プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市の怠慢

最近知った事実・・・
我がいわき市は様々な方から寄せられた義捐金を
もうすでに2度も分配しているとのこと。

いったい、誰に?

一度目の義援金の分配は、自宅が全壊もしくは津波で流出したか、
半壊の方たちに分配したそうです。
まあ、それは良くわかります。
おうちが無かったらそれこそ、生活の建て直しどころではないし。
早く雨露がしのげる状態になっていただいて、少しでも落ち着いた気持ちになって欲しいですし。
そころが、なんと、我がいわき市は、
その後も寄せられる義援金の2度目の分配を行っているとのこと。
そして、その対象者はなんと、またもや前記の方々のみ。
自宅の一部半壊の方や、支度には被害の無かった方々は対象外なのです。
そんなのってアリ?
前回の分配は急を要する人たち対象だったとしても、
それ以後は前回の対象外の方たちに分配しても良かったのでは?
家が壊れようとそうじゃなかろうと、震災の被害に遭ったことには変わりないのですから。
断水したり、原発不安で避難したり、
震災の被害に遭った人たちがみんな、それなりに使わなくていいお金を使ってしまったわけだし。
テレビのインタビュゥで大丈夫ですって宣言しちゃった市長さんにはわからないか。

何年か前のナントカ給付金の時には市内全戸の口座を把握していたんだから、
今回だって同じ手続きをすればいいんじゃないのか?と思うのは浅はかなのか。

家が無傷で残ったことはうれしいのですが、
無傷だったばかりに皆様の善意に甘えることが出来ない・・・
しかも、市の独断で。
こうなってくると、何となく家が残って残念なような気もする・・・
こんな自治体って聞いたことがないかも。
それともこんなことを考える私が意地汚いのか?

<< 夢のように儚く | ホーム | 御施餓鬼月間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。