プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和への祈り②

広島も2日目。
朝はまず腹ごしらえ
たいていは洋食のブッフェスタイルで簡単に済ませてしまいますが、
今回は『和定食』にしてみました
20071014201314.jpg
朝から盛りだくさん
ひじき煮から焼き鮭から含め煮から・・・
夕食?というくらい盛りだくさんの朝定食。
最初は食欲無さ気にしていた夫も、ごはんをオカワリ
差額を払えば朝粥にも変更できたとのこと。
朝から大満足
腹ごしらえしたところで、早速出かけましょう!


宮島~平和記念公園
路面電車を使って世界遺産の厳島神社のある宮島へ
20071014205915.jpg
路面電車
一日乗車券を買って電車に揺られること45分。
路面電車、初体験ですすっかりオノボリさん。
車掌さんがナナメ掛けしているかばんが昔ながらのがま口タイプだったりするので、
カワイイなあと眺めつつ、宮島口へと到着。
20071014201815.jpg
フェリーに乗って宮島へ
フェリーに乗って約10分。
大鳥居が見えます。
20071014201948.jpg
なんて立派な・・・
足元を見れば・・・
20071014202014.jpg
宮島の鹿
600年も前から住み着いているという鹿。
奈良の鹿と違って、人間にはあんまりキョーミ無し
面倒くさそうに日陰に寝そべっていました。
20071014202002.jpg
厳島神社
台風が来るたびに壊れてしまう厳島神社
それでもそれは自然の摂理に適っていて、ご神体を守る最善の方法なのだそう。

中へ進むと何やら人だかりが・・・
20071014202026.jpg
結婚式!
人様の結婚式を堂々と写真を撮れてしまうのも観光地ならでは
厳島神社で結婚式なんて一生の思い出になるだろうなあ
チョット羨ましかったりして・・・

続いて平和記念公園へ。
『原爆ドーム前』という駅で下車。
すると目の前に原爆ドームが。
20071014202958.jpg
原爆ドーム
20071014203032.jpg
裏から見た原爆ドーム
原爆が落とされる前、とてもモダンでステキな建物だったと聞きます。
一発の原爆が落とされ、町はずべてを失いました。
過去の記憶を留めるために必死に建っている原爆ドームを目の当たりにすると
涙が出そうになります。
平和公園のほうへ歩きながら原爆ドームを振り返ると、
道路を挟んだ向こう側に建つビルが大きくて、原爆ドームが消えてしまいそうに見えました。
今の日本の気持ちを表しているようでとても悲しい気持ちになりました

20071014203242.jpg
原爆の子の像
遠足や修学旅行の子供たちがたくさんいました。

20071014203324.jpg
原爆慰霊碑
“安らかに眠ってください。あやまちは二度と繰り返しませぬから”
で有名な慰霊碑。
この言葉が世界中の政治家に届くことが無くてホントに寂しい。

その後は原爆資料館へと行きました。
遺品の数々を見ていると、親はどんな気持ちでこれを寄贈したのだろうか、と
考えます。
原爆がもたらした悲劇。
日本人は決して忘れてはならない、と実感します。
また、見学している人に外国人ばかりなのが悲しい。
これから親になる人たちにぜひ見てもらいたいと思いました。

資料館を出ると程よく夕方。
ホテルへと帰りました

夕食には高級鉄板焼きに挑戦
ウエイターさんがソツの無いサービスのために目を光らせる中、
とても高級そうなサシのたくさん入ったサーロインをご馳走になりました
画像が無いのが残念。

いよいよ明日は最後の日

<< 平和への祈り③ | ホーム | 平和への祈り① >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。