プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

本を読みましょう

iPhoneのソフトをアップデートするだけで一苦労・・・
私はやっぱりアナログなのか。
少し落ち込んだ時には本を読もう。

その青の、その先の、 著者:椰月 美智子

以前「かっこうの親、もずの子供」を読んで大好きになった作家さん。
家族とは、親子とはと考えさせられ、つい泣いてしまう場面もあり、
澄んだ文章が大好きになりました。
同著者の「シロシロクビハダ」もおすすめです。こちらはコミカル。

今回の作品は人生で一番重要な世代ともいわれる17歳の世界。
クラス内カースト、友情、恋愛。
私は割と学業が忙しい学校に通っていたけれど、
やっぱりいつの世も17歳ぐらいの世界は同じようなもので構築されていました。
私の頃もクラス内ヒエラルキー、もちろんありました。
制服着てなくてもがんがん化粧していても許されちゃうような人、いたもんなあ。
言い方は悪いけれど、上層階、中層階、下層階でできていたのは確かだ。
この作品を読んでいたらはるか前に通り過ぎた17歳の頃を思い出した。
私が17歳だったころ。
現在17歳の主人公のまひるが言うように
「お父さんやお母さんにも17歳の頃があったんだ」
を地で行くわけですが。
今思い返すから青臭くて輝くような時間かもしれないけれど、
毎日毎日脳がひりつくようにいろいろなことでパンパンだったなあ。
経験していないことが多すぎて、
この先にそれらのいろいろなことが立ちはだかっているような気もしていたし。

恋愛に関しても、
中学生の頃のように学校帰りに一緒に歩いて帰るどころの話ではなくて、
もっとその先の未知のことが待っていることなど。
まひるちゃんの彼の亮司君はまさに理想の彼氏だなあ。
こういう人とお付き合いしたらきっと自分も成長していけるのだろうと思う。

そして、後半の展開は予想もしないものでしたが、
衝撃の出来事から光が満ちる結末へ。
この作品はテレビでも紹介されていましたが、

本当に良い作品です。
何度か読み返したくなります。
そして、自分が同世代だった頃を思い出してセンチメンタルな気持ちも味わえます。


余震

またもややって来ました。
夜中の余震。しかも前回と同じ夜中の2時過ぎ。
本震の時は昼間だったけれど、やっぱり2時台だったし、
奇妙な符号を感じます。

昨夜は何だか異様な物音で目が覚めました。
地鳴りでした。
その後ゆっくりとした長い揺れが長く続き、
地鳴りがしたと思ったら揺れが強くなり、それがしばらく続きました。
長くゆっくりとした揺れが来ると、
本震の時のようにいつ体を一気に持って行かれるような強い揺れが来るのかと
強い恐怖を感じます。
身を固くしたまま布団の中で暗い部屋の天井を眺めていましたが
おさまったころにテレビで確認。
津波注意報も出ているし、外は雨が強くなったり弱くなったりしているし
恐ろしい夜でした。

最近福島県沖と宮城県沖の海底が活発な様子。
何もないといいのだけれど。

ついに!

今までしぶとくガラケーと呼ばれる従来型の携帯を使っていた私。
周りはどんどんとスマホに移行する中(夫君も一年ぐらい前からスマホですし)、
ぐずぐずと機種変更を渋っていた私。
使っていた携帯の機種が気に入っていた、ということや
スマホの必要性を感じていなかったのもあるのですが、
何だかきっかけを失った感もあり、面倒くさくもあり・・・

しかし、ついに重い腰を上げることにしました。
そして、選んだ機種は「iPhone」
P1000996.jpg

こうなりゃヤケだとばかりに、
利用している携帯電話会社から発売されるのをしぶとく待っていた私。
ついに機種変更(せざるを得ないともいう)の決意をしました。
近くのショップでは取り扱いがなかったので、
お出かけした際にアップルストアに夫君と共に出向き、手続きをしてもらいました。
かかった時間、なんと、2時間。
混んでいて待ち時間が長かったということもありますが、
設定をショップの方と一緒に自分でやるのですが、
目標時間が設定され、その時間は20分。
でも、何せ、スマホ画面の入力経験がない私。
パスワードの入力から早速躓き、
目の前に置かれたストップウォッチの残り時間も気になり、焦る、焦る。
焦るとますます間違う羽目になり、すべての設定が終わったのは45分後でした・・・
ごめんなさい、スタッフの方。
でも、従来型の携帯をフィーチャーフォンというなど、私も少し賢くなりました・・・
今だにあまり使いこなせていませんが頑張ります。

終わっちゃったなあ・・・

週末は母方の祖父母の出自である中通りの二本松市へ。
母方の叔父、叔母(伯母)たちが住んでいて、
またいとこ達とも仲が良いので、
独身の頃は両親とお盆とお正月と必ずそちらに帰っていたのですが、
結婚してからはそうもいかず。
冠婚葬祭などの際にしか皆と会うこともできず、寂しい思いをしています。
でも、今回、久しぶりに二本松に遊びに行くことができました!
その最大の目的が
『二本松ちょうちん祭り』
10月の4.5.6日に行われるすごく伝統的なお祭りで、
人が乗って太鼓や笛を演奏する屋根が付いた車が付いたものを『太鼓台』と呼ぶのですが、
昼間はその太鼓台の彫刻が素晴らしいし、
夜は太鼓台に提灯をたくさんつけて町内を引き回す姿は勇壮で幻想的です。
そして、太鼓台というだけあってお囃子を絶えず演奏しながら進むのです。
うまく説明できないのが悔しい・・・
昔から男性だけのお祭りで、女性は見るだけ。
そして、お祭りに支障が出ないようにお祭りに参加する男性のお世話をします。
私は生粋の二本松っ子ではないけれど、
母方の祖父はお祭り人間だったし、
小さい頃は毎年毎年行っていたので、お祭り、大好きです。
太鼓も大好き。
でも、日にち指定のお祭りなので、働いている身としてはなかなか行けない・・・
なので、今年のように週末がかかる年は何年かに一度のチャンス。
実家の父に縛り付けられている母を連れだす良い口実にもなるし。
私はなかなか会えない大好きないとこ達にも会えるし。
行ってきました!
P1000989.jpg
それなのに。
4日を除いたお祭りの間中、雨だったのが悔しい・・・
傘でせっかくの姿が見えない時もあったし。
絵にかいたようなお祭り男な従弟と十何年ぶりかでツーショットの写真も撮れたし
従姉や叔母さま方とたくさんおしゃべりもできたし
とても楽しかった!!
来年も行けるかな?

| ホーム |


 BLOG TOP