プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

落慶式

新本堂の落慶式が無事に執り行われました。
このお花はお祝いでいただいたお花の中から夫君セレクトで、夫君が自ら卓上花にアレンジしてくれたものです。私が褒めるのもなんなのですが、結構センスあると思います。

flower.jpg

朝から雨が降り、なんとなく蒸し暑いようなうすら寒いような、お天気としてはいまいちな落慶式の日だったのですが、いらしたお客様が
「こういうお祝いの日に雨降りはあんまり悪いもんじゃないのですよ。昔から「地が固まる」と言って、雨降りのお祝いはいいものなんです。」
のお言葉に慰められ。
落慶式の法要など、一生に一度見られるかどうか。
実家の母も見たがったので、来てもらい、私も途中から法要に参加。
貴重な経験を得ることができました、

しかし、そんなめったにあることではないからか、準備も後手後手、打ち合わせもほとんどない、まるでぶっつけ本番のような落慶式となってしまい、夫君は朝から、いや、その前日から、周りの気圧がぐっと下がるような気配を漂わせ、彼の実の姉ですら
「猛烈に起こっているから近付けない・・・」
と、逃げ出すくらいのありさま。
それは祝宴が半ばを過ぎるまで続き、おかあさんを含めた女性陣は当てられっぱなし。かろうじて私が時々反撃、という様相を呈しておりました。
私も朝から言い争いが絶えず、当日も“君子危うきに近寄らず”を貫きましたが、何かを自発的にやろうとすると「そうじゃない」と怒り、じゃあ、彼が始めるのを待つか、と様子を見ていると「誰もやらない」と、これまた怒る。
じゃあ、どうしろ、と言うの・・・
こんなに怒りまくる人だとは思わなかった・・・
半ば呆れつつ。
とりあえずは無事に一日が終わってやれやれです。
これからの繁忙期を前に木の香、畳の香も新しい本堂になって良かったです。
これで、御施餓鬼もお盆もお彼岸も、お檀家さんの皆さまには気持よくお参りしていただけます!
また、お檀家さんではない方も新しい本堂へ、どうぞ、お参りください。

<< 豊作ではありますが | ホーム | 馬子にも… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP