プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

再稼働か、否か

たくさんな意見があると思いますが、
ここでは私が考えることを綴ってみたいと思います。

大飯原発の再稼働問題。
政府と電力会社は再稼働させたいという思いが強く、
自治体としては住民の反対も多いので難色を示している、
というのが現在の状況かと思います。
いろいろな思惑があることでしょうから、いちどきに解決する問題ではないとは思います。
でもあえて言わせていただきますが。
私は再稼働、必要だと思っています。
というのも、原発の電気を起こす仕組みを考えたときに、
動力となるのはいわゆる核燃料ですが、
この核燃料、使っても使わなくても冷やし続けなければいけないという問題があります。
そして、使っても使わなくても寿命が来るという何とも厄介なもの。
火力発電であれば、燃料は使わないままにしておけばそのまま置けるのだろうし、
発電所自体もお休みすることができるのかと思います。
しかしながら、原子力発電所となれば、
発電していない期間であっても、そこに核燃料がある限り
冷やし続けなければなりません。
冷やし続けるということは、循環器を動かし続けるということで、
動かすためには何かしらの動力、おそらく7電気が必要です。
現在、原発が止まってしまっているということは、
発電所でありながら、どこかほかの発電所で起こした電気を使っているということ。
これから電力不足になるといいながら、
発電所を維持するためだけにも電気が使われているという事実。

住民の方が不安になるのもわかります。
大震災時の東電の発電所の事故を見たらそういう気持ちになるものわかる。

でも、でもですよ。

やみくもに恐れてはいけないと私は思うのです。
確かに、事故は悲惨なもので、今までの対策がお粗末だったことがわかりました。
しかし、これからはそんなお粗末な状態ではやっていけないだろうし、
私たちの監視の目を厳しくなっているので、電力会社も対策を講じざるを得ないでしょう。
止まっている期間が長いほど、原発は電力を消費し、燃料も無駄になる。
そうなのだとしたら、対策を十分に講じた原発は再稼働させ、
そして、新しい燃料を注入しないという方法もあるのではないでしょうか。
よく、子供をダシに反対意見を述べる人がいますが、それはあんまり賢くない。
もっと勉強するべきだと私は思います。
無知ほど恐ろしいものはありません。
今更電気を使わない生活には戻れない、というのならば、
現在、炉に入っている燃料の寿命が尽きるまでは原発を動かし、
その間にいわゆるクリーンエネルギーの開発や移行を進め、
新しい燃料の注入はしない、というのが
今のところとしてはいいのではないでしょうか。
この意見はある経済学者の方も述べていましたが・・・
発車したら最後、行きつくべき終着駅がない。
やみくもに住民は反対しますが、
結果的にそういうものを選んだ自分たちにも責任がある。
地元にある、というのはそういうことでしょう。
(私たちの場合、生まれた時からそこにあったわけですが)

もっと冷静に、そして先を見据えて
いろいろなことを頭脳をフル稼働させて考える時期に来ているのだと思います。

<< 見頃です | ホーム | いわきの桜 >>


コメント

なるほど・・・。

こんな時だから、もっと冷静にならないといけないね。
私もみきこさんの日記を読んで考えさせられた。
日本全体の問題だから、しっかり考えなくちゃね。

>紅緒サマ

確かに、簡単に右から左へという問題ではないけれど。
なんだかわからないけれど、原発って怖いんでしょ、じゃ反対!っていうのはちょっと違うと思う。
現実に定期点検で止まっていたって災害に襲われれば事故になる。
4号機のようにね・・・
もっと仕組みとか成り立ちをお勉強しないとね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP