プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を見ましょう

今年は「偽」の漢字が当てられるほど、
品質に関する謝罪会見や謝罪広告を見た年でしたが・・・
この映画を見て少し反省しましょう

スーパーの女   
        出演:宮本 信子 津川 雅彦


津川雅彦さん扮するゴロウが経営するスーパー“正直屋”を幼馴染のハナコが立て直すお話。
この映画を見てスーパーの裏側を初めて知りました。
そして、スーパーが日常的に行っている不正の事実も・・・
肉や魚、そしてお惣菜。
この映画にはすっぽりと今年1年に公にされた不正が当てはまると思います。
ちょうどこの映画を久しぶりに見たときは『県庁の星』を読んでいたこともあり、
私の頭の中でお互いの話がオーバーラップしてきてとても面白かったです

ハナコの言葉遣いがぞんざいなのも良いテンポとなって話の進み具合が子気味よいです。
そしてハナコのうらやましいほどの実行力で自分の勘を信じて突き進んで行きます。
それもこれも“正直屋”に来てくださるお客様のため・・・
映画だから理想の物語だけれど、こういう気持ちでお店を経営してくれるスーパーがあったら
私も通っちゃうなあ。働いちゃうかも。

うちの家族は伊丹十三監督がダイスキで、
小さい頃からいろいろと見せられていました。
(結構コドモにはキワドイシーンも多いのですけれど
難しいことはわからなかったけれど、子供ながらに面白くて
夜更かしをしながら見ていたことを思い出します。
今も生きていたらイイ映画を作っていただろうなあと思いつつ。

伊丹監督の映画は、家族が集まって見るのにとても良い映画ばかりですね。
久しぶりにいろいろと見たくなりました。

<< ご当選! | ホーム | 戦利品 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。