プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

本を読みましょう

本日より再開の話題のドラマ。
原作も面白いです。

『おれたちバブル入行組』
『おれたち花のバブル組』
 著:池井戸 潤


最近になって売上ランキングの上位を独占していますが、
私が読んだのは2年くらい前でしょうか。
その頃、同作者原作の『空飛ぶタイヤ』というドラマにはまっていて、
その原作を読んだのが氏を知ったきっかけでした。
ハードカバーでありながら、スピード感のある展開で、すっかり引き込まれ
物語の途中で主人公の心が折れそうな事態になりながらも
針の穴ほどの希望が現れ、その希望の光がどんどんと大きくなり、
最後には弱き者が勝つ、というストーリーに惚れ惚れしました。
それはやはりドラマ化された『下町ロケット』という作品にも通じます。
彼の作品には男臭い“男の意地”が通(かよ)っていてとても大好きです。
今回は半沢直樹シリーズが大注目ですね。
このシリーズ、私が読んだ頃は「オレバブシリーズ」と呼ばれていました。
これを読んでの第一の感想は
「銀行で働くってこんなに恐ろしいことなのか」
というものでした。
少しでも成績が悪かったり、失策をやらかせば
“出向”という島流しが待っており、二度と銀行勤務には戻れない・・・
メガバンクで人材が有り余るほどいる銀行でのことなのでしょうが、
こんなことが待ち受けているのでは
自由な発想で働く、ということはできないな、と思ったのが印象でした。
ただ、そういう怖いことだけではなく、
主人公の半沢が困難に立ち向かい、最後には解決する結末は痛快です。
「おれたち花の・・・」の方には
精神的に追い詰められて出向させられた近藤が
出向先の不正を暴く事件が描かれており、そちらも感動的です。
ドラマでは描かれないのかな?

もちろん、ドラマも毎回見ている私ですが、
原作の半沢の方がもう少しインテリっぽいような気がするのは気のせいか?

<< 久々の強震 | ホーム | お盆週間、終わり! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP