プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊作ではありますが

今年は梅の実が豊作なんだとか・・・
確かにうちの梅の木もたわわに実って枝がしなるほど。
ume.jpg
なりっぱなしなのは、手抜きではありません。
震災後、梅の実からは基準値を超える放射性物質が検出されていたのです。
きちんと管理して生産した梅からも出ているのですから、自家製なんて推して知るべし。
梅干しも梅酒も漬ける気がなくなってしまったおとうさん、梅もなるに任せ、落ちるに任せています。
福島県以外の人なみんな忘れてしまったかな~。こういう日常。普通のスーパーに置いてあるものだって、放射線量検出検査済みのお墨付きじゃないと置けないようになっています。それだけ食べても大丈夫だってことだけど、もともとゼロじゃないっていう事実がどこか行っちゃってるのも、また事実。自然界にも普通に放射性物質ってあって、普通に作った作物だって微量ながらもともと放射線量を持っているのですけどね。
私も一応は理系女子だったので、全くの無知と言うわけではないから、そんなことも言えるけれど、そうじゃない方はやっぱり、放射能=チェルノブイリの悲劇とか、そういうイメージがあるのかもしれないですね。実際、、福島県でもずいぶんチェルノブイリの事故の影響で小児がんになってしまった子供たちの転地療養の受け入れとかをしていた時期があって、その子たちの様子がニュースで頻繁に流れていましたから。お母さんたちが神経質になるのもわかるような。
でも、神経質すぎるのも問題、無神経なのも問題、なのですよね。自分の中での折り合いが難しいところです。
スポンサーサイト

落慶式

新本堂の落慶式が無事に執り行われました。
このお花はお祝いでいただいたお花の中から夫君セレクトで、夫君が自ら卓上花にアレンジしてくれたものです。私が褒めるのもなんなのですが、結構センスあると思います。

flower.jpg

朝から雨が降り、なんとなく蒸し暑いようなうすら寒いような、お天気としてはいまいちな落慶式の日だったのですが、いらしたお客様が
「こういうお祝いの日に雨降りはあんまり悪いもんじゃないのですよ。昔から「地が固まる」と言って、雨降りのお祝いはいいものなんです。」
のお言葉に慰められ。
落慶式の法要など、一生に一度見られるかどうか。
実家の母も見たがったので、来てもらい、私も途中から法要に参加。
貴重な経験を得ることができました、

しかし、そんなめったにあることではないからか、準備も後手後手、打ち合わせもほとんどない、まるでぶっつけ本番のような落慶式となってしまい、夫君は朝から、いや、その前日から、周りの気圧がぐっと下がるような気配を漂わせ、彼の実の姉ですら
「猛烈に起こっているから近付けない・・・」
と、逃げ出すくらいのありさま。
それは祝宴が半ばを過ぎるまで続き、おかあさんを含めた女性陣は当てられっぱなし。かろうじて私が時々反撃、という様相を呈しておりました。
私も朝から言い争いが絶えず、当日も“君子危うきに近寄らず”を貫きましたが、何かを自発的にやろうとすると「そうじゃない」と怒り、じゃあ、彼が始めるのを待つか、と様子を見ていると「誰もやらない」と、これまた怒る。
じゃあ、どうしろ、と言うの・・・
こんなに怒りまくる人だとは思わなかった・・・
半ば呆れつつ。
とりあえずは無事に一日が終わってやれやれです。
これからの繁忙期を前に木の香、畳の香も新しい本堂になって良かったです。
これで、御施餓鬼もお盆もお彼岸も、お檀家さんの皆さまには気持よくお参りしていただけます!
また、お檀家さんではない方も新しい本堂へ、どうぞ、お参りください。

