プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炊き出しは続く

黄金週間も半分が過ぎました。
私のお世話になっている職場の近くには災害ボランティアセンターがあるのですが、
そこへ向かう人たちと、そこから作業現場へ向かう人たちで
とても賑やかになっていました。
こうしてたくさんの人たちがボランティアとして参加してくださり、
すれ違う一人ひとりに頭を下げて歩きたくなります。

夫も今日と明日、避難所への炊き出しのボランティアに参加します。
今日は夕食、明日は昼食の提供だそうです。
今夜のメニュゥは“クラムチャウダー”だとか。
う~ん、うちでも作って欲しい・・・
今頃は時間に終われててんてこ舞いしている頃でしょう

避難所といえば・・・
こんな話を聞きました。
県内のある避難所では、
避難してきている方たちが、自分たちで役割を決めて避難所の運営をされているとか。
また、ある避難所では
支援物資のうち、食料に関してはインスタント食品などではなく、
野菜などの食材にしてもらって、当番製で自炊をされているとか。
一日のスケジュールも決まっていて
何時に起きるとか、運動の時間があるとか、
自分たちで工夫して過ごしていらっしゃるようです。
でも、いわき市内のある避難所では
そういう動きはあまり見られず、受身の態勢の方が多いというところがあるそうです。
世界的には
「試練に耐えて文句も言わず秩序を持って過ごす避難者」
という評価が高いようですが、それが全てではありません。
禁じられている飲酒をして騒いだり、門限も守らない方もいるとか。
炊き出しや物資運搬などのボランティアも大切ですが、
そういう方向へみんなが向かっていけるような協力も必要なのかな、と思います。
ナカナカ思い通りの生活が出来なくて、
まだまだ気持ちが穏やかになれずにいる方も多いとは思いますが、
ぜひ、自分たちの生活を少しでも改善できるような、
気力を持って乗り越えて欲しいと願っています。

<< 気分転換 | ホーム | 門出を迎える人々 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。