プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年経って、今日

5年前のまさに今日、あの恐ろしい地震が起きました。
今日は朝から何となく気持ちが落ち着かず、ただただ、何事もなくあの時間が過ぎ、一日が終われば良いなあ、とそんなことを思いつつ、職場へ。
5年前と同じ繁忙期の真っただ中で、5年前と同じ作業を黙々と繰り返しつつ、あの日のことを思っていました。
あの時刻がやってきて、職場で黙祷があり、外ではサイレンが鳴り、その時間は何事も過ぎ、今日もあと数時間で過ぎようとしています。
あの日から5年。
5年も過ぎたら、もっと、目に見えて何かが進んでもっと良くなっていると思っていました。
でも、そんなことはないですね。
沿岸部はまだまだ更地だらけで、新しい家もちらほら建ってはいるけれど、元のようなのどかは風景ではない。
あちこちに仮設が残り、復興住宅が田んぼや畑をつぶしたところに建っている。
いわきの人と相双の人が仲良くなったようにも見えない。
それでも、都会に住む人たちは「もう復興してるんじゃないの?」という目で見ていると感じる。
夫君は今日のような日に東京に会議に呼び出されてることからもそう思う。
宗教家として本来であるならば。
自分から被災地と呼ばれるところに赴いて、こちらのお寺に来てお経の一つでもあげるのが気持ちのある人のすることなのではないだろうかと思う。
夫君は抗議をしてみるとは言ったけれど。
宗という大きな組織の中で給料取りのサラリーマンになってしまうと、そういう心までも“亡くして”しまうのか。
そのおかげで、私はあの日と同じように家で一人、時間を過ごしている。
あの夜とは違うのは空気に人々の恐怖の色が含まれていないことかな。

朝から特番を流しっぱなしのテレビ。
何となく気持ちが滅入ってくるのは私だけなのだろうか。

慰霊の日に一人で過ごす夜に。

<< 命日でした | ホーム | あの日と同じ >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。