プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀色週間とお彼岸と

世間ではシルバーウィークだのなんだのと大騒ぎですが・・・
何だか、どこかにお出かけしないと損するみたいな風潮ですね。

そんななか、お寺では秋のお彼岸とがっつり重なっております。
おそらくは行楽優先の風潮のあおりもあり、彼岸の入りの前の19日の土曜あたりから人が来始めるのではないかという、夫君と私の予想。
始まってみると、とても良い天気の19日。
ちらほらとではありますが、お参りの方が来はじめ、ピークは20日となりました。
といっても、次々に見えるのではなくて、だらりだらりといらっしゃる感じ。
まあ、秋のお彼岸はお盆から一ヶ月しかたっていない、ということもあって、たいていはそんな感じなのですが。
でも、今年はその間延び具合が半端なくて、留守番がつらかったです。
雨の日のお留守番よりはお天気の日のお留守番の方が好きなのですが、夫婦二人で日がな一日ぼーっとして過ごしているのは何だかなあ、という感じですね。
そんな感じでお中日がやって来ましたが、お中日も前代未聞の静けさとなりました。
(これはお寺のおかあさんも言っていたので間違いない)
お天気が良くて暇なお彼岸のお寺というのも。うーん。
だんだんとこうやって個人の都合が優先される世の中になっていくのですね。
それを実感した秋彼岸でした。
スポンサーサイト

地元が舞台

地元いわきが舞台の映画です。

超高速!参勤交代

湯本にあった湯長谷藩が舞台のお話。
公開当時は、史実的にはどうの、別にいわきが舞台じゃなくても云々、といろいろ批評がありました。
でも、主演の佐々木蔵之介氏が監督と一緒にご挨拶に来てくれたり、賞を取ったりと意外と話題になった作品。
本当は映画館に見に行きたかったのですが、行かないうちに終わってしまったので、ようやく見ることができました。
感想としては本当に単純で面白いです。
本当ならば10日前後かかる参勤交代をわずか5日で行え、という無理難題を、遠国の小藩である湯長谷藩がどのように乗り越えるのか、というお話なのですが。
悪役は本当に悪役らしいし、最後までハラハラするし、ドタバタっぷりが徹底していて余計な感情を挟む余地なし。
言葉の訛り具合もやり過ぎ感が少なくてちょうど良い感じ。
そして、殿様がやさしくて強くて、本当に昔の時代劇みたい。
良い方は誰ひとり死なないし。途中ひやりとはしますが。
私はフラガールより好きかもしれません。まあ、フラガールは感動するという点でまた違う映画ですけれど。
ただちょっと、訛りがわざとらしくて、そこが苦手なのですよねえ。踊りに関しては素晴らしいですが。

何と、続編が作られるらしいです。
単純に楽しめて家族で見られる、こういう映画、最近では少ないので、今から楽しみです。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。