プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寺に行こう!

お盆の慌ただしさも落ち着き、いつものお寺が戻ってまいりました
行きかう車の音、本堂の鐘の音、お参りの方たちの話し声に変わって、
今日聞こえているのはセミの声と、お向かいの公園の放送・・・
季節ごとに変わるとはいえ、毎日聞こえる童謡、
それから、一字一句変わらない公園のおじさんの放送。
(遊具の出発、停止の連絡、冗談や軽口に至るまで、毎日一緒です)

お参りの方が途切れている間に、外トイレの掃除などもしつつ、過ごしております。
使い方がモノスゴイのはいつものことですが、
赤ちゃんのオシリのカタチそのものの紙オムツとか、
タバコの吸殻を捨てるのは止めていただきたいなあと思います
前者はマナーの問題ですが、後者はもしかしたら火事になる可能性もありますので・・・
ゴミ箱やトイレについては、本当に呆れてしまって何も言えません
ゴミ箱については、棚経から帰った夫が汗だくになって墓地中を回り、
ゴミ箱の中にカラダを突っ込むようにして、分別して回りました。
夫にも感謝です。

さて、お盆となると、春や秋のお彼岸よりもお寺の方へ回っていただく方が多く、
大変ありがたいことです。ありがとうございます。

ただ、そこでチョット気になる点が・・・

回っていただく方には年配の方が多く、
お寺のおかあさんが
「どうぞ、上がってお茶でも飲んでください」
と声をかけますと、たいていの方が
「いや、子供や孫やらがあっちで待ってるから」
とおっしゃって、辞退します。
上がっていく、いかないは、まあ、また別として。
(最近はあがってお茶を飲んでいく方は少なくなりましたが)
お寺のほうへ寄っていってくださる、ということは
ご寄付をいただいたり、護寺会費をお支払いしていただくことも多いのです。
護寺会費というのは維持費、墓地等の清掃料と言った経費を
年間一定の金額で檀家さんに納めていただくわけですが、
代替わりすると、支払いが途絶えてしまう檀家さんもいるのです。
おばあちゃんは払っていてくれたけれど、息子さんになったら・・・ということですね。
おそらくは、そういった経費を支払う場面を見たことがないからでは、と思うのです。
車で待っている、とか、離れた所にいると、
どうしても、そういう場面を見る機会は少なくなってしまいます。

受け継がれていかないのです。

せっかく、お墓までお参りに来たのです。
本堂におまいりしたついでに、お坊さんや、奥様とお話してみてはどうでしょう。
お坊さんは見かけはコワイかも知れませんが、たいてい話好きで優しい人が多いです。
奥様もお茶やお茶菓子を勧めてくれます。
お下がりものの珍しいお菓子があるかもしれません
そして、私のような見習いも、檀家さんとお話しする機会が増えて、
お顔を覚えることが出来ます。

忙しい時間のやりくりの中、お参りに来ていただいているので
ゆっくりは出来ないかもしれませんが、
ぜひ、お参りに来られたら、庫裏のほうへもお寄りくださいませ。


<< 今日から仕事です | ホーム | お留守番の友 >>


コメント

私もさっき、お寺まわりを軽く見回ってみました。
うちのお寺はゴミ箱を置いていません。
というわけで、たいていの方はお花やごみを持ち帰って
くれるのですが、やっぱり隅のほうにありました。
こっそり置いていく人は絶対いるのですね・・・。
ちょっと悲しくなった出来事でした。

お寺だけではなく、公共的な場所って
どこも同じ悩みを抱えているでしょうね。
花火大会の後をテレビで放送されていましたが、
やはり、ゴミ問題を特集していました。

お寺って若い人にとって面倒くさい場所なんでしょうか。
お寺参りはまだ早いとか、よく聞きますね。
仏教が葬式仏教になってしまった負の部分かなと、
思いますね。

>minaサマ

見回り、お疲れ様でしたi-203
やはり、ゴミ箱撤去!ということになりますよね。
お隣のお寺さんもゴミ箱を置いていません。
でも、どうやっても置いていく人は置いていくんですよね~。
奥深くにゴミをねじ込まれるくらいなら・・・と撤去までは出来ていません。
いたちごっこ、というヤツ?

>美奈サマ

おそらくそうなんでしょうね。
花見にお祭り・・・
地元のお祭りでは、大学生が部活のユニホームを着て
ゴミ袋とゴミばさみを持って巡回していました。
ゴミを拾っているその目の前では捨てづらい、
ましてや熱心にスポーツをしている学生さん、という心理戦かと思われます。

お寺参りに遅い、早いはナイと思うのですけどね~。
お父さんお母さんと来るよりも、
おじいちゃんおばあちゃんに連れられてくるお孫さんの方が
気軽に来てくれるし、上がっていってくれますね。
お寺=穢れ、というような図式なんでしょうか。
法事やお葬式でしか来ない、という人も多いからなあ。
それに、お寺だけじゃなくて、いろいろな伝統において、
次の世代に伝えるということが途絶えているような気がします。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。