プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながる

結婚式のご招待から帰宅した日の夜。
お隣のお寺さんに沖縄のエイサーが来てくれる、夫が教えてくれました。
夫ら、地区の青年会で今日は津波被害に遭った地域で拝む、という話は聞いていたけれど。
エイサーも来るのだったか。
いわきと沖縄、浄土宗的にはつながりがあります。
いわきに伝わる郷土芸能の『自安我楽(じゃんがら)念仏踊り』
いわきで生まれた袋中(たいちゅう)上人というお坊さんが、
庶民に念仏を広めるために始めたものだといわれていますが、
その袋中上人が沖縄に渡り、念仏踊りを広めたところ、
エイサーに発展したといわれているからなのです。
比べてみると決して同じとはいえないのだけれど、
伝わった先の地域色によって変わっていくものだろうし、
異論もあるかもしれないけれど、私は夢があってこの説は好きです。

そういったこともあり、ここ最近、沖縄と交流があるのですが、
今回も震災で失われた命の鎮魂のために、と
東京でエイサーを踊る方たちや、本場沖縄からも久保田青年会の方が来てくださいました。
一日中、あちこちでエイサーを踊っていただき、
最後のエイサーを披露してくださったのはお隣のお寺さん。
お隣のお寺さんも袋中上人縁のお寺さんなので、締めにはふさわしく。
テレビや映像では何度か見たことがあるエイサー。
実物を見るのは初めてです。
大太鼓を打ちながら勇壮に踊る人、小さい太鼓を打ちながら軽やかに舞う人、
後ろで踊る男性と女性。
すっかり夜となったお寺の庭に、乱れることのない太鼓の響き、感動的でした。
そして、来てくださった青年会を指導されているという、
自治会の会長さんのご挨拶が、また、よかったです。
「沖縄も戦争で何もかもなくなりました。
 でも、今のおじいちゃん、おばあちゃんが頑張って今の沖縄になりました。
 ゆっくり、ゆっくりと。
 いわきもゆっくりと進んで行きましょう。」
ちょうど、沖縄戦に関する著作を読んでいたのも相まって
つい、涙が流れてしまいました。

会場となったお寺の方のご厚意で、
そのあとの交流会にも参加させていただきました。
みんな、明るくて楽しくて、酒飲みで。
おかげさまで、この連休は笑ってばかりいます。
これもご縁ですね。
またひとつ、誰かとつながることができました。

<< 女子ネイル | ホーム | いろいろな思いとともに >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。