馬子にも…

馬子にも衣装、と申しますが、我が家は馬子にも衣装なし、という方が正しいようで…

明日行われる新本堂の落慶式。
お坊さんはいいなぁ、衣体が決まっていて。
女性陣は、まぁ、その時々、その家の何となくの習慣によるものが大きいように思います。だから、打ち合わせやすり合わせが必要なのですが。
我が家はねぇ…
身内は着物、私はあるもので、というのが暗黙の了解。だから、集まりがある時に夫の身内(近々の)が着物を着て来ても、私だけは社会人の時に買った黒のシンプルなパンツスーツを着ていました。なんかなぁ、と心の中で思いつつもね。
でも、落慶式までそんな思いをするとは思いませんでした。二、三日前に、ふと、
「当日は何着るつもりなの?」
と問われ、
「いつもの黒いスーツしかないんで、それで…」
と返事したところ、それっきり。
昨日確認するとやはり夫側の女性陣は着物で勢ぞろいなのだそうな。
別に着物を作って欲しい、とかそういうんじゃありません。ただ、結婚して嫁いで来て以来、そういう心配をされたこともなく、ハミにされているような気持ちが拭えないのは何故だろう。そして、それを伝えた途端、じゃあ、明日着物来たら、なんていきなり言われても、下着も足袋も持ってないし、買いに行きたくても店だって終わってるし。着物なんて、こういうことがない限り着ないと思うし、借りたっていいと思ってるけど、それなら
「着物着ることもあるかもしれないから下着と足袋くらいは用意して置いたら」
と、なぜ教えてくれない。
この、自分達だけが良ければ他人は好きにしたら、という個人主義の家風、どうも慣れない。しかも、嫁だけが洋服で、あっちは嫁に行った娘まで着物でキメてたら笑われちゃうかもしれないし。そんなことで恥かきたくない、と思っているのは私だけなんだろうなあ、なんて考えていたら、自分の浅ましさが情けなくてお風呂に入りながら泣けて、泣けて…
明日の落慶式は晴れた瞼での出席になりそうだ…

またしても!

近所の食品会社の配送運転手に気持ち悪い行為をされて困っている、と、警察に相談したのは去年だったか、一昨年だったか・・・
その時に相談を受けてくださった婦警さんのアドヴァイスに従い、通勤経路を変えました。
その後は少しおさまっていたので、忘れる、というわけではないのですが、こちらも少し警戒心が薄くなっていたかもしれません。

今朝のことです。
職場へといつもの時間に家を出て徒歩で通勤していた私の横に、急に車が横付けされました。
私はよく道を聞かれる人間なので、またそうなのかな、と思い、ちらっとそちらに目を向けると、
車体の横に書かれていたのはいつもの食品会社の名前。
たまたま、縁石で車道と歩道が分けられている広い道路だったのが幸いしたので、一定の距離以上は向こうも近寄れなかったみたいですが。
いつものごとく、運転手の顔は私からは見えない位置に停車。
そして助手席の窓は全開。
ぎょっとしましたが、なぜか急激に怒りもこみ上げてきて・・・

「何なんだよ、気持ち悪いんだよ!」

と、声を上げてしまいました。
その後、走り去って行きましたが、私の怒りは収まらず!
悔しかったのは写真が撮れなかったこと。

続きを読む »

落慶式に向けて

震災で大規模な被害を受け、解体、新築した本堂の落慶式が日曜日に迫っております。
その準備が遅々としてすすまないので、ここのところ、夫君がキレ気味で八つ当たり。
ご招待状の発送、お手伝いに見えるお坊さんの衣体の連絡、様々な書類を準備などなど、火種はたくさん。
また、本堂内の飾りなどの方もおとうさんと夫君の気の合わないコンビが準備を少しずつ進めているようですが、その様子がまるで漫才コンビの掛け合いのようで、見ている私は笑えますが、やっている本人たちはイライラしっぱなし。
しかし、何も準備ができていなくてもその日は確実にやってくる・・・
何とか終わりますように、と家族一丸の思いです。

梅雨ですが

梅雨入りしてからずっとお天気が悪いいわき市です。
梅雨入りの前は夏みたいに暑くて、
梅雨になった途端に湿度が高い梅雨寒の日々が続いています。
雨もしとしとと染み入るように降るのではなくて、
降り始めるとざあざあ降りで長く降ります。
おかげで、今日たまたま取り掛かったバイパスのトンネルの入り口付近では
土砂崩れが起きていて、片側一車線の道路の半分を見事にふさぎ、
片側交互通行となっていました。
しかも、今まさに崩れました、と言わんばかりの手つかずっぷり。
私が通りかかった時間は帰宅時間の少し前だからまだ良かったのですが、
これから忙しい夕方を迎える時間帯で、きっと大渋滞となったことでしょう。
道路拡張工事をしている個所だったので、弱くなっていたのかな。
明日からは梅雨の中休みになるとの予報。
洗濯物も乾きにくいと思うと、どうしても小間物しか洗えていないので、
この隙に大物を洗うことにしましょう。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。