プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言っていいこと

この話題について。
どうしようかな、と数日考えていたのですが・・・

先日、再び、東電の社長さんが避難所を訪問しました。
週刊誌の見出し並なことを言えば『お詫び行脚』どいうことらしいですが。
その避難所の皆さん、チョット態度がひどくないですか。
特に社長の名前を呼び捨てにして

「土下座しろ!」

と怒鳴った男性。
はっきり言って、同じ県民として非常に恥ずかしい。
社長が土下座して謝れば、発電所の事故が収束して家に帰れるのですか。
そのような人のプライドを踏みにじるような言動は許されることではありません。
もし、本当に解決したいと願う人ならば
社長が土下座をしようとしたときに(あくまでも社長が自ら、という前提ですが)
「そんなことをするよりは、これからのことを話し合いましょう」
というべきでしょう。
ヒステリックに東電の社員さんを責めて立てて周りから拍手喝采をもらっていた女性。
ご主人の仕事が無くなってしまったのはそれはお辛いことだったでしょう。
でも、今回の震災で仕事が突然無くなってしまった方はたくさんいるのだし、
彼らが一晩にどのくらいお金を使うのかは関係ありません。
また、今までも東電からはたくさんの給付金や、イベントの盛り上げなど
貢献してもらったこともたくさんあるでしょう。
それを一度でもつき返したことはありましたか。
ご主人の仕事は原発には全く関係の無い仕事をされていましたか。

町長さんがたにしてもそうです。
謝りに来るのが遅い、だなんて、どうしてそんな事しか言えないのでしょう。
ずっとずっと東電が町に落とすお金に依存し、
原発の増設を嘆願していたことはお忘れですか。
社長が一秒でも早く謝りに来さえすればこの状況が良くなるとでも言うのなら、
そうやって社長をなじる効果もあるというものでしょう。
でも、そんなことをしても何も変わりません。
むしろ、避難所に謝りに来るよりも、
現場に言って作業員の方たちに言葉を掛けてあげてほしい、とさえ思います。

申し訳ないとは思うのですが、
あの辺りの方々は何かしら東伝に関わりのある仕事をされている方が多いです。
それだけ忌まわしいと思いつつも、あの会社に頼って生活してきた人も多いのです。
家に帰れないことも、家族を探しにいけないことも、
私たちにはわからないくらいに本当にお辛いことでしょう。
でも、もっと大人にならなければ。
あの映像を見てしまえば、支援の手も離れてしまう。
これからもずっと細く長い支援を望み、いつか家に帰りたいと望むのならば、
モンスターになってはいけないのです。
私はあの姿を見るたびに本当に悲しいです。
きっと、映像的に“オイシイ”ので採用されたのであって、
もっと冷静な人たちもいたのだと信じたい。
そうでなければ、悲しすぎますから。

追記
生肉を子供に食べさえる親もどうだろう?
あの社長の態度も嫌だが、その前の時点で親の責任はどこへ言ったのだろう?

<< 今日で2ヶ月 | ホーム | 気分転換 >>


コメント

No title

実は私も同じ事感じてた。
あの女性の気持ちもわかるけど
結局損をしているのはあの女性のような気がして。

私を含め、原発の事を知らずに依存してきた事
ほんとに怖いと今回のことで実感したわ。

No title

実は私も…。
怒りをぶつける相手として言ったのでしょうけど・・・。
はからずも町に東電から、今までお金もらっていたでしょって
心の声でいつも思っていた、私めです。
決裂するような声ではなく、前向きに話し合う姿勢が見たいのです。
それには、コレぐらい費用がかかるとか
メディアも言ってくれれば、寄付金のしようがあります。
節電のしようがあります。
もっと前向きな情報がほしいです。

それとに生肉の社長、初動って大切だな~って思いました。
最初に懇切丁寧に謝っていたら…、親の責任とか生肉の食の扱い方とかに
すぐ矛先も変わっただろうにと。

No title

「あ~、とうとう言っちゃったね」って感じ。
例えば、3月11日に震災に遭わなければ、あの人もそこまで追い詰められてしまうこともなかったのかもね。どっかに、避難生活の大変さを吐き出したかったんだろうけど、・・・あれは大人げない・・かな。
昨日の朝日新聞で、宮城県の女性からの投稿コラムが掲載されてたけど、「震災から50日ぶりのお風呂に入りました。」って内容。すごい!50日ぶり。「髪の毛は吸塵機のごとく汚れ、顔は垢で黒光りして…」
佐賀に暮らしていると、テレビの映像を観ない限り、本当に震災にあわれて今でも避難生活を余議なくされている人が何万ともいらっしゃる現実感に疎くなりがちだけど、今この時も避難所で生活されてる方がいるんだよねえ。
せめて、報道とかみきこさんのブログから被災者の方の気持ちを理解するよう努めよう。

No title

>紅緒サマ

本当に残念でした。
怒った方がいいと、フランスの学者さんが言っていたけど・・・
もう少しオトナに怒らなければ。

そうなのです。
私が愛読する雑誌に寄せられた言葉の中に
「こんなことで原発が注目されることになって残念だ」と・・・
もう少し私たちが監視の目を強めて意見をしていたら、
そしてその意見が聞き入れられていたら・・・
と、ついつい「タラレバ」をしてしまう私。

No title

>美奈サマ

恐らく、お金のことに関してはみんながそう思っていることでしょう。
今さら、何を・・・って。
マスコミも、みんながみんな怒鳴りつけた男性やあの女性のような
町民ばかりだと言わんばかりの伝え方は止めてほしいです。
きっと、もっと見のある話し合いをしたいと
思っている方はたくさんいると思うのです。
私たちのようにね・・・

カメレオン社長ですよね(笑)
笑っちゃいけないんだろうけど・・・
一番最初の会見の態度はやっぱりまずかったかな~。

No title

>sankoサマ

やっぱり、伝え方ってあると思うんですよね。
例え、怒り心頭だとしても。

50日ぶりのお風呂!
自衛隊の設営風呂からは遠い避難所の方だったのかな?
いわきにも自衛隊の設営風呂あるんですよ。
カーキ色のテントにカラフルなのれんがかかってるんです。
チョット体験してみたかった(笑)
私も10日間お風呂に入れませんでした。
顔の皮がウロコみたいにはがれてくるし、
髪の毛は束になって手櫛すら通らず・・・
泣きたかったです。
久しぶりに入ったお風呂は体が軽くなって見たいに感じましたよ!
未だに避難所の方は一日おきとかしかお風呂には入れないみたい。
食事も人の作ったものだから大変だろうなって思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。