プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

映画を見ましょう

ずっと気になっていた映画です

おくりびと 
         出演:本木 雅弘、山崎 努、余 貴美子、笹野 高史、広末 涼子 他


山形が舞台。
挫折したチェロの奏者が『納棺師』となるまでのお話。
湯灌師、という職業がそれに当たるのでしょう。
私は実際に自宅で湯灌をしてくれる方が来て、
遺体をキレイにしてくれるところを見たことがナイので新鮮でした。
それに、映画『ファンシイダンス』でステキなお坊さんの所作を見せてくれたもっくんですもの。
納棺師の所作も大仰かつ、彼独特の冷静さでとても良かったです。
私の好きな余貴美子さんが事務員さん役で出ていたのも良かった。
また、ただそれだけではなくて
家族が亡くなった時に“あの世”に旅立つお支度をする所を
皆で見守り、けじめをつける、という儀式を見られるというのは自宅葬ならではですね。
死に対する日本人の感情の動きも伝わってきて私は良かった。

私はお寺に嫁いできたから、結構こういう職業もありかな、と
淡々と思えたのだけれど、
主人公の奥さんが夫の再就職先が納棺師だと知ったときに
「汚らわしい!」
と、夫の手を振り払うシーンがあります。
最後にはきちんと理解してくれるようになるのだけれど、
汚らわしいのか・・・となんとなくショックでした。
お寺っていうのも似たようなものなのかな。

しみじみとしていろいろと考えさせられて、良い映画でした。

<< バナナのケーキ | ホーム | お待たせしております >>


コメント

私も原作読みました。

主人公の奥さんが夫の再就職先が納棺士だと知ったときに
「汚らわしい!」
と、夫の手を振り払うシーンがあります。

↑私もこの台詞で「えっ?」と思いましたよ。
なんでけがらわしいのだ!と。
あ~でも、一番身近な人が突然この職業についたら
そう思っちゃうのかな?
しかも、前の職業がチェリストですもんね。

映画もぜひ見てみたいです。

観てみたい

唯一の夫との、共通の趣味が映画という私たち夫婦。
この映画観たいなあ・・・って思ってました。
そっかあ・・・汚らしいかあ・・・
死というものが、そんな風に受け止められてることは悲しいですねえ。
でも、学生時代に解剖実習したときには、そんな風に思ったことがあったことを思い出しました。今は、そんなこと全くありませんけどね。
人が亡くなられて荼毘にふされるわずかな時間に、立ち会える人って、身内以外には貴重な存在のはず。汚らしくはないと思うんだけどなあ・・・

お元気でしたか?
私もこの場所に嫁いで、死というものに
ちゃんと触れるようになったと思います。
汚らしいという言葉にはショックですが、
それだけ、死というものを忌み嫌っている
証拠なのかなぁ~。今度、映画観てみますね。

>minaサマ

この映画の原作があるんですね。
ぜひ、読んでみよう。
私も、夫が急に納棺士になったら驚いちゃうと思うけど、
「汚らわしい」とは思わないと思うなあ。
オモシロイからいろいろと聞いちゃうとは思うけれど。
(夫の職業を聞いた時も、質問攻めにしてしまった私です)

映画の方も見てみて下さい。

>たいちゃんサマ

ご夫婦で映画・・・イイですねえ。
お互いに乾燥を言い合ったりとか、うらやましいです。
イイ映画でしたよ~。
配役もホントに良かった。
私は汚らしい、というよりは怖くないの?と聞いてしまいそう。
どちらにしても良い感情ではないかもしれませんが。
私は、亡くなった家族を大切に“あの世”に送り出すお支度をしてくれる方なら
尊敬してしまうと思うのですが。
たいちゃんさんもぜひ見てみて下さい。。

元気でした

>美奈サマ

チョットおさぼりしてしまいました~i-229

私もそうかなあ。
この場所にいると、何とはなしに
最後の瞬間の話が聞こえてきたりしますよね。
普段はあんまりそんなこと聞く機会もないので。
確かに死ぬことは未知のもので怖いのかもしれないですもんね。
見た後にいろいろと考えさせられてオススメですよ!
あ、でも、これって寺嫁だからなのかなあ、なんて考えちゃったり・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP