プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読みましょう

なでし子物語 著:伊吹 有喜

『四十九日のレシピ』で有名な伊吹氏の作品。
おとぎ話と現代のお話がごっちゃになったような不思議な空間で過ぎる日々のお話。心から愛されることを知らない子らと、その子らを取り巻く大人たち。
母に捨てられた少女が祖父のもとに引き取られ、祖父が働くお屋敷で過ごすようになるが、学校でもいじめられ、愛を知らずに育った子供。また、療養に来たお屋敷のお坊ちゃんも父は忙しく、母は出て行ったきり、体が弱くて友達もいない。家庭教師とともに少女のお世話になるお屋敷にやってくる。
昔のまま時が止まったようなお屋敷。そして、昔の思い出の中に住まう女主人。
二人の子供たちの出会いは地域に伝わる昔話のようで感動的。
少女に興味のある少年に、少女はなかなか心を開けない。愛を知らない、とはこういうことなんだろうか、と思う。
でも、少年に付き添う家庭教師のおかげで少しずつ少女にいろいろな変化が訪れる。そして、少年も変わる。お屋敷を預かる大人たちも変わる。
内容としては少々重たいものがあるが、伊吹さんの文章の面白さで続きをどんどん読みたくなる。どうやら続編も計画されているよう。また一冊の本となって手許に来ますよう、楽しみな作品。

<< ヨガでした | ホーム | お彼岸でした >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。