プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を見ましょう

震災の頃に話題作として公開される予定だった作品らしいです。

洋菓子店コアンドル 出演:蒼井 優 江口 洋介 戸田 恵子

幼馴染の男の子を追って鹿児島から上京してきた女の子。
ようやくたどり着いた洋菓子店には既に彼の姿はなく・・・
行く所がなくなってしまった彼女は押しかけでアルバイトをすることになります。
オーナーが女性のこのお店。
従業員はフランス人の男性と無口で無表情の女性のみ。
それでもガイドブックに載るほど有名で、お客さんが切れ目なくやってきます。
そんなお店で大した修行もしていない素人が働くってことには無理があるし、
彼女の自己中心的なっ性格が多少鼻につきますが、
信じた道を突っ走る勇気と度胸、
嫌いな人間に面と向かって嫌いと言い切れる強さが羨ましい。
そして、江口氏演じる伝説の菓子職人。
彼は自分の名前を冠した店を持ち、
注文が殺到する繁盛店の経営者でしたが、
ある不幸な出来事から仕事ができなくなり、
現在は製菓学校の教師や、洋菓子の批評家として本を書いたりして生活をしています。
そんな心を閉ざした彼も彼女のまっすぐな気持ちにふれるにつれ、
少しずつ前に進み始めます。

『神様のカルテ』の監督の作品。
淡々と進行し、少し退屈と思う人もいるかもしれません。
そして、その日常の中で訪れる少しの変化。
でも、日常ってきっとこういうことなんだろう、とも思ったりします。
どちらの映画も置かれた状況がたとえ辛くても、
最後にはちらりと希望も見えます。

また、出てくるケーキたちもとても美しく、出てくる端から食べたくなります。
そして、この洋菓子店に設定された建物が
話題だったドラマの『最高の離婚』でも使われていた建物で、
景色もかなりかぶったところが出てきます。
そういうところも見つけながら見るのも楽しみの映画です。

<< 感傷的 | ホーム | 残念・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。