという描写があります。
ミアも美しい女性、というよりはかわいらしくて魅力的な女性という感じですが、
何というか、後姿の首から肩、背中にかけてのラインが美しい。
それもそのはず、ミアはバレリーナとしての教育も受けているのですね。
また、ロチェスタ様も四角い顔なのは原作と同じですが、
すっかり美男子となって登場。
そして。セント・ジョン役のジェイミー・ベルは『リトルダンサー』の男の子ではないですか。
映画としては、イギリスの曇って荒涼とした風景や
女性の衣装が素晴らしい。
ミシンがまだない時代の話のため、何と、手縫いで縫われたものが多いのだとか。
細かい所は見えない、と思われがちですが、
映像になってみると意外と伝わるものです。

お話自体は結構原作と違う点もあって、
原作を読み込んでいなければ「???」と思う点も多く、
回想シーンから始まるので時々場面がわからなくなるのが残念でした。
これだけを見た人には話がつながらないことも多かったのではないかなあ。
ただ、この映画を見た人は原作も読んでいただきたい、と思う作品です。

上棟式

ご無沙汰でした。

ようやくじんましんが落ち着いてきて、
刺身や辛い物を食べても何も出なくなりました。
まだ卵だけは怖いので試していませんが・・・

さて、まだまだじんましんに苦しめられていた去る七月七日。
無事に本堂の上棟式を迎えることができました。
P7070415_convert_20130727170305.jpg
お天気もイマイチで体調もイマイチで、私個人としては絶不調だったのですが、
式への出席と撮影係を任命された以上、頑張りました。
出席いただいたのは施工会社の社長さんや、
現場で工事に携わってくださっている方々、
本堂再建に関してお集まりいただいた建築委員会の皆さま、
おかあさんと私。
また、式で行われる法要に関しては法類のお坊様方に役をお勤めいただきました。

無事に上棟式が終わり、昼食をお出しした際に
施工会社の社長さんか
「おめでとうございます」
のご挨拶をいただきました。
外見が8割できた段階らしいですが・・・
とりあえず、ここまでくる間に骨組みが倒壊するような
大きな地震が来なくてよかったです。

しかし、ここまで来て私がとうとう不調からくる疲れでダウン。
抗アレルギー剤の眠気とだるさも効きました!
こんな大事な時に役に立たないダメなヨメ。


投票日

今日は参院選の投票日ですね。
私は生まれ育った家も、お嫁に来た家も、
きちんと選挙に行く家風なので、午前中のうちに投票を済ませました。
よく聞くのは
『誰に投票していいのかわからない』
『投票したところで何も変わらない』
ということですが、誰に投票していいのかわからないということについてはわからなくもないですが、
投票したところで…については何も変わらないに決まってるじゃないか、と思います。
でも、そういうことではないと思います。
世界には政治的な環境で国民に投票権が無い国もたくさんあります。
投票が出来ると言うことは平和で幸せなことだということを考えなくてはいけません。
棄権することはもったいないということなのです。
私の尊敬する人が言いました。
『何かをしてくれるとか、誰が一番良さそうかということを考えたら投票できない。
 悪さ加減で選ぶのだ。』
と。
そう考えると少し気が楽になりませんか?
一番悪くなさそうな者に投票すれば今以上に悪くなることはない、ということ。
ある若い人が言っていた、
『文句も言わない代わりに投票にも行かない』
と言うのも違うと思う。
若い人が投票に行かないのは、いわゆる大人が悪いのだとも言える。
否定的なことばかり言って小さな頃からの刷り込みがあれば、
選挙権を得たからと言って急に選挙に行く大人にはなれないのだから。
どこぞの国のように投票率100%というのも変だけれど、
投票率が20%という国も、また、恥ずかしい。
せっかくの権利、行使しないともったいない!

じんましんが治まらない

先週の月曜の夜、突然じんましんが出現しました。
火曜の朝には腕の内側や膝の周りなどに多数出現。
忙しくて病院に行けずにそのままにしてしまっていたら
その夜はあまりの痒さと火照りで一晩中眠れず…
出現箇所も膝から下全部、肘から下、顔、と拡大。
朝イチで駆け込んだ病院で処方された薬で一旦収まるも、
一昨日あたりからまたまた出現。
薬を変えたらどうも効き目が弱かったらしく、
痒みは治まるのですが、発疹や赤みが引かない状態が続き、
夕べからは赤みと痒さがまたもや全開状態。
薬を飲んでいたおかげで何とか眠ることはできましたが、
またまた朝イチで病院通いです。
今度は注射も打たれ、薬も強い薬にバージョンアップ。
原因は発疹が出てるのにうっかり食べた生卵か…
薬局のお姉さんにも同情されて
私用で使っている坑アレルギー用軟膏をくれました。
でも、今日一日では消えてくれない、このじんましん。
以前出たときは薬を飲んだら割りとすぐに消えたのに…
ストレスか…?
まあ、確かに職場でも家でもソリの合わないヤツがいるからなぁ。

それにしても、この痒さと見た目のブサイクさ。
何せ、腕や脚に世界地図を描いたみたいになってるので。
早く良くなって欲しい!

| ホーム |


 BLOG TOP