プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を見ましょう

久しぶりに映画館に映画を見に行ってきました。

図書館戦争 出演:榮倉 奈々、岡田 准一 ほか

最近話題の有川浩氏原作の小説を映画化。
舞台は近未来の日本。
国による書物の検閲が定められ、
良化特務委員会という国側の検閲組織があり、
図書館はそれに対抗するために図書館法という法律のもとに
図書隊という実質の軍隊を持ち、検閲行為、書物の奪還行為等に対抗するという、
本好きにとっては何とも恐ろしい世界を描くもの。
監督はGANTZの佐藤信介氏。
なので、小説では銃器を使ったかなり激しい実践シーンがあるのですが、
彼ならば、と期待を持って見に行ったのですが、
やはり期待を裏切ることなく面白かったです。
最近の日本映画はお金をかけられるようになっただけあって、
こういった架空の世界の戦闘シーンなどもリアリティがあって魅力的です。
さらに、配役もイメージを裏切ることなく。
原作では主人公の郁ちゃんのテンションにちょっと引き気味で読んでいた私でしたが、
榮倉さんの郁ちゃんは少し大人でよかったです。
さすが、ダ・ヴィンチの配役アンケートでダントツの結果になった二人です。

ただ、文庫で6冊、その一冊の厚さが3㎝もあるという大作。
続編を作らないと中途半端になってしまうような気がしますが・・・
今回の映画は1巻の話のみ。
求、続編。
そして、原作もおすすめです。

<< 食べたかった! | ホーム | 黄金週間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。