プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年後の今日

今年も今日という日がやって来ました。
3月11日。
忘れたい、忘れられない。忘れてはいけない。
毎年、今日という日になるといろいろな思いがふとした時によぎります。
常に考えているというわけではないですが、やはり、町の中の空き地が目に入った時のように何気ない風景を目にした時などに思い出されることがあります。
でも、あの日、地震の被害にはあったけれど、体は大丈夫だったから、今日という日を忙しく過ごすことができています。
知り合いで亡くなった方ももちろん、います。
いわきも津波がやって来ましたから。
そう考えると、申し訳なく感じることもあります。
津波の映像や、壊れた家並みの画像を見ると胸が苦しくなるようになりました。
私はそういうことから無縁な人間だと思っていましたが、心はそうではなかったみたいです。
でも、やはり、被害に遭わなかった地域では忘れられてきているという実感。
神戸の人の焦りや悲しさが本当によくわかります。

職場では今年も黙祷が行われました。
あの日と同じ職場、同じ部屋、同じ席。
あの時の情景がありありと浮かびます。その時に見ていた書類まで思い出すことができます。
何度拾っても転がり落ちてくる赤ボールペンを何度も拾い続けていたことも。

首相のご挨拶は何だか空々しくて何だか遠い国の話のよう。
他の国に戦争に行けるように憲法を変えることよりも、東京電力が私たちの県に作った原発を早く取っ払ってもらいたい。あの施設は雇用も生んだかもしれないけれど、お金で買った雇用は故郷を奪っていった。
そして、各地に散らばる原発はもう、収束の方向へ目を向けて欲しい。地元の活性は違うことから生まれて欲しい。
それだけのことがどうしてあの人には伝わらないのだろう。
心を亡くした人が舵をとる国の行く末。
そして、報道でもだんだんと扱いが小さくなってきていますね。
やって5年目までかな、という気もしています。
こちらの天気予報では毎日『空間放射線量』の測定値や、海水からの放射性物質の濃度なども一緒に放送されます。
こんなことが日常で無くなる日が早く来るといい。

<< 終末期を迎えて | ホーム | 神も仏も >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。