プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

眼科にて

コンタクトレンズ使用者の私。
使用年数も20年を超えると、ネットや駅●コンタクトなどで安価に購入する方法もありますが、そういうところで購入し、合わなくて眼科を受診したり、トラブルになってしまった方を見かける機会も少なくありません。
定価で買っていてばかみたい、と言われることも多々ありますが、私は安心料と保険料だと思って眼科で購入することにしています。
ただ、眼科で購入するのには時間の余裕と多大な忍耐力が必要で・・・
いわきの眼科、混み過ぎ。
しかも、朝行こうが、昼行こうが、夕方行こうが、その大半が高齢者。
若い人は長期休暇の学生か、仕事帰りの人くらいしかいない。
2時間待って3分診療という、学生時代から続く眼科での時間を過ごしながら、これ全部が医療費1割負担かあ、と愕然とし、田舎の眼科ですらこうなのだから、全国的なことを考えるとあまりにも途方もなくて呆然としますね。
この国の抱える医療費赤字が減らないわけがわかるわ。
長生きするって、こんなにも病院に罹りながら薬を飲みながら達成するものなのか?我が家でも実家の父が入院生活を余儀なくされていますが、その姿を見るたびにとても考えさせられます。
寝たきりだろうが、意識不明だろうが長生きは長生きですからね。みんなが願うのは健康で自分の身の回りのことは自分でできる生活が送れることでしょう。その理想とあまりにも現実がかけ離れていることを強く感じるようになりました。
某国では食品に含まれる食塩の含有量を、数年かけて徐々に減らしたことで、生活習慣病にかかる人が減り、その結果、医療費の削減に成功したのだとか。
そう考えると塩分て知らず知らずのうちに摂取しているので、目の付け所が、なるほど!という感じでした。
塩分の摂取量が多くなると高血圧にもなるし、そうなると心臓や脳疾患が増える。
そういう疾患は予後が長いから医療費がかさむ、という悪循環の始まりなのですよね。
そして、塩って、こんなのにも入ってるの?って言うぐらい、なんにでも入っている。
自炊する人ならば少し減らす、ということも出来るでしょうけれど、世の中、店屋物やお惣菜で生きている人も少なくないですからね。若い人は男性も女性もこういう方多いですし。

だけど、日本て、そういう話聞かないなあ。
国が一丸となって取り組むとか。
健康管理とか、病気予防とかって、何となく個人任せのような。
これからはますます惣菜や出来合いのものを買って食べるという生活を送る高齢者が増えることでしょう。
売っているものってどうしても味が濃い、その方がおいしく感じるし。
そして、人間は慣れてしまう生き物だからもっと味が濃いものが欲しくなる。
塩をたくさん食べてるっていう感覚が薄いのもあるし。
これからの日本人は長生きできないかも、ますます人口が減るかもなあ、なんて、意識は遠い未来まで飛んで行ってしまいました、あまりにも長く待つもので。

そんななので、待合室にあふれる高齢者の方々を暗澹たる気持ちで眺めながら帰ってきたのでした。

<< 年末年始はリハーサル | ホーム | COPDについて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP