プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

差別と偏見と

避難先や、廃棄物の協力を依頼した先で
「福島県から来た」
と言うと、
避難した先の学校で、「ふくしま」とか「放射能」とか「いわき」とか
あだ名をつけられて周りから子供がいなくなるという。
はたまたK市では、福島県の廃棄物を受け入れると言ったら
「放射線で汚染された廃棄物を受け入れるな」と苦情が何万件も来たとか。
それから、あるSNSでは
「福島県、特にいわき市の連中は安全、安心といいながら
 放射線に汚染された農産物を首都圏で売りまくっている」

という書き込みがあったそうな。

津波に襲われた県は「がんばって」という温かいまなざしの方が多いような気がしますが、
私たちの福島県に対しては、どうも、そうではないらしい。
自分たちの安穏とした生活を
脅かしかねない、いわゆる、目の上のたんこぶのように思う人が多いのでしょう。
本当に寂しいです。
「がんばって」という言葉は所詮、口先だけなのか・・・
モチロン、応援してくれる人もたくさんいらっしゃいます。
それでも、こういうことで
せっかく避難した先で新しい生活を送ろうと、毎日緊張している子供たちや、
福島の農業を守ろうと、必死の方たちの気持ちを踏みにじるような、
こんな差別と偏見は許せません。

おとといは断水してから2時間で水が出ました。
今日、約1ヶ月ぶりに電車が走って行くのを見ました。
そんな些細なことや、なんでもない風景を見るたびに涙が出そうになります。
計画停電で電車が来ないと怒りまくる人もいるらしいですが・・・

いわき市は日々生活が立ち直ってきています。
桜も満開です。
でも、毎日余震にも襲われています。
またいつ震度6の地震が来てもおかしくない状況です。
それでも、前のような生活に戻るために進み始めたところです。
そんな新しい芽を硬い靴で踏みにじるようなこと、本当に悲しいです。

また、報道のされ方にも疑問が。
特にFテレビ系列。
いわき市をゴーストタウンだと報道し、
夕方のニュースをつければ原発のニュースを
眉根を寄せてさもさも末期的だというかのごとくコメントする。
それから、東電の社長の会見の時の質問もひどかった。
記者が飛ばした質問は私からしてみれば愚問としか思えませんでした。
確かに、具体的なことは明言できなかったけれど、
今、この先どうなるかということを明言できる人はいるのでしょうか。
保障だって、今ようやく取り組み始めたところなのですから、
こちらだって適当なことは言って欲しくない。
貴重な時間を愚問をぶつけて社長を困らせるようなことに使って欲しくなかったです。

日本は結局は幼稚な国、ということなのかなあ。
いろいろな国のコメントを見聞きしますが、フランスのコメントが一番冷静で大人な感じがする。
もっと大人にならないと、
この先、復興してもまた同じようなことになってしまう気がします。
特に小さな子供さんがいる世代。
もう少し「お勉強」して欲しい。
避難先で福島県の子供たちが心に深い傷を負わないうちに。

<< ナーバス | ホーム | 大手は所詮 >>


コメント

私も福島に対する差別や偏見を日記で取り上げました。
みきこサマのように冷静な文章で纏める事が出来ず、物凄く感情的になってしまったのですが。

私は今、埼玉県民でもあり、原発の恩恵を受けた一人。
そして、いわきを故郷とする『狭間』の人間です。

国外の風評被害も悲しいものですが、こういった福島の恩恵を受けてきた首都圏から差別的な扱いを受けるのは、到底納得出来るものではありません。
もちろん、理解ある方も沢山いますが、あまりにも『無知』な大人が多過ぎる…

原発で作業してきた消防庁は英雄扱いで、地元で余震と原発におびえながら復興に向けて頑張る市民、帰る場所がない悲しみを抱えて避難してきた福島県民はばい菌扱いとは、日本の国民性を疑います。

メディアに取り上げられた、船橋市では教育委員会が対応しているようですが、これは国を挙げて取り組むべき課題だと認識しています。
特に子供に関しては、イメージだけが一人歩きし、解決まで時間を要するはず。
娘も震災前からいわきを離れていますが、他人事とは思えず、危機感を募らせています。
『いわき』『福島』というキーワードだけで、周りの子の反応が変わってしまうのなら、安心して帰省すら出来なくなってしまいます。

埼玉県では、双葉町の役場機能ごとの移転を全国に先駆けて受け入れて来ました。さいたま市ではすぐにボランティアが集まって、募集も早々に打ち切る程です。就職支援もしており、実際に働き始めた人の記事も今朝の地方版で見ました。
この優しさが首都圏でもっと広まって欲しい。

私も一親として、大人の『無知』を解消出来ないか、
学校側に掛け合ってみたいと思います。

まとまりのない文章でゴメンなさい(´Д` )

何と言うことか・・
絶対に絶対に許せません。
同じ日本人として、同じ人間として、
あまりにも悲しすぎます。

僕もブログやツイッター、
フェイスブックなどで伝えたいと思う。

受け入れた学校側は、
一体どんな対応だったのだろう。
差別を受けた子供の気持を考えると・・
涙が出ます。


>RRサマ

いわき出身と気付かれた時の対応が怖くて
ナカナカ自主的に避難できないという話も聞いたよ。
ホントに悲しいことだと思う。
子供たちがそういうことを言うってことは、
その子の家庭では
「近付かないようにしなさいよ」
って言ってるってことだよね?
どういう親なんだろうってがっかりする。

モチロン、避難した先で親切にしてくださる方もたくさんいますよね。
高校生がマッサージのボランティアに言ったというニュースも見ましたよ。
メディアの取り上げ方にも問題があるんだろうけれど、
もっと、そういう支援する活動をしている人たちを取り上げて
そういう偏見を持っている人たちが
自分たちのしていることが恥ずかしいことだと
思い知るくらい頑張って伝えて欲しいと思う。

RRちゃんの勇気にも行動です。
どうもありがとう。

>taniサマ

どうも、児童の親世代が無知なところが気になります。
津波を受けた地域の人たちはかわいそうで、
原発があるところの人達は迷惑。
その上から目線な所にも違和感を感じますね。
良識ある人たちもたくさんいらっしゃると信じているので、
私たちも毅然としていたいと思います!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP