プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密かに衝撃

先日、仕事の帰りにすれ違った中学生が大きな声で話しているのが聞こえました。
その内容というのが、
「あいつさあ、親せきの法事で休みって言ってたよ」
「は?法事?何それ!」

・・・

全く関係のない通りすがりの私でしたが、思わずずっこけそうになる体と荷物を必死で抑えました。
冗談かな、と思ったけど、どうもそうではないらしい。
一緒に歩いていて「法事で休む」情報を提供した彼も少々困惑顔。

確かに、法事に親戚が集まってお寺に来て、そのあと会食をするのはたいてい一周忌だけ、というところも多いようですね。
三回忌ともなるとほんとうにうちうちだけで、息子さん夫婦か娘さん夫婦だけ、孫も来ない、というのも多いかなあ。
だから、その子は法事に呼ばれた記憶がないので、法事という言葉を知らなかったのかなあ、なんて。
何というか、寂しいですね。
法事をやる、やらないだけの話だけではなくて、人と人の繋がりがうっすいような気がして。

私も父方の家系はそういうことに無頓着な家系だったので、父方の親戚との付き合いが薄いので何とも言えませんが、幸いにも母方の家系は親きょうだいの結びつきが強くて法事やらなんやらしょっちゅう集まっていました。
母だけが郷里から離れて暮らしていて、私も一人っ子だったので、親戚に会えるのはとても楽しみでした。

母の郷里はいわきよりももう少しのどかなところだったので、今のように会食するお店や仕出しがたくさんあったわけではなく、伯母や叔母たちが忙しく台所仕事をしていて、従弟たちはその手伝いをしたり、邪魔にならないように外に出されたり。
その合間に聞く大人たちの話もとても面白くて(子供が聞いてはいけない親戚の秘密もあったりして。
今でもとても良い思い出です。

そんなことを思い出しつつ、そういう自分以外の誰か、何分の一か自分と血が繋がっている、とわやくちゃに過ごす思い出もなく大きくなっていくのだなあ、彼は、と思うと残念に思ったり。
そうかと思うと、母と娘の関係はより濃く、じじばば世代は孫孫と大騒ぎ。
偏りを感じなくもないこの頃。

<< 本を読みましょう | ホーム | 暴力やら嫌がらせやら >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。