プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

1000日に寄せて

今日は一日過ぎてしまいましたので、
地震が起きてから1000と1日ということになりました。
何か変わったか?
見かけ上、地震の前と同じ生活に戻ったかのように見えますが、
町の中には地震で壊れた建物を壊した後の更地が増え、
故郷を離れて別の地で生活を再建した友あり。
そして、沿岸部の津波被害地域には草がはびこる地面が広がるばかり。
いわきですらこうなのだから、
町ごと被害に遭った地域はもっと悲惨な風景が広がることでしょう。
もちろん、頑張って再興して、成功している方たちもたくさんいらっしゃいますが、
やはり、大多数の方々がまだまだ元通りにはなっていないのだと思います。

それなのに、ここ最近の国の動きときたら。
どうも、国民の人生を制限するかのような法律を作っていたり。
その大臣は福島県選出の議員なのですよ。
恥ずかしいことこの上ない。
あんな法律、できたばかりの頃は運用にも気を付けることだと思いますが、
だんだん時を経て国民の関心も薄れてきたら
いつの間にか国民は何も知ることができない国になっているのではないかと
とても不安です。
そして、民意の6割~7割がどちらかというと反対という統計も出ているのにも関わらず、
全く反映されず。
戦時中のことを描いた小説や漫画などを読むと必ず出てくる「特高」という機関。
監視組織がいつの間にかそういった恐ろしい弾圧組織にならないとは言えず、
私は何とも言えず、空恐ろしい気持ちになります。
そのうち、原発のこともテロ対策という名目のもと秘密になるのではないですかね。

しかし、被災地の現状を見たらそんなことしてる場合じゃないのにね。
津波被害地をどうするかどうかが決まっていない所が多くて
自主再建を決めた方もいるし、諦めたまま仮設での生活を続けている方もいます。
国の方針が決まらないから、県も市も何もできないのだとか。
待っていられない、とばかりに
家が流された跡地に家を再建して住んでいらっしゃる方もいるのですよ。
被災地の復興が最優先事項ではなかったのか。
しかし、民主党にもがっかりしたけれど、
独裁者気分の今の首相にも幻滅。
そして、そんな国会議員しか選ぶことができない私たちにもがっかりだ!
1000日後の今日がこんなに混とんとした日になろうとは思ってもいませんでした。
あの日以来生まれた子がもう3歳。
幼稚園に通いだすお年頃。
その子たちが大人になる頃に恥ずかしい世の中になっていませんように・・・

<< 音楽って素晴らしい! | ホーム | ほぼ完成 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP