プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の一週間

父が亡くなり、早や一週間が過ぎました。
とはいえ、通夜式~告別式が終わったのは、実は昨日です。
亡くなった日に葬祭場に連絡し、お寺に連絡したところ、季節がらか、亡くなる方が非常に多いとのことで、お寺さんも空いてない、斎場も空いていない、はたまた、火葬場もいっぱい。そして、さらに悪いことには日にちが悪い。
何だかんだとうまいこと行かずに、日にちがずれ込み、ようやくすべてが済んだのが昨日、今日でした。

しかし、亡くなって間もなく、父にもまだ体温が残っているうちに、お世話になっていた病院の方から
「葬祭場を決めてください」
「自宅か、葬祭場か、搬入する先を決めてください」
と、次々に言われる・・・
何だかまだ現実味がないうちから事務的なことを次々と言われるとは、仕方のないことわかってはいても、冷たい対応のように感じてしまいますね。母は息を引き取るところから父のそばにいてくれたので、覚悟をしていたことは言え、やっぱり動揺していて、事務的ないろいろをこなすのは少し酷なことに思えました。
しかも、一時間以内に搬出して欲しいとも言われ・・・
こんなものなのでしょうね。
まだ布団の上にいる父を横目に私物をまとめ、何となく追い出されるような気持ちもしつつ、病室を後にしました。 それからはまさに怒涛の日々。
当日は父を自宅に連れ帰り、安置するのと、いろいろな聞き取りで終わったのですが、次の日からは父の姿を整えに来てくださったり、葬儀一切の担当者の方がみえての打ち合わせ。
何人くらい来ますか?と聞かれても、父はすでに現役じゃないし、あんまり人付き合いのあった人じゃないし、親戚はこれくらいだから、と数えても、肝心の母が混乱の極みでちっとも頭に入っていない様子で心もとないし。
私は親戚のことは少しは分かるけれども、親しい人がどれくらいいたかは全く分からなくて、担当の方にはたくさんご面倒をかけてしまいました。
それでも、いろいろなものを注文する都合があるので、無理やりにでも割り出さなくてはならない。母のお尻を叩きながら何とかかんとか数字を決めたり、聞かれたことに答えたりしましたが、本当に人が死ぬって大変なことですね。
うちは葬儀まで日にちがあったので、考え直したり、追加したりと準備期間があったからまだ良かったけれど、たいていは亡くなって二、三日のうちにこれを決めなくてはならないのですね。そう考えると、ご法事を申し込んでくださる檀家さんたちは、この煩雑な行事をしっかりと乗り越えてきた大先輩なのだな、と感慨深い思いになりました。

とても頼りない母娘のコンビでしたが、夫君をはじめ、いろいろな方のお力をお借りして無事に葬儀を終えることができて、今は本当にほっとしています。職場の方にもご迷惑をおかけしておりますが、皆さんから仕事のことは大丈夫だよ、と温かいお言葉もいただき、本当にありがたく思っています。

病院から帰ってきた我が家に4日いた父も、14日にはお骨になり、お墓に入るまで自宅で過ごしてもらいます。
あんなに帰りたがっていた父ですので・・・
思っていたよりもたくさんの方がお別れに来てくださって、父も喜んでいるのではないでしょうかね。

<< 知らないことだらけ | ホーム | 苦闘の末 >>


コメント

本当、人間が亡くなるということは、
大変だし凄いことですよね。

僕もすごくお世話になった方が、
4月7日に急死されました。

亡くなるという凄さと同じくらいに・・
人間が生きているということも、
実は凄いことなんだろうなって、
本当にそう思うの。

お父様のご冥福を、
心よりお祈り申し上げます。

合唱。

tani様

しばらくお返事が出来ずに申し訳ありません。
コメントありがとうございます。

本当に、人が生きていることも亡くなることも大変なことなのだと、身をもって体験しました。
本当ですね。
無事に今日を生き切り、明日を迎えるということはすごいことなのですね。

また、残された者にとって、人が一人亡くなった後の事務処理の大変なことといったら。
しばらくは悲しみに浸る間もなさそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。