プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

馬子にも…

馬子にも衣装、と申しますが、我が家は馬子にも衣装なし、という方が正しいようで…

明日行われる新本堂の落慶式。
お坊さんはいいなぁ、衣体が決まっていて。
女性陣は、まぁ、その時々、その家の何となくの習慣によるものが大きいように思います。だから、打ち合わせやすり合わせが必要なのですが。
我が家はねぇ…
身内は着物、私はあるもので、というのが暗黙の了解。だから、集まりがある時に夫の身内(近々の)が着物を着て来ても、私だけは社会人の時に買った黒のシンプルなパンツスーツを着ていました。なんかなぁ、と心の中で思いつつもね。
でも、落慶式までそんな思いをするとは思いませんでした。二、三日前に、ふと、
「当日は何着るつもりなの?」
と問われ、
「いつもの黒いスーツしかないんで、それで…」
と返事したところ、それっきり。
昨日確認するとやはり夫側の女性陣は着物で勢ぞろいなのだそうな。
別に着物を作って欲しい、とかそういうんじゃありません。ただ、結婚して嫁いで来て以来、そういう心配をされたこともなく、ハミにされているような気持ちが拭えないのは何故だろう。そして、それを伝えた途端、じゃあ、明日着物来たら、なんていきなり言われても、下着も足袋も持ってないし、買いに行きたくても店だって終わってるし。着物なんて、こういうことがない限り着ないと思うし、借りたっていいと思ってるけど、それなら
「着物着ることもあるかもしれないから下着と足袋くらいは用意して置いたら」
と、なぜ教えてくれない。
この、自分達だけが良ければ他人は好きにしたら、という個人主義の家風、どうも慣れない。しかも、嫁だけが洋服で、あっちは嫁に行った娘まで着物でキメてたら笑われちゃうかもしれないし。そんなことで恥かきたくない、と思っているのは私だけなんだろうなあ、なんて考えていたら、自分の浅ましさが情けなくてお風呂に入りながら泣けて、泣けて…
明日の落慶式は晴れた瞼での出席になりそうだ…

<< 落慶式 | ホーム | またしても! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP