プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読むシアワセ

私は筋金入りの活字中毒者でゴザイマス
両親共に読書好きだったし、小学生の頃は児童図書館に足繁く通い、
親戚の集まりでは久しぶりに会った親戚との会話にも交わらず、
そのお宅にあった本を貪り読むような子でした
いつも何かしら活字を読んでいれば幸せな体質になってしまいました。

たいてい、気に入った本は手元に置いておきたいと思い、
吟味した上で買っていたのですが
どうも、収納するということにおいて難しくなってきたことと、
買わなかったけれど読んでみたいかも、と思う本が増えてきたことで
図書館を利用しようと、ずっと思っていました。

最近、地元の図書館がエラク近代的になって移転オープンしました。
何度か行ってみたところ、
しばらくぶりに行く図書館は本の背表紙がぐわ~っと迫って来るカンジで・・・
貸し出しカードを作ろうといったのに、なんだかわからなくなってしまい、
雑誌を読むくらいで何度か帰ってきてしまいました。
システムが近代的になったことにも抵抗を感じたりして・・・
それに、本屋さんとも違って、図書館で読みたい本を探すのには、
何かしら“慣れ”のようなものが必要なようです。

会社勤めの後半、私のココロは少し疲れていました。
大好きな本も文字を追うことができなくて、ずっとずっと本が読めない日々がありました。
雑誌のような軽いものは読めるのだけれど、
きちんとした本のカタチをとるものは内容がサッパリ頭に入らずに・・・
ココロが病む、とはこういうことから始まるのか、と、ある意味、衝撃でした。
本が読めないということは本当にツライことでした。
それだけで自分が壊れていくような気がしました。
仕事から離れ、だんだんと時間が経つにつれて
エッセイ程度の軽いものが読めるようになり、
長めのルポルタージュがが読めるようになり・・・
小説は登場人物に感情移入が出来なくて、しばらくは読めないことが多く、
話題作も全くといっていいほど、読んでいませんでした。
今はそんなこともなく、小説もエッセイもルポルタージュも読めるようになりましたが。

何気なく、本が読めるということ。
それだけでも、とても幸せなことなんだと、
図書館で本を選び、借りて来ることもできるようなった今、感謝しています。

<< 風邪を引いてしまいました | ホーム | 求ム!家族サービス >>


コメント

私は、逆で活字が大嫌いだったんですよ。
文章を読んでも頭の中で想像できない子だったんです。
それもほんの最近まで・・・。
それが、臨時で働いた時に、女の主任さんが
無類の本好きで~。色々貸してくださるので
読まなければいけない状況になりまして・・・(笑)
ところが、読んでいくうちに面白くて
それから本が大好きになりました。
『本は財産だから、購入するの~ウフッ』と言っていた
主任さんの顔が今でも忘れられないです。
風邪、悪化しないように気をつけてくださいね。

>美奈サマ

周りに本を読む方がいると影響されますよね。
私の場合は両親と、同級生の影響が多いかな。
必ず本好きが近くにいたのです。
美奈さんが読まなくちゃいけない状況になりつつも
本好きになったということは、
きっと潜在的に本が好きだったんですよ。
そうじゃなければナカナカ読めるもんじゃないですもん。

財産かあ。確かに。
ドラえもんの道具がナイともう本を置ききれない我が家。
何とかしなくては・・・

ありがとうございます。
薬飲んでとっとと寝ます。

本っていいですよね。
でも高いから僕もよく図書館サマのお世話になっています。

自分の体調とかココロの状態で読む本って変わると思います。
小難しい仏教書ばかり読んでいると、あえてお馬鹿なエッセイとか読んでバランスをとるようにしています。本はクスリですね。

お寺で図書館!まではいかなくても、お寺で図書室とかやりたいですね。
僕の秘かな夢です。

>shunkenサマ

私も図書館らぶです。図書館バンザイ。

確かにココロの具合次第で変わりますね。
本が読めない状態を味わった時、
何気なくしている“読書”、これってありがたいことなんだと気付きました。
ただ、文章が上手な作家のエッセイなどを読むと
ついつい引きずられてしまって困りますi-201

お寺で図書館、イイですね。
いろいろな人がなんでもないときに来てくれるお寺、理想の形ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。