プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

本日の我が家

今日も暖かく穏やかな一日でした。
本日の指名は食料の調達。
一日中点けっぱなしの地元のラジオ放送にかじりついて得た情報をもとに、
我が家から歩いて30分弱のところにあるテナント式のスーパーが営業しているとのこと。
そこには魚屋さんも入ってるので、干物でも構わないから手に入るかも、と思って。
夫と散歩がてら開店時間のずいぶん前から家を出発。
町の様子を見ながらの道中です。
途中、夫は町の様子を写真に撮っていました。記録したいみたい。
確かに、道の敷石がめくれ上がっていたり、建物が倒壊していたり見たこともないいわきの風景が。
感慨深くお店へ向かうと、開店時間の1時間近く前なのにお店の前には長蛇の列が
普段なら嫌になるくらいの人の多さでしたが、今日は違います。
いわきにはまだ人がたくさんいる!
なかには赤ちゃんや子供も。
知ってる人がいないところを見るとかなりの人がいわきにいるということでしょう?
そんな長い列に並ぶ私たちの上を自衛隊のヘリが6機飛んでいきました。
原発に行くのかな、上から見たら私たちはどんな風に見えるのかなと思ったり夫と話したりしているうちに
お店の人が出てきて今日入荷した商品の紹介をしてくれました。
野菜、果物、お菓子、こんにゃく、キムチが買えるそうな。
さらに納豆が入る可能性があるけど未定とか。
品物はたくさんあるので慌てずに買い物してくださいとのこと。
開店と同時に列が動きだし、入場制限しているとはいうものの、わりと早く入店できました。
中はレジに並ぶ長い列と、その間を縫うように買い物をする人たち。
そしてどんどん品物を出してくれるお店の人。
どこからこんなに持ってきたの?というくらいの品物の量。
野菜と果物ならほとんどの物が、漬け物もお菓子も、少しのお肉も、お盆用品も。
お魚の方も生魚は無かったけれど、干物や冷凍の物がたくさんあって助かりました。
お寺のおとうさんはお魚の方が好きだから。
とりあえずの物が揃って安心しました
帰り道は腕が抜けそうだったけれど、二人で頑張って帰りました。
家では義姉達がお昼を用意してくれて。
さらに私たちが無秩序に買ってきた食材を片付けたり、冷凍したり、下ごしらえをしてくれたり。
自宅避難が一週間にもなると連携プレーが確立してきます
そのあとも東京から戻ってきた和尚さんが買い出ししてくれた物資を届けてくれたり。
みんなで頑張っていることを意識した一日でした。

一方…
夕方の政府の会見では、福島県産の牛乳と茨城県産のほうれん草から基準値以上の放射線量が出たとか
市場ではすでに
「福島県産の農産物は買わない」
という動きが出ているそうです
東京に避難した人がホテルに宿泊しようとしたら
「福島県の方はご遠慮ください」
と言われたのだとか。
会見で最新情報をいち早く出すのも大事ですが、
もし発表したかったら、手書きでも何でもいいのでフリップボードにして
・普段の値
・日本の基準値
・比較するために諸外国の基準値
くらいは一目でわかる資料で準備して欲しいと思います。
口頭で言われると県名だけが強烈に残ってそれが風評被害になるのです。
テレビのゴーストタウン報道も「?」
いわきの中心地です、と紹介されたところは
映画『フラガール』の舞台となった湯本町。
いわきの中心的な駅、いわき駅から東京方面に向かって2つめの駅。
いなかの温泉街にある小さな駅、といった方が伝わりやすいでしょうか。
人気がありません、と言っていたけれど、普段もあんまり人通りのない通りだったし。
中心地というならいわき駅前に来て、たくさんの方々が生活しているのに
お店は閉まっています、という方が正しい報道なのでは?
ネットが繋がっていたら、即、抗議のをテレビ局に送信したかったくらい、正しくない報道でした。
原発で発電していた電力は関東圏で使用する電力で、
福島県民のための電力ではありません。
毎日、福島原発で発電した電力も使って関東圏の方は生活していたのです。
もっと応援して欲しいし、支えて欲しい。
そのために政府は発表する際はもっと慎重に、
私たちももっと勉強する必要があるように思います。

<< 復活の兆し | ホーム | 意外と図太く >>


コメント

先日は、メールすみません。

マスコミもほんと、いい加減だよね。震災に加えて風評被害まで被災者の皆さんに追わせようとしてる!
レポーターも、ほんと無神経な質問あびせてるしさ、私も抗議したくなるよ。

今のいわきを知ってもらうために、私のブログでも紹介させてもらっていいですか?

中越地震と、中越沖地震に遭いました。
中越沖地震は、私はたまたま東京にいました。

柏崎原発の火災を聞いたとき、新潟に戻れないかも?
と怯えました。
東京は変わらず、昼でも夜でも時間の感覚が分からない位明るい。
安心と引き換えに。。。

わたしのブログでも、てらまめさんのブログを紹介させて頂いてもよろしいでしょうか?

新潟では、殆どの市町村で受け入れが始まっています。

今すぐに東北にボランティアに行くことは難しいですが、こちらで出来る最大限のことをしていこうと思っています。


がんばって、いわき。

いわき出身で他県に嫁に来たものです。
いわきを離れて20年以上になります。

いわきのことが心配で心配でたまりません。
いわきでは普通に年寄りも大人も子供も赤ちゃんも住んでいるのに陸の孤島になっているとニュースで知りました。
涙がこぼれました。

でも、一昨日あたりからマスコミで原発近隣地域の風評被害が取り上げられています。
私もNHKや民放に「まず、いわきに入って生活者の視点で取材してほしい。いわきの現状を取材してほしい」とメールしました。
今朝は福島県知事もNHKで力強く訴えていました。
かなり説得力があったと私には感じました。
いわきの物流や医療については、改善するのではと思いましたが、これからもてらまめさんの生活者としての視点を、遠くで心配している私のような人間にお知らせください。
どうか、お願いします。

あとは原発事故の終息を祈るばかり。

いわきの気候は日本一いいし、海はきれいだし、魚は旨いし、空気はきれいだし、人はあけっぴろげでいいし。
私が18才まで住んでた場所だから、たくさんの友達、思い出がある。
絶対に元のいわきに戻る!戻らなきゃ困る!

いわきに住んでた年老いた両親は地震のあと、郡山の妹一家の元に一時身を寄せていますが、お墓や畑が心配なので、近いうちにいわきに帰るつもりでいます。

てらまめさん、大変だと思うけれど、いわきの実況中継これからもお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP