プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪を引きました・・・

ここのところの心の弱さと日々の不摂生からか、すっかり風邪を引き込んでしまいました。
連休中に症状が出てきたため、葛根湯を飲んで何となくしのいでおります。連休明けには病院に行かなくては・・・
風邪くらいでは病院に行かないという人もよくおりますが、アナタは良くても人にうつすんだよ、と苦々しく思います。自分のためではなく、自分以外の誰かのためにも病院に行って欲しいわ。
という私も、明日はレッスンに行く予定だから病院に行けないので、病院に行けるのは早くても水曜日。それまでは栄養ドリンクと葛根湯で何とかしなくては。
発表会の練習ととポワントのレッスンさえなければ明日病院に行けたんだけどな~。
まあ、それも仕方ない。
ますは今日はあったかくして早く寝ます。
スポンサーサイト

受け入れる勇気

今年の4月から体調を崩している実家の父。
今までは多少の不便がありつつも、自宅での生活をしていましたが、先月末から急激に体調が悪化、救急車のお世話になること二回。いよいよ、入院生活を余儀なくされてしまいました。
父が患う病気、肺気腫。空気中にいながら肺に空気が行かないという状態。以前、柳美里氏の自伝的小説で、長年のパートナーが末期の肺がんで亡くなるというくだり、空気中にいながら溺れるという表現を思い出したり・・・
私は父の遅くできた子供なので、いわゆる同年代の父よりははるかに年が上の父親なので、いつか体調が悪くなる日が来るとは思っていましたが、病気が悪くなっているといわれてからわずか半年で、入院する日が来るとは思ってもいず。
お見舞いに行っても、若い人のように回復が見込めるわけでもないので、治療という治療もなく、ただ、栄養の天敵と酸素状態の管理がされているだけ。寝ているだけの日もあり、退院しても自宅での生活は無理だとも言われ、ただ不安な思いだけを抱いて帰ってきます。
ただ、それよりももっと不安なのは母でしょう。近くに実家があるとはいえ、私も毎日通うわけにもいかず、思いがけず一人暮らしの日々を過ごしています。メールや電話で連絡を密にするようにはしていますが、やっぱり一緒に住んでいるようにはいかないわけで・・・

ここにこんなことを書いてもいいのかよくわからないけれど、いつか来る、絶対にやってくる、親とのお別れを考えずにはいられません。その日はそんなに近いわけではないけれど、いつかやってくるものなのだなあと実感させられる日々・・・
親って、いつまでも元気なままでいつまでも一緒にいられると、なんとなく思っているものです。ここのところ、現実はそうじゃないのだと思い知らされる日々。
とにかく、現実を受け入れつつ、父が少しでも元気になりますようにと、心を決めていきたいと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。