プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

朝ドラ

そろそろ、今放送中のNHKの朝ドラも切り替えになりますねー。
私は普段は滅多に朝ドラは見ないのですが、今回は私の好きな「暮しの手帖」の創業者で働く女性の第一人者の方がモデルということで、わりかし熱心に見ています。
(それでも前半は見ていなかったので、後半の雑誌を作る辺りからなのですが)

私は小さい頃から変わった子供で、「婦人画報」とか「暮しの手帖」を愛読してました。母はそういう雑誌には全くと言っていいほど興味が無かったので、食事に行った先とか、図書館で読むのが楽しみでした。
何というのか、昭和のハイソな奥様という感じの雰囲気がとても好きなのです。昔でいう、山の手の辺りで暮らす奥様、というか。
今でもたまに買うと、昭和の名残のある文章や内容に感動します。まだ、こういう風に、日々の生活に手や時間をかけようとする人達がいるのだなぁ、と。
ドラマでいうところの「商品テスト」のコーナーも大好きです。雑誌によくある、メーカー寄りの褒めまくっている商品ページとは違い、幾つもの似たような製品の丁寧な比較は、それを買う、買わないに関わらず、とても参考になります。

そんな素敵な雑誌の編集の方がモデルのドラマですが、最近は事実と違う、などと話題になっていますね。
ドラマなのだし、事実と違うのは当たり前なんじゃないの、なんて私は思ってしまいますが…
もし、ドラマで実在する方をモデルにしていたのなら、これはドラマなのだから、本当のところはどうだったのだろう?と伝記なりなんなりで事実を知ればいいのじゃないのかなぁと思ったりします。
ドラマは所詮、ドラマで、面白おかしく作っているわけですから。
史実も知れば、そうしたら一層ドラマも面白く見られるのではないかなぁとも。
ま、尊敬している方があまりにも異なる様子で描かれていたら憤慨してしまう気持ちもわかりますけれど。
だからと言って、それを煽るようなこともしなくても良いのではないかなぁ、とちょっと残念です。

ドラマも残りわずかですね。
私は楽しんでみたいと思っています。

<< 本を読みましょう | ホーム | 雨のお彼岸 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP