プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

またしても!

近所の食品会社の配送運転手に気持ち悪い行為をされて困っている、と、警察に相談したのは去年だったか、一昨年だったか・・・
その時に相談を受けてくださった婦警さんのアドヴァイスに従い、通勤経路を変えました。
その後は少しおさまっていたので、忘れる、というわけではないのですが、こちらも少し警戒心が薄くなっていたかもしれません。

今朝のことです。
職場へといつもの時間に家を出て徒歩で通勤していた私の横に、急に車が横付けされました。
私はよく道を聞かれる人間なので、またそうなのかな、と思い、ちらっとそちらに目を向けると、
車体の横に書かれていたのはいつもの食品会社の名前。
たまたま、縁石で車道と歩道が分けられている広い道路だったのが幸いしたので、一定の距離以上は向こうも近寄れなかったみたいですが。
いつものごとく、運転手の顔は私からは見えない位置に停車。
そして助手席の窓は全開。
ぎょっとしましたが、なぜか急激に怒りもこみ上げてきて・・・

「何なんだよ、気持ち悪いんだよ!」

と、声を上げてしまいました。
その後、走り去って行きましたが、私の怒りは収まらず!
悔しかったのは写真が撮れなかったこと。
その後、夫君に報告しつつ、以前相談した交番に行った方がいいかな、というと
「え~、別に後でもいいんじゃないの」
という煮え切らないお答え。
相談した私がばかだった、と思いつつ、職場に遅れる旨を連絡して交番へ行きました。
そこの交番、女性生活安全相談所なんです、一応。
でも、行ったら、パトロール中とかで留守。
緊急連絡用の電話まで掛けましたよ、私。
そうしたら、やっぱり、田舎で、凶悪事件が起こらないからなのかなあ。
直接引っ張られたとか、もっと何かをされたとかじゃないと何ともしようがないというお答え。
それはそうでしょうでしょうけれど、過去にも相談しているし、その時は様子見って言われたけれど、とりあえず警察に言われたよ、ってことがわかるようにそれとなく店に伝えてよ、と思い、実際にそう言うと、
「それならなんとかできるかなあ。でもあんまり期待しないでね。」
と言われました。
今はここで済んでいるけれど、もっと発展してストーカーみたいになったり、薄暗がりに襲われたりしたら遅いんじゃないの、と心の中で思いつつ、電話を切りました。
何らかの好意を持っているんだね、なんて言われても嬉しくない!!
ていうか、女性をなめるなよ。

<< 馬子にも… | ホーム | 落慶式に向けて >>


コメント

前の日記を読み直したけど、該当する食品会社、なんとなく分かった気がします。

警察にきちんと伝えているとは思うけど、女性の人権相談を受付けてくれる機関もあるみたいだから、そこにも相談した方がいいかもね。

実害が無くても、不快な想いをしているなら、犯罪行為に等しいし、実害が出てしまってからでは遅すぎる。

こういった対応は後手後手になってしまう事が多いからこそ、自衛しなきゃいけないんだもん。物騒な世の中だよね。

しかし、いわきに限らず、モラルの欠如が、其処此処目に付くようになったよ(´Д` )

そんな人とも呼びたくない人間に負けないでね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RRサマ

我が家から徒歩10分にある食品会社です。
今回の警察の対応はがっかりでした。女性生活安全担当じゃなくて、昔ながらの田舎の警察官て感じだったから。親切ではあったけれど。
何かあってからでは遅いのだよ、と話しながらつい冷静に突っ込みを入れてしまった・・・
もう一度同じことがあったら人権相談の窓口に連絡してみようと思います。
女だと思ってなめるなよ、って言いたい。
でも、今度は何かされたらどうしようっておびえている自分もいたりするんだよね。

鍵コメサマ

コメントありがとうございます。
前回の記事は2012年12月5日でした。
御心配いただき、また、アドバイスもありがとうございます。
次回また同じようなことがあったら、警察と女性の人権相談窓口の両方に事績を残すようにしたいと思います。
こんな卑劣な奴に負けたくありませんし、泣き寝入りするつもりもありませんから。
勇気付けられます、本当にありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP