プロフィール

みきこ

Author:みきこ
福島県いわき市在住
1977年4月3日生 
おひつじ座
♀ A型 

普通の家庭で育ち、お寺に嫁ぐ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FC2カウンター

大人たばこ

JavaScriptを有効にしてください。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

本を読みましょう

お留守番の日々が続きます。
私のお留守番の友といったらやっぱり本

『探偵ガリレオ』『ガリレオの苦悩』『聖女の救済』他 著:東野 圭吾

福山氏主演で話題にもなったドラマの原作です。
天才物理学者が大学の同期だった刑事に頼まれて、
通常では理解しがたい事件解決のために奔走するという推理小説。
原作者の東野氏は電気工学科のご出身ということで、
プラズマや電流を使ったトリック類が多いのですが、
私も一応は理系の出身
むか~し、物理や物理化学の時間に聞いたような内容が出てきて
意外にもそれを覚えていたりもして、結構懐かしく読み勧めました。
湯川先生のインスタントコーヒー好きの理由もわかるし、
セリフも皮肉っぽくて、つい笑ってしまいます。
ドラマでは新人女性刑事が主に湯川先生の元を訪れますが、
原作では同期の刑事さんの方が多く出てきます。
『鹿男あをによし』の時もそうでしたが、
原作では男性の登場人物が女性になったり、
ガリレオシリーズでも男性よりも女性の刑事さんの登場回数が多かったり、
何となく恋物語仕立てにするところが日本のドラマ、というカンジ。
結構原作に忠実で面白かったのですけれど。
私が読んだのは上記3作ですが、
他にも『予知夢』、映画にもなった『容疑者xの献身』もあります。
続刊してくれないかな、と思う面白い作品です。

『プリンセス トヨトミ』  著:万城目 学

『ホルモー』シリーズの作者の新作。
史実に絡めて奇想天外な話を書かせたら天下一品!
今回は大阪を舞台に豊臣秀吉の子孫にまつわる不思議なお話です。
大阪という地。
今までに一度しか訪れたことはナイですが、
このお話のようなことが実際にあったとしても、
ありえるかも、と何となく思ってしまうような情熱を感じます。
途中、やや難解な部分もあり、内容もすごく詰まっているため、
読み終えるのにやや時間を要しました。
歴史を知っていないと、こういう時につまづくのですね・・・
(日本史ニガテ、世界史ニガテ)
暑く燃える男を支える、女の懐の深さにもフォローが入っていて、さすが万城目氏!

<< お別れしました | ホーム | 命消ゆる時 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